サバ缶・イワシ缶の違いは?毎日食べるならどっちがいいか

サバ缶とイワシ缶の違い

最近、サバ缶やイワシ缶が大人気ですね。

どちらも栄養豊富ですが、どんな違いがあるかご存知でしょうか?

今回は「毎日食べるならどっちがいいか」という視点で違いを解説します。

“サバ缶・イワシ缶の違いは?毎日食べるならどっちがいいか” の続きを読む

スポンサーリンク

ドリップバッグコーヒーは浸かるタイプ・浸からないのではどっちが美味しい?

ドリップバッグコーヒーは浸かるタイプ・浸からないのではどっちが美味しい

私は毎日ドリップバッグのコーヒーを飲んでいます。

そこでふと気づきました。

ドリップバッグコーヒーって、淹れたらフィルターがコーヒーに浸かるタイプと浸からないタイプの2種類がありますよね。

これってどっちが美味しいのか?

気になったので調べてみました。

“ドリップバッグコーヒーは浸かるタイプ・浸からないのではどっちが美味しい?” の続きを読む

スポンサーリンク

ギュンギュンという耳鳴りは放置したらダメ!私の親戚はこうなった

ギュンギュンという耳鳴り

最近、私の親戚に耳鳴りで悩む人が増えてきました。

私の叔父は、ある時から「ギュンギュン…」という耳鳴りに悩んでいました。

耳が詰まった感じもあります。

これ、放置したら絶対ダメです。

私の叔父は放置してしまった結果、後悔することになってしまいました。

“ギュンギュンという耳鳴りは放置したらダメ!私の親戚はこうなった” の続きを読む

昼寝は耳鳴りに良い?悪い?寝方で逆効果になることもある

昼寝と耳鳴り

先日、私の祖母が耳管狭窄症による耳鳴りで病院に行った話をしました。

今回は、その続きです。

祖母の主治医から、昼寝と耳鳴りの関係性についてアドバイスをもらったのです。

「耳鳴りに良い昼寝と悪い昼寝がある」

果たしてどういうことなのか。

教えてもらった内容をまとめてみました。

“昼寝は耳鳴りに良い?悪い?寝方で逆効果になることもある” の続きを読む

起立性調節障害で飛行機に乗っても大丈夫?体験談を調べてみた

起立性調節障害と飛行機

私の従兄弟は中学生のとき、起立性調節障害でした。

従兄弟の体験談はこちら)

今回は起立性調節障害と飛行機の話です。

症状がピークを過ぎて回復中の時期なら、修学旅行などで飛行機に乗る機会もあるでしょう。

海外旅行だけでなく、国内旅行でも飛行機に乗ることは多いです。

乗っても大丈夫なのか?

何か気をつけることはあるのか?

従兄弟の体験談やインタビュー結果を含めて、お伝えします。

従兄弟は大丈夫だった

起立性調節障害と飛行機

まず、私の従兄弟の場合の話をします。

従兄弟が飛行機に乗ったのは、症状のピークを乗り越えて3ヶ月ぐらい経った頃でした。

まだ回復期の途中で血圧を上げる薬も飲んでいた時期。

体調は安定していたものの、不安を感じていました。

ところが実際に乗ってみると、意外と平気

前日にぐっすり眠れたのも良かったのでしょう。

特に体調が悪化することもなく現地に到着しました。

起立性調節障害と飛行機

ところが問題はその後。

空港から目的地までは、バスや電車での移動時間が長くなります。

従兄弟も空港からホテルまでのバスで酔ってしまいました。

飛行機での移動は平気でも、前後の移動で苦労することもあります。

酔い止めなどの対策は必要です。

ネット上の口コミを集めてみた

起立性調節障害と飛行機

起立性調節障害と飛行機の関係。

他の人達の様子を調べるためにSNSの書き込みなどを探ってみました。

すると、こんな書き込みがチラホラ見つかりました。

「意外と平気だった」

「離陸するときに軽い頭痛がした」

「ちょっと気持ち悪くなったけど、すぐ良くなった」

症状が出るとしたら離陸直後。

やはり気圧の変化は無視できません。

起立性調節障害と飛行機

ただ、症状が大きく悪化したという書き込みは見つかりませんでした。

軽い頭痛や気持ち悪さを感じたという書き込みはありましたが、それぐらいです。

意外と平気な人のほうが多いのかもしれません。

飛行機に乗るまでが大変

起立性調節障害と飛行機

フライト中は意外と平気な人が多いと言いましたが、飛行機に乗る前後で苦労した人も多いようです。

特に空港に行くまでが大変。

いつもと違う電車・バスでの移動は体への負担が大きいようで、気分が悪くなったという書き込みをいくつか見かけました。

早朝に出発するというのも、起立性調節障害の人には辛いところ。

乗り物酔いしやすい状況です。

不安な人は、事前にバス・電車に乗る練習はしておいたほうが良さそう。

練習で空港まで行く必要はありませんが、同じ時間帯の移動を経験しておくと対策しやすいです。

>>起立性調節障害の人が満員電車に乗る時のめまい・貧血予防法

簡単な対策とは

起立性調節障害と飛行機

飛行機の中で体調が悪くならないために、簡単な対策方法をご紹介します。

・あくび

・アメを舐める

・唾液をごくんと飲み込む

・鼻をつまんで鼻に息をゆっくり吹き込む

どれも簡単な方法なので、覚えておいて損はないです。

アメの代わりにガムを噛むという人もいます。

もちろん、水分補給や塩分補給は忘れずに。

あとは体をこまめに動かすことです。

足を動かして、血の巡りを良くすることも予防につながります。

それでも体調が悪化した場合は

どんなに気をつけていても、体調が悪化することはあります。

そんな場合に備えて、CAさんに事前に「乗り物酔いしやすい体質です」などと伝えておきましょう。

体調が悪くなったときの対処が早くなります。

機内には酔い止めが常備されていますし、空いている席に移動させてもらったり、場合によっては横になれることもあります。

色々と言いましたが、私の従兄弟のように意外と平気な人も多いです。

対処法だけ事前に確認しておいて、当日に慌てないようにしてくださいね。