ASCENT city(アセントシティ)をレビュー!センスが良い電動アシスト自転車はこれだ

ASCENT city(アセントシティ)をレビュー

ルイガノの電動アシスト自転車、ASCENT city(アセントシティ)。

デザインのセンスが良いですよねえ。

そんなASCENT cityの乗り心地はどうなのか?

口コミが気になる人のためにレビューしたいと思います。

重さは大丈夫?

ASCENT city(アセントシティ)をレビュー

まず電動アシスト自転車で気になるのが重さです。

スペック表を確認してみました。

ASCENT city(アセントシティ)の場合、重さは22.4kgと表記されています。

これ、電動アシスト自転車としてはかなり軽い!

アシスト機能なしのママチャリの平均が20kgなので、ほぼ同じぐらいです。

万が一バッテリー切れになっても、普通のママチャリ感覚で乗れるでしょう。

なぜこんなに軽いのか?

一瞬不思議に思ったのですが、アルミフレームを使っていると聞いて納得。

ルイガノはスポーツ自転車をたくさん作っているメーカーなので、軽量化はお手の物なのかもしれませんね。

乗り心地はどう?

ASCENT city(アセントシティ)をレビュー

次は乗り心地に注目したいと思います。

日本製電動ユニットを使っているだけあって、全体的に滑らかな走り心地です。

変に急加速したりしないので、安心して乗れます。

車体が軽いのも乗り心地に影響していますね。

小回りがきくし、軽快感があります。

ASCENT city(アセントシティ)をレビュー

サドルはスポーツ用に近い形状ですが、固すぎず柔らかすぎず。

感動するほどではありませんが、しっくりきます。

ハンドルの感触もなかなか良好。

ASCENT city(アセントシティ)の口コミ

ほぼフラットなハンドルですが、微妙にカーブしています。

この角度調整に設計者のこだわりを感じますねえ。

電動アシスト自転車が初めての人でも、違和感が少なそうです。

気軽に毎日乗るには良い自転車ですね。

バッテリーは長持ちする?

ASCENT city(アセントシティ)をレビュー

バッテリー性能も確認しておきましょう。

ASCENT city(アセントシティ)のバッテリーは、12.3Ah。

フル充電まで約3.5時間かかります。

スペック表を見ると、ECOモード使用時の走行距離は88kmでした。

バッテリー性能に関しては、他のメーカーと同等ですね。

普段使いには十分な性能です。

最近の電動アシスト自転車はどのメーカーも優秀です。

バッテリーの性能差を気にするよりも、その他の機能で比べたほうが良いのかもしれません。

背が低くても乗れる?

ASCENT city(アセントシティ)をレビュー

ASCENT city(アセントシティ)は26インチの自転車です。

スペック表を見ると、適応身長は137cm以上。

背が低くても乗れますね。

上限については記載がありませんが、普通のママチャリに乗れる人なら大丈夫です。

ちなみに私は身長が174cmありますが、ゆったりと乗ることができました。

親子や夫婦で共有しても良さそうです。

LGS-EA26-Iとの違い

LGS-EA26-I

ルイガノの電動アシスト自転車には、LGS-EA26-Iという非常によく似た自転車もあります。

何が違うのか、比べてみました。

細かい違いはたくさんありますが、主要な違いはこちら。

バッテリー容量

重さ

色の選択肢

LGS-EA26-Iのバッテリー容量は約13.2Ah。

ASCENT city(アセントシティ)よりも少し大きいです。

走行可能距離もLGS-EA26-Iのほうが長め。

ロングモードで約96kmになっています。

ただし、充電時間も長くなります。

フル充電まで約4.5時間なので、ASCENT city(アセントシティ)よりも1時間長くかかります。

重さもLGS-EA26-Iのほうが上です。

車体重量は24.6kgで、ASCENT city(アセントシティ)よりも2kgぐらい重いですね。

大きな差があるのは、色の選択肢。

ASCENT city(アセントシティ)はオレンジやブルーなど、色鮮やかなカラーも多いです。

ASCENT city(アセントシティ)をレビュー

一方のLGS-EA26-Iは、白・黒・ネイビーの3色だけ。

全体的に見ると、LGS-EA26-Iはシンプルさと機能性重視。

ASCENT city(アセントシティ)はカジュアルさを重視しているように感じます。

見た目の良さって大事

いかがでしょうか。

色々と言いましたが、ASCENT city(アセントシティ)の最大の魅力はデザインです。

実物は写真以上に綺麗な色なので、見ていると嬉しくなってきます。

やっぱり見た目は大事ですね。

台風後のサイクリングは危険がいっぱい!パンクやスリップに注意

台風後のサイクリングは要注意

台風一過。

爽やかな空を見て、サイクリングに出かけたくなります。

でもちょっと待った!

台風直後のサイクリングには、危険がいっぱい。

思わぬ怪我を防ぐためには予習が大事。

どんな危険性があるのか、まとめてみました。

“台風後のサイクリングは危険がいっぱい!パンクやスリップに注意” の続きを読む

かっこいい電動自転車【BESV PSA1・CF1 LENAは口コミで男性の人気上昇中】

かっこいい電動自転車

最近の電動自転車は、どんどんデザインがよくなっています。

前回紹介した「エナシス VIVE-H」もカッコいいですが、今回はさらに個性的なものを2つ紹介します。

スポーティなBESV PSA1

かっこいい電動自転車

まず紹介するのは、BESV PSA1という自転車。

個性的でかっこいいですよねえ。

どちらかというとスポーツ志向の自転車です。

7段変速

アルミフレーム

ディスクブレーキ

スポーツ自転車でお馴染みの装備が勢揃いしています。

サスペンションで弱点克服

かっこいい電動自転車 BESV PSA1の口コミ

BESV PSA1は20インチのミニベロ自転車です。

タイヤが小さい自転車の弱点は、振動が体に伝わりやすいこと。

苦手意識を持っている人もいるかもしれません。

ところが、BESV PSA1は前後にサスペンション付き。

両輪でショックを吸収してくれるから、乗り心地はソフトで気持ちいいぐらいです。

歩道の段差を気にせず、ガンガン走れる。

海外ブランドですが意外と日本の環境に合っています。

バッテリーがカッコいい

かっこいい電動自転車 BESV PSA1の口コミ

電動アシスト自転車の見た目を大きく左右するのが、バッテリーです。

BESV PSA1の場合は、写真の通り。

見た目にすごくこだわっていることが分かります。

バッテリーは、36V 10.5Ah。

スペック上の最大走行距離は90kmなので、日常生活で使う分には十分です。

電源が切れても重くない

かっこいい電動自転車 BESV PSA1の口コミ

電動アシスト自転車で気になるのが、車体の重さ。

昔の電動自転車は重かったので、バッテリーが切れるとペダルが重くて大変でした。

BESV PSA1の場合、車体重量は19.5 kg。

これはアシストなしのママチャリと同じぐらいの重さです。

車体が軽いので電源OFFでも不自由なく走れます。

7段変速もあるし、あまり運動をしない人でも走りやすい自転車です。

安定感があるBESV CF1 LENA

かっこいい電動自転車BESV CF1 LENAの口コミ

次に紹介するのは、BESV CF1 LENAという自転車。

最初に紹介したPSA1よりも、ママチャリに近い形状で安定感があります。

内装3段変速でアルミフレーム。

アシストなしでも乗りやすいのが特徴です。

ハンドルの高さ調整OK

かっこいい電動自転車BESV CF1 LENAの口コミ

BESV CF1 LENAの機能で嬉しいのは、ハンドルの高さを調整できることです。

乗る人に合わせてポジションを変えられる。

これは乗り心地に思った以上に影響しますよ。

自分に一番合う楽な姿勢で乗れば、疲れ方やお尻への負担感が大きく減ります。

アシスト機能以上にインパクトが大きいかもしれません。

長めの距離を走ることが多い人は、自分の最適なポジションをぜひ探ってください。

フレームが低くて乗りやすい

かっこいい電動自転車BESV CF1 LENAの口コミ

BESV CF1 LENAのフレームは日本人女性の体格に合わせて、またぎやすいように設計されています。

確かに低いですよね。

さらに、バッテリーがフレームに内蔵されているので乗るときに邪魔になることもありません。

スカートで乗るときも安心。

乗り降りしやすいのが一番です。

軽くて扱いやすい

かっこいい電動自転車BESV CF1 LENAの口コミ

電動自転車は重い。

でもBESV CF1 LENAの場合は大丈夫です。

重さは21.5 kg。

アシストなしの平均的なママチャリとほぼ同じ重さしかありません。

車体が軽いから、駐輪場内で移動するのも楽。

小回りもきくから狭い駐輪場でもスイスイ移動できますよ。

電動自転車の弱点を上手に克服してくれています。

そもそもBESVって?

いかがでしょうか。

今回紹介した自転車は、どちらもBESVというブランドです。

BESVはヨーロッパで人気のブランド。

性能とデザインにこだわったものが多くて、操作がシンプルで使いやすいのが特徴です。

日本ではまだ少数派ですが、利用者は口コミを通じてジワジワ広がっています。

>>BESVの詳細はこちらから

パナソニック ビビ・SXの口コミ!旧モデルと何が違うのか調査してみた

パナソニック ビビ・SXの口コミ

ビビ・SX、色がとても綺麗な電動自転車です。

マットブラックもチョコブラウンも上品な雰囲気がありますねえ。

そんなビビ・SXですが、2018年新モデルとして登場しました。

今までと何が違うのか?

詳しく見ていきたいと思います。

“パナソニック ビビ・SXの口コミ!旧モデルと何が違うのか調査してみた” の続きを読む

レトロでオシャレな自転車特集!5つのおすすめを紹介

レトロでオシャレな自転車

最近は良い自転車が増えました。

性能に差がないからこそ、見た目で選ぶのもありです。

今回は、レトロなデザインの自転車を5つ紹介。

どこか懐かしい、だけど新鮮でオシャレな自転車ばかり集めました。

レトロでオシャレな自転車

レトロでオシャレな自転車

まず最初に紹介するのは、WACHSENのカーゴバイク。

落ち着いた色合いが綺麗ですねえ。

ファットタイヤという太いタイヤのおかげで、乗り心地はとてもソフト。

振動を大幅にカットしてくれるから、お尻に優しい感じがします。

車体は意外と軽いし、6段階変速付き。

ライトや前カゴはついていませんが、必要な人は後付けすればOKです。

レトロでオシャレな自転車

雑貨屋さんでオシャレなカゴを見つけて設置してもいいですね。

ちなみに、カーゴバイクとは運搬用の自転車という意味です。

普通のママチャリより安定感がありますよ。

>>カーゴバイクの詳細はこちら

安い小さめレトロ自転車

レトロでオシャレな自転車

「できれば安くてレトロな自転車が欲しい」

そんな人には、ルーシャスMINIが合うと思います。

20インチの小さめサイズ。

変速ギアなどはないシンプルな自転車ですが、ペダルは軽めで乗りやすいです。

スピードは普通のママチャリと同じぐらい。

普通に街なかで乗るぐらいなら、不便だとは思いません。

小回りがきくので、狭い場所や人通りが多い場所にピッタリ。

【詳細はこちらから】

かわいいレトロな自転車

レトロでオシャレな自転車

次に紹介するのは、イーストボーイミニベロです。

こちらも20インチの小さめサイズ。

でも6段変速でスピードは結構出るので、安物のママチャリぐらいならガンガン追い抜けます。

オートライトや、錆びにくいアルミハンドルなど機能は本格的。

見た目以上に高スペックです。

写真は白ですが、マリンブルーも人気があります。

色が違うと雰囲気がガラッと変わるので、何色を選ぶか迷うかもしれませんよ。

レザー風のサドルがとってもかわいいので、ぜひ確認してみてください。

>>イーストボーイミニベロの詳細はこちら

レトロ風で乗りやすい自転車

レトロでオシャレな自転車

次に紹介するのは、BRIDGESTONEのYUUVI2(ユービツー)。

この自転車の特徴は、色によって雰囲気が全く違うこと。

レトロ風を意識するなら、マットショコラ色を選ぶと良いでしょう。

BRIDGESTONEの自転車らしく、頑丈さは折り紙付き。

前後にチャイルドシートを設置して乗ることも可能です。

フレームがとても低いので、またぐのも楽々。

停車時にハンドルを固定することもできるし、ママチャリに欲しい機能はほぼ揃っています。

3年間盗難補償付きという特典もあるので、長く乗り続けたくなる自転車です。

>>ユービツーの詳細はこちらから

昭和レトロ風なのに新鮮な自転車

レトロでオシャレな自転車

最後に紹介するのは、BRIDGESTONEのマークローザ3S。

どこか懐かしい昭和テイストの雰囲気と、現代風が溶け合わさったようなデザイン。

分類上はクロスバイクなのですが、そこまでスポーツ仕様ではありません。

ママチャリに近い乗り心地です。

変速は内装3段変速。

泥除けやライト、ローラーブレーキ装備で買い物や通勤を想定した設計になっています。

アルミ製の軽量フレームのおかげで、軽いです。

ママチャリに飽きて、ちょっとだけ速くて良い自転車が欲しい人には合います。

>>マークローザ3Sの詳細はこちらから

メリダ ROAD TOURER (ロードツアラー)の評価は?あさひ限定ロードバイクをレビュー

メリダ ROAD TOURER (ロードツアラー)の評価

あさひ限定ロードバイク、メリダ ROAD TOURER (ロードツアラー)。

どんな特徴があるのか?

どんな人に合っているのか?

スペック表だけでは分かりにくい点をレビューしていきます。

太いタイヤで乗り心地重視

メリダ ROAD TOURER (ロードツアラー)の評価

ROAD TOURER (ロードツアラー)の特徴を一言で言うと?

私なら、こう答えます。

「ハイスピード走行よりも、乗り心地を重視したロードバイク」

乗り心地重視の根拠はタイヤです。

ROAD TOURER (ロードツアラー)のタイヤは、700×35cのセミスリックタイヤ。

ロードバイクにしては太いです。

メリダ ROAD TOURER (ロードツアラー)のレビュー

一般的なロードバイクなら、タイヤの太さは23mm幅か25mm幅が主流です。

25mmでも太めと言われるのに、ROAD TOURER (ロードツアラー)は35mm幅。

めちゃくちゃ太いです。

このタイヤの差は、乗り心地に大きな影響を与えます。

タイヤが太くなると、加速しやすさ・軽快さという点では不利です。

ハイスピード走行だけを追求するなら、細いタイヤのほうが確実に有利なのは間違いありません。

ところが、細いタイヤは乗り心地が悪くなりがち。

道路を走った時の衝撃がガンガン体に伝わるので、レースに出ない一般人にとっては使いにくい面もあるのです。

逆に、タイヤが太くなると衝撃が体に伝わりにくい。

体への負担が減るので、長い時間走った場合の疲れ具合が全然違います。

余裕を持ってサイクリングを楽しみたい人や、通勤などで乗る人向けのロードバイクと言えるでしょう。

車体重量10.1kgをどう見るか

メリダ ROAD TOURER (ロードツアラー)の評価

ROAD TOURER (ロードツアラー)の重さは10.1kgです。

10.1kgというのは、値段で考えると普通ぐらい。

太いタイヤを使っていることを考えれば、かなり頑張って軽量化していると思います。

あとはこの数字をどう評価するか。

一般的にロードバイクで「軽い」と言われるのは8kg以下。

そのようなロードバイクと比べるなら、評価は物足りないという結論になるでしょう。

ただし、軽さは値段に直結します。

10万円・20万円・30万円…と天井知らず。

ちょっと手が出しにくい値段の自転車ばかりです。

コスパで考えると軽量化のために、そこまでお金を出す価値があるのか疑問です。

実際、10.1kgという重さは乗っていて辛さを感じません。

よほど坂道がキツいところを走るとか、特殊な状況下でない限り「重い」という感覚はないのです。

特にロードバイクが初めてなら、文句なしに軽いと感じます。

ママチャリの半分程度の軽さですから、グングン加速する感覚を存分に味わえるでしょう。

趣味のサイクリングなら、十分な軽さです。

シフターSRAM APEXの使い心地

メリダ ROAD TOURER (ロードツアラー)の口コミ

ROAD TOURER (ロードツアラー)の変速機は、1×11速。

シングルフロントのほうがチェーントラブルが少ないし、直感的に操作しやすいので私は好きです。

なんとなく適当にギアチェンジしても走りはスムーズ。

普通の街なかにある坂ぐらいなら余裕でスイスイ走れるし、スピードを出したいときにはきっちり答えてくれる。

シンプルだから走りに集中できます。

背が大きい人はサイズに注意

メリダ ROAD TOURER (ロードツアラー)の評価

ROAD TOURER (ロードツアラー)で注意点があるとしたら、サイズです。

2サイズしかないのです。

470mm:160cm~170cm

500mm:165cm~175cm

身長が180cm以上ある人にはベストフィットとは言えません。

問題なく乗れますけどね。

ちなみに、身長が165cm~170cmの人は小さい方の470mmのほうがおすすめです。

小さめがおすすめの理由は、ハンドルが低くなるからです。

メリダ ROAD TOURER (ロードツアラー)のレビュー

ロードバイクに乗り慣れてくると、空気抵抗を減らすためにハンドルを下げたくなる人が増えます。

大きいフレームでは下げたくても下げられません。

小さめのフレームを最初から選んでおけば、大きいフレームよりは下げられますよね。

このため、適正なサイズが2つあるなら小さい方を選んだほうが得することが多いのです。

優雅なサイクリングを楽しむ人向け

いかがでしょうか。

ROAD TOURER (ロードツアラー)は乗り心地重視のロードバイク。

1秒でもタイムを縮めたい人には不向きですが、余裕を持ってサイクリングを楽しみたい人との相性は良いですよ。

ちなみに、あさひの自転車はネット注文したほうが安くなることが多いです。

購入の際は、値段をチェックしてくださいね。

【ロードツアラーの最新価格はこちら】

トランスモバイリーの口コミ!電動折りたたみ自転車の実力は?

トランスモバイリーの口コミ

電動アシスト付きの折りたたみ自転車、トランスモバイリー。

シンプルでかっこいいデザインですねえ。

果たして実力はどうなのか?

実際に乗ってみた感想や口コミ情報をお伝えします。

折りたたみ+電動アシストの魅力

トランスモバイリーの口コミ

持ち運べるトランスモバイリーの長所が生きるのは、やっぱりドライブ+サイクリングです。

例えば車で田舎までドライブする場合。

目的地に到着したらトランスモバイリーに乗り換えてサイクリングを楽しむことができます。

やってみると、ものすごく身軽になった気分でした。

思わず「自由だ~!」って叫びたくなるぐらい、自由な時間を満喫できます。

トランスモバイリーの口コミ

これが折りたためない自転車だったら、まず車に積むのが大変。

折りたためても電動アシストがないと坂道がキツすぎる。

折りたためる+電動アシストだからこそ、山でも海でも関係なく存分に楽しめるのです。

これからチャレンジしたいのは、富士山周辺までドライブして、富士五湖の周囲をサイクリングすること。

西湖なら、一周約10km。

トランスモバイリーで楽勝です。

過去には道の駅まで行って、周辺をサイクリングしたこともあります。

ドライブだけでは決して味わえない自由な感じは、一度やってみるとハマります。

バッテリーの性能は?

トランスモバイリーのバッテリー

電動アシスト自転車で気になるのが、バッテリー性能。

スペック表を確認してみましょう。

バッテリー容量:2.8Ah

走行距離:約10~12km

充電時間:約2時間

小さいバッテリー(480g)を使っている分、長い距離を走れるようにはなっていません。

それでも12km走れるので、不便だと感じることは少ないです。

もしこれでは足りないと思うなら、容量が4.0Ahの大容量タイプのバッテリーもあります。

普段はスマホ用のモバイルバッテリーとして使えるのが地味に便利。

自転車に乗らないときでも役立ちます。

アシスト力については心配いりません。

結構なパワーがあります。

電源オフでも走れるか

トランスモバイリーの口コミ

電動アシスト自転車は、電源オフで走れるかどうかも大事なポイント。

バッテリー切れになった途端に重くなる自転車だったら、乗っていて不安です。

トランスモバイリーの場合は、全く問題ありません。

電源オフでも違和感なく走れました。

電源オフ走行で重要になる車体重量は約12.9kg。

(6段変速、16インチモデル)

普通のママチャリは約20kg程度なので、車体は電動アシストありとしては軽いと言えるでしょう。

小型自転車のいいところですね。

トランスモバイリーの口コミ

さらに、トランスモバイリーはセンターユニット・後輪駆動方式の自転車です。

モーターユニットは車輪ではなく車体の中央に設置されていて、重心バランスが良いです。

電源オフでも走りやすいよう配慮されていました。

スピードに不満なし

トランスモバイリーの口コミ

小さい自転車で気になるのは、スピードです。

あんまり遅いと疲れます。

トランスモバイリーは、小さいわりに結構速いです。

ギア比がうまい具合に調整されていて、ひとこぎで進む距離に違和感がありません。

私が試したのは16インチ・6段変速バージョンですが、14インチでシングルスピードの方の口コミを見ても不満は少ないようでした。

さすがに本格的なクロスバイクなどには及びませんが、普通のママチャリ程度なら追い抜けます。

フレームはアルミでしっかり

トランスモバイリーの口コミ

頑丈さはどうか?

少なくとも、値段相応の頑丈さはあると思います。

一度、体重100kgオーバーの友人が乗りましたが壊れませんでした。

念のため口コミ情報を調べて回りましたが、壊れやすいというクレームは見かけません。

フレームはアルミで、見た目以上にしっかりした感じ。

激安で粗悪な折りたたみ自転車と比べると、乗っていても安心感があります。

Vブレーキで制動力はある

トランスモバイリーのブレーキは、Vブレーキです。

制動力が大きいブレーキですね。

細かいスピード調整をするというよりも、確実にギュッと止まるためのブレーキです。

坂道で走りたくなるトランスモバイリーには合っていると思います。

結構ブレーキの効きが良いので、ママチャリしか乗ったことがない人はブレーキの感触に慣れるまではスピードを落として走りましょう。

猛スピードで下り坂を走ってる時に急ブレーキしたら、転倒しますよ。

都会でも活躍の場は多い

いかがでしょうか。

持ち運べる電動折りたたみ自転車は、使ってみると活躍の場がいっぱいあります。

電車に持ち込める

バスに持ち込める

エレベーターに持ち込める

階段も持ち上げて上がれる

室内で保管(盗難防止)

バッテリーがなくても走れるし、日常生活の足としても活躍するポテンシャルはあります。

気をつけてほしいのが値段です。

自転車屋さんによっては、ネット価格より数万円高い場合があります。

サイクルベースあさひのネット通販なら実店舗も多いし、整備もしてくれますよ。

【トランスモバイリーの最新価格はこちら】

GIOS MISTRALの口コミ!クロスバイクに乗ってみたい人におすすめ

GIOS MISTRALの口コミ

鮮やかな青が綺麗なGIOS MISTRAL。

ずっと前から人気のクロスバイクなので、外で見かけたことがある人も多いと思います。

GIOS MISTRALは何がいいのか?

ロングセラーの理由や注意点も含めてご紹介したいと思います。

コスパと信頼性でロングセラー

GIOS MISTRALの口コミ

GIOS MISTRALがロングセラーになっている理由は、コスパの良さと信頼性です。

5万円前後でアルミフレーム、24段変速のクロスバイクが手に入る。

これだけでも嬉しいところです。

でも、これだけだったらロングセラーにはならないでしょう。

GIOS MISTRALは、さらに信頼性が高いのです。

自転車のパーツで世界的に信頼性が高いメーカーと言えば、シマノです。

2017年時点で、スポーツ自転車向け部品の世界シェア85%。

特に変速機の信頼性はダントツでしょう。

シマノ製パーツが多いほど、安心できると言っても過言ではありません。

GIOS MISTRALの口コミ

GIOS MISTRALの場合、変速機・ホイール・ブレーキがシマノ製です。

5万円前後のクロスバイクで、ここまでシマノ製で統一されているのは珍しいでしょう。

質の面で全く不安はありません。

ロングセラーのクロスバイクには、利点も多いです。

例えばYouTubeで「GIOS MISTRAL」を検索してみると、動画が色々アップされていることが分かります。

メンテンス

カスタマイズ

最新モデルのレビュー

サイクリング動画

同じGIOS MISTRALユーザーが発信している情報が山ほどあるので、とても参考になります。

情報を頼りに、初心者でも簡単に真似できる。

長く乗り続けるのに有利な環境が整っています。

2万円クロスバイクとここが違う

GIOS MISTRALの口コミ

最近はクロスバイクも価格破壊が進みました。

2万円台でも安くて質の良いクロスバイクが増えています。

最近ではcyma primerオフィスプレススポーツ-Gなど、通勤・通学用に便利な自転車も多いです。

それらの安いクロスバイクと比べて、GIOS MISTRALは何が違うのか?

一番大きな違いは重さだと思います。

GIOS MISTRALの車体重量は約11kg。

平均的なママチャリで20kgなので、ほぼ半分ぐらいの重さですね。

乗ってみた姿

2万円台のクロスバイクの場合、15kgぐらいが標準です。

(cyma primerは13kg。)

基本的に、重さの差と価格はセットです。

上を見ればきりがありませんが、10kgを切るクロスバイクは値段が跳ね上がります。

予算と軽さのバランスでいえば、GIOS MISTRALはかなりハイレベル。

50kmぐらい走る程度なら十分です。

ただし、通勤や買物などで荷物を運ぶ前提の乗り方をするなら、通勤に特化したクロスバイクも乗りやすいです。

趣味用か日常の移動手段か。

荷物は多いのか少ないのか。

低価格帯のクロスバイク選びは、目的に合わせて選ぶのが大事です。

ミストラルクロモリとの違い

GIOS MISTRALの口コミ

GIOS MISTRALはアルミフレームなのですが、クロモリフレームもあります。

ハンドルやペダルなど、細かいパーツも少しずつ違うようです。

では乗り心地はどうか?

正直に言うと、じっくり乗り比べれば違いが分かるというレベルです。

というのも、GIOS MISTRALはサドルが肉厚。

アルミフレームでも体に優しい乗り心地なので、あえてクロモリフレームにする必要性を感じません。

メンテンスなどを考えると、アルミフレームで良いのではないかと思います。

ジオスブルーが人気の理由

GIOS MISTRALの口コミ

GIOS MISTRALでは青がダントツの1番人気です。

色見本に「ジオスブルー」があるぐらいの定番ですし、この青は太陽の光を浴びると鮮やかさが本当に美しい。

クロスバイクについて知識がなくても「あの自転車高そう」と思ってしまう存在感です。

個人的にはGIOSのグレーも大好きです。

でもやっぱり存在感で選ぶなら青になってしまいます。

王道の青を選ぶか。

あえて違う色を選んで我が道を行くか。

悩ましいところです。

盗難対策は全力で

自転車の盗難対策

GIOS MISTRALで注意してほしい点は、盗難対策です。

「人気がある自転車=盗まれやすい」

GIOS MISTRALはロングセラーで国内の流通量も多い自転車。

盗難との戦いは避けられません。

少なくとも、ワイヤーロック2本使うのは必須。

ママチャリのようにタイヤだけロックするのでは甘いです。

タイヤを外されて、フレームだけ盗まれてしまいます。

ワイヤーロックを使って、柵などにフレームを固定する「地球ロック」を行うこと。

ちょっとコンビニに寄るだけでも油断大敵ですよ。

実店舗よりネットが安め

いかがでしょうか。

GIOS MISTRALはコスパと信頼性の高い自転車です。

クセがないので初心者でも乗りやすいし、本格的なサイクリングにも対応できるスペックがあります。

GIOS MISTRALはどこの自転車屋さんでも大抵の場合は購入可能ですが、在庫がなくて取り寄せの店舗は割高。

ネットで買うほうが割安な場合が多いですよ。

【GIOS MISTRALの最新価格はこちら】