アカデミー賞とスピーチの格言【長いスピーチは嫌われる】

悩む人

アカデミー賞授賞式の見せ場といえばスピーチ。

受賞の喜びいっぱいで壇上に上がるのはいいんですが、こういう時には人柄が強く出てしまいます。

過去には、スピーチで評価を上げた人や下げた人がいっぱいいました。

“アカデミー賞とスピーチの格言【長いスピーチは嫌われる】” の続きを読む

スポンサーリンク

アカデミー賞のドレスの番人 イーディス・ヘッド

チェックする人

アカデミー賞の授賞式は、現在では「最も注目を集めるファッションショー」の側面を持ちます。

奇抜なファッション。

セクシーなファッション。

女優たちの衣裳合戦はどんどん加熱しました。

女優

しかし、かつてのアカデミー賞には「ドレス・ドクター」と呼ばれる人がいました。

女優の服装をチェックする番人がいたのです。

イーディス・ヘッド(Edith Head)

「テレビ中継されるようになると、必ずドレスが派手になってアカデミー賞の雰囲気を損なう。」

そんな事態を避けるべく、派手なドレス対策としてイーディス・ヘッド(Edith Head)をドレスの監視役「ドレス・ドクター」に任命しました。

Edith Head: The Fifty-Year Career of Hollywood’s Greatest Costume Designer

イーディス・ヘッドは、華美な衣装ではなく、シンプルでエレガントな美しさを追求したデザイナー。

ハリウッド映画のデザイナーといえばこの人言われるほどの人物です。

ローマの休日や麗しのサブリナでオードリー・ヘップバーンの衣装デザインを手がけ、サブリナパンツというファッション文化を生み出しました。

サブリナパンツ

サブリナパンツは2015年流行したガウチョパンツに似ていて、ふくらはぎまでの丈の細身のパンツです。

イーディス・ヘッドは、引退するまで8個のオスカー(衣裳デザイン賞)を獲得し、ハリウッド映画界を支えました。

ミニスカートは許さない!

イーディス・ヘッドがドレス・ドクターを務めたのは、1952年から1968年。

授賞式当日、イーディス・ヘッドは3人のスタッフを従え舞台袖で待機。

女優の宝石が派手ならスプレーで輝きを減らし、胸元があきすぎていれば、その場で縫いました。

特にチェックが厳しかったのがスカートの丈です。

スカート

当時は空前のミニスカートブーム。

イーディス・ヘッドの美的感覚からすると、ミニスカートは許せなかったのでしょう。

ドレスの番人が守りたかったものは?

アカデミー賞は、ショービジネスの要素が強いもの。

それなのに、なぜ自主規制する必要があったのでしょうか?

イーディス・ヘッドが活躍した時代。

この時代はアメリカでも女性の地位が軽んじられる傾向が強かったのです。

そんな時代でも、女性は強く生き抜くべき。

イーディス・ヘッドにはそんな信念があったように思います。

イーディス・ヘッドの名言に「人生でほしいものを手に入れたいなら、それに見合う服装をすべきだ」という言葉があります。

奇抜さ・セクシーさで注目を集めるのは二流。

イーディス・ヘッドが守りたかったのは、女優の未来なのかもしれません。

スポンサーリンク

アカデミー賞とドレスの話②【値段の歴代最高は?】

ミシン

歴史の長いアカデミー賞。

ドレスの話だけでも面白い話がたくさんあります。

前回はアカデミー賞が派手になる前のドレス事情を話しました。

今回は、豪華になってからの話です。

製作期間は半年以上!?

ハリウッド女優たちは、アカデミー賞を映画の撮影時点で意識しています。

俳優や監督の顔ぶれを見れば、「ヒットが約束されている映画」かどうか一目瞭然。

実績があって気の早い女優さんは、撮影中から授賞式に着るドレスをデザイナーに相談します。

デザイナー

早い人で1年前から、遅くても3ヶ月前には準備を開始している場合が多いです。

ドレスは一着とは限らない

アカデミー賞の授賞式で注目を集めることは、女優業の今後を左右することもある重要なこと。

女優

それはノミネートされた場合だけでなく、オスカー像を渡すプレゼンターとして出席する場合でも同じです。

1965年、監督賞のプレゼンターを務めたジョーン・クロフォード。

ミルドレッド・ピアース [DVD]

彼女は、授賞式のドレスを2着用意していました。

当日は1着しか着ないのに?

理由は簡単。

他の女優とかぶるのが怖かったからです。

ジョーン・クロフォードが登場する直前、脚本賞のプレゼンターとしてデボラ・カーが登場することが決まっていました。

めぐり逢い [Blu-ray]

ジョーン・クロフォードは、デボラ・カーのドレスが白なら自分は黒。

デボラ・カーが黒のドレスなら白。

色がかぶって自分の印象が薄れることだけは絶対に避けたかったのです。

授賞式当日、デボラ・カーは白のドレス。

ジョーン・クロフォードは黒のドレスで登場し、狙い通り注目を集めることに成功しました。

この時ジョーン・クロフォードが用意したドレスは1着3千ドル。

「授賞式での熱い注目に比べれば、3千ドルなんて安いものよ」

後にジョーン・クロフォードは得意げに語ったそうです。

歴代最高額のドレスを着たのは?

お金

歴代最高額のドレスを着たのは誰か?

これには諸説あり、正確なところはわかりません。

一節には、2014年のケイト・ブランシェットの推定1810万ドルではないかという話もあります。

ブルージャスミンBlu-ray

1810万ドルというのは、アクセサリーも含めた値段です。

18億円以上ですから、これでも十分にすごいと思うのですが「最高額はこんなものではない」と考える人もいます。

さすがアカデミー賞。

叶姉妹どころの騒ぎではないですね。

女優の衣装のスケールも桁違いです。

 
>>アカデミー賞のドレスの番人とは?