弓道は正座ができない人は無理なのか?いや、できる!

弓道と正座

弓道って、やったことがない人から見ると未知の世界ですよね。

今回、このような質問が届きました。

「私は怪我の影響で膝が悪く、正座ができません。

弓道部に入りたいのですが、弓道に正座は必須と聞きました。

私では無理でしょうか?」

弓道といえば正座をするイメージがありますよね。

怪我などの事情で正座ができない人はどうなのか?

お話したいと思います。

正座ができなくても大丈夫!

まず結論から言います。

弓道は正座ができない人でも楽しむことができます。

弓道と正座

確かに弓道では何かと正座をする機会があります。

でも、意外と柔軟に対応してもらえるんですよ。

私の知り合いにも、膝が悪くて正座できない人がいますが弓道を続けています。

安心してください。

試合では正座しない形式が多い

この質問をくれた方は高校生でした。

部活で弓道をするなら、気になるのが試合ですよね。

試合に出場することについても問題ありません。

多くの試合は、正座しない形式で行うことが多いでしょう。

弓道の試合には正座する形式で行うものと、立ったまま行うものがあります。

正座をする形式は時間がかかるので、試合では採用されないことが多いのです。

弓道

万が一正座をしなければいけない形式の試合だったとしても大丈夫。

事前に主催者側に申請すれば正座しなくて済みます。

入部する前に顧問の先生や先輩たちに説明すれば、何の問題もありません。

段もとれるぞ

弓道にも他の武道と同じように、段があります。

弓道をやるからには、有段者になりたいですよね。

初段、弐段、参段…段位は励みになります。

弓道の昇段審査では、基本的に正座を行う形式が採用されています。

でも大丈夫。

立ったままで審査を受けることが可能なのです。

審査申込書を見ると、右下のほうに「受審者連絡欄(立射など)」という項目があります。

ここに朱書きで立射と明記すればOKです。

弓道と正座

弓道の年齢層は他の武道に比べて幅広いので、対応は柔軟です。

膝が悪いと上達しにくい?大丈夫

試合や段をとるのは問題ありません。

ご安心ください。

あと心配があるとすれば…

「正座できない人が、弓道で上のレベルに行けるのか」

やるからには、上達したいですよね。

膝が悪いとどこまで不利になるのか、心配している人もいることでしょう。

確かに弓道は、下半身の安定が大事です。

土台がぐらついては、矢は狙い通りに飛びません。

でも、多少膝が悪くても工夫次第。

膝が悪くて高段者という人もいますし、大会で活躍した人は何人もいます。

2015年の岩手県大会では、病気で車椅子生活になった高校3年生の男子が3位入賞を果たしています。

車椅子

車椅子でも対等以上に戦えるんです。

努力次第で何とでもなります。

高齢者まで楽しめるのが弓道

いかがでしょうか。

弓道は怪我などの影響で正座ができない人でも十分に楽しめます。

ご高齢の人が長く続けているのも、そのためでしょう。

正座ができないからといって、迷う必要はありません。

ぜひ弓道を始めることをおすすめします。

きっと弓道の魅力にハマりますよ♪

>>弓道の初期費用について

弓道部って上下関係は厳しいの?体育会系すぎる部活は嫌な人へ

弓道の矢

このブログでは弓道関係の話をよくします。

そのおかげなのか、質問をいただくことが増えてきました。

今回はこんな質問が…

「高校では弓道部に入りたいです。

弓道部って先輩・後輩の上下関係は厳しいですか?」

部活は学校によって雰囲気が全然違うのですが、色々な学校を見てきた経験からお話をしたいと思います。

上下関係は厳しくないのが多数派

まず結論から言います。

弓道部は、他の部活と比べると上下関係は厳しくないと思います。

礼儀には厳しいですが、体育会系バリバリの学校は比較的少ないですね。

一部の全国大会常連校はそんな空気もありますが…

というのも、弓道部には他の部活にはない事情があるのです。

厳しくない理由①関係者の年齢層の広さ

家族

先輩・後輩の上下関係が厳しくない理由の一つ目は、関係者の年齢層です。

色々な年齢層の人と関わる機会が多いので、1つ上、2つ上の先輩は偉そうにできません。

調子に乗ってると色んな人に怒られます。

私もよく「偉そうに言うようになったなあ!」なんて怒られました(笑)

普通の部活の人間関係と言うと、顧問・監督・OB・OG・先輩・後輩ぐらいですよね。

弓道部では、関係者がもう少し多くなります。

なぜ関係者が多くなるのかと言うと、弓道は指導が難しいからです。

経験者でないと、適切な技術指導を行うのはほぼ不可能。

安全性を確保する点でも、顧問や先輩だけで面倒を見るのは不安が残ります。

その点を克服するため、多くの学校では地域の弓道協会に所属する形を採用しています。

地域の弓道協会の教室に通ったり、高段者に指導してもらう機会を用意しているのです。

弓道部の上下関係

自然と関わる人が増えるんですよ。

・地域の弓道協会の師範

・高段者の指導担当の先生たち

・その道場に通っている一般の人たち

・近隣の高校生や大学生

・近隣の中学生や小学生

このような環境なので、先輩風を吹かせても効果が薄いんですよね。

考えてもみてください。

目の前に弓道歴30年のベテランがいる状況で、ひとつ下の後輩に威張れますか?

多くの学校では、絶対服従みたいな体育会系のノリは作りにくい。

普通の先輩・後輩の関係で仲良くしてるところの方が多いですよ。

厳しくない理由②先輩との実力差が少ない

2つ目の理由は、先輩・後輩の実力差が少ないことです。

野球やサッカーなど、他の競技では経験者と未経験者の差って大きいですよね。

高校生ぐらいになると、未経験者は圧倒的に不利です。

弓道部の上下関係

ところが弓道部の場合は、小学生や中学生で始める人が少ない。

ほとんどが高校や大学で始めます。

高校で始めるなら、先輩と言っても弓道歴1年そこそこ。

夏休みが終わる頃には追いついてしまうんですよね。

これは大学から始める人でも同じことが言えます。

大学から始める人も多いし、高校からやってる人が相手でも伸び悩んでる人にはすぐ追いつけます。

弓道は的中率5割前後で伸び悩む人が多いんです。

5割なら弓道歴半年でも到達できます。

そこから7割・8割に上げるのが難しいのですが…

遠的と弓道

弓道部では、実力が的中数という形でハッキリ出てしまいます。

言い訳できないんですよねえ。

的中数で後輩に負けた先輩が偉そうにできますか?

できません、私がそうでしたから(泣)

厳しくない理由③男女混合

弓道は男女混合の部活が多いです。

男女が対等の条件で勝負できる、数少ない武道ではないでしょうか。

弓道では身長2メートルあっても有利になりません。

身長140センチの女の子が、2メートルの大男に勝っても珍しくない弓道ってよく考えたらすごいです。

男女が一緒に練習している部活は、体育会系のノリがゆるくなることが多いです。

これは弓道に限らずですけどね。

男女比

上下関係は厳しくないですが、恋愛面で厳しい状況に追い込まれる人はいるかもしれません。

どういう状況か分からない?

3年間も一緒に過ごせば、色々ありますよ。

そのまま結婚しちゃう人もいれば、逆に…

おっと話が脱線しました。

男女が一緒に練習する弓道部では、先輩も後輩も楽しく和気あいあいと部活に励んでる学校が多いですよ。

厳しくない理由④しごきがない

上下関係が厳しくない理由の4つ目は、練習内容です。

運動部なら、体力トレーニングは必ずしますよね。

弓道部の上下関係

例外は弓道部。

弓道部は運動部に分類されるのですが、体力トレーニングをしない学校が多いのです。

していても軽い筋トレぐらいでしょうか。

体力トレーニングをしっかりするのは全国大会常連校ぐらいだと思います。

私の高校の弓道部では、ひたすら自由に弓を引いていました。

厳しい筋トレなどの「しごき」がないので、上下関係もゆるくなりがち。

文化部の雰囲気も感じるのは弓道部ならではですね。

厳しくない理由⑤地域との関わり

最後の理由は、地域との関わりです。

先ほど関係者の年齢層が幅広いという話をしましたが、弓道部は地域の人たちと関わる機会がよくあります。

閉鎖的な部活では理不尽なルールが多くなりがちです。

弓道部は普段の練習だけでなく、地域行事などに参加するので意外とオープンな部活だと思います。

弓道部の上下関係

例えば私が所属していた兵庫県の川西緑台高校弓道部。

川西市は「源氏発祥の地」と言われていて、春には「源氏まつり」が行われます。

弓道部は源氏まつりで奉納射会に参加し、大勢の人が見守る中で弓を引くのです。

このように弓道部では地域行事に参加することがよくあります。

もちろん学校によって事情は様々ですが、何らかの行事に関わっていることが多いですよ。

地域行事に参加すると、他校や一般の人と関わる機会が増えます。

理不尽なことをすれば怒られます。

自然と変に厳しい上下関係はなくなっていくのでしょうね。

新成人になったら、三十三間堂の通し矢に参加してみるのも良いですね。

一生の思い出になることでしょう。

弓道ならではの楽しさがある

いかがでしょうか。

今回お話したことは、全部の学校に当てはまるわけではありません。

ただ一つ確実に言えることがあるとすれば、弓道には独特の面白さがあります。

弓道は武道と言っても特殊です。

男女が対等な条件で戦えるし、年齢もハンデになりません。

70歳の小柄なおばあちゃんが、20歳で身長190センチの男性に勝つことも普通にあります。

小学生が高校生に勝つこともありますしね。

幅広い世代の人たちが手加減なしで真剣に勝負できるって、なかなかないことですよ。

大半の人が高校や大学から弓道を始めます。

未経験者でも1年後には部のエースになれるかもしれません。

気軽に始めてみてくださいね。

>>弓道を始めるときの費用の詳細はこちら

弓道は身長が低いと不利になる?実際に見聞きした経験から語る

身長

昨日、これから弓道を始めたいと思っている人から質問が届きました。

「弓道に興味があります。でも、自分は中3の男ですが背が低いです。背が低いと不利ですか?」

今回は、これから弓道を始めたい人向けに身長についてお話したいと思います。

低身長でも大丈夫!

身長

まず結論から言います。

大丈夫です!

弓道は身長が低くても不利になりません。

高校生の全国大会を見ていても、背が低い人はたくさんいます。

弓道の面白いところは、体格差や腕っぷしの強さに差があっても勝負できるところです。

例えば身長190センチの柔道経験者が、身長150センチの美術部出身の女の子に負けることも珍しくありません。

男女

そもそも大昔の日本人は成人男性でも背が低い人が大勢いました。

背が低くても十分に戦えますよ。

小学生で大人に勝つ子もいる

高校生や大学生から弓道を始める人がほとんどですが、中には小学生の頃から弓道をしている子もいます。

小学生の中には、大人顔負けの腕を持っている子が多いです。

小学生

私の地元の弓道協会では、小学生の時点で高校生と対等に勝負できる子が何人もいました。

小学生でも戦えるということは、身長は不利にならないと言い切ってもいいですよね。

他のスポーツでは低身長がハンデになることが多いですが、弓道なら有利不利はありません。

体格差と実力は完全に別物です。

身長140センチの70歳おばあちゃんも強い

私の地元の弓道協会では、たくさんのおじいちゃん・おばあちゃんが弓道をしています。

ご老人と10代の男女が対等に戦えるのも、弓道の面白さですね。

私の知り合いに、身長140センチで70歳を超えているおばあちゃんがいます。

この人が強いんですよ。

おばあちゃん

月に1回行われる射会(練習試合みたいな行事)では、常に上位にランクインしています。

この射会には、高校生や大学生もたくさん参加しています。

それなのに、70歳過ぎのおばあちゃんが上位にランクインするってすごくないですか?

このおばあちゃん、見た目はほんとうに小さくて可愛らしい人です。

別に鍛えている様子もないのに、弓道の腕前はピカイチ。

これが弓道の不思議なところですね。

おばあちゃんでも勝てるんです。

あなたが勝てない理由はありません。

手が小さい人は苦労することも

低身長が不利になることはありません。

もし不利になることがあるとすれば、手が小さい人です。

弓道は左手で弓を握るのですが、手が小さいと正しい握り方を習得するのに時間がかかるかもしれません。

弓道と小指

私も手の小ささで少し苦労しました。

私は身長が174センチあるのですが、手が小さいんです。

身長150センチ台の女の子と変わらないぐらい小さいです。

身長のわりに手が小さいと、どうなるか?

背が高い人向けの弓が扱いにくくなります。

背が高い人向けの弓は、握る場所が太いものがほとんど。

指が届きにくくて苦労しました。

とはいえ、背が低い人が扱う弓は握る場所も細め。

よほど手が小さくない限りは苦労しないと思います。

これから弓道を始めたい人へ

弓道

いかがでしょうか。

背の低さが不利になることはありません。

心配していた人はご安心を。

機会があれば、地元の弓道協会や志望校の弓道部を見学してみてください。

背が低い人もいっぱいいるはずです。

でも、覚悟してくださいね。

弓道を始めたら、面白くて絶対にハマりますから♪

>>弓道の費用についてはこちら

弓道とオリンピックの関係【アーチェリーとの違いとは】

的

弓道をやっている人なら、アーチェリーにも興味があると思います。

「なんで弓道はオリンピック種目にならないんだ?」

誰もが一度は疑問を持ちますよね。

実は、弓道でオリンピックに出場することは可能です。

ただし、アーチェリーのルールで戦うなら…

それでも良いから弓道家として出場したいですか?

やめたほうがいいですよ。

弓道とアーチェリーは全く別世界です。

過去に世界選手権に出場した選手がいた

アーチェリーの弓に関するルールは比較的単純です。

基本的に照準器(サイト)を二つ付けなければ形状は問われません。

和弓でも問題なく出場可能です。

1967年の第24回アーチェリー世界選手権に、

宮田純治選手が出場しています。

弓は弓道の和弓、矢はアーチェリーに対応するために改造した特別製。

アーチェリーは距離が70mや90mで競いますので、普通の弓道の矢では無理なのです。

弓道とアーチェリーの違い

当時、宮田選手が出場した背景には、

オリンピック競技化を目指す弓道協会の思惑があったとか…

当国際連盟への加盟権を巡って

全日本弓道協会と日本アーチェリー協会が争っていたそうです。

しかし、宮田選手は129人中129位で惨敗。

弓道協会のオリンピック競技化への野望は絶たれてしまいました。

弓道とアーチェリーの大きな違い

私は弓道もアーチェリーもやったことがあります。

こう言ってはなんですが、

弓道とアーチェリーは江戸時代と現代ぐらい違います。

はっきり言ってカルチャーショックでした。

道具の進歩をとめた弓道と、進化し続けたアーチェリー。

この差はとてつもなく大きいのです。

アーチェリーの距離は90m、70m、50m、30mの4つがあります。

そして、90m、70mで使われる的がこちら。

弓道とアーチェリーの違い

直径122センチ。

的の黄色の部分「金的」は直径24・4センチです。

上級者になると、95%以上を黄色の部分に的中させないとメダルには届きません。

弓道をやっている人ならその凄さが分かるのではないでしょうか?

弓道の的は36センチです。

アーチェリーの人たちは、90m先から弓道の的を正確に射抜けます。

初心者にも易しいアーチェリー

弓道を初心者に教えるのは一苦労ですよね。

前に飛ばせれば上等。

サポート無しで射ることはほぼ不可能です。

kyudo09212

ところがアーチェリーは、初めてでも前に飛ばせます。

弓道と違って、弓に矢をセットする場所があるから矢がこぼれません。

弓道とアーチェリーの違い

私が初めてアーチェリーの弓を引いた時、

1射目から30m先の的に的中しました。

アーチェリーには照準もついてるし、バランサーもついてます。

ややこしい手の内の必要もありません。

的に当てるだけなら、とても簡単なのです。

弓道とアーチェリーの違い

アーチェリーは30mの距離なら、2年程度のキャリアの人が、りんごを8割以上射抜けるそうです。

それでも私は弓道が好き

アーチェリーでは矢所を確認するためにスコープが必要なほど離れています。

精度だけで比べるなら、弓道はアーチェリーに絶対勝てません。

弓道とアーチェリーの違い

でも、私はやっぱり弓道のほうが好きですよ。

両方経験してみて、1番違うと感じたのは場の空気でした。

アーチェリーは純粋なスポーツです。

試合の緊張感は同じですが、荘厳さはありません。

とてもカジュアルで、肩肘張らない印象でした。

kyudou112605

弓道をやっている人は、一度はアーチェリーも経験してみると楽しいですよ。

弓道の魅力に気づけると思います。

弓道は就活で有利か?特技欄に書いてアピールする方法

弓道と就活

高校や大学生活は弓道一筋!

弓道に全精力を捧げた人もいると思います。

就職活動の中でも

弓道を続けてきたことは武器にできます。

特に優秀な成績を残せなかったとしても、

役職についていなくても大丈夫。

弓道に捧げた時間は、

あなたの立派な財産になっています。

今回は、エントリーシートや面接で

弓道を上手く使って有利にする方法をご紹介します。

面接官に弓道経験者は意外と多い

なんとなく弓道って

マイナーなイメージを持っていませんか?

全日本弓道連盟への登録人口を見てみると、

平成27年度時点で約14万人もいるのです。

大学生で1万4千人、高校生で7万1千人もいます。

連盟に登録していない人や、

以前やっていた人も含めれば

潜在的な「経験者」はかなり多いのです。

つまり、目の前にいる面接官が

元弓道部だったとしても珍しくありません。

だから就職に有利になるということはありませんが、

印象に残りやすくなるかもしれません。

弓道を志望動機に結びつける

どんな会社を受けたとしても、

志望動機は必ず聞かれます。

志望動機って考えるのは大変ですよね。

ネットでちょっと調べた情報を元に書いても

説得力がない薄っぺらい動機になってしまいます。

それならば、志望動機に弓道を絡めてしまえば良いのです。

例えば…

「就職活動を始めるにあたって、

弓道を通じて知り合った社会人の皆様、

先生、先輩に仕事に関するアドバイスをいただきました。

色々な職業や考え方を教えていただいた中で、

○○業界で働く人の熱意に共感し、興味を持ちました。

○○業界の中でなぜ御社を志望したのかというと…」

このように話をつなげても良いかもしれません。

私が就職活動をしたとき、

この方法で複数の会社から内定をいただくことができました。

この話の組み立て方なら

どんな話題にも応用できるのでとても便利でしたよ(笑)

具体的なエピソードを絡めて志望動機を話すと

説得力がアップするのでおすすめです。

弓道を自己PRに結びつける

弓道を利用できるのは

志望動機だけではありません。

自己PRに結びつけるのも

とても賢い方法だと思います。

例えば「チームプレイ」と「問題解決力」をアピールするなら、

仲間と助け合ったエピソードが使えます。

弓道って同期や先輩、後輩と

教え合いながら練習することが多いですよね。

弓道と就活

例えば…

あなたとあなたの友人が同時にスランプになった。

お互いに話し合いながら問題点を分析

気づいた点を修正して結果を検証した

上手く行かなかった点を調べ直す

検証を繰り返す

問題解決

このプロセスって、

ビジネスの現場にも通じるものがあると思いませんか?

見えない問題点を探し出し、

仲間と協力しながら解決していく。

まさにチームプレイです。

チームプレイという言葉を使わなくても、

弓道を通じて経験を積んできたことをアピールできるでしょう。

他にも部活の空気がマンネリ化したときの解決や

効果的な練習方法の探索など

ビジネスに通じるエピソードはたくさん見つけられるはずです。

あなたが困ったこと、悔しかったこと、

悩んだこと、辛かったこと。

それら全てが財産です。

弓道と自分の長所・短所を結びつける

あなたの長所はなんですか?

あなたの短所はなんですか?

これも面接では定番で厄介な質問ですよね。

説得力のある回答は、

「エピソード→だからこうです」という流れを作るのが基本。

ここでも弓道を利用することができます。

例えば長所を「親しみやすさ」にしたい場合、

弓道でお年寄りや社会人の人たち、

他校の学生さんとの交流エピソードを持ってくるのも良いでしょう。

弓道と就活

「お年寄りとのコミュニケーション能力が

知らず知らずのうちに身につきました」

などと言っても良いかもしれません。

短所の説明はもっと難しいですね。

短所の説明は、

自分の短所に気づき、どう行動を改めているか

アピールすると良いと思います。

私が実際に内定をもらった会社の面接では

「私は仲間への配慮にかける面があった」

という話をしました。

話の流れはこうです。

弓道部をもっと強くしたい
 ↓
練習内容を厳しく見直そうとした
 ↓
考え方が違う人のことを考えなかった
 ↓
仲間に諭され、話し合いを重ねて気づくことができた
 ↓
「独りよがりになっていないか」を常に考えて行動する

良かれと思って行動したことが、

周りへの配慮にかけていた経験を話したのです。

これは弓道だけでなく、

チームプレイで仕事をするときに

ありがちな状況です。

短所の説明は自分への悪口ではありません。

これも自己アピールの1つです。

短所から前向きな行動につなげた話を

エピソードを交えて説明しましょう。

弓道が就職活動で不利になる場合とは

弓道をしていたというと、

悪い印象を与えることは少ないでしょう。

しかし、1つだけ不利な点があります。

写真映りが悪い人が多いのです。

弓道と関係がないと思いますか?

あくまで一般論ですが、

弓道をやっている人は身だしなみへの意識が低めです。

髪型、服装、メイク…

就職活動では見た目の要素がたくさんありますよね。

特に就活用の写真では、

その差がハッキリと現れますよ。

ビジネス用の身だしなみは

普段の生活と大きく違います。

自信がない人は

きちんとしたスタジオで撮影するのが

1番無難だと思います。

髪型やメイクを就活用に整えてくれるし、

プロ仕様の照明で綺麗に撮影してくれます。

一度撮影すれば

焼き増しを安くしてくれるスタジオも多いです。

関東で就活する人や

東京付近に在住の人は、

下記スタジオが人気があるので利用してみてはいかがでしょう?

 
就活写真なら【スタジオエイメイ】

大学から弓道を始めるのはありか【経験者にすぐ追いつける理由】

弓道の矢

3月末になると、4月からの新生活を思ってワクワクしますよねえ。

そんなワクワクしてる人からこんな質問をいただきました。

「大学から弓道を始めたいと思っています。大学から始めても経験者には勝てないでしょうか。」

大学から始める人は多い

大学に入ったら弓道をしてみたい。

すごくいいことだと思います。

実際、未経験者でも全く問題はありません。

大学から始める人は多くて、だいたい半分ぐらいは未経験者だと思います。

大学によっては、9割が未経験者というところもありますのでご安心を。

弓道

万が一、入部希望の弓道部が全国トップクラスの強豪だとしても問題ありません。

弓道は、経験者にすぐに追いつける可能性が十分にあるんです。

未経験者でも経験者に追いつける理由

早い人なら小学生のときから弓道をしている人もいます。

最初は、全く勝てないのは当たり前です。

でも、1年後には未経験者が勝っている可能性は十分にあります。

的は、止まってますからね♪

初心者だろうが経験者だろうが、的は動きません。

そして、どんなに上級者でも的中率100%という人はいません。

9割なら全国トップクラス、8割でもかなりの達人です。

7割ぐらいの的中率でウロウロしている人が多いですねえ。

真面目に練習すれば、半年で的中率5割ぐらいにはすぐになれます。

1年後に7割程度の的中率になっている人はたくさんいますので、

後輩が入ってくる頃にはベテランっぽい雰囲気を出すこともできるでしょう(笑)

そして、弓道部は学校によって指導方法が全く違います。

経験者といっても、変な癖を覚えてしまって伸び悩んでいる人もいます。

私も大学入学した頃は「早気」という一種のイップスにかかっていました…

そうなると、変な癖がない初心者のほうが有利な場合もあるんです。

弓道を春から始めた人が、

夏休みが終わる頃には別人のように上達している姿を何度も見てきました。

弓道部はリア充養成所というウワサ!?

大学に入ったら、

部活もバイトも勉強も頑張る。

そして何より…恋人が欲しい!

実は弓道部って、かなり部内恋愛が盛んな部活だと思います。

私の高校の弓道部は、通称「恋部」と呼ばれるほどカップルが多かったです^^;

弓道

男女が同じ条件で競い合える。

対等に教え合えるものって他にはなかなかありません。

もの凄いマッチョで身長190センチある男性が、

身長150センチの細い女性に負けることも普通なのが弓道。

教え合うことで自然と色んな人と会話する機会が増えます。

もちろん、恋人だけじゃなくて一生の友だちもできます。

弓道部って最初は大人しめの人が多めなんですが、

卒業する頃には見違えるほど堂々と話せるようになった人もたくさんいます。

キャンパスライフを楽しく過ごしたいなら、

入って損はないと思いますよ。

弓道の費用については「弓道の費用について」でまとめています。

一度に払う金額は多くないので、

ご心配なく♪

こちらの記事も読まれています。

・男子大学生の春のメンズファッション

・女子大生に服は何着必要?

 

弓道で太っている人は中らない?【原因は重心にあり】

太っている人

このブログでは弓道についてあれこれ解説していますが、

今日はこんなご質問をいただきました。

弓道と体型は関係ありますか?10kgほど太ってからあたらなくなりました。

弓道は太っている人は不利なのか

弓道って老若男女ができる競技です。

私は最初「太っていても関係ないよ」と思ったんですが…

よく考えてみたら、弓道の上級者で太っている人をあまり見たことがありません。

弓道は学生が多いということもあります。

ただ、社会人で五段、錬士以上の人たちを思い浮かべても痩せている人が多いです。

ちょっと関係がありそうな気がしたので調べてみました。

ヒントはスポーツ医学にあり

弓道の教本などを読み返しても、こんな話題は触れていません。

念のためアーチェリーについても調べてみましたが、見つかりませんでした。

そこで、人体について詳しいスポーツ医学関係の本を調べてみると、

これだ!と思う記述を見つけたんです。

「太っている人はかかと体重の姿勢になりやすい」

人は俊敏に動くとき、つま先体重になります。

このとき、ふくらはぎ上部、太ももの後ろ、お尻の筋肉を使って体重を支えます。

ところがあまり運動をしない人は、かかと体重になっていることが多いです。

かかと体重で猫背気味にすると、下半身の筋肉をあまり使わないので楽に感じます。

かかと体重の立ち姿勢

かかと体重にすると骨盤が開いて内臓が下がり気味になり、

お腹がぽっこりしてきます。

筋肉を使わず代謝が減るので、太りやすくなるんです。

よく電車などで、浅く腰掛けて足を大きく開いている男性を見かけませんか?

浅く腰掛けて足を開く座り方

あの座り方も、かかと体重で下半身の筋肉を弱らせる原因。

試しに足をぴったり閉じて座ってみてください。

結構疲れるんですよ。

普段、かかと体重で立っている人が、

弓道で胴造りのときだけ重心を前に移そうとしたら…

不安定な胴造りになりやすいと思いませんか?

実際に太っている人を観察してみた

実際に太っている人は胴造りが不安定なのか?

何人か太っている人の射を観察したんですが、

打ち起こしの際に重心がブレている人が多かったです。

そして、姿勢が反り気味の人が多いように感じました。

やはり、重心がかかとに戻ってしまうのでしょう。

ただ、重心については注意すれば直ります。

意識して引いてもらったら、的中率が上がりました。

太り気味の人は、重心がブレやすいということを肝に銘じて

練習に取り組めば解決できそうです。

弓道とニキビの関係【ブラマヨの吉田も高校でやってた】

弓道

私は弓道に出会ってから10年以上経ちました。

弓道を始める前はこんなに多くの人と出会えるとは思っていませんでした。

たくさんの人を見てきた中で、一つ疑問があったんです。

「弓道をしてる人はニキビができてる人が多い気がする」

ブラマヨの吉田も元弓道部

私自身もニキビ・肌荒れができやすい方なので気になっていたんです。

そして、疑問が決定的になったのはテレビを見ていた時。

ブツブツ顔で有名なブラックマヨネーズの吉田さんも高校生のとき弓道部に所属していたんですって。

弓道とニキビの関係、気になってきませんか?

原因を調べてみました。

弓道するなら紫外線と乾燥対策が必須

「弓道をしている学生が多いからそう感じるのでは?」

最初は私もそう思いました。

でも、調べると弓道はお肌にダメージを与える要素が2つあることが分かりました。

弓道ってどこでしますか?

道場ですよね。

学校や地域の弓道協会の道場でしかできません。

ところで弓道場って、的に向かって射るから壁が一面ないですよね。

結構直射日光が入ってきませんか?

時間帯によってはずっと日光に晒されます。

弓道と日光

そしてもう一つが風です。

弓道場って風がよく通ると思いませんか?

夏は蒸れるのに、寒い季節になるとビュービュー風が通るのが不思議…

この2つがお肌にダメージを与えているんです。

紫外線と乾燥です。

弓道は黙々と練習することが多いし、そもそも日焼け止めも使わない場合が多いと思うんです。

しかも、うまく中らないとストレスも溜まります(笑)

日焼け対策と保湿は弓道をするなら手を抜けないです。

他の競技だって条件は同じではないのか

「日焼けや乾燥というなら、他の競技でも同じじゃないの?」

そう思う人もいると思います。

確かにグランドでプレーする競技の人は紫外線は受けますよね。

風だって吹いてます。

ところが、グランドって地面に含まれる水分が蒸発してくるので湿度はある程度保っているんです。

冬は室内のほうが確実に乾燥します。

グランド

さらに、体育館では冬は締めきっていることが多いです。

大人数で汗をかくので湿度が上がります。

弓道は半室内で風通しが良いので乾燥する条件が揃っています。

さらに言うと、弓道で紫外線を浴びるといっても真っ黒に日焼けするほどではないですよね。

野球部やサッカー部のように真っ黒にはなりません。

この中途半端に紫外線を浴びるのが厄介なんです。

真っ黒に日焼けした肌は紫外線への抵抗力が上がります。

でも、弓道の場合は紫外線でダメージを受けるけど、真っ黒に日焼けするほどでもない。

無防備に近い状態でダメージだけ受けてしまう…という状態になります。

弓道でニキビに悩んでいる人は、SPF30ぐらいで良いので日焼け止めを塗ること。

そして保湿しながらニキビケアができるクリームやジェルを選ぶとニキビは消えていくでしょう。

 



 

弓道と視力【目が悪くてもできるの?】

メガネの人

弓道をこれから始めたいなあ。

春から高校・大学で弓道部に入ってみたい。

そんな人の中には「私は視力が悪いんだけどできるかな」っていう人もいますよね。

今回は、目が悪くても弓道ができるのかお話します。

メガネをかけたまま弓道できる

まず、メガネが手放せないという人。

安心してください、できますよ!

メガネをかけたままでも弓は引けるので問題ありません。

メガネの人

ただし、初心者のうちは壊れてもいいように古いメガネをするのをおすすめします。

というのも初心者のうちは引き方が変で、たまにメガネを飛ばしてしまうことがあります。

弓の弦がメガネにあたっちゃうことがあるんです。

といっても、10人いれば1人くらいの確率なのでそんなに気にしなくてもいいです。

きちんと教えてもらったとおりに練習していれば、メガネっ子でも普通に弓を引けるのでご安心を。

いつも裸眼で目が悪い人は大丈夫?

私がそうなんですが、視力は悪いけど、メガネをかけずに過ごしている人。

視力が悪い

だいたい視力0.3~0.6くらいで、メガネをかけずに頑張っている人もいると思います。

授業中、黒板を見る時だけ虫眼鏡を使っている友達もいたなあ(笑)

私が弓道を始めたときは0.6くらいで、今は0.3くらいまで視力が落ちていますが、裸眼で弓道をしています。

明るい時間帯であれば問題なく見えますし、薄暗くなって見えなくなっても大丈夫なんです。

1年くらい弓道を続けていると、見なくてもどこに矢が飛んでいったか分かるようになります。

目が悪くても飛んでいる途中は見えるので、着弾地点がはっきり見えなくても把握するのは簡単です。

的

弓道がうまくなくても、自分の矢の行方は結構わかりますので大丈夫。

私の友人で、片目が全く見えなくても弓道をしている人がいます。

目が悪いからと言って、不利になることはないので安心してくださいね。

慌ててメガネを買うくらいなら、弓や矢の費用のためにとっておきましょう。

 
>>弓道の初期費用についての話はこちらから

手が小さい人の手の内【弓を握りにくい人向けの弓道講座】

弓道の手の内で親指が曲がる

手が小さい人は、弓道では不利ですよね。

手の内を整えにくいので、大変です。

私は男で身長174センチあるのに、

手が小さいんです。

身長158センチの妹と、手の大きさは変わりません^^;

矢尺があるので、伸び寸の弓を使っていたんですが

伸び寸の弓は並の弓より太いのが多くて苦労しました。

今回は、手の小ささで苦労している人のための

手の内の作り方についてご説明します。

手が小さい人の手の内は優先順位を考える

手が小さい人は、

握り皮を巻き直すときにゴムを削ったり試行錯誤しますよね。

できるかぎりの工夫はしたけど、

それでも弓が太くて手の内が作りにくい場合は、

完璧を追い求めず、優先順位をつけましょう。

追求するべきなのは、

ベタ押しを防ぐことと、

小指をきちんと締めること。

親指が上がるとか、

天文筋がズレてるとか、

指が揃わないなどは気にせず、この2点に集中します。

まず、虎の口を合わせて上押ししたとき、きちんと小指を締めることができますか?

もし、小指が届かないのなら上押しもある程度妥協します。

小指の締めが一番優先順位が高いです。

小指を締めつつ、

できるかぎり上押しできるポジションを探しましょう。

見栄えは気にするな

弓道の手の内で親指が曲がる

小指の締めと、上押しだけを意識した手の内。

見栄えはあまりよくないと思います。

でも大丈夫、小指を締めていて、不完全でも上押しができるなら

的中率を高めることはできます。

そもそも、手の内ってなぜ必要かご存じですか?

手の内は、弓にひねりの力を加えて矢を勢い良く、安定して飛ばすために行います。

手が小さい人の手の内を見ていると、

小指を重視していない人が多いんですが大きな間違いです。

弓をひねる力は、小指を締めないと生まれません。

時々、小指ではなく中指を一生懸命締めている人がいますが、

中指では十分な力を生み出せないんです。

小指をしめなければ小手先で弓を回すしかありませんが、

これでは的中率は4割~6割の間が精一杯でしょう。

的中率を8割以上、安定して保っている人の手の内で、

小指をしめていない人はいません。

小指ができるようになってから、

次は上押しの研究。

最後に、見栄えを整える。

こんな順番で練習すると、いい結果になりますよ。