レトロでオシャレな自転車特集!5つのおすすめを紹介

レトロでオシャレな自転車

最近は良い自転車が増えました。

性能に差がないからこそ、見た目で選ぶのもありです。

今回は、レトロなデザインの自転車を5つ紹介。

どこか懐かしい、だけど新鮮でオシャレな自転車ばかり集めました。

レトロでオシャレな自転車

レトロでオシャレな自転車

まず最初に紹介するのは、WACHSENのカーゴバイク。

落ち着いた色合いが綺麗ですねえ。

ファットタイヤという太いタイヤのおかげで、乗り心地はとてもソフト。

振動を大幅にカットしてくれるから、お尻に優しい感じがします。

車体は意外と軽いし、6段階変速付き。

ライトや前カゴはついていませんが、必要な人は後付けすればOKです。

レトロでオシャレな自転車

雑貨屋さんでオシャレなカゴを見つけて設置してもいいですね。

ちなみに、カーゴバイクとは運搬用の自転車という意味です。

普通のママチャリより安定感がありますよ。

>>カーゴバイクの詳細はこちら

安い小さめレトロ自転車

レトロでオシャレな自転車

「できれば安くてレトロな自転車が欲しい」

そんな人には、ルーシャスMINIが合うと思います。

20インチの小さめサイズ。

変速ギアなどはないシンプルな自転車ですが、ペダルは軽めで乗りやすいです。

スピードは普通のママチャリと同じぐらい。

普通に街なかで乗るぐらいなら、不便だとは思いません。

小回りがきくので、狭い場所や人通りが多い場所にピッタリ。

【詳細はこちらから】

かわいいレトロな自転車

レトロでオシャレな自転車

次に紹介するのは、イーストボーイミニベロです。

こちらも20インチの小さめサイズ。

でも6段変速でスピードは結構出るので、安物のママチャリぐらいならガンガン追い抜けます。

オートライトや、錆びにくいアルミハンドルなど機能は本格的。

見た目以上に高スペックです。

写真は白ですが、マリンブルーも人気があります。

色が違うと雰囲気がガラッと変わるので、何色を選ぶか迷うかもしれませんよ。

レザー風のサドルがとってもかわいいので、ぜひ確認してみてください。

>>イーストボーイミニベロの詳細はこちら

レトロ風で乗りやすい自転車

レトロでオシャレな自転車

次に紹介するのは、BRIDGESTONEのYUUVI2(ユービツー)。

この自転車の特徴は、色によって雰囲気が全く違うこと。

レトロ風を意識するなら、マットショコラ色を選ぶと良いでしょう。

BRIDGESTONEの自転車らしく、頑丈さは折り紙付き。

前後にチャイルドシートを設置して乗ることも可能です。

フレームがとても低いので、またぐのも楽々。

停車時にハンドルを固定することもできるし、ママチャリに欲しい機能はほぼ揃っています。

3年間盗難補償付きという特典もあるので、長く乗り続けたくなる自転車です。

>>ユービツーの詳細はこちらから

昭和レトロ風なのに新鮮な自転車

レトロでオシャレな自転車

最後に紹介するのは、BRIDGESTONEのマークローザ3S。

どこか懐かしい昭和テイストの雰囲気と、現代風が溶け合わさったようなデザイン。

分類上はクロスバイクなのですが、そこまでスポーツ仕様ではありません。

ママチャリに近い乗り心地です。

変速は内装3段変速。

泥除けやライト、ローラーブレーキ装備で買い物や通勤を想定した設計になっています。

アルミ製の軽量フレームのおかげで、軽いです。

ママチャリに飽きて、ちょっとだけ速くて良い自転車が欲しい人には合います。

>>マークローザ3Sの詳細はこちらから

メリダ ROAD TOURER (ロードツアラー)の評価は?あさひ限定ロードバイクをレビュー

メリダ ROAD TOURER (ロードツアラー)の評価

あさひ限定ロードバイク、メリダ ROAD TOURER (ロードツアラー)。

どんな特徴があるのか?

どんな人に合っているのか?

スペック表だけでは分かりにくい点をレビューしていきます。

太いタイヤで乗り心地重視

メリダ ROAD TOURER (ロードツアラー)の評価

ROAD TOURER (ロードツアラー)の特徴を一言で言うと?

私なら、こう答えます。

「ハイスピード走行よりも、乗り心地を重視したロードバイク」

乗り心地重視の根拠はタイヤです。

ROAD TOURER (ロードツアラー)のタイヤは、700×35cのセミスリックタイヤ。

ロードバイクにしては太いです。

メリダ ROAD TOURER (ロードツアラー)のレビュー

一般的なロードバイクなら、タイヤの太さは23mm幅か25mm幅が主流です。

25mmでも太めと言われるのに、ROAD TOURER (ロードツアラー)は35mm幅。

めちゃくちゃ太いです。

このタイヤの差は、乗り心地に大きな影響を与えます。

タイヤが太くなると、加速しやすさ・軽快さという点では不利です。

ハイスピード走行だけを追求するなら、細いタイヤのほうが確実に有利なのは間違いありません。

ところが、細いタイヤは乗り心地が悪くなりがち。

道路を走った時の衝撃がガンガン体に伝わるので、レースに出ない一般人にとっては使いにくい面もあるのです。

逆に、タイヤが太くなると衝撃が体に伝わりにくい。

体への負担が減るので、長い時間走った場合の疲れ具合が全然違います。

余裕を持ってサイクリングを楽しみたい人や、通勤などで乗る人向けのロードバイクと言えるでしょう。

車体重量10.1kgをどう見るか

メリダ ROAD TOURER (ロードツアラー)の評価

ROAD TOURER (ロードツアラー)の重さは10.1kgです。

10.1kgというのは、値段で考えると普通ぐらい。

太いタイヤを使っていることを考えれば、かなり頑張って軽量化していると思います。

あとはこの数字をどう評価するか。

一般的にロードバイクで「軽い」と言われるのは8kg以下。

そのようなロードバイクと比べるなら、評価は物足りないという結論になるでしょう。

ただし、軽さは値段に直結します。

10万円・20万円・30万円…と天井知らず。

ちょっと手が出しにくい値段の自転車ばかりです。

コスパで考えると軽量化のために、そこまでお金を出す価値があるのか疑問です。

実際、10.1kgという重さは乗っていて辛さを感じません。

よほど坂道がキツいところを走るとか、特殊な状況下でない限り「重い」という感覚はないのです。

特にロードバイクが初めてなら、文句なしに軽いと感じます。

ママチャリの半分程度の軽さですから、グングン加速する感覚を存分に味わえるでしょう。

趣味のサイクリングなら、十分な軽さです。

シフターSRAM APEXの使い心地

メリダ ROAD TOURER (ロードツアラー)の口コミ

ROAD TOURER (ロードツアラー)の変速機は、1×11速。

シングルフロントのほうがチェーントラブルが少ないし、直感的に操作しやすいので私は好きです。

なんとなく適当にギアチェンジしても走りはスムーズ。

普通の街なかにある坂ぐらいなら余裕でスイスイ走れるし、スピードを出したいときにはきっちり答えてくれる。

シンプルだから走りに集中できます。

背が大きい人はサイズに注意

メリダ ROAD TOURER (ロードツアラー)の評価

ROAD TOURER (ロードツアラー)で注意点があるとしたら、サイズです。

2サイズしかないのです。

470mm:160cm~170cm

500mm:165cm~175cm

身長が180cm以上ある人にはベストフィットとは言えません。

問題なく乗れますけどね。

ちなみに、身長が165cm~170cmの人は小さい方の470mmのほうがおすすめです。

小さめがおすすめの理由は、ハンドルが低くなるからです。

メリダ ROAD TOURER (ロードツアラー)のレビュー

ロードバイクに乗り慣れてくると、空気抵抗を減らすためにハンドルを下げたくなる人が増えます。

大きいフレームでは下げたくても下げられません。

小さめのフレームを最初から選んでおけば、大きいフレームよりは下げられますよね。

このため、適正なサイズが2つあるなら小さい方を選んだほうが得することが多いのです。

優雅なサイクリングを楽しむ人向け

いかがでしょうか。

ROAD TOURER (ロードツアラー)は乗り心地重視のロードバイク。

1秒でもタイムを縮めたい人には不向きですが、余裕を持ってサイクリングを楽しみたい人との相性は良いですよ。

ちなみに、あさひの自転車はネット注文したほうが安くなることが多いです。

購入の際は、値段をチェックしてくださいね。

【ロードツアラーの最新価格はこちら】

トランスモバイリーの口コミ!電動折りたたみ自転車の実力は?

トランスモバイリーの口コミ

電動アシスト付きの折りたたみ自転車、トランスモバイリー。

シンプルでかっこいいデザインですねえ。

果たして実力はどうなのか?

実際に乗ってみた感想や口コミ情報をお伝えします。

折りたたみ+電動アシストの魅力

トランスモバイリーの口コミ

持ち運べるトランスモバイリーの長所が生きるのは、やっぱりドライブ+サイクリングです。

例えば車で田舎までドライブする場合。

目的地に到着したらトランスモバイリーに乗り換えてサイクリングを楽しむことができます。

やってみると、ものすごく身軽になった気分でした。

思わず「自由だ~!」って叫びたくなるぐらい、自由な時間を満喫できます。

トランスモバイリーの口コミ

これが折りたためない自転車だったら、まず車に積むのが大変。

折りたためても電動アシストがないと坂道がキツすぎる。

折りたためる+電動アシストだからこそ、山でも海でも関係なく存分に楽しめるのです。

これからチャレンジしたいのは、富士山周辺までドライブして、富士五湖の周囲をサイクリングすること。

西湖なら、一周約10km。

トランスモバイリーで楽勝です。

過去には道の駅まで行って、周辺をサイクリングしたこともあります。

ドライブだけでは決して味わえない自由な感じは、一度やってみるとハマります。

バッテリーの性能は?

トランスモバイリーのバッテリー

電動アシスト自転車で気になるのが、バッテリー性能。

スペック表を確認してみましょう。

バッテリー容量:2.8Ah

走行距離:約10~12km

充電時間:約2時間

小さいバッテリー(480g)を使っている分、長い距離を走れるようにはなっていません。

それでも12km走れるので、不便だと感じることは少ないです。

もしこれでは足りないと思うなら、容量が4.0Ahの大容量タイプのバッテリーもあります。

普段はスマホ用のモバイルバッテリーとして使えるのが地味に便利。

自転車に乗らないときでも役立ちます。

アシスト力については心配いりません。

結構なパワーがあります。

電源オフでも走れるか

トランスモバイリーの口コミ

電動アシスト自転車は、電源オフで走れるかどうかも大事なポイント。

バッテリー切れになった途端に重くなる自転車だったら、乗っていて不安です。

トランスモバイリーの場合は、全く問題ありません。

電源オフでも違和感なく走れました。

電源オフ走行で重要になる車体重量は約12.9kg。

(6段変速、16インチモデル)

普通のママチャリは約20kg程度なので、車体は電動アシストありとしては軽いと言えるでしょう。

小型自転車のいいところですね。

トランスモバイリーの口コミ

さらに、トランスモバイリーはセンターユニット・後輪駆動方式の自転車です。

モーターユニットは車輪ではなく車体の中央に設置されていて、重心バランスが良いです。

電源オフでも走りやすいよう配慮されていました。

スピードに不満なし

トランスモバイリーの口コミ

小さい自転車で気になるのは、スピードです。

あんまり遅いと疲れます。

トランスモバイリーは、小さいわりに結構速いです。

ギア比がうまい具合に調整されていて、ひとこぎで進む距離に違和感がありません。

私が試したのは16インチ・6段変速バージョンですが、14インチでシングルスピードの方の口コミを見ても不満は少ないようでした。

さすがに本格的なクロスバイクなどには及びませんが、普通のママチャリ程度なら追い抜けます。

フレームはアルミでしっかり

トランスモバイリーの口コミ

頑丈さはどうか?

少なくとも、値段相応の頑丈さはあると思います。

一度、体重100kgオーバーの友人が乗りましたが壊れませんでした。

念のため口コミ情報を調べて回りましたが、壊れやすいというクレームは見かけません。

フレームはアルミで、見た目以上にしっかりした感じ。

激安で粗悪な折りたたみ自転車と比べると、乗っていても安心感があります。

Vブレーキで制動力はある

トランスモバイリーのブレーキは、Vブレーキです。

制動力が大きいブレーキですね。

細かいスピード調整をするというよりも、確実にギュッと止まるためのブレーキです。

坂道で走りたくなるトランスモバイリーには合っていると思います。

結構ブレーキの効きが良いので、ママチャリしか乗ったことがない人はブレーキの感触に慣れるまではスピードを落として走りましょう。

猛スピードで下り坂を走ってる時に急ブレーキしたら、転倒しますよ。

都会でも活躍の場は多い

いかがでしょうか。

持ち運べる電動折りたたみ自転車は、使ってみると活躍の場がいっぱいあります。

電車に持ち込める

バスに持ち込める

エレベーターに持ち込める

階段も持ち上げて上がれる

室内で保管(盗難防止)

バッテリーがなくても走れるし、日常生活の足としても活躍するポテンシャルはあります。

気をつけてほしいのが値段です。

自転車屋さんによっては、ネット価格より数万円高い場合があります。

サイクルベースあさひのネット通販なら実店舗も多いし、整備もしてくれますよ。

【トランスモバイリーの最新価格はこちら】

GIOS MISTRALの口コミ!クロスバイクに乗ってみたい人におすすめ

GIOS MISTRALの口コミ

鮮やかな青が綺麗なGIOS MISTRAL。

ずっと前から人気のクロスバイクなので、外で見かけたことがある人も多いと思います。

GIOS MISTRALは何がいいのか?

ロングセラーの理由や注意点も含めてご紹介したいと思います。

コスパと信頼性でロングセラー

GIOS MISTRALの口コミ

GIOS MISTRALがロングセラーになっている理由は、コスパの良さと信頼性です。

5万円前後でアルミフレーム、24段変速のクロスバイクが手に入る。

これだけでも嬉しいところです。

でも、これだけだったらロングセラーにはならないでしょう。

GIOS MISTRALは、さらに信頼性が高いのです。

自転車のパーツで世界的に信頼性が高いメーカーと言えば、シマノです。

2017年時点で、スポーツ自転車向け部品の世界シェア85%。

特に変速機の信頼性はダントツでしょう。

シマノ製パーツが多いほど、安心できると言っても過言ではありません。

GIOS MISTRALの口コミ

GIOS MISTRALの場合、変速機・ホイール・ブレーキがシマノ製です。

5万円前後のクロスバイクで、ここまでシマノ製で統一されているのは珍しいでしょう。

質の面で全く不安はありません。

ロングセラーのクロスバイクには、利点も多いです。

例えばYouTubeで「GIOS MISTRAL」を検索してみると、動画が色々アップされていることが分かります。

メンテンス

カスタマイズ

最新モデルのレビュー

サイクリング動画

同じGIOS MISTRALユーザーが発信している情報が山ほどあるので、とても参考になります。

情報を頼りに、初心者でも簡単に真似できる。

長く乗り続けるのに有利な環境が整っています。

2万円クロスバイクとここが違う

GIOS MISTRALの口コミ

最近はクロスバイクも価格破壊が進みました。

2万円台でも安くて質の良いクロスバイクが増えています。

最近ではcyma primerオフィスプレススポーツ-Gなど、通勤・通学用に便利な自転車も多いです。

それらの安いクロスバイクと比べて、GIOS MISTRALは何が違うのか?

一番大きな違いは重さだと思います。

GIOS MISTRALの車体重量は約11kg。

平均的なママチャリで20kgなので、ほぼ半分ぐらいの重さですね。

乗ってみた姿

2万円台のクロスバイクの場合、15kgぐらいが標準です。

(cyma primerは13kg。)

基本的に、重さの差と価格はセットです。

上を見ればきりがありませんが、10kgを切るクロスバイクは値段が跳ね上がります。

予算と軽さのバランスでいえば、GIOS MISTRALはかなりハイレベル。

50kmぐらい走る程度なら十分です。

ただし、通勤や買物などで荷物を運ぶ前提の乗り方をするなら、通勤に特化したクロスバイクも乗りやすいです。

趣味用か日常の移動手段か。

荷物は多いのか少ないのか。

低価格帯のクロスバイク選びは、目的に合わせて選ぶのが大事です。

ミストラルクロモリとの違い

GIOS MISTRALの口コミ

GIOS MISTRALはアルミフレームなのですが、クロモリフレームもあります。

ハンドルやペダルなど、細かいパーツも少しずつ違うようです。

では乗り心地はどうか?

正直に言うと、じっくり乗り比べれば違いが分かるというレベルです。

というのも、GIOS MISTRALはサドルが肉厚。

アルミフレームでも体に優しい乗り心地なので、あえてクロモリフレームにする必要性を感じません。

メンテンスなどを考えると、アルミフレームで良いのではないかと思います。

ジオスブルーが人気の理由

GIOS MISTRALの口コミ

GIOS MISTRALでは青がダントツの1番人気です。

色見本に「ジオスブルー」があるぐらいの定番ですし、この青は太陽の光を浴びると鮮やかさが本当に美しい。

クロスバイクについて知識がなくても「あの自転車高そう」と思ってしまう存在感です。

個人的にはGIOSのグレーも大好きです。

でもやっぱり存在感で選ぶなら青になってしまいます。

王道の青を選ぶか。

あえて違う色を選んで我が道を行くか。

悩ましいところです。

盗難対策は全力で

自転車の盗難対策

GIOS MISTRALで注意してほしい点は、盗難対策です。

「人気がある自転車=盗まれやすい」

GIOS MISTRALはロングセラーで国内の流通量も多い自転車。

盗難との戦いは避けられません。

少なくとも、ワイヤーロック2本使うのは必須。

ママチャリのようにタイヤだけロックするのでは甘いです。

タイヤを外されて、フレームだけ盗まれてしまいます。

ワイヤーロックを使って、柵などにフレームを固定する「地球ロック」を行うこと。

ちょっとコンビニに寄るだけでも油断大敵ですよ。

実店舗よりネットが安め

いかがでしょうか。

GIOS MISTRALはコスパと信頼性の高い自転車です。

クセがないので初心者でも乗りやすいし、本格的なサイクリングにも対応できるスペックがあります。

GIOS MISTRALはどこの自転車屋さんでも大抵の場合は購入可能ですが、在庫がなくて取り寄せの店舗は割高。

ネットで買うほうが割安な場合が多いですよ。

【GIOS MISTRALの最新価格はこちら】

自転車モワティエの口コミ!あさひオリジナルの特徴は?

自転車モワティエの口コミ

サイクルベースあさひの自転車、モワティエ。

シンプルなデザインですが、実物は写真以上に上品な印象ですよ。

実際の乗り心地はどうなのか?

口コミ情報が気になる人のために、モワティエ購入者にインタビューした結果をお伝えします。

乗ろうとして転倒…を防ぐ低さ

自転車モワティエの口コミ

モワティエの口コミ情報を調べていると、買った人には2つの傾向があることが分かりました。

・乗るときに足を高く上げたくない人

・荷物などで両手がふさがりやすい人

モワティエの特徴は、極端に低いフレーム。

ボトムブラケットという部分よりもさらに低いのは、珍しいですね。

自転車のボトムブラケット

足元がかなり低くなっているので、あまり足を上げずに乗り込むことができます。

自転車の転倒事故は、走っているときだけではありません。

乗ろうとして、足が上がりきらずに転倒というパターンもよくあります。

バランスを崩すのは高齢者だけではありませんよ。

若い人でも転倒することがあります。

フレームが低い自転車は他にもありますが、モワティエはトップクラスの低さ。

安心感があります。

駐輪場内で安定感がある

自転車モワティエの口コミ

口コミ情報では、荷物で両手がふさがることが多い人もよく購入していました。

その理由は2つ。

ハンドルロックと、幅が広い両足スタンドです。

荷物が多くて困るのは、駐輪場での乗り降りです。

止まっているときにグラグラしやすい自転車は使いにくいです。

自転車モワティエの口コミ

ハンドルロックだけなら他のママチャリでも見かけますが、モワティエぐらい幅が広い両足スタンドは少ないです。

おかげで安定感がグッと上がります。

太めのタイヤで振動を和らげる

あさひの自転車モワティエの口コミ

モワティエの口コミ情報を調べると「乗り心地がいい」という声をチラホラ聞きました。

なぜなのか?

答えは、太めのタイヤです。

こういうママチャリには珍しく、太めでしっかりしたタイヤ。

頼もしい雰囲気です。

単に丈夫というだけではなく、太いタイヤはクッションのような働きをしてくれます。

普通のタイヤよりも振動を分散させるから、乗り心地がよくなるのです。

さすがにマウンテンバイク並みとまでは言えませんが、街なかで普通に乗るなら十分。

ゆったり気持ちよく乗りたい人には合うと思います。

サドルの質は安物と大違い

自転車モワティエの口コミ

自転車の乗り心地を大きく左右するものと言えば、サドルです。

実は安物のママチャリと比べて、一番違いを実感できる部分かもしれません。

モワティエのサドルは、ふっくらした立体感のある見た目。

ちょうどいい柔らかさで、お尻を支えてくれます。

柔らかすぎないから、座り心地も上々。

太いタイヤの効果と合わせて考えると、安いママチャリとの違いは明確です。

常時点灯ライトは意外と嬉しい

自転車モワティエの口コミ

あまり注目されない部分ですが、モワティエのライトは常時点灯のオートライトです。

もちろん、ペダルは軽いまま。

ダイナモライトのように、ペダルが重くなることはないので安心してください。

常時点灯ライトがいいのは、車から発見してもらいやすくなることです。

ちょっと曇っただけで、交差点での巻き込み事故の件数は増えます。

私も一度、車が突っ込んできて怖い思いをしたことがありました。

モワティエに乗れば、何もしなくても事故の確率を下げられる。

これは嬉しいことです。

ライトにこだわりがない人こそ、こういう自転車に乗って欲しいと思います。

静かなブレーキは必須

自転車モワティエの口コミ

ママチャリ選びのポイントを調査すると、多くの人がブレーキの静かさを気にしています。

最近はローラーブレーキ搭載の自転車が増えました。

昔のようにキーキー音を鳴らしている人は減っているように思います。

モワティエもローラーブレーキ搭載。

ブレーキの音が静かというのは、安物以外では必須条件ですね。

メンテナンスはほぼ不要

自転車モワティエの口コミ

自転車には3年、5年と長く乗り続けたいですよね。

そこで気になるのが、サビなどの劣化です。

安物のママチャリでは、どうしても劣化が起こります。

特にチェーンや、変速機のパーツはトラブルが多いです。

モワティエの場合、チェーンはサビに強いハイガードチェーン。

変速機は内装式というもので、チェーントラブルが起こりにくいものを採用しています。

自転車モワティエの口コミ

特にメンテナンスしなくても、長く乗れます。

気にしないといけないのは、タイヤの空気圧ぐらいではないでしょうか。

ネット販売価格は必ずチェック

いかがでしょうか。

モワティエは毎日安全に乗りたい人向けの設計です。

スピード重視の人以外は、気にいると思います。

モワティエはネット通販サイトで予約したほうが安くなる場合があります。

時期によっても値段は違うので、店頭価格と比べてから購入してくださいね。

【モワティエの最新価格はこちら】

アルベルトとアルベルトロイヤルの違いを比較!5つのポイントが見えた

BRIDGESTONEの自転車、アルベルトとアルベルトロイヤル。

アルベルトロイヤルのほうが上位モデルなのですが、何が違うのか?

どっちを買うべきなのか?

スペック表や乗り比べた感想を中心にお話します。

“アルベルトとアルベルトロイヤルの違いを比較!5つのポイントが見えた” の続きを読む

エアルトとアルベルトの違いを比較!5つのポイントが見えた

エアルトとアルベルトの違いを比較

BRIDGESTONEの自転車、エアルトとアルベルト。

どちらもベルトドライブ搭載の最新自転車ですが、何が違うのでしょうか?

今回はS型・27インチ同士で5つのポイントに注目して比較してみました。

フローティングベルト・カーボンベルトの違い

まず一つ目の違いです。

やはり、ベルトドライブの違いが一番の注目ポイントだと思います。

エアルト:カーボンベルトドライブ

アルベルト:フローティングベルトドライブ

同じベルトドライブですが、素材が違うので乗り心地がかなり違います。

「ペダルの踏み心地」と言うほうが正確かもしれません。

エアルトとアルベルトの違い

カーボンベルトドライブは踏み込むとダイレクトに力が伝わる感じ。

フローティングベルトドライブのほうは、ソフトな踏み心地。

カーボンベルトドライブのほうが、踏み込んだ力の伝導効率が高いです。

毎日遅刻ギリギリの人は、エアルトのほうが走りやすいかも!?

フローティングベルトドライブも悪くないんですけどね。

柔らかい踏み心地に慣れると、普通の金属チェーン自転車には戻れないという話も聞きます。

エアルトとアルベルトの比較

軽快にガンガンこいで乗る人はエアルト。

ゆったり乗る人はアルベルト。

そんなイメージで良いと思います。

前カゴの網目が全然違う

自転車選びで大事なポイントの一つが、前カゴ。

エアルトとアルベルトでは前カゴの網目デザインが違います。

エアルト:大きめの網目

アルベルト:下のほうは細い網目

エアルトの前カゴは、バッグを入れるのを想定して大きめの網目。

網目が大きい分、葉っぱや汚れが溜まりにくいというメリットもあります。

エアルトとアルベルトの口コミ

スーパーの袋を前カゴに入れることが多い人は、アルベルトのほうが使いやすいかもしれません。

下のほうは側面も細い網目なので、小さいものを入れても安心して運べます。

コンビニでお菓子を衝動買いしても、前カゴにポイッと入れてOK。

アルベルトとエアルトのレビュー

普段の使い方に合わせて選びましょう。

ライトの違いも見逃せない

3つ目の違いはライトです。

このようなライトを使っています。

エアルト:3灯チップLED点灯虫 残光機能なし

アルベルト:シングルパワー点灯虫 残光機能あり

3灯だからシングルより3倍明るいかというと、そこまでは感じません。

エアルトとアルベルトの違い

シングルパワー点灯虫も十分明るいので、乗っている人から見るとあまり違いはないように感じます。

2つのライトの違いは、残光機能です。

残光機能とは、自転車が停車中でもしばらくLEDが点滅する機能です。

アルベルトのシングルパワー点灯虫は残光機能付き。

アルベルトとエアルトの違い

エアルトの3灯チップは残光機能なしです。

安全性から言えば、残光機能ありのほうがいいと思います。

例えば暗い交差点で信号待ちしてるときとか。

ライトが消えると、他の車から見えにくくなりますから。

どちらのライトも、オートライトでメンテナンス要らず。

ペダルも重くなりません。

フレームの形が意外と違う!

4つ目の注目ポイントは、フレームの形です。

パッと見は似ているのですが、こんな違いがあります。

エアルト:ワイヤーが外に出ている

アルベルト:ワイヤー内蔵のフレーム

エアルト2018は一般的な自転車と同じで、フレームの外をワイヤーが通っています。

画像で赤丸の部分に注目してください。

エアルトとアルベルトの違い

一方のアルベルトはワイヤーがフレームに入り込む形になっています。

エアルトとアルベルトの違い

ワイヤー内蔵フレームは、見た目がスッキリします。

ワイヤーが見えない方がゴチャゴチャ感がなくなりますね。

ただし、内蔵する分フレーム自体が太くなります。

エアルトとアルベルトを見比べると、アルベルトのフレームのほうが太いですよね。

エアルトとアルベルトの違いを比較

これをどう感じるか。

機能的に差はほとんどないので、好みの問題です。

細身のフレームが良いと感じるか、ワイヤーがゴチャゴチャしてないほうが良いと感じるか…

見た目だけの問題なので、どちらが優秀ということはありません。

重さが違う

5つ目の違いは重さです。

両者を比較してみると…

エアルト:18.4kg

アルベルト:19.5kg

同じ27インチS型で比べると、エアルトのほうが若干軽いです。

実際に乗り比べてみても、やはりエアルトのほうが軽い走り心地です。

重さだけでなく、ベルトドライブの感触の違いも影響が大きいですが…

アルベルトが特別重いということではありません。

乗り比べると分かるというぐらいの差です。

結局どちらがおすすめ?

ここからは完全に私の主観ですが、エアルトのほうが乗っていて気持ちいいです。

アルベルトのソフトな乗り心地も良いのですが、エアルトのほうが足の力がよく伝わる感じがします。

感覚的にですけどね。

グッと踏み込んだときに、しっかり手応えが返ってくるほうが加速してる感じがして安心できるのです。

アルベルトの乗り心地が悪いわけではないのですが…

普段、一生懸命こいで乗る人はエアルトのほうが好みだと思います。

いつもゆったり走ることが多い人なら、アルベルトのソフトな感じは気にいるでしょう。

【サイクルベースあさひの割引率をチェックする】

ビレッタ・ユーティリティ点灯虫モデルの口コミ【軽さと丈夫さの両立】

ビレッタ・ユーティリティ点灯虫モデルの口コミ

BRIDGESTONEのビレッタ・ユーティリティ点灯虫モデル。

シンプルだけどスタイリッシュな雰囲気で、人気がありますね。

今回は、ビレッタ・ユーティリティに実際に乗った感想や評判をお話したいと思います。

値段の差はタイヤに出る

自転車の値段は、安ければ1万円前後からありますよね。

BRIDGESTONEの自転車は、そういう自転車よりも高い値段になっています。

安物の自転車と何が違うのか?

一番違いを感じるのは、タイヤの質です。

もちろんフレームやブレーキなどの質も違いますが、値段の差が一番出るのはタイヤだと思います。

ビレッタ・ユーティリティのタイヤ

安物の自転車に使われるタイヤと、BRIDGESTONEのタフロードタイヤ。

同じ条件で使用すれば、寿命は数年かわってきますよ。

普通に街なかを走る場合、最もトラブルが発生しやすいパーツはタイヤです。

だからこそ、タイヤの質にはこだわるべきです。

自転車の画像

タフロードタイヤは、ノーパンクではありません。

でも、安物のノーブランドタイヤと比べると品質の差は歴然。

1年ごとに買い換えるなら安物の自転車でも良いでしょう。

同じ自転車を数年乗りたいと思うなら、質にこだわったほうがいいです。

平均より3kg軽いのは大きい

ママチャリの平均的な重さをご存知でしょうか?

だいたい、20kg前後です。

ビレッタ・ユーティリティは17.2kg。

ママチャリとしては、やや軽いと言えます。

ビレッタ・ユーティリティ点灯虫モデルの口コミ

たった3kgですが、乗り比べると差を感じます。

特に、平坦に見えるけど微妙に上り坂の道路を走ると違いがよく分かりますよ。

安物の重い自転車で走ると疲れます。

ビレッタ・ユーティリティはタイヤの転がりも良いので、数字以上に楽に走れると思います。

意外と役立つ時計一体型ハンドル

ビレッタ・ユーティリティのハンドルは時計一体型です。

ビレッタ・ユーティリティの口コミ

使ったことがない人にとっては「だから何?」と言いたくなるかもしれません。

私も最初、そう思いました。

でも、使ってみると意外と便利です。

特に通勤や通学で自転車から電車に乗り継ぐ人には良いですよ。

信号待ちのとき、いちいちスマホで時間を確認せずに済みます。

時間がすぐ確認できれば、必要以上に焦ることもなくなって余裕がでてきます。

ハンドル自体はアルミ製だから、さびにくいのも嬉しいポイント。

点灯虫は住宅街で威力を発揮

点灯虫モデルを紹介するからには、ライトについて触れないわけにはいきませんね。

ビレッタ・ユーティリティのライト

点灯虫モデルのライトの売りは、広範囲を明るく照らすこと。

安いダイナモライトと比べると視界が全然違います。

住宅街でも暗い場所は多いですよね。

田舎道だと、真っ暗な場所もあるはず。

そういう場所を走ると、前がよく見えるというのは安心です。

黒っぽい服を着た歩行者にもすぐ気づけます。

ちなみに、点灯虫はオートライトです。

薄暗くなれば勝手に点灯するし、ペダルが重くならないのでストレスなし。

これで、車にぶつかられる可能性がだいぶ下がるでしょう。

電池切れもないから、最後まで放置でOK。

とても楽です。

26インチか27インチか迷う人へ

ビレッタ・ユーティリティ点灯虫モデルには、26インチと27インチがあります。

身長が低い人は、どちらが良いか迷うかもしれません。

適正身長を確認してみましょう。

26インチ:身長145cm以上

27インチ:身長150cm以上

26インチも27インチも基本性能は同じです。

26インチのほうが0.4kg軽いですが、乗り心地はほとんど変わりません。

値段は26インチのほうが1,000円ぐらい安いことが多いから、迷うなら26インチでいいと思います。

ただし、通勤・通学で長距離を走る人は27インチがおすすめ。

タイヤの寿命は、接地回数が少ない27インチのほうが有利ですから。

ほんの少しの差ですが…

スピードも確認してみましたが、ほとんど差はありませんでした。

質の良いサドルはホント助かる

最後に、サドルについてもお話します。

ビレッタ・ユーティリティのサドルは、やや平べったいスポーツタイプに近いサドルです。

ビレッタ・ユーティリティの感想

薄いサドルは固そうに見えるかもしれませんが、このサドルは樹脂クッション付き。

適度な柔軟性があります。

サドル下にスプリングもついてるから、乗り心地は良いです。

安物のママチャリでは、こういうサドルはついていません。

質の良いサドルは疲れ安さを大きく左右するので、良いサドルがついてる自転車は嬉しくなります。

地味なポイントですが、毎日乗るものなので要チェックですよ。

【ビレッタ・ユーティリティの最新価格はこちら】

スーツで乗れるクロスバイク【オフィスプレストレッキング-Jの口コミ】

スーツで乗れるクロスバイク

最近、通勤でクロスバイクを使う人が増えていますねえ。

よく見かけるようになりました。

でも、自転車選びに失敗すると後悔しますよ。

今回は、通勤用に特化したクロスバイク・オフィスプレストレッキング-Jを紹介します。

スーツで乗れるオフィスプレストレッキング-J

スーツで乗れるクロスバイク

通勤用のクロスバイクは性能が高いから良いとは限りません。

単純な走行性能以上に、通勤用クロスバイクは服が汚れないことが大事です。

どんなに高性能なクロスバイクでも、乗るたびに服が汚れると不便。

職場に着いてから着替えるとしても服が泥だらけだと洗濯が大変ですから。

「スーツで乗っても大丈夫なクロスバイクが欲しい」

そんな要望が多かったのでしょう。

サイクルベースあさひが「オフィスプレストレッキング-J」を発売した当時は、結構な反響がありましたよ。

今でも根強い人気があります。

何が普通のクロスバイクと違うのか、細いところをチェックしてみました。

チェーンケースは絶対条件

まず一番大事な要素は、チェーンケースです。

オフィスプレストレッキング-Jには標準装備でこんなチェーンケースがついています。

オフィスプレストレッキング-Jの口コミ

普通のクロスバイクはチェーンケースなんてありません。

チェーンケースがないと、ズボンの裾がチェーンの油で汚れたり、巻き込まれて破れたりします。

スラックスやジーパンなど、風で足首周辺がヒラヒラするズボンで乗るなら必須です。

後からカスタマイズして取り付けると、意外と大変だしデザインが合わないことが多いです。

標準装備なら、余計な手間なく乗ることができます。

泥除けは標準装備がかっこいい

通勤用クロスバイクでもう一つ必須のパーツがあります。

タイヤの泥跳ねを予防する泥除け(フェンダー)です。

普通のクロスバイクでは、泥除けがついていません。

これでは泥跳ねし放題です。

オフィスプレストレッキング-Jは標準装備で泥除けつき。

雨上がりの道路を走っても服が汚れません。

オフィスプレストレッキング-Jのレビュー

後からカスタマイズして泥除けをつけている人もいますが、私はあまり好きではありません。

後からカスタマイズして着けた泥除けは、軽量化のためにプラスチック製がほとんど。

見た目がどうしても安っぽく感じます。

自転車は見た目も大事です。

泥除け標準装備のクロスバイクなら、見た目もスタイリッシュでかっこいいです。

意外と大事なペダルの質

次はちょっと地味な要素ですが、ペダルの話です。

快適に通勤しようと思うなら、ペダルは滑りにくいものが一番。

革靴やお洒落なスニーカーで乗った時、普通のペダルだと滑ることがあります。

オフィスプレストレッキング-Jの口コミ

一生懸命こいでるのに、足が滑ったら危ないし痛いです。

ペダルがズボンに擦れて汚れるし、良いことがありません。

オフィスプレストレッキング-Jの場合は、ペダルにラバーグリップがついてます。

小雨程度なら、しっかり踏み込めて快適でしたよ。

あると便利な前カゴ

最後は前カゴの話です。

最近はクロスバイクに前カゴを着けている人もチラホラ見かけるようになりました。

オフィスプレストレッキング-Jの口コミ

荷物をリュックサックで背負うつもりなら、前カゴは必須ではありません。

でも、やっぱりあると便利ですよ。

例えばコンビニでカップラーメンを買ったときとか。

カバンには入らないけど、前カゴがあればポンと入れて運べます。

私は以前、前カゴなしのクロスバイクで通勤していました。

毎日乗っていると「前カゴがあったら便利なのに」と思う瞬間が結構ありました。

前カゴは必須ではありませんが、あると便利です。

さらに、もう一つ良いことがあります。

あくまでもウワサですが、前カゴ付きのクロスバイクのほうが盗まれにくいようです。

メンズの街乗り自転車

高級な自転車を狙う泥棒のターゲットから外れるらしいです。

だからと言って、油断はできないですけどね。

ママチャリでも盗難されることはありますから。

クロスバイクの盗難が怖い人は、少しでも確率を下げるために前カゴ付きを選ぶといいかもしれません。

色が豊富なのが結構嬉しい

いかがでしょうか。

オフィスプレストレッキング-Jは、スーツでも乗れるよう丁寧に設計されています。

毎日の移動手段として乗るなら優秀だと思いますよ。

オフィスプレストレッキング-Jの口コミ

色の選択肢が豊富なのも嬉しいポイント。

実用性重視のクロスバイクは色が黒・白ぐらいのものが大多数。

その中で、ブルーやオレンジなど、色々選べるのは楽しいです。

お気に入りの自転車があると、通勤が少し楽しくなります。

あなたのお気に入りを探してみてくださいね。

【オフィスプレスの詳細はこちらから】

エナシス VIVE-Hの口コミ【かっこいい10万円以下の電動自転車】

エナシス VIVE-Hの口コミ

最近は電動自転車にもかっこいいデザインが増えました。

エナシス VIVE-Hもその一つ。

今回は、エナシス VIVE-Hに実際に乗ってみた感想や評判についてお話しします。

10万円以下で基本がしっかり

エナシス VIVE-Hの口コミ

エナシス VIVE-Hは、シンプルな電動自転車です。

特別な機能を追求せず、乗りやすくて長く使えることをめざしているのでしょう。

一番の長所は、値段のわりにパーツの質がいいこと。

・耐パンクタイヤ

・高性能ラミネート型リチウムイオン電池のバッテリー

・ローラーブレーキの後ろブレーキ(放熱フィン付)

他にも10万円を切る電動自転車はあります。

しかし、どこかで妥協しているものが多いのです。

特にタイヤやブレーキ。

地味で目立たないところなので、質が低いものを使っている自転車も少なくありません。

エナシス VIVE-Hはサイクルあさひのオリジナルブランド。

だからこそ、コスパがいいのでしょう。

乗り心地は滑らかです。

配線がフレーム内蔵でスッキリ

エナシス VIVE-Hで気に入っているのは、見た目です。

配線がスッキリしていて、ごちゃごちゃ感がないのが嬉しいポイント。

写真で見るより、実物はスタイリッシュな雰囲気があります。

エナシス VIVE-Hのレビュー

特に白が良い発色です。

高級感がある白なので、駐輪場に並んでいてもすぐ分かりますよ。

YAMAHAのPAS CITY-SP5より2kg軽い

電動自転車で大事なポイントの一つが、車体重量です。

エナシス VIVE-Hの重量は約25.7kgです。

ちなみに、YAMAHAのPAS CITY-SP5は約28kg。

PAS CITY-SP5

約2kgほど軽いですね。

たった2kgだと思うかもしれませんが、結構違いますよ。

特に、自転車を手で押すときに違いが分かります。

自転車の画像

駐輪場から出入りするときなど、手で自転車を押す場面って結構ありますよね。

そういうとき、少しでも軽いほうが楽ですよ。

これよりもっと軽いものもありますが、値段が高かったり小さい電動自転車になることが多いです。

お値段以上の電動自転車

いかがでしょうか。

エナシス VIVE-Hは、性能だけを見れば10万円を超える電動自転車にも負けません。

サイクルあさひのプライベートブランドだからこそ、この値段で買えるのだと思います。

ブランドにこだわらず、良い物が欲しい人向けの自転車ですね。

安心保証に入れば3年間の補償や出張修理サービスがついてきます。

長い目で見れば、有名メーカーよりメリットが多いです。

【エナシス VIVE-Hの最新価格はこちら】