薬剤師の転職サイトを比較して分かったこと【友人の実体験】

私には薬剤師をやっている友人がいます。

その友人はドラッグストア→調剤薬局→メーカーへと転職を重ねて現在に至っています。

今回は、友人の転職体験談の続きです。

薬剤師の人が転職する場合、転職サイトを利用すると思います。

転職サイトにも色々ありますよね。

「どの転職サイトを利用するのが良いんだろう?」

自分に合う転職サイトをどうやって見つければいいのか。

友人の体験談をご紹介します。

一般的な評判はあてにならない

転職

転職サイトを比較したい人は「サイト名+評判」とか「サイト名+口コミ」で検索したと思います。

たくさんの情報が引っかかりますよね。

でも、欲しい情報は見つかりましたか?

たぶん、しっくり来る情報が見つからなかった人が多いと思います。

友人が転職活動をしたときもそうでした。

色々調べてみても、イマイチわかりません。

一般論的に「ここは調剤薬局の情報に強い」とか「サポートが手厚い」みたいな口コミはあるでしょう。

それって本当でしょうか?

友人が実際にいくつか転職サイトを活用してみた結果、評判とは違うことが多かったのです。

実は、ネットで調べた評判や口コミが正確だったとしても「あなたに当てはまらない場合」が多いのです。

なぜあなたの場合は当てはまらないのか。

それにはいくつか理由がありました。

理由①:地域差が激しい

地図

「求人取扱件数がトップ」

「調剤薬局の求人に強い」

このような一般論的な評判は、あなたの転職には何のプラスにもなりません。

何故かと言うと、地域差がかなり激しいからです。

その転職サイトで取り扱っている件数が日本一だったとしても、あなたが働きたい地域に限定するとどうでしょうか?

「首都圏の情報は多いけど、兵庫県の情報は少ない」

「この転職サイトは調剤薬局に強いと言われていたけど、西宮市の情報に限定すると別のサイトのほうが充実している」

このようなことがよくあります。

デスク

各転職サイトの運営会社は、地域を駆け回って求人情報を集めています。

昔から関係が深い地域なら、情報は簡単に集まるでしょう。

でも、最近進出したような地域ならどうでしょうか?

各地域に限定すれば、大手サイトが負けることは珍しくありません。

一般的には情報量が多いと言われるサイトでも、あなたの地域でも1番という保証がないのです。

だからこそ、自分で比較する必要が出てきます。

理由②:キャリアコンサルタントとの相性

転職サイトは、単に求人情報を集めるだけのものではありません。

転職サイトのほとんどが、登録すると個別面談を行います。

各運営会社のキャリアコンサルタントと面談して、あなたのニーズに合わせてサポートするためです。

個別面談

ここでも、大きな差がでます。

同じサイトでも、地域が違えば担当者が違いますよね。

当然、キャリアコンサルタントの力量にも個人差が出てきます。

優秀な人だとしても、あなたとの相性が悪いかもしれません。

ネットサービスとはいえ、実際のサポートは人が行います。

同じ会社の社員でも、人が違えば中身はガラッと変わるものです。

キャリアコンサルタントは、経験がモノを言う職業です。

どんなに求人情報が多くても、地域の実態を知らない担当者が来たらメリットが半減します。

「あそこの調剤薬局の業務は、こんな感じですよ。」

「ここの職場は、こんなお客様が多いですねえ」

「あそこの経営者はよく知っています。任せてください」

税務署

経験豊富な担当者なら、こんな具体的な情報やサポートがあるかもしれませんよね。

満足度は人に左右されるので、一概に「これが良い」とはいえないのです。

自分に合う転職サイトの見つけ方

「地域差がある」

「キャリアコンサルタントの質も大事」

それでは、どうやって転職サイトを比較すれば良いのでしょうか。

友人の場合は、このように転職サイトを利用しました。

①3つの転職サイトに登録

(例:大手・地域特化型・複数社から情報がもらえるサイト)

②登録後、各サイトの個別面談を受けてみる

③1番話しやすい担当者のところに任せる

ネットで検索して見比べても、どれが1番自分に合うかなんてわかりません。

まずは、特徴の違いがはっきりしているサイトをピックアップ。

大手ばかりではなく、「○○地域に特化」などの地域性を押し出しているサイトも選びましょう。

複数社と提携しているサイトもありますので、そこも登録。

登録後は、集まる情報量と担当者で決めます。

1番あなたの話をよく聞いて動いてくれる担当者が良いですね。

求人情報が多くても、あなたの希望にマッチしなければ意味がありません。

いかがでしょうか。

少々やることは多いですが「あなたにとってのベスト」を見つけるなら1番効率的な方法ではないでしょうか。

同時進行で複数サイトを利用することで、各サイトの違いが体感的にはっきり分かります。

おすすめは?

E200HA-8350G

では、具体的におすすめの転職サイトは?

友人は関西で転職先を探しました。

その友人が使った転職サイトを3つご紹介します。

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは転職サイトの大手です。

ペーパー薬剤師や、調剤業務未経験の薬剤師へのサポートが手厚いと言う口コミが多いことでも有名です。

関西エリアに特化した薬剤師転職サイト【メディカルプラン】

関西で転職先を探しているなら、メディカルプランも選択肢の一つ。

地域特化サイトならではの好条件求人や、具体的な職場環境の情報などが得られます。

薬剤師ナビ

一度の登録で、最大3社から求人情報を得られるサイトです。

色々なサイトに個人情報を登録したくない人は、とりあえずここを利用するのも手です。

1つの転職サイトを利用するよりも、複数サイトを活用したほうが違いがハッキリ分かります。

面倒かもしれませんが、今頑張ることが良い職場選びの近道。

使えるものは、とことん利用しましょう。

薬剤師不足はいつまで続く?地域によって全然違うぞ

薬剤師の将来について議論すると、いつもこんな話が出てきます。

「薬剤師はもうすぐ飽和する」

「いやいや、当分は不足状態が続く」

実際のところどうなのでしょうか?

詳しく調べてみて分かったことをお話します。

全国的に見た場合の薬剤師不足

まず、全国的に見た場合からお話します。

少し前によく言われたのは「2021年に薬剤師の需要と供給は逆転する」という予測です。

ところが、この予測が出てから数年経過した現在、やや現実と合わない状況が生まれています。

・ドラッグストアの増加

・1店舗あたりの営業時間が長くなった

これらの要因によって、むしろ人手不足が加速しているという一面も出てきました。

2017年現在では「人口が1億人を切る2050年まで不足傾向が続く」と予想する人が増えています。

飽和するのは大都市圏だけ

薬剤師の接客

2021年に飽和すると言われていましたが、あくまでも統計上の話。

私が知り合いの薬剤師さん達に話を聞くと、大半の人が「不足が続く」と予想しています。

これには2つの理由があります。

・大都市圏への労働力の集中

・薬剤師の高齢化

薬剤師に限った話ではありませんが、若い労働力は大都市圏に集中する傾向があります。

そのため、地方の調剤薬局やドラッグストアでは薬剤師不足がなかなか解消できていません。

地方に住んでいる人なら、アルバイト・転職情報誌で薬剤師の求人を見ない日はありません。

初任給や時給も、かなり高めですよね。

首都圏や大都市圏だけに限れば、飽和状態に近い地域もあるでしょう。

でも、その他の市町村レベルで見ていけば不足が解消される見込みは薄いのです。

実例:兵庫県の統計データを見てみると…

一般論だけでは信憑性に欠けるので、実例を探ってみました。

今回は兵庫県を例に見てみます。

なお、データは兵庫県の「平成26年医師・歯科医師・薬剤師調査」を参考にしています。

兵庫県の全薬剤師数 13,914人

総数だけを見ても、ピンとこないですね。

まず、薬剤師は増えてるのか減っているのか?

この点を見てみると…

・平成26年:13,914人

・平成24年:13,654人

総数だけを見ると、260人増加しています。

「やっぱり増えているんだな」

グラフ

そう思った人、まだ早いですよ。

薬剤師の資格は一生モノ。

統計には高齢者も含まれています。

将来的に飽和するか不足するのか判断するためには、薬剤師の年齢構成を見なければなりません。

兵庫県の薬剤師の年齢構成

この表を見てみると、次のようなことが分かります。

・29歳以下:1,766人

・60歳以上 2,173人

60歳以上は、29歳以下の人より407人も多いです。

今後10年の薬剤師業界を考えると、実働人数は減ることが予想できます。

さらに、50歳以上の薬剤師の割合は全体の37%。

薬剤師も高年齢化しているのです。

年齢構成を見ていると、今後は資格はあるけど働いていないペーパー薬剤師が増えることが想像できますよね。

薬剤師

医療サービスの需要は、増加する一方です。

年齢構成だけを見ても、飽和するとはとても思えません。

薬局がなくなっても薬剤師は足りない

「過疎化で薬局が潰れれば、薬剤師の需要も減る」

こんなことを言う人がいます。

ドラッグストア

私は、この意見については疑問です。

なぜなら、今後は在宅医療の比重が高まるからです。

2017年現在、政府は「薬局を中心とした地域住民の健康拠点づくり」を方針としています。

在宅医療の比重が大きくなれば、薬剤師による服薬指導の重要性がますます大きくなります。

仮に薬局が潰れたとしても、在宅医療の担い手としての薬剤師需要は減りません。

まとめ

薬剤師不足はいつまで続くのか?

少なくとも日本の人口が1億人を切ると言われる2050年までは続くのではないでしょうか。

何か大きな制度改革がない限り、当面はこの流れが続くでしょう。

ペーパー薬剤師の勉強法は?転職経験者の体験談

ペーパー薬剤師の勉強法

先日、ペーパー薬剤師だったヒロさんの復職体験談をご紹介しました。

すると、似たような境遇の人からこんなご質問が…

「ペーパー薬剤師は、事前にどんな勉強をしたらいいのでしょうか」

今回は、ペーパー薬剤師向けの勉強法についてご紹介します。

勉強におすすめの本は?

ペーパー薬剤師の勉強法

まず初めに、勉強するのに役に立つ本を紹介します。

ペーパー薬剤師を卒業して調剤薬局で働くようになったヒロさんに話を聞きました。

すると「薬の知識も大事だけど、実務内容を勉強しておいたほうがいい」とのこと。

参考に、こんな本を紹介してくれました。

「ビジュアル薬剤師実務シリーズ 薬局調剤の基本」

薬局調剤の基本

この本の特徴は、薬局の実務の流れをまとめてあることです。

例えば

・身だしなみ

・処方せん受付の方法

・薬袋作成方法

・服薬指導

・薬歴管理法

項目をあげると他にもたくさんありますが、お客様が薬局に入ってから出ていくまでの実務内容を網羅してある本です。

散剤調剤に使う道具や手順、機械の使い方なんかも分かりますよ。

写真がたくさん使われているので、どんな業務を行っているのかイメージしやすいです。

薬局で働いたことがない人には、実務の全体像を掴む手助けになりますよ。

amazonで中古本が安く売っているので、調剤薬局に興味がある人はどうぞ。

ただし、転職サイトによっては実務内容をまとめた本を貰えることもあります。

ヒロさんの場合はファルマスタッフで、最低限必要な知識をまとめた冊子をもらったそうです。

詳しくは後ほどご紹介します。

ドラッグストアは現場が大事

ドラッグストアで働こうと思っている人へ。

ヒロさんからこんなアドバイスをいただきました。

「薬も大事だけど、ドラッグストアは売り場の把握するのが1番大事。働きたいドラッグストアには、事前に通ったほうがいいよ。」

ドラッグストア

ドラッグストアって品数が膨大ですよね。

「あの薬はどこ?」

必ずお客様から聞かれます。

薬ならまだ分かりやすい方で、化粧品や日用雑貨などもたくさんありますよね。

働き始めてから覚えようとしても、バタバタしていて難しいです。

大手チェーンのドラッグストアなら、商品の配列に共通点があります。

どんな商品がどう配置されているのか。

今のうちに意識して見ておくだけでも、働き始めてから楽になりますよ。

できれば平日の午前・午後。

休日の午前・午後。

4回ぐらいは見ておきたいところです。

日焼け止め

レジの様子や、薬剤師さんの動きも見ておきましょう。

知っているのと知らないのとでは、大違いです。

就職は当分先でも転職サイトに登録したほうがいい

今、あなたはこんなことを考えていませんか?

「就職するのは来年だから、とりあえず本を買って読んでればいいか…」

転職

もしそう考えているなら、もったいない。

損してますよ。

私なら、すぐに転職サイトに登録します。

なぜなら、転職サイトに登録するとメリットがたくさんあるからです。

・講習会、研修会情報が届く

・個別面談で勉強法を相談できる

・地元の薬局やドラッグストアの実情が分かる

・最新の薬剤師業務の情報をまとめた本がもらえる

各転職サイトによってサービスの中身は変わりますが、メリットはたくさんあります。

一人でなんとなく勉強するよりも、よほど効率的です。

転職サイトに登録したからといって、すぐ就職活動しなくても大丈夫。

当分は準備期間でも、怒られたりしないのでご安心を(笑)

ヒロさんの場合は、登録してから3ヶ月後に面接を受け始めたんですって。

それまでは準備期間。

ブランクの穴を少しでも埋めるために、サービスを利用しながら勉強を進めたそうです。

まとめ

ペーパー薬剤師の期間が長い人ほど、薬についての知識ばかり気にしがち。

実際には、実務情報のほうが優先度が高いです。

市販の本を利用する場合は、実務内容をまとめたものを探しましょう。

転職サイトに登録して、講習や参考本の情報を集めるのも手です。

積極的に利用しましょう。

>>ペーパー薬剤師の40代主婦ヒロさんの復職体験談はこちら

ペーパー薬剤師の40代主婦がパートに復職した体験談が面白い

薬剤師

昨日、面白い話を聞いてきました。

ペーパー薬剤師ってご存知でしょうか。

薬剤師の資格は持っているけど、実務から長年離れている人のことです。

今回、10年主婦をしていた40代女性・ヒロさん(仮名)がペーパー薬剤師から復職した体験談をご紹介します。

ペーパー薬剤師が復職を決意

主婦

ヒロさんは、子育てをきっかけに薬剤師を退職。

それから10年ほど、主婦をしていました。

当初は数年で復帰するつもりだったそうです。

でも、2人目が生まれてからは主婦に専念せざるを得ない状況でした。

主婦

その間薬剤師としてやったことは、2年に1度届出票を提出するだけ。

まさにペーパー薬剤師でした。

そんな生活が続いていましたが、子どもが大きくなって収入面に不安を感じ始めました。

これから2人の子どもを大学まで行かせてやりたい。

不安はありましたが、ペーパー薬剤師を卒業して働くことを決意したのです。

40代の薬剤師求人の状況とは

転職

ヒロさんは、まずパートの求人情報を探しました。

最初から正社員という気持ちもありましたが、ブランクが長いので不安があったのです。

・10年前の経験が通用するか分からない

・休んでいる間は何も勉強していない

それならば、パート薬剤師として復職し、慣れてから改めて考えればいいと思ったそうです。

とりあえず転職サイトに登録。

実際に求人情報を探してみると、意外とたくさんありました。

特に地方では、40代でも全く不利になりません。

どこも人手不足が続いています。

ドラッグストアの求人が多いですが、求人情報はたくさん見つかりました。

ドラッグストアなら逆に有利!?

登録した転職サイトの個別面談で、ヒロさんはこんなことを言われたそうです。

「あなたぐらいの年齢の人は引っ張りだこ。すぐ復職できますよ。」

薬剤師

転職活動は年齢が上がれば不利になるのが常識です。

でも、薬剤師に関してはそうでもありません。

お客様には高齢者が多いので、若すぎる薬剤師は敬遠されるんですって。

・40代以上のほうが、安心して相談できる

・知識や経験がしっかりしていそう

お客様の立場から見ると、こんな印象があるようです。

薬剤師

「自分を必要としてくれる職場がある」

ヒロさんはこの話を聞いてとても安心したと言っていました。

ブランクで不安な人の解消法

ペーパー薬剤師歴が長い人ほど、不安が大きいですよね。

特に調剤薬局も選択肢に入れると、ブランクが気になります。

・知識や経験が不足している中で働けるのか…

・勉強しようにも、どこから手をつけていいのか分からない。

心配し始めるとキリがありません。

ヒロさんは、転職サイトに登録した後の個別面談でその点を相談しました。

ヒロさんが利用したのはファルマスタッフ。

そこで役に立ったのが、オリジナルの保険調剤テキストです。

本

・調剤業務の基礎

・業務の要点

・最新の知識

実務者向けに簡潔にまとめてありました。

このテキストの他にも、個別面談の中ではこんなことを教えてもらいました。

・これから勉強したほうがいいこと

・講習や研修の情報

・地元の薬剤師求人の詳しい業務内容

ブランクがあって知識や経験に不安な人は、まず転職サイトに登録したほうがいいと思います。

一人で悩んでも不安は解消されません。

個別面談で不安に思っていることを伝えれば、解決の糸口が必ずつかめますよ。

保険調剤薬局に採用

「最初はドラッグストアのパートから…」

最初はこう思っていたヒロさん。

ところが、個別面談を経験してから自信を取り戻し、調剤薬局も選択肢に入れたんです。

すると、見事に採用。

パート薬剤師として、時給は2,000円に近いしイメージ通りの場所に就職できました。

ペーパー薬剤師

ゆくゆくは正社員登用の話もあるそうです。

思った以上にスムーズに復帰できたと喜んでいました。

まとめ

薬剤師は人手不足が続いています。

40代でも、たくさんの求人があるので心配はいりません。

特に地方では、貴重な戦力。

あなたを必要としてくれる場所が必ずあります。

経験不足で不安な点については、転職サイトの個別面談を利用するのがおすすめです。

転職サイトに登録したからと言って、慌てて転職活動をしなくても大丈夫。

まず個別面談で、どんな点が不安なのか確認しましょう。

それから、準備不足なところを補強していけばスムーズに進みます。

一人でモヤモヤしたり、実際に採用されてから苦労するよりもずっと楽ですよ。

薬剤師の転職サポート・お申し込みはこちら

男性薬剤師は街コンでモテる?モテない?スタッフ目線で答えます

街コンで女子ウケがいいメンズ服

私は過去に何度か、街コンの運営スタッフを経験しています。

このブログでも何度か街コンネタを書いてきました。

昨日、こんなご質問をいただきました。

「男の薬剤師って、街コンではどうでしょうか。女性ウケは良くないですか?」

今回は、薬剤師と街コンについてお話します。

モテ度は年齢層で変わる

接客なしの薬剤師の仕事

私がお手伝いした街コンの中にも、何人か男性の薬剤師さんがいました。

男性薬剤師はモテるかモテないか?

スタッフとして見ていて気づいたのですが、街コンの年齢層によって大きく違いますね。

ある年齢から、はっきり傾向が分かれます。

薬剤師と聞いて女子ウケが良いのは、30代以上の人たち。

この年齢層の食いつきは良好です。

それに対して、20代前半の女性はイマイチ。

イマイチと言っても、特に反応がないだけなので心配しないでくださいね。

25才前後の女性は、薬剤師という仕事にピンとこないようです。

男性の経済力よりも、見た目や話しやすさを重視する傾向もありますね。

カフェ

アラサー女性になると、社会人経験を積んでいます。

「将来」を意識し始めるので、男性の経済力にも敏感です。

薬剤師は安定していて、そこそこ良い稼ぎのイメージ。

その意味で、アラサー女性からの支持はまずまずです。

ドラッグストア

強力な武器とまでは言えなくても、それなりに良い印象を与えることができますよ。

ただし、街コンを見ていると薬剤師という肩書きを活かしきれない男性が多すぎる気がします。

せっかくのアピールポイントなのに、もったいない…

薬剤師ネタで場を盛り上げるには?

私がスタッフとして参加した街コンでは、こんな会話を耳にすることが多かったです。

男性:「仕事は薬剤師をしています」

女性:「薬剤師ですか!すごいですねえ」

男性:「いや、それほどでも…」

女性:「薬局ですか?」

男性:「ええ、病院内の薬局です…大したことはないですよ」

女性:「難しそうですね…」

男性:「いえいえ…」

女性:「…」

いかがでしょうか。

こんな会話では、アピールなんて無理ですよね。

街コンで薬剤師が不利になるとしたら、会話を盛り上げにくいこと。

20代や30代で健康な女性にとっては、医療関係者でない限り薬剤師との縁が薄いです。

「ドラッグストアですか?」「薬局ですか?」という話ぐらいしかできません。

もしあなたが薬剤師という肩書きを最大限に発揮したいなら、あなたから会話のネタを提供しないといけません。

美容関係やダイエット関係の話につなげるとか。

女性が関心を持ちそうな内容と仕事内容を結びつけると良いですよ。

例えば「最近はこのサプリメントが売れてるけど、薬剤師的には…」とか「肌荒れ治療には●●が処方されてるよ」とか。

薬剤師という仕事内容を説明するよりも、身近な話題につなげるのがおすすめ。

それなら、女性も話しやすいです。

布団のシーツと背中ニキビ

ガチガチの業務説明なんていりません。

薬剤師をきっかけに、話を膨らませましょう。

男性薬剤師がモテないのは服装のせいだ

こんな言葉を聞いたことがありませんか?

「男性薬剤師は街コンや合コンでモテない」

これは、半分真実・半分ウソです。

まず、薬剤師という仕事に悪いイメージはありません。

安定しているイメージですし、婚活という点では有利です。

ところが、男性薬剤師の参加者を見ていると、一つ大きな弱点があるように思います。

ズバリ言うと、服装です。

汗が目立たないポロシャツ

どうも、男性薬剤師の皆さんは服装がイマイチな人が多い気がします。

もちろん、オシャレな人もいるのでしょうが…

男性薬剤師さんは、街コンに相応しい服装をしつつ、会話ネタを用意しておけばモテる。

これが私の持論です。

街コンで意識したい服装とは

街コンという空間は特別です。

合コンよりも「非日常」要素が強いです。

そんな街コンに、何も考えずに参加すると不利になる一方。

街コンには、街コン用の服装で参加するべきです。

街コンに着て行く服装を考えるときの最重要キーワードは「清潔感」です。

これができない人は、例え1億稼いでいてもモテないでしょう。

清潔感とはどういうことか?

詳しくは「街コンでTシャツはありか【街コンスタッフが見た残念な参加者】」をご覧ください。

人間関係が良い調剤薬局に転職したい人へ【5つの見分け方】

人間関係

薬剤師の人が転職を考える。

きっかけは様々ですが、人間関係が理由だという人が多いです。

特に調剤薬局は狭い人間関係なので、息が詰まります。

私の友人もそうでした。

人間関係に疲れて、ドラッグストア→調剤薬局→メーカーへと転職したのです。

調剤薬局の人間関係

今の職場の人間関係に疲れたから出たい。

でも、次の職場の人間関係が良いか分からないと不安。

そんな人のために、転職を2回経験した友人から聞いた「見分けるポイント」をご紹介します。

電話応対でチェック

「あの調剤薬局に応募したいけど大丈夫かな…」

調剤薬局の人間関係は外から分かりにくいですよね。

いきなり現場に行って観察するのはハードルが高いです。

まずお手軽なのは、電話応対をチェックすること。

電話

直接問い合わせてみてみると、意外と見えてくるものがあるんですよ。

少なくとも電話に出た人の態度や話し方は分かります。

他にも、なんとなく感じるものがあるはずです。

人間関係が悪い職場にいると、気分が落ち込みますよね。

電話対応への影響もゼロではありません。

職場の雰囲気が悪くなると、じっくり一人のお客様に対応できない場合がよくあります。

仕事

私の友人は、花粉症の薬と他の薬の飲み合わせについて問い合わせてみたそうです。

何度も問い合わせたら迷惑ですが、一度ぐらい電話してみるのも有効な手段だと思います。

面接時の挨拶でチェック

就職する前に堂々と中に入れるのが、面接の時。

このチャンスを見逃す手はありません。

まず、1番大事なのが挨拶。

あなたの挨拶に対して、そこで働いている人たちがどんな態度を示すのかチェックしましょう。

人間関係を悪くしてしまう人は、お客様以外への対応が投げやりです。

新人候補として面接を受けに来たあなたに対しても、丁寧な対応はしないでしょう。

挨拶

挨拶できる状況なのに無視したり、無愛想な対応をしてくる人がいたら黄色信号。

苦労するかもしれません。

職場は整理されているか

面接時に職場にお邪魔した際、参考になるのが事務スペースの雰囲気です。

事務机や休憩スペースなど、職員だけが使う場所は綺麗に整理整頓されているでしょうか。

できていないなら、要注意。

人間関係が悪い職場は、従業員用のスペースが荒れる傾向があります。

オフィス

不思議なもので、人間関係と部屋の散らかり具合は高確率で連動するんです。

お客様が来るスペースは綺麗にできるのですが…

もちろん、100%断定できるわけではありません。

でも、覚えておいて損はないポイントだと思います。

設備も見分けるポイントになる

先ほどの整理整頓とも関係する話ですが、調剤薬局の設備を見て分かる場合もあります。

ここでいう設備とは、例えばこういうもの。

・パソコン、机、ソファなどの備品

・事務スペースの壁紙

・窓ガラス

面接を受ける際、職場に置いてあるものをよく見てみましょう。

ボロボロのまま放置してあったり、薄汚れて見えるようなら要注意。

いい労働環境とは言えないかもしれません。

転職サイトの個別面談であれを聞け

いかがでしょうか。

人間関係は入ってみないと分かりにくいものです。

でも、入る前から感じ取れるものもあります。

よく観察してみましょう。

ただし、今まで紹介した4つのポイントには明確な基準がありません。

全てあなたの勘で判断することになります。

さすがにこれだけでは不安ですよね。

でも大丈夫。

もう少し客観的に判断する方法もあります。

その方法は「転職サイトの個別面談で聞いてみる」こと。

これが1番確実かもしれません。

個別面談

例えば「ここの薬局が前回求人を出したのはいつですか」と聞いてみてもいいでしょう。

もっと率直に聞いても大丈夫です。

私の友人はファルマスタッフを利用して転職したのですが、担当者に「ここって、人間関係大丈夫ですか?」とストレートに聞いたそうです。

もちろん、担当者も薬局の外部の人間です。

完全に人間関係を把握しているわけではありません。

でも「人の入れ替わりが激しい」とか「年中求人を出している」という情報は掴んでいます。

これって貴重なデータだと思いませんか?

グラフ

いい労働環境なら、人が定着しやすいはずですよね。

離職率が高いところは何かあるんじゃないか…

データをもとに、ある程度予想することができます。

転職サイトの個別面談では、そういう突っ込んだ話をしても良いんです。

ネットの求人情報を見るだけでは絶対に分からないですから、どんどん聞いてみましょう。

ちなみに、転職サイトの個別面談ではどんなことが聞けるのか?

詳しくは「ファルマスタッフの個別面談ってどんな内容?友人の体験談」をご覧ください。

調剤薬局の志望動機の例文!ドラッグストアから転職した薬剤師の実体験

志望動機

私の友人に、薬剤師として働いている人がいます。

その友人は、過去に2回転職を経験しています。

ドラッグストア

調剤薬局

メーカー(研究補助)

今回お話するのは、ドラッグストアから調剤薬局に転職する場合の志望動機について。

履歴書にはどう書けばいいのか。

友人の実体験をふまえてご紹介します。

調剤薬局の志望動機の構成

志望動機

志望動機の例文をご紹介する前に、大まかなポイントをご紹介したいと思います。

志望動機を書くにあたっては、次の構成を意識してください。

・調剤薬局を志望する理由(結論)

・前職での経験

・この調剤薬局を選んだ理由(具体的なエピソードを含む)

・入社後の決意

まず「志望動機は○○です」と結論を単刀直入に書きましょう。

その上で、結論を補完していきます。

ドラッグストアから調剤薬局に転職したい。

その思いに至った具体的なエピソードを紹介しつつ、あなたの感じたことをまとめます。

次に、数ある調剤薬局の中からなぜここを選んだのかを説明します。

最後に、入社後に取り組みたいことや意欲を書く。

この流れで書けば、オリジナルの志望動機が完成します。

志望動機の例文

志望動機の構成だけではピンとこないと思います。

そこで、友人が採用されたときの志望動機を例文として提供してもらいました。

個人や職場を特定する情報はボカしていますが、ほぼ原文の通りです。

今回、御社(○○薬局)を志望した理由は、より専門性を高めながらお客様に貢献していきたいと考えたからです。

私は大学卒業後、ドラッグストアで●年間OTC販売等を行ってきました。

処方箋がない中で、お客様の症状を聞き、適切な商品を推奨する経験を通じてコミュニケーション能力を磨いてまいりました。

今回、転職するにあたり、お客様やご近所の皆さんと調剤薬局の印象について意見交換をして参りました。

その中で、御社(○○薬局)の服薬指導がとても親切だという話を何度も耳にし、私もぜひ御社で働きたいと思うようになりました。

御社にご採用いただきましたなら、お客様のよりよい生活作りをサポートできる存在になれるよう努力致しますのでよろしくお願い致します。

志望動機でやりがちなミス

ダメ

志望動機を書く場合、ついつい誰もがやってしまうミスがあります。

・ドラッグストア業務を否定的に書く

・この調剤薬局を選んだ理由が説明できていない

ドラッグストアから転職する場合、やりがちなのが前職を否定的に書くこと。

例えば「ドラッグストアでは在庫管理やレジ業務ばかりで、自分のスキルを活かせない」とか。

気持ちは分かります。

前の職場に不満があったから転職したいと思ったわけです。

でも、これを聞いた面接官の人はどう思うでしょうか?

「うちに来ても、やりたくない仕事があったら辞めてしまうかも…」と不安になるかもしれません。

面接

例えばあなたが面接官だったとします。

A:前職の意義を認めつつ、将来に向けて意欲的な人

B:前職のダメな所を指摘し続ける人

あなたはどちらを採用したいですか?

「なぜこの職場で働きたいのか」説明できないのも問題です。

調剤薬局は日本中にたくさんあります。

その中で、なぜここなのか。

ドラッグストア

これを説明できるかできないかで、印象がずいぶん変わります。

やりがちなのが「調剤薬局で働きたい理由」ばかり説明してしまうこと。

大事なのはなぜ「この調剤薬局で」働きたいのか。

あなたの志望動機は大丈夫でしょうか?

面接ではここをツッコまれた

友人はドラッグストアから調剤薬局に転職する際、10件も面接を受けたそうです。

最初は不採用続き。

自信をなくしたこともありました。

実は当初、友人はミスを犯していたのです。

先ほど指摘した「前職を否定」「なぜこの調剤薬局が良いのか説明できない」。

この2つをやってしまっていたのです。

ミスに気づく前、面接でこんなことを指摘されたんですって。

「調剤薬局業務も、接客や管理業務はあるよ」

「本当にここで働きたいのですか?」

「ドラッグストアも立派な仕事ですよ」

「▲▲薬局さんのほうが本命なのではないですか」

書き並べてみると、ひどいですね。

それだけ友人の志望動機はズレていたのでしょう。

採用担当者の本音

採用担当者の視点から見ると、志望動機で確認したいのは「あなたの意欲」です。

・本当にうちで働きたいのか

・一生懸命働いてくれるか

この2点を確認するために、あれこれ質問するのです。

薬剤師

単なる使い回しの志望動機か、一生懸命考えた志望動機か。

見ればすぐに分かります。

これから受ける調剤薬局の業務内容は調べましたか?

その職場で働くイメージはできていますか?

もし自信がないのでしたら、転職サイトのサポートを利用するのも手です。

会社の情報や、面接対策まで濃密なサポートがありますよ。

個別面談

単に求人情報を集めるために利用するのはもったいない。

使えるものは、使わなきゃ損ですよ。

好条件の薬剤師求人なら、ファルマスタッフ

ファルマスタッフの個別面談ってどんな内容?友人の体験談

個別面談

以前、薬剤師の友人が転職した体験談をお話しました。

今回は、友人が使ったファルマスタッフの「個別面談」に焦点をあてたいと思います。

転職したいと言っても、人によって事情が違いますよね。

・できるだけ早くしたい

・来年度にしたい

・転職するか迷っている

まだ気持ちが固まっていない人も登録しても良いのか?

個別面談ってどんな内容を話すのか。

友人の体験談や調査した内容をもとにまとめました。

こんな人も登録してOK

まず結論から言うと「転職に関心があれば何でもOK」です。

転職しようか迷ってるとか、半年後・来年度に転職したいとかもありです。

例えば「もし今の職場より良い求人があるなら転職してもいいかな」っていう人も良いんですって。

転職

私の友人の場合は「今の職場より接客が少ない職場があれば転職したい」という状態でした。

個別面談の内容は、個人の状況によって大きく変わります。

どんな内容なのか?

もう少し具体的にご説明します。

内容①転職するか迷っている場合

打ち合わせ

まずは「迷っている」人の場合です。

・もっと良い職場があればいいなあ

・今の職場に不満がたまってきた

こんな段階の人だった場合、個別面談では次のような内容を話すそうです。

・今どんな点が不満なのか

・今の待遇は良いのか悪いのか

・希望する勤務条件

・転職するとしたらどの地域か

まだ転職するか迷っている場合は、今の不満点や希望を中心に話します。

あなたが働きたい地域の平均的な給料の相場とか、○○薬局の勤務体制はどうかとか…

かなり具体的な話ができるそうです。

タイミングが良ければ「もうすぐ○○が求人を出す予定ですよ」なんていう情報も入るかもしれません。

個別面談

個別面談で話をする中で、あなたが欲しい情報を明確化する。

今、あなたの中にある「モヤモヤ」をスッキリさせて前に進むきっかけになると思います。

内容②将来的に転職したい場合

「絶対に今の職場から出たい。」

そう思っていても、すぐにできるとは限らないですよね。

半年後とか来年度とか、事情によって様々です。

ファルマスタッフの場合は、ちょっと先の話でも全然大丈夫なんですって。

例えば「来年結婚で引越しする。引越しと同時に就職したい」というのもOK。

引越し

結婚・離婚・親の介護…

プライベートの変化で転職する人は多いので、ファルマスタッフも慣れています。

急がない場合は、これからどんな求人情報を集めるかを打ち合わせることになります。

内容③すぐ求人情報が欲しい人の場合

できるだけ早く転職したい場合。

この場合は、こんな内容を話し合うことになります。

・希望する勤務条件

・希望地域で優良な情報

・面接対策

求人情報だけではなく、面接の準備や勤務先との条件交渉なども相談できます。

自力で情報を集めて応募するよりも、効率的です。

個別面談の平均所要時間は?

時計

個別面談で話し合う内容は人それぞれです。

平均的な面談時間は1時間~2時間程度なんですって。

私の友人の場合は、2時間かかったそうです。

「接客したくない」という熱い気持ちを訴えたから長めになったと言っていました(笑)

実際、30分程度では全然深い話はできません。

きちんと話を聞いてくれるのは助かります。

特に、子育て中の人や介護がある人などは希望も多いはず。

ワガママなぐらい、本音を話してもいいと思います。

個別面談はどんな場所でするの?

最後は場所の話です。

あなたも忙しいと思います。

個別面談したくても、遠い場所でしかできないなら困りますよね。

電車

個別面談の場所は、かなり融通がきくようです。

私の友人は兵庫県で個別面談をしたのですが、日程調整の際に次のように言われました。

日時:月~金9:00~21:00 
※土曜をご希望の場合はご相談ください
 場所:1.弊社神戸営業所(三宮駅より1分)
    2.弊社大阪支店(JR北新地駅より3分)
    3.ご指定の場所に伺います(ご自宅最寄駅・勤務先近くなど)

兵庫県の場合は、平日は夜9時まで。

土曜日は要相談ですが、対応してもらえることが多いそうですよ。

場所も選べます。

友人の場合は営業所や支店だけでなく、自宅の最寄り駅も選べました。

カフェ

友人は自宅から徒歩10分の最寄り駅のカフェで面談をしたんですって。

嬉しいですね。

いかがでしょうか。

まだあなたは転職するとハッキリ決心できていないかもしれません。

でも、そういう人こそ登録して面談を受けたほうがいいと思います。

ずっとモヤモヤしたまま過ごすのって、ストレスがたまりますよね。

「決断するための材料集め」ぐらいの気持ちで、やってみてもいいと思いますよ。

>>ご登録はこちら

薬剤師1年目だけど転職したい!友人は理由を上手に説明して乗り切った

転職

以前「会話が苦手な友人が接客なしの薬剤師」に転職したことをお話しました。

すると、当ブログを読んだ方からこんなコメントをいただきました。

「薬剤師1年目の新米です。転職したいのですが、不採用になりやすいですか」

実は友人も、就職1年目で転職しています。

どうやって転職したのか。

工夫した点をインタビューしてきました。

友人は転職理由を工夫した

友人は当初、ドラッグストアに勤務していました。

友人は内気で会話が苦手。

上手く接客ができないので、1年目に転職を決意したのです。

転職

転職するにあたって、友人が悩んだのが「転職理由をどう説明するか」です。

「接客したくないから」なんて言ってたら、印象が悪すぎですよね。

私が面接官だったとしたら、職場の空気が悪くなりそうだから絶対採用したくないです…

就職1年目で転職する人は、必ず面接で転職理由を聞かれます。

(志望動機とは別で)

ここからが友人のすごいところ。

「転職理由を上手く説明できれば、絶対に採用される」

弱点を、武器に変える工夫をしたのです。

まあ、転職サイトの担当者のサポートがあったからできたらしいんですけどね(笑)

後ろ向きから前向きに変換するべし

まず友人が取り組んだのは、後ろ向きな理由を前向きに変換すること。

ウソをついてもボロが出ます。

真実の中で、前向きな理由へと変えようとしたのです。

そもそも友人の理想は、黙々と研究をするような仕事。

そこで、転職理由をこうやって変換しました。

・会話苦手、接客は嫌だ

・社会人経験のために、あえて苦手な接客業を選んだが、研究職への思いを抑えきれず転職を決意した

いかがでしょうか。

どちらも「接客業は嫌だ」と言ってるのは同じです。

でも、かなり前向きな発言になったと思いませんか?

ポイントは、自分の弱点を認めることです。

人と会話するのは苦手だけど、克服する努力は惜しまない。

そんな姿勢を面接の中でアピールすることで、乗り切ったのです。

スキルのアピールは絶対にNG

面接

もし、あなたが薬剤師1年目で転職しようと考えているなら「絶対にしてはいけない」ことがあります。

それは業務経験のアピールです。

例えば「半年間、○○業務を担当したので知識はあります」とか。

はっきり言って、社会人経験をアピールするなら3年でも足りないぐらいです。

1年目のあなたがアピールできるのは「やる気」「意欲」だけです。

友人の場合も意欲をアピールしました。

もし友人が「接客業を経験したのでコミュニケーション能力には自信があります」なんて言っていたら採用されなかったでしょう。

「今の職場はこういう理由で選んだ。働いているうちに、違う思いに気づいた」

このような流れに持っていけば、前向きな転職理由を説明できるようになると思います。

意欲を面接官に伝えるために

「この会社で働きたい」

あなたが本当にそう思っていても、面接官に伝わらない可能性がありますよね。

面接官

意欲は目に見えないものです。

どうやってアピールすれば良いのでしょうか。

ポイントは2つ。

・会社の良い点を調べる

・調べる過程も含めて説明する

採用担当者が見ているのは「あなたが長く働いてくれるのか」という点です。

本気で働きたいなら、会社について調べますよね。

「手間暇をかけて、こんなに調べたんです」という事実をアピールすることが、あなたの意欲アピールにつながります。

情報収集で企業ホームページを見るのは初歩です。

ネットで収集した情報でも、アピールすることはできますよ。

ホームページ

単に「御社はこんな商品を販売していますよね」はNG。

誰でも1分で調べられる情報を言っても、アピールにはなりません。

そうではなくて「御社の発行している冊子で、商品開発の担当者エピソードを読みました。品質管理へのプロ意識に共感しました。」など、調査過程+内容で説明しましょう。

大事なのは手間暇かけて情報を集めているかどうか。

時にはお店に出向いたり、その会社が発行している冊子を読むのもありです。

深いところまでしっかり調べたというエピソードそのものが、あなたの意欲として伝わります。

転職サイトのサポートは予想以上

いかがでしょうか。

今、あなたは現在の職場が嫌で仕方ないのかもしれません。

その「嫌だ」という気持ち、上手に利用すればものすごいエネルギーに変わります。

1年目で転職するには壁がたくさんあります。

自分ひとりだけでは、躊躇してしまう気持ちもよく分かります。

私の友人も、最初から上手く行ったわけではありません。

転職サイトの個別サポートがあったから転職できたと言っていました。

応援

友人の体験談については「薬剤師で接客なしの求人は?【会話が苦手な友人の体験談】」をご覧ください。

薬剤師でドラッグストア以外の求人を見つけたい人へ【非公開求人を狙え】

転職

先日、友人が「接客なしの薬剤師求人」を見つけた体験談をご紹介しました。

すると、このブログの読者様からこんなコメントが届きました。

「私はドラッグストア勤務です。今転職活動中なのですが、ドラッグストア以外の求人が見つかりません。」

今回は「ドラッグストア以外」にこだわってお話します。

非公開求人が狙い目

薬剤師

薬剤師は全国的に不足しています。

ただし、それはドラッグストアが増えたから。

「ドラッグストア以外」となると、意外と求人は少なめです。

ドラッグストアの求人が増えているのは、2つの理由があります。

・店が増えた

・待遇面の不満で離職率が高い(休みにくい・給料が低いなど)

ドラッグストア

もちろん、全てのドラッグストアがそうではありません。

いい待遇で働けるところもあります。

しかし、事実として薬剤師の求人はドラッグストアが多くなりがちです。

それでは、ドラッグストア以外の求人情報をどうやって探せばいいのでしょうか?

答えは「非公開求人」を探すこと。

薬剤師の転職サイト選びのポイントと言ってもいいでしょう。

非公開求人とは

非公開求人とは、転職サイトの運営会社が独自のネットワークで集めた求人情報です。

独自のネットワーク

企業や病院が求人情報を出す場合、2つの方法があります。

・広く一般に情報発信する

・付き合いの深い会社を通して募集する

非公開求人サイトは、2つ目に該当するもの。

運営会社が長年かけて積み上げてきた信頼をもとに、優先的に求人情報をゲットしたのです。

非公開求人情報には、3つの特徴があります。

・他の転職サイトに情報がない

・詳しい職場情報を知っている(運営会社が)

・待遇面で融通がきく

薬剤師転職サイトはいくつかありますが、非公開求人情報が多いか少ないかは重要です。

非公開求人に強いサイトはここが違う

非公開求人情報が多いサイトは、あなたに多くのメリットがあります。

・ライバルが少ない

・勤務先と条件面で交渉してくれる

まず、優先的に情報が入っているのでライバルが比較的少なめ。

競争

しかも、勤務先との条件面での交渉もサポートがつくことが多いです。

こういった転職サイトを利用すると、求人情報をもらう前に運営会社との個別面談が用意されています。

個別面談

個別面談は面倒だと思うかも知れません。

でも、この面談の中であなたの優先順位を伝えることができます。

もちろん、あなたの希望が全て叶うとは限りません。

でもあなた自身で勤務先と交渉するよりも、ずっと有利に交渉が進むのは間違いないでしょう。

・子育て中なので時間短縮したい

・休みを多めに確保したい

・介護しやすい勤務体系がいい

きっと、色々な希望があると思います。

よりよい環境で働きたいから転職先を探しているんですよね。

利用できるものは利用しちゃいましょう。

おすすめの転職サイトは?

転職

薬剤師の転職サイトでおすすめは?

私がこう聞かれたら、次の2つを紹介します。

一つ目はファルマスタッフ

ここは、非公開求人情報に力を入れている転職サイト。

他のサイトにはない情報が手に入りやすいです。

2つ目は【薬剤師の派遣・転職 お仕事ラボ】

豊富な情報量と、個別サポートが充実しています。