化粧水の開封後の使用期限は?メーカーに問い合わせてみた

化粧水

化粧水の保存期間って気になりますよね。

私は安さ重視で、いつも大容量のものを買ってしまいます。

今使っているのも、半年前に買ったものです。

化粧水

ところで、開封後の化粧水には使用期限はあるのでしょうか?

今回、いくつかのメーカーに直接問い合わせてみました。

商品によって違うのですが、全体的な傾向が見えてきたのでまとめました。

一般的な使用期限

使用期限は保存方法などで変わります。

まず、一般的な期限をまとめるとこうなります。

防腐剤入り:半年~1年

防腐剤なし:1ヶ月~3ヶ月

未開封の化粧水なら、3年間は品質が落ちないものがほとんど。

でも開封後となると、話は違います。

化粧水の大部分は、水でできています。

開封して外の空気に触れると、腐り始めるのです。

季節によって変わる

開封後の化粧水の使用期限は、保存している環境で大きく左右されます。

通常の食品と同じように、季節によっても変わります。

夏と冬で比べてみましょう。

夏と冬に開封して、常温保存した場合の目安はこうです。

●夏に開封した場合

防腐剤入り:3ヶ月~半年

防腐剤なし:1ヶ月~2ヶ月

●冬に開封した場合

防腐剤入り:夏が来るまで

防腐剤なし:2ヶ月~3ヶ月

夏に開封して常温保存した場合、冬の倍近いスピードで劣化します。

保存場所で変わる

冷蔵庫

開封後の使用期限は、季節だけでなく場所でも変化します。

例えば、冷蔵庫で保存すれば1年使える化粧水の場合。

場所を変えると、使用期限にこのような差がでます。

冷蔵庫:1年

日の当たらない+湿気少ない場所:半年~10ヶ月

お風呂場・洗面所など湿気が多い場所:3ヶ月~半年

冷蔵庫で保存すれば1年もつ化粧水。

お風呂場や洗面所では半分以下になることがあるのです。

私の場合は、洗面所に置きっぱなしでした。

あまりいい保存環境ではありません。

開封後の化粧水

事例では防腐剤入りの化粧水を想定しました。

これが防腐剤なしの化粧水なら、もっと大変です。

防腐剤なしの化粧水をお風呂場や洗面所に放置すると、1ヶ月で品質が悪化することもあります。

定期購入の化粧水は保存期間が短め

要注意は定期購入でしか買えない化粧水。

毎日使うことを前提にしているので、薬局で売ってるものより期限が短めのものが多いです。

通販をよく利用する人は、古いものは捨てましょう。

化粧水が劣化するってどういうこと?

「化粧水は古くなると劣化する。」

具体的に、化粧水の中で何が起きるかご存知ですか?

化粧水の劣化は、大きく分けて3つの原因が考えられます。

・酸化

・カビ

・雑菌

一つ目の酸化。

これについては、そこまで怖がる必要はありません。

化粧水は抗酸化作用を重視した商品が多いです。

お肌を守るための機能ですが、化粧水の品質維持にも役立ちます。

怖いのは、カビと雑菌です。

菌のイラスト

美容に良い成分は、カビや雑菌の栄養源にもなります。

やはり注意したいのは、防腐剤なしの化粧水。

・防腐剤なし

・化学添加物なし

・オーガニック

・天然成分100%

こういった単語で宣伝されている化粧水は、雑菌やカビにとっても天国。

もし、あなたの化粧水にカビや雑菌が繁殖していたら…

肌を守るつもりで、カビや雑菌を顔に塗りつけることになりますよね。

菌

劣化した化粧水の見極め方

化粧水が劣化がしているのか?大丈夫なのか?

見極める方法は、とても難しいです。

見た目は大きな変化が起こらないことが多いです。

開封後の化粧水

成分が分離して、色が変わった場合は100%アウト。

捨てましょう。

あとは臭いの変化でしょうか。

ただし、臭いで見極めるのも正直難しいです。

変な臭いにはならず、微妙な変化しかしない場合が多いです。

新品と比べてみて、初めて違いに気づくこともよくあります。

安全に使うには、開封後の期間で決めるのが1番です。

カビ・雑菌が繁殖した化粧水を使うとどうなる?

仮に化粧水にカビや雑菌が増殖していた場合どうなるでしょうか?

もしあなたの肌の防御機能が高いなら、何も起きません。

私たちの肌には、常に外からの雑菌がやってきています。

対応できる範囲内であれば、何も症状は起きないのです。

問題はニキビができやすい人です。

冬の肌トラブル

もともとニキビや肌荒れが起きやすい人は、さらに症状が悪化することがあります。

週に1個ニキビができる人なら、倍に増えることもあります。

発生したニキビも、治るのが遅くなったり、跡が残りやすくなります。

ニキビ跡

さらに注意したいのがカビです。

カビの胞子が大量に顔につくと、ひどい炎症が起きる場合もあります。

暑くなると肌荒れがひどくなる人は、顔カビが原因かもしれません。

心当たりがある人は「顔カビ・顔ダニの症状の違い」をご覧ください。

スポンサーリンク

みかんでニキビは予防できない!繰り返す人の肌には天敵が増殖中?

みかんとニキビ

みかんはニキビに良いとよく言われますよね。

ビタミンCなど、美容に良い成分が豊富だからです。

でも、本当にそうでしょうか。

あなたはみかんを食べて、ニキビが減ったことがありますか?

私は冬になると、1日3個みかんを食べます。

それなのに、冬のほうがニキビ・肌荒れが起こりやすい気がします。

なぜ予防できないのか?

原因を調査すると、肌に潜む「あれ」が原因でした。

みかんを食べてもダメな理由

みかんとニキビ

みかんを食べれば、確かにお肌に良い栄養をたくさん補給できます。

それでもニキビは予防できません。

なぜでしょうか?

理由は2つです。

・みかんで高まるのは回復力

・新陳代謝アップで毛穴がつまることがある

みかんはビタミンCなどが豊富です。

毎日食べれば、肌の回復力は確実に高まるでしょう。

でも、本当に大事なのは予防することですよね。

新しいニキビが増えないようにしたい。

予防という点で見るとどうでしょうか。

みかんは、毛穴の雑菌を殺菌してくるわけではありません。

ニキビは毛穴がつまって、雑菌・顔ダニなどが異常増殖して炎症を起こした状態。

あなたが毎日みかんを食べていても、雑菌が増えればニキビができるんです。

菌

ニキビ予防には、肌表面の菌・顔ダニ・顔カビのバランスがカギです。

もしあなたの肌表面のバランスが崩れていたとしたら、何度でもニキビができます。

そしてもう一つ。

みかんには新陳代謝をアップさせる効果があると言われています。

新陳代謝が上がれば、肌の回復力が上がる。

一見、良いことばかりのようです。

でも、こういう一面もあります。

新陳代謝アップ=老廃物がたくさん出る

思春期ニキビがまさにこれです。

代謝が上がると、老廃物や皮脂がたくさん出ます。

ケアをしっかりすれば問題ありません。

でも、ニキビ体質の人はできるでしょうか?

ニキビを引き起こす悪い奴ら

ニキビの原因菌と言えば、アクネ菌が有名ですよね。

でも、それだけではありません。

私たちの顔には、いっぱい住人がいるって知っていましたか?

例えばダニやカビの一種も住み着いているのです。

一般的に「顔ダニ」「顔カビ」と呼ばれています。

Youtubeに顔ダニの動画があったので貼っておきますね。

私たちの肌には、菌・顔ダニ・顔カビなどたくさんの生き物が住んでいます。

これらは、普段は味方なんです。

有害な外敵を排除してくれたり、余分な皮脂を掃除してくれます。

保湿してくれる「美肌菌」と呼ばれるものもいます。

美肌菌

健康な肌は、みんながバランスよく共存している状態。

人間と共存関係なんです。

ところがニキビができやすい人は、このバランスが崩れています。

何か1つが異常増殖してしまい、共存関係ができなくなっているのです。

困りますね。

例えば顔ダニ。

普段は余分な皮脂を食べてくれています。

顔ダニ

でも、顔ダニだけが異常増殖してしまうと、死骸などが毛穴につまって炎症を引き起こします。

味方のはずが、ニキビを増やす原因になってしまうことがあるのです。

肌に塗るのはリスクが高い

みかんとニキビ

みかんの利用方法は食べるだけではありません。

・肌に皮を貼る

・汁を直接塗り込む

こんな方法もありますよね。

ビタミンCは外から塗るほうが効果が高い場合もあります。

このことから、パックにしたりお風呂に入れたりする利用方法が広がったのでしょう。

でも、私はおすすめしません。

あなたのニキビの原因が「ビタミンC不足だけ」なら治るかもしれません。

でも実際には、そんな事例はごくわずか。

ほとんどの人は、複数の原因があってニキビができています。

逆にこの方法はリスクが高いです。

特定の菌を異常増殖させてしまう可能性があるからです。

菌のイラスト

肌にはたくさんの菌がいます。

それぞれ、好みがあるんです。

・皮脂が好きな菌

・角質が好きな菌

他にも色々な菌がいます。

みかんの皮や汁を肌に塗ると、みかんの成分が好きな菌が増えやすくなります。

増えたことで肌表面のバランスが整えばいいのですが、逆効果になる可能性が高いです。

みかんを顔に塗って肌荒れが悪化することがあるのは、こんな理由があったのです。

菌・ダニ・カビの異常増殖を引き起こす習慣

鼻を気にする女性

もともと、人はたくさんの菌や顔ダニ・顔カビと共存しています。

本来なら、1種類だけが異常増殖することは少ないはず。

でも、実際にはニキビで悩む人が多い。

なぜでしょうか?

実は私たちの癖や習慣によって、特定の菌を増やしてしまう手助けをしていることがあります。

例えば顔を触る行為。

頬杖をついたり、目をこすったり…

顔を触る人

顔を手で触るたびに、手についた雑菌を顔に送り込んでしまいます。

あなたは身の回りを清潔にしていますか?

・スマホの画面

・パソコンのキーボード

・部屋のドアノブ

・布団

・エアコンのフィルター

菌やダニ・カビが繁殖しやすい場所はたくさんあります。

そんな場所に触れた手で顔を触ると…

あなたは知らず知らずのうちに、ニキビの原因を自分で顔に塗り込んでいるのかもしれません。

顔ダニ・顔カビが増えるとどうなる?

あなたは、一箇所に何度もニキビができるタイプですか?

それとも、広範囲にできるタイプでしょうか。

もしかすると、あなたの肌に顔ダニや顔カビが異常増殖しているかもしれません。

・同じような場所にニキビができる

・1つニキビが治りかけたら、新しいニキビができる

・夏と冬にニキビができやすい

もし、心当たりがあるのなら「顔カビと顔ダニの症状の違い」をご覧ください。

症状の詳細や、肌表面のバランスを整えるスキンケア用品について解説しています。

スポンサーリンク

冬の肌トラブル!忘年会の肌荒れ対策は朝食・昼食がポイントだった

冬は肌荒れしやすいですよね。

仕事も忙しいし、忘年会続きで食生活ガタガタ。

寝不足続き。

肌の不調は仕方ないと思っていませんか?

そんなことはありません。

この時期の肌トラブル、見落としがちな原因を解消すれば予防できるんですよ。

朝食・昼食を控える人は肌が荒れる

「今日は忘年会だからお昼は軽くでいいや」

「昨日の忘年会は食べすぎたから朝食はいらない」

こんなセリフ、聞いたことありますよね。

ついつい食べ過ぎ・飲み過ぎてしまう忘年会。

カロリーが気になります。

でも、この行動こそが命取り。

肌トラブルのリスクが急増してしまうのです。

忘年会シーズンこそ、朝食や昼食でしっかり栄養補給しないといけません。

なぜなら、忘年会はビタミンB群を大量に消費してしまうからです。

ビタミンB1と炭水化物の関係

ビタミンB群と肌トラブル

「なんで忘年会でビタミンB群を大量に消費するの?」

唐突過ぎてびっくりしたかもしれません。

なぜビタミンB1を消費するのか。

理由は、炭水化物やアルコールの消化・分解するときにビタミンB群が使われるからです。

肌トラブルとビタミンB群

炭水化物を食べた場合、ブドウ糖に分解して吸収されます。

分解するために必要不可欠なのがビタミンB1。

ビタミンB1が酵素と結合して、炭水化物をエネルギーに変えるのです。

ビタミンB1が不足すると大変です。

肌荒れだけでなく、疲労蓄積、イライラ、集中力低下などが起こります。

ビタミンB1は脳や神経の機能を正常に保つ働きがあるので、不足すると様々な症状が出てしまうのです。

ビタミンB2と脂肪の関係

忘年会では脂っこいものをたくさん食べますよね。

脂肪を代謝するとき、大量のビタミンB2を消費します。

脂っこい食事とビタミンB2

ビタミンB2は皮膚や髪、爪などの細胞の再生に直接関わる栄養素。

不足すれば直接お肌に影響が出てしまいます。

アルコールとビタミンB群の関係

アルコールを飲んだ場合も、無害化するためにビタミンB群が使われます。

B1やB2だけでなく、B6やB12なども必要です。

肝機能を維持するには、それだけ多くの栄養が必要なのです。

アルコールと肌トラブル

特にすぐ顔が赤くなる人は、ビタミンB群を大量に消費する傾向がありますので要注意。

忘年会シーズンにおすすめの昼食

忘年会では大量のビタミンB群を消費します。

だからこそ、朝食や昼食でビタミンB群を補給しておく必要があるのです。

おすすめは、豚のしょうが焼き定食。

納豆がついていれば最高です。

syougayaki1203

豚肉や大豆にはビタミンB群が豊富に入っています。

豚肉や納豆、豆腐、味噌汁などを積極的に食べましょう。

カロリーが気になる人へ

肌荒れは嫌だけど、太るのも嫌。

カロリーを抑えつつ、肌荒れも予防するためにはどうすればいいのでしょうか?

ビタミンB群を食事で摂ろうとすると、肉類や大豆製品が必要です。

カロリーを減らすのは難しいと思います。

メタボと肌荒れを同時に予防したいなら、食物繊維とビタミンB群を同時にとれるサプリメントがおすすめです。

糖の吸収が穏やかになればビタミンB群の消費量が減るし、太りにくくなって一石二鳥です。

血糖値の急上昇を防ぐことは、忘年会シーズンでなくても肌荒れ対策に役に立ちます。

栄養補給を万全にして、忙しい冬を乗り切りましょう。

 
>>食物繊維とビタミンB群を同時にとれるサプリメントはこちら