上京して転職したい女性へ!28才で上京した友達の体験談

上京して転職した女性

「上京して転職したいけど、なんか不安。」

女性の場合、地方では活躍の場がかなり制限されます。

このままの生活でいいのか疑問が湧いてきて、上京する女性が増えています。

でも、上京するって勇気がいりますよね。

仕事・部屋探し…何をするにも不安です。

今回はそんな人の不安が少しでも解消することを願って、私の友人A子の体験談をまとめました。

モヤモヤした気持ちで28才の誕生日を迎えたA子

私の友人A子は、高校生の頃からの友達です。

A子は短大卒業後、すぐ地元で就職しました。

それから27才まで働いてきて、ふと、今の生活が続くことに焦りに似た不安を感じたのです。

「このまま一生、この生活が続くのかな…」

上京して転職する女性

テレビをつけると、東京の華やかな情報が飛び込んできます。

同じぐらいの年齢で、東京で活躍している人も大勢いる。

じゃあ私は…?

自分にも何かできることがあるはず。

もっと違う生活を手に入れることだってできるかもしれない。

上京して転職予定の上京

それでも、具体的な行動はできませんでした。

A子はモヤモヤした気持ちを抱えながらも、半分諦めの気持ちで日々を過ごしました。

そして迎えた28才の誕生日。

「このままでも仕方ない…」

年齢のこともあり、諦めかけていたA子。

そんなタイミングで、私と食事に行くことになったのです。

転職

A子の迷う気持ちを聞いた私は「従兄弟が貯金30万円で上京した話」をA子に教えてあげました。

「A子が思っているより、ハードルは低いと思うよ」

その時のA子の驚きと嬉しそうな顔。

今でも忘れられません!

上京して転職した女性

私の話を聞いたA子は、さっそく行動を開始。

わずか3ヶ月後には、東京で新しい仕事に就いていました。

自力で転職や部屋探しする必要なんてないよ!

A子がすぐ行動に移せたのは「Tokyo Dive」という上京支援サービスを知ったからです。

上京したいけどできない理由って、お金や仕事探しに不安があるからですよね。

なら、発想を変えましょう。

「自力で全部解決できないなら、助けてもらえばいい」

昔なら家族や友人を頼るしかありませんでした。

でも今はいい時代です。

「Tokyo Dive」のように、仕事探しや部屋探しをサポートしてくれるサービスが続々登場しています。

しかも無料で。

なんでこんなサービスが増えているのかご存知ですか?

理由は人手不足です。

東京周辺では人手不足が続いています。

そのため人材派遣会社を中心に、地方から人を集めようと必死になっているんです。

上京して転職したい女性

「Tokyo Dive」も、人材派遣会社が行っているサービス。

上京のハードルを低くして、人材を確保するのが狙いのようですね。

上京したい人にはチャンスです。

自力で転職活動しなくても、サービスを利用すれば就職先を確保できるのですから。

必要なのは、初給料までの生活費ぐらいです。

支援サービスで初期費用を抑えられる

上京するときの不安は仕事とお金です。

特に引越しするときの初期費用は大金ですから、行動できない気持ちはよく分かります。

A子が上京を決断した時点では、貯金は40万円しかなかったそうです。

でも全く問題ありませんでした。

Tokyo Diveを利用すると、引越し費用が大幅に節約できるからです。

貯金

Tokyo Diveでは就職先と同時に、部屋も斡旋してくれます。

紹介してくれる部屋はレオパレスやシェアハウスで、家具付きです。

敷金礼金や不動産仲介手数料など、余計な費用はなし。

貯金は生活費に充てることが出来ます。

支出を小さくしつつ、収入源も確保して上京できる。

これなら何とかなりそうだと思いませんか?

登録後にすぐ上京しなくてもOK

ハードルが低くなると言っても、今の生活を大きく変えることになる。

すぐに決断できないのは当たり前ですよね。

上京して転職したいけど不安

ただ、気になるなら登録して相談するだけでも良いと思いますよ。

ちゃんと話を聞いてみないと、実際のところは分かりません。

ネットで調べるだけでは前に進まないと思います。

Tokyo Diveで言えば、登録後すぐに上京しなくても大丈夫です。

相談だけするとか、1年後に上京したいとかでもありなんですって。

A子の場合も、登録してから2ヶ月間じっくり相談・打ち合わせしたそうです。

不安が消えるまで相談して、自分のタイミングで行動する。

これが1番大事だと思います。

一人で何もかも準備するのは大変ですが、詳しい人がサポートしてくれると楽ですよ。

気になる方は【TokyoDive(トーキョーダイブ)】をご覧ください。

上京したいけど決断できない人へ!地元で相談・計画できるサポートがあるよ

上京

上京したいと思いつつ、決断できずにズルズルと過ごす…

そんな人は多いと思います。

今日は、そんな人が前向きになれる体験談やサービスを紹介したいと思います。

私の従兄弟は、貯金30万円しかない状態で上京しました(詳細はこちらを参照)。

それなのに生活の不安は一切なかったんですって。

その理由は上京をサポートしてくれるサービスを使ったから。

地元にいる段階で仕事や家の目処をつけていた。

だから不安を消すことができたのです。

「地元にいる段階で」というのがポイントですね。

何も決まっていない状態で上京するのは、相当な勇気が必要です。

もし地元に居ながら準備を進められるなら、あなたもできそうな気がしませんか?

仕事と家探しは上京前にできる

上京

上京支援サービスとか、上京サポートっていう言葉をご存知でしょうか。

人材派遣会社などが行っているサービスです。

東京では人手不足が深刻。

そのため、東京以外からも人を集めようと色々なお手伝いをしてもらえるのです。

例えば【TokyoDive(トーキョーダイブ)】

私の従兄弟が使ったサービスです。

ここに登録すると、こんな流れでサポートしてもらえます。

・登録する

・希望に合わせた求人情報が届く

・興味のある求人について担当コーディネーターから詳細説明

・仕事決定

・職場に通いやすい家を紹介

・仕事&家を確保した状態で上京!

もし自力で全部しようと思うと、何度も東京に通うことになります。

サポートしてもらえば、地元にいながら上京の段取りができる。

だいぶハードルが下がりますよね。

できない理由ばかり探してない?

上京

あなたが決断できない理由ってなんでしょうか?

・仕事が見つかるか不安

・家探しの方法がよく分からない

・お金がない

・東京に友達がいない

色々な理由があります。

だけど、どうでしょうか。

本当は「解決しようと思えばできる」ものが多いと思いませんか?

家や仕事の問題は、さっき紹介したTokyo Diveみたいなサポートを使えば解決します。

昔よりもずっとハードルは低いです。

人間って不思議ですよね。

何か始めようと思うと「できる理由」より「できない理由」ばかり思い浮かべてしまいます。

でも、逆に考えてみてください。

何も行動しなければ、今のまま時間だけが過ぎて老けていくんですよ…

これって怖くないですか?

上京する決断ができない

お金や仕事の問題は上京サポートサービスを使えば解決できます。

でも、あなたが決断できない間に失った時間は誰も取り戻せません。

できない理由ばかり見ていると、いつか本当に身動きがとれなくなります。

今は上京したい人に有利な時代

いかがでしょうか。

今は上京したい人にとって、とても有利な情勢です。

少し前まで、こんなに支援サービスは充実していませんでした。

今は地元にいながら家も仕事も探せる時代になっているのです。

しかも東京の企業は働き手を常に探しています。

あなたを歓迎してくれる職場は、山ほどあることでしょう。

上京するって、あなたが思っているより簡単なんですよ。

【TokyoDiveの詳細はこちらから】

上京するなら友達の家に居候だけはやめとけ!友情も金もなくなった体験談

上京するとき居候する

「お金がないから少しの間だけ、居候させて!」

地方から上京するとき、就職先と住む家が決まるまで友達の家に居候しようと思っていませんか?

友達の家に居候して上京

あえて言います。

それは不幸の始まりになるかもしれません…私の知り合いの「タクミ君(仮名)」がそうでした。

仲が良い友達の家に居候して東京生活をスタートさせたまでは良かったのですが…

結果的に、タクミ君は軽い気持ちで居候したことで友達もお金も失い、実家に帰るしかなくなったのです。

今回は、居候生活に潜むリスクに焦点をあてた体験談を紹介します。

居候のタイムリミット

時計

居候生活には「タイムリミット」がある。

どういうことなのか、あなたは知っているでしょうか?

実は一定期間をすぎると、喧嘩などのトラブル発生率がグンと上がるんですよ。

居候って、不安定な状態ですよね。

仮に友達との仲が険悪になっちゃったら…

ちなみに、タイムリミットは3週間

それ以上になると、どんどん人間関係のリスクが高まると言われています。

実際、タクミ君もそうでした。

友達の家での居候生活が1ヶ月過ぎた頃、友達と大喧嘩したんですって。

上京するとき居候する

「毎日ダラダラして、いつ就職するんだ!」

「遊んでるだけなら出て行け!」

こんなことを言われたら、居心地が悪いですよね。

タクミ君は就職活動をしていたのですが、居候させてくれた友達から見ると怠けているように見えたのでしょう。

売り言葉に買い言葉。

大喧嘩した挙句、友達の家を出ていくことに。

上京するとき居候する

就職先も住む家も決まっていないタクミ君。

どうなったと思いますか?

手持ち資金が尽きかける…

友達の家を追い出されたタクミ君。

それでも、彼はすぐに実家に帰ったりしませんでした。

タクミ君はちゃんと就活もしていたのです。

いくつか面接の予定が入っていたので帰るわけにはいきませんでした。

でも住む家がありません。

他に居候させてくれそうな人も心当たりがありません。

・カプセルホテル

・ネットカフェ

・24時間営業のファーストフード店やファミレス

転々と寝泊まりしながらの就職活動。

精神的にもきつかったですが、何よりお金がどんどん減っていくのが辛かったんですって。

それでもタクミ君は楽観視していました。

「1週間もすれば、就職先ぐらい見つかるさ」

最初のうちは、根拠のない自信があったタクミ君。

でも、よく考えてみてください。

居候中の1ヶ月で就職先を見つけられなかったタクミ君が、すぐに就職先を見つけられると思いますか?

就職先はすぐ見つかるとは限らない

友達の家を追い出されてから、さらに3週間。

まだ就職先が見つからなかったタクミ君。

時々日雇いバイトをしながら、就職先を探していたのですが上手くいきません。

公務員試験に失敗したら

とうとう資金と体力に限界がきて、実家に帰ることにしたのです。

結局、彼が東京に来て得たものは苦労だけ。

お金も時間も失い、仲が良い友達とはケンカ別れしたまま地元に引き上げることになってしまいました。

居候以外でお金をかけずに上京する方法がある

いかがでしょうか。

居候生活は、友達との関係が少しでもダメになると破綻します。

友達に甘えてのんびりしていたら、タクミ君のように突然追い出されるかもしれません。

居候生活はリスクがいっぱい。

だから私はおすすめしないのです。

でも安心してください。

居候以外の方法でも上京費用を節約することはできるんです。

以前私のブログで紹介した、従兄弟が上京した方法を使えば少ないお金で上京できます。

どんな方法なのか?

詳しくは「従兄弟の上京の初期費用節約術がすごかった」をご覧ください。

上京するけど車はどうする?東京に住むのにマイカーは必要か

上京するとき車はどうする

東京に引っ越すことになった。

マイカーを持っている人は、車をどうするか悩みますよね。

今回はそんな人のために、車をどうするべきかお話したいと思います。

上京前に売るのが正解

まず私の結論から言います。

私は車を上京前に売るのが良いと思っています。

なぜか?

主な理由は以下のとおりです。

・東京の駐車場代が高い

・東京でマイカーの必要性を感じることが少ない

・放置した車の劣化スピードは想像以上

維持費の問題と、管理の問題。

メリットよりもデメリットのほうが多いと感じます。

東京の月極駐車場代の相場とは

お金

東京の駐車場代は高いですよ。

東京23区では月2万5千円~4万円ぐらいのところが多いです。

この金額でも地方の人から見ると高いと感じます。

場所によっては月7万円~10万円というところもあるんですよ。

やっぱり東京は高いですね。

23区外でも月1万5千円以上が普通です。

月1万円を切る月極駐車場は少ないですね。

あってもかなり不便なところです。

上京するときに車も持っていくと、駐車場代だけで年間30万円は覚悟しないと…

年間30万円以上も支払うって、私には考えられません。

駐車場付きの部屋を借りようと考えている人もいると思います。

これもおすすめできません。

駐車場付きの部屋でも、駐車場代は家賃に上乗せです。

駐車場代無料なんていう物件は滅多にありません。

結局、家賃+3万円ぐらい支払う必要があるのです。

マイカーが必要ない本当の理由

あなたはこんな話を聞いたことはありませんか?

「都内ではマイカーなんて必要ない」

よく聞く話ですが、本当の理由をご存知でしょうか。

単に公共交通機関が充実しているというだけではないのです。

公共交通機関以外の大きな理由の一つが、レンタカーやカーシェアリング。

都内ではこれらのサービスが本当に充実しています。

地方出身者から見ると、ビックリするぐらい手軽に利用することができます。

上京するとき車はどうする

例えばタイムズのカーシェアリングは15分200円ちょっと。

他にも24時間パックなど料金プランがあります。

主要な駅周辺には必ずと言っていいぐらいタイムズがあるので、ほとんどマイカー感覚で使えます。

休日に車に乗るだけならこれで十分。

浮いたお金でいい部屋に住んだり、美味しいものを食べたりできますよ。

地元に置きっぱなしは劣化して損

実家に車を置くことができる人は、置きっぱなしにしておこうかと迷うかもしれません。

でも、やめたほうがいいですよ。

車は放置すると、ビックリするぐらい劣化が早いです。

・バッテリーがダメになる

・タイヤが歪む(同じ場所を圧迫し続けるため)

・エンジン不具合のリスク増(エンジンオイルなど)

・燃料タンクの劣化(ガソリンが少ないと錆びる)

1ヶ月ぐらい放置するだけなら問題ありません。

でも半年を超えると、車は急激に劣化し始めます。

東京に引っ越すけど車はどうする

車って放置していても維持費がかかりますよね。

高い税金や保険料を払い続けたのに、車がボロボロになって廃車…

これではもったいない!

面倒だからと言って放置して上京してしまうと、必ず損することになります。

買取サービスは意外と簡単で楽ちん

いかがでしょうか。

東京に引っ越す前に、車を処分する気になったのではないでしょうか。

ただ、車を売るとしても面倒なのはイヤ!

ササッと現金化したいところです。

車を売るなら、やっぱり買取サービスを利用するのが手っ取り早いし得です。

ただし、一つ注意すべき点があります。

車の一括査定サイトはたくさんあります。

どこを使っても自由ですが、査定までの流れを確認しておいたほうがいいですよ。

サイトによっては、登録した途端に色んな業者から電話の嵐!…なんてこともあるのです。

想像しただけでウンザリしますよね。

電話

一括査定サイトを使うなら、電話も査定も1回で済むところを選びましょう。

それが1番楽です。

それさえ気をつければ、案外簡単に買い取ってもらえます。

先送りして損しないように、スッキリしてから上京してくださいね。

一括査定サイトで大変な思いをした方に!1回の査定で最大1,000社があなたの車に金額提示!

東京で部屋探しする人へ!日帰りで決めたいなら事前準備が大事だよ

部屋探しを日帰りで決める

地方から東京に出たいと思った時、最初のハードルになるのが初期費用です。

費用節約のためにも、部屋探しは日帰りで終わらせたいですよね。

部屋探しは日帰りで探すことも可能です。

でも、準備をちゃんとしないと変な物件を押し付けられるかもしれません。

今回は、日帰りで良い部屋を見つけるための方法を解説します。

部屋探しは日帰りでできる

地方出身者が、部屋探しにどれぐらい時間をかけているのか知っていますか?

私の知人・同僚100人に聞いて回ったところ、22人が「1日で決めた」と言っていました。

意外とみんな即日で決めているんですね。

部屋探しを日帰りで決める

ところが「1日で決めようとしたけど無理だった」と答えた人も結構いました。

この人達の話を詳しく聞くと、上京する前の準備不足が原因でスムーズに決められなかったようなんです。

つまり、あなたが日帰りで部屋探しを終わらせたいなら東京に行くまでが勝負ということです。

上京する前の準備がポイント

まずあなたが最初にすべきことは、不動産会社を決めることです。

上京する前に不動産会社に連絡して、担当者と連絡をしっかり取り合うのが良い部屋探しの第一歩。

東京に着いてから「どこの不動産会社に行こうか…」なんて考えてるようでは、日帰りなんて無理。

余計な時間ばかりかかってしまいます。

理想は、現地に着いたらすぐ内見に出発できる状態にしておくこと。

・家賃の上限

・物件の地域

・部屋の広さや設備の希望

・上京当日の到着予定時間や内見の段取り

これぐらいは、担当者と打ち合わせして決めておきましょう。

絶対に日帰りで決定するために、段取りをしっかり固めるのが大事です。

日帰りなら、せいぜい5件見て回るので精一杯。

内見に行く部屋は厳選すべきです。

10件も20件も見るつもりで上京すると、何も決められませんよ。

家賃の上限は念押しで伝えて

上京する前の打ち合わせで、特に大事なのが予算です。

特に家賃の上限については、念押しで伝えておきましょう。

そうしないと、不動産屋さんの常套手段に引っかかります。

一般媒介契約で失敗

「ちょっと予算オーバーしますが、良い部屋ですよ」

こんな風に、あなたが考えている家賃の上限を1万円前後オーバーする部屋を紹介しようとします。

家賃が1万円違えば部屋のグレードが全然違うので、とても魅力的に見えるのです。

家

どんなに魅力的な部屋だとしても、生活を圧迫する家賃なら論外。

働いて寝るだけの生活ために東京に出たいのですか?

予算をオーバーする部屋は見るだけ無駄。

担当者にもきちんと伝えましょう。

「希望する家賃の上限を1円でも超える部屋は絶対に契約しません。」

それぐらい強く断言して、予算内でベストを探すことに集中するのが正解です。

不良物件を掴まされないために

時間が限られた中での部屋探し、焦りますよね。

だからこそ、上京前に綿密な打ち合わせが必要なのです。

希望条件がコロコロ変わる状態で東京に行ったとしたら、不人気の物件を押し付けられる可能性が高くなります。

足元を見られるってことですね。

事前の打ち合わせをしっかりして、当日確認するポイントを絞っておくこと。

これができれば、いい部屋が沢山見つかることでしょう。

面倒でも、住みやすい部屋を見つけるためです。

憧れの東京生活、少しでも良いものにしたいならココが勝負どころですよ!

当日持っていくべきもの

日帰りで契約締結まで済ませたいなら、必ず持っていくべきものがあります。

担当者と調整がついたら、用意すべきものを確認しましょう。

心配ならメールで必要なものリストを箇条書きして送ってもらうと、忘れ物防止になりますよ。

ちなみに、こんなものが必要になります。

住民票/印鑑証明

収入を証明するもの (源泉徴収、確定申告書、支払証明など)

保証人関連書類

銀行口座印/通帳

お金

契約に必要な書類は後日郵送でやり取りすることもできますが、一発で全部終わらせたほうが楽です。

準備万端になってから上京しましょう。

仕事探しは後で…はリスキー

いかがでしょうか。

部屋探しを短時間で終わらせるには、事前準備が欠かせません。

不動産会社とメールや電話でマメに打ち合わせすれば、短時間でも良い部屋を見つけられるでしょう。

ただし、一つだけ心配なことがあります。

仕事は見つけていますか?

就活

部屋を決めてから仕事を探すのは、不利になることが多いです。

良い部屋を紹介してくれなかったり、数ヶ月分の家賃を保証用に前払いさせられる可能性があります。

そうでなくても、後から仕事を探すのは何かとリスキーです。

仕事が決まらず資金が尽きた…なんて悲惨ですよね。

それなら、仕事と住まいを同時に探すほうが賢いと思いますよ。

私の従兄弟は少ない初期費用で、住まいと仕事を同時にゲットできました。

詳しくは「貯金30万円で上京できるか?従兄弟の初期費用節約術がすごかった」をご覧ください。

東京は空が狭い!ホームシックが心配なら空が広い物件に住むべし

東京の空は狭い

先日「従兄弟が貯金30万円で上京した話」を書いたところ、こんな質問が届きました。

「東京に住みたいけどホームシックが心配です。

ホームシック予防についていい方法はありますか?」

慣れない環境は何かと大変そうですよね。

良い対策について上京した従兄弟と話し合った結果、こんな結論が出ました。

「空が狭い物件はやめるべし!」

住む家の周りの景色と精神状態には密接な関わりがあるんですよ。

すでに引越しした人・これからする人にも関係がある話です。

詳しくお話したいと思います。

物件選びは空が狭い場所を避けるべし

地方から東京への引越し。

ほとんどの人は、家賃・部屋の雰囲気・利便性で部屋を決めています。

ところが、ここに落とし穴があるんです。

ホームシック予防という点では、この選び方はとてもリスキーです。

というのも、家賃が割安で利便性が良い物件って「建物が密集している地域」に多い傾向があります。

東京は空が狭い

駅から近くて部屋が綺麗でも、周りがこんな風景ばかりだったらどうでしょうか?

田舎の街並みと比べると空が狭いですよね。

気分がウキウキしている間は気になりません。

でも、気分が落ち込むと空が狭いっていうのはキツイですよ。

最初は輝いて見えた街並みが、どんよりと息苦しく感じ始めます。

東京は空が狭い

もし家の周囲にゆったりと開けた場所があるなら、息抜きすることができるのです。

空を見上げて深呼吸…それだけでも、気が楽になりますから。

だけど周りが建物ばかりでは深呼吸する気にもなれません。

見えない何かに閉じ込められているような…イヤな気持ちが膨らみやすくなります。

休憩場所を確保しよう

今このブログを読んでいる人の中には、すでに空が狭い場所に引越してしまった人もいるかもしれません。

そんな人は、近所でのんびりと空を見上げられる場所を見つけましょう。

カフェ・河川敷・公園…

何でもいいんです。

10分ぐらいボーッとできる場所。

休憩したいと思える場所が一つあると、全然違いますよ。

東京と言っても、高層ビルばかりではありません。

ゆったりと過ごせる公園もたくさんあります。

例えば「浜離宮恩賜庭園」

築地市場のすぐ近くにあるのですが、のんびり過ごせます。

東京は空が狭い

特に春は菜の花が綺麗で、茶屋で抹茶を飲みながらボーッとするのは最高の気分です。

東京駅や銀座にも近い都会のど真ん中で、これほどの癒し空間があるのは不思議な感じがします。

ここまで大規模なものではなくても良いんです。

職場と家の往復で終わるのではなく、ちょっと寄り道できる場所を早く見つけておきましょう。

東京都内で空が広い地域でおすすめは?

東京都内で空が広い地域でおすすめはどこでしょうか?

私は青梅市をおすすめします。

なぜ青梅市かと言うと、すごく田舎っぽい雰囲気が残っているから(笑)

こちらは青梅駅前。

青梅駅から新宿まで電車で1時間ちょっとぐらいです。

青梅市

駅前なのに、田舎っぽい雰囲気がありますよね。

実は隣の河辺駅のほうが商業施設などが充実していたりします。

河辺駅

道路や歩道はゆったりしている場所が多くて、東京都内なのに地方っぽさがあります。

「24時間都会の空気を吸うのは耐えられない!」

そんな人には相性がいい街だと思いますよ。

引越したいけどお金がない人へ

いかがでしょうか。

東京都内に住みたいけど息が詰まるのが心配なら、住む場所の空を基準に選ぶのもありだと思います。

ところで、東京に住みたいけど貯金が増えなくて躊躇している人もいるかもしれません。

そんな人には、私の従兄弟が使った裏ワザがおすすめです。

詳しくは「貯金30万円で上京できるか?従兄弟の初期費用節約術がすごかった」をご覧ください。

東京の田舎に住みたい人へ【三鷹市は家賃が安くて住みやすい】

上京

先日、従兄弟が初期費用を極限まで削って上京した話をしました。

身近に上京した人がいると、釣られてしまいますね。

なんだか、東京に住みたくなってきました。

ただ、あまりゴチャゴチャし過ぎな場所は嫌だな…という思いもあります。

かと言って、郊外すぎて不便すぎるのも何か違う。

今回は、東京都内で「ほどよく田舎・ほどよく便利」な場所を探してみました。

調べたことをまとめていますのでご覧ください。

三鷹市ってどこ?

「ほどよく田舎」というのは人によって様々ですね。

私の場合は、「交通の便が良くて、緑もある地域」ということで考えました。

その条件で調べてみたのですが、三鷹市が良さそうだな…という印象です。

JR三鷹駅から新宿駅まで電車で15分、東京駅まで電車で30分程度。

さらに東西線や総武線の始発駅でもあるので、どこに行くにも便利な立地ですよ。

ちなみに、三鷹駅のお隣は吉祥寺駅です。

ほどよく都会・ほどよく田舎

三鷹駅はほどよく都会・ほどよく田舎という条件にピッタリです。

三鷹駅周辺はオシャレなお店が多く、結構賑やか。

三鷹駅周辺だけで60以上のカフェがあるので、優雅にカフェでお茶したい…という人にはいい街♪

三鷹市の駅周辺

駅周辺は賑やかですが、少し離れると落ち着いた住宅街が広がります。

有名な井の頭公園もありますし、丸池の里、三鷹中央防災公園という大きな公園もあります。

東京の田舎に住みたい

緑豊かな場所が多いので、東京の空気に疲れた人の憩いの場としてもってこいです。

何より、高層ビルが少ないのが良いですね。

空が広いです。

最近はマンションの建設ラッシュなので、子育て世帯が増えそうです。

元気な街ですね。

三鷹市の家賃相場をチェック

ほどほどに便利で、緑が豊か。

あと気になるのが家賃ですよね。

一人暮らしの人向けに、三鷹市の1Kの家賃相場を近隣と比べてみます。

三鷹市:6万円台後半

吉祥寺:7万円台後半

新宿区内:9万円前後

築年数など物件によっても違いますが、三鷹市は割安な物件が多いです。

23区内で掘り出し物の物件を探すよりも、三鷹市内で探すほうが楽だと思いますよ。

都心に近いのに家賃はそんなに高くない。

これって結構大きなメリットだと思います。

もっと家賃を抑えたいと思うなら、かなり限られますね。

より郊外に出るか、シェアハウスか…

上京・引越しすると何かとお金がかかります。

家賃は安いほうが身動きしやすいですよ。

うちの従兄弟は上京して定住先を厳選

いかがでしょうか。

地方出身の人から見ると、三鷹市も十分に都会です。

ただ、駅周辺から少し離れると落ち着いた町並みが広がる地域なのですぐ慣れると思いますよ。

とはいえ、いくら情報を集めても不安ですよね。

右も左も分からない状態での住まい探しほど難しいものはありません。

私の従兄弟が上京したときは、上京支援サービスを使っていました。

住まい探し+仕事探しを助けてくれるサービスで、初期費用をかなり抑えられます。

まずはこのようなサービスで上京してみて、落ち着いてから改めて引越してもいいかもしれません。

初期費用を抑えれば身動きしやすいから、じっくり住みたい場所を探せますよ。

従兄弟が使ったサービスの詳細は「貯金30万円で上京できるか?従兄弟の初期費用節約術がすごかった」をご覧ください。

東京に住みたいけど地震が怖い!リスクを少しでも減らすには

レインボーブリッジ

私の友達が東京に引っ越すか悩んでいます。

経済面は問題ありません。

友達が不安を感じているのは地震です。

この30年以内に大きな地震が来ると言われていますよね。

友達は小さいときに阪神大震災を経験しているので、地震への恐怖は人一倍強いです。

では東京行きは諦めるのか?

それももったいない話です。

東京に住みつつ地震のリスクを少しでも回避する方法を調べてみました。

リスク回避①埋立地は避ける

レインボーブリッジ

地震のリスクを少しでも減らしたいなら、住む場所の地盤が大事です。

同じ東京都内でも、地域によって地盤の強さは全然違いますよ。

東京都は江戸時代から海岸線の埋め立て事業を行っています。

昔は川や海だった埋め立て地は、どうしても地盤が弱くなりがちです。

では、どこだったら良いのか?

東京都都市整備局 地域危険度マップを見てみると、東京23区内で比較的安全な地域が5つあるようです。

・板橋区
・練馬区
・杉並区
・渋谷区
・目黒区

あくまでも「比較的」であって、絶対安全というわけではありませんのでご注意を。

この他、八王子市、多摩市、町田市あたりは地盤が強い地域と言われています。

これも「比較的」ですが…

地震のリスクを少なくしたいなら、この辺りで住む場所を探してみてはいかがでしょうか。

リスク回避②築年数に注目

住宅街

どんなに地盤がしっかりしていても、建物が貧弱では被害は大きくなります。

建物が強いか弱いかというのは、素人にはなかなか分からないですよね。

大雑把ですが、築年数である程度判断できます。

築年数が古いほど家賃が下がる傾向がありますが、最低限の安全は確保したいですよね。

基準になるのが1981年です。

この年の6月に法改正されて、新しい耐震基準ができています。

この基準ができる前と後では建物の強度が全然違うのです。

阪神大震災では大きな被害が出ましたが、倒壊した建物のほとんどが1981年以前に建てられたものです。

もちろん古い建物でもしっかり耐震化しているものもありますが、基本的には古い建物ほど危険です。

安い家賃の物件を探す場合でも、1981年以前のものは避けましょう。

できれば2000年以降の物件がおすすめです。

というのも、2000年にも木造住宅の耐震基準を大幅に強化する法改正があったからです。

阪神大震災の反省をふまえた法改正ですね。

この基準をしっかり守っている物件なら、首都直下型地震でも耐えられる可能性が高いです。

とはいえ、建物の強度は日頃の維持管理の良し悪しも大きな要素です。

壁のヒビや雨漏りなどを放置している建物は、設計当初よりも弱体化しているかもしれません。

築年数と最低限のメンテナンスをしているか。

物件を探す際に確認しておきましょう。

リスク回避③寝室の家具の配置に気をつける

洋服タンスを黒板シートでリメイク

地盤と建物の話をしましたが、これだけではまだ甘いです。

次に大事なのは家具の配置です。

どんなに建物が頑丈でも、寝室の家具の配置がダメなら危険なんですよ。

阪神大震災のとき、家具に押しつぶされて大怪我をしたり挟まれて身動きがとれない人が続出しました。

家具が出口を塞いでしまう場合もありました。

逃げ遅れて火事に巻き込まれた人が大勢いたのです。

特に重要なのが寝室の家具。

寝ているときは無防備ですから対策は必須ですよ。

・タンスが倒れてこないか

・シャンデリアなど、頭に落ちてきそうなものがないか

・家具が逃げ道を塞がないか

室内の安全を高めることができるのはあなただけですよ。

>>友人の熊本地震体験談はこちら

公共施設の耐震化は進んでいる

不安になるようなことばかり言っていますが、東京都は耐震化施策には熱心です。

駅、商業施設、学校などの建物の耐震化率は高いです。

マンションの建て替えも進んでいるので、街全体の地震への備えは高まってきています。

東京駅

地方では耐震化が進んでいないところもあります。

そう考えると、東京が他の地域に比べて特別に危険とは言えないと思います。

だから安心していいわけではないのですが、耐震化した建物が年々増えているのは心強いですね。

千葉や埼玉なら安全なのか?

「やっぱり地震が怖いから、千葉か埼玉に住んで通勤しようかな」

もしかすると、あなたはそう思っているかもしれません。

ただ、残念なお知らせがあります。

千葉や埼玉なら安全なのか?

答えはNOです。

関東

活断層は千葉にも埼玉にもあります。

そもそも、日本には未だに未知の断層があります。

関東のどこに住んでいても「ここなら絶対揺れない」という場所はないのです。

日本に絶対安全な場所はない

日本は地震の国です。

関東以外でも、どこにいても大規模な地震のリスクは常にあります。

阪神大震災や熊本地震についても、リスクは低いと言われていたのです。

低いと言われていたけど起こってしまった。

あなたが今住んでいる地域に大地震が起こる可能性もあります。

日本に住んでいるなら、どこで地震が起こっても不思議ではないのです。

地震

そう考えると東京に行くのを怖がるのはおかしな話なのかもしれません。

どんな暮らしをしたいのか?

まずはそこから考えるのが大事だと思います。

よく考えた結果、東京に住みたいと思う気持ちが消えないなら本物です。

不安だから辞めるなんてもったいないです。

今は防災マップもあります。

物件情報と照らし合わせれば、リスクを減らすことは可能です。

>>従兄弟が少ない貯金で上京した体験談はこちら

東京に住みたい!上京してから友達作りって皆どうしてる?

上京

以前、私の従兄弟が少ない貯金で上京した話をしました。

(詳しくは「貯金30万円で上京できるか?」参照)

すると、このブログを見てくれた人からこんな質問が届きました。

私も上京したいです。

でも東京には友達がいません。

従兄弟さんは何か友達作りをしましたか?

上京しても仕事と家の往復だけでは辛いですよね。

友達作りはどうすればいいのか、従兄弟に聞いてみました。

従兄弟の意外な友達作り

上京後の友達作り

従兄弟も東京に友達はいませんでした。

そこで目をつけたのが習い事です。

習い事にも色々ありますが、従兄弟が最終的に選んだのは弓道でした。

たまたま弓道の初心者教室の参加者募集を見て、軽い気持ちで申し込んだそうです。

それまで従兄弟は全く弓道経験なし。

私が高校時代から弓道をやっているのを見て興味があったようです。

結果的にはこれが大正解。

弓道は面白いし、初心者教室の期間が終わる頃には友達が3人もできたんですって。

なぜ弓道は友達ができやすい?

東京に上京して友達作り

なぜ弓道で友達ができるのか、イメージしづらいと思うので補足します。

弓道は練習している人同士で教え合う機会がたくさんあります。

先生が生徒に教えるだけではありません。

初心者同士でも、あーだこーだと議論しながら教え合うのが普通なのです。

全く誰とも話さずに弓道をするほうが難しいぐらい。

自然と距離感が縮まるので、気の合う仲間ができやすいのです。

弓道と就活

若い人も多いですよ。

弓道部の高校生や大学生も学校を出て地域の道場で練習することがありますし、社会人になってから始める人もたくさんいます。

もちろんお年寄りも多いですが、年の離れた友達ができるかもしれません。

気さくな人が実は社長だった!なんてこともよくあります。

色々な人が集まるのが弓道の隠れた楽しみです。

友達作りにおすすめの習い事の共通点

習い事で友達を作るのは楽しいです。

ただ、どんな習い事でも良いというわけではありません。

友達作りに重点を置くなら、次の2つを満たすものを探しましょう。

・社会人になってから始める人が多い

・チームプレーや会話が多いもの

初心者が多い競技はおすすめです。

初心者同士で励まし合いながら、自然と気の合う仲間が見つかります。

参加している人とレベル差が激しいと、やっぱり遠慮してしまいますから。

学校の部活でメジャーなスポーツは避けたほうがいいかもしれません。

あとは会話する機会が多いものですね。

一人で黙々と練習するスポーツでは友達作りに不向きです。

例えばゴルフスクール。

ゴルフは基本的にインストラクターと1対1で練習が進むことが多いので、友達作りには不利です。

ゴルフ

ではどんなものがおすすめでしょうか?

3つほどピックアップしてみました。

・スラックライン
・バブルサッカー
・写真教室

スラックラインは綱渡りの現代版。

スラックライン

5人ぐらいのグループで練習することが多いので、参加者同士の交流の機会は多いはず。

技ができるようになるとカッコいいですよ。

バブルサッカーは、大きな風船の中に入ってするサッカー。

サッカー経験がない人でもすぐに楽しめる新感覚スポーツです。

Youtubeに動画があったので貼っておきますね。

最後は写真教室。

SNSの普及で上手に写真を撮る方法が注目されています。

写真教室では同じ被写体を複数の人で撮影し、作品を見せ合います。

自然と話しが弾むので気の合う仲間を見つけやすいです。

写真教室で友達作り

カメラ素人でも初心者教室なら問題なし。

ときには一緒に出かけて、公園でプチ撮影会をすることもあるようですよ。

楽しみながら、いつの間にか友達ができている。

これって理想的な形ですよね。

今回紹介した3つの他にも色々な習い事があります。

初心者向けの体験教室ならお金もかからないし、目についたものを片っ端から試すのもいいかも。

シェアハウスは意外と友達ができない

シェアハウスの上京費用

シェアハウスに住めば自然と友達ができるっていうイメージがありますよね。

ただ、最近はそうでもないようです。

シェアハウスが一般的になってきた結果、家賃の安さ重視で入居する人が増えています。

生活スタイルがバラバラで、全く交流がないシェアハウスも多いんですって。

シェアハウスを否定するわけではありませんが、自動的に友達ができるとは思わないほうが良いでしょう。

少なくとも、明るく挨拶できるのが最低条件。

待ちの姿勢では人懐っこい同居人がいない限り友達はできないですよ。

地元の郷土料理の専門店を探せ

最後にもう一つ友達作りにいい場所を紹介します。

友達作りで穴場となのが、郷土料理専門店。

東京には地方料理のお店がたくさんあるのです。

高知の料理専門店とか、沖縄料理屋さんとか。

飲食店

そういうお店に通っていれば友達ができる可能性があります。

少なくともオシャレなカフェに通うよりは可能性が高いです。

「地元が一緒」という共通点は貴重です。

つながりがあれば仲良くなるのはすぐですよ。

まずはカウンター席に座って、店員さんに挨拶するところから始めましょう。

10回ぐらい通う頃には顔見知りが増えていることでしょう。

不安がまだ解消できない人へ

いかがでしょうか。

友達は自分から動けば必ずできます。

最初は生活で手一杯になるかもしれませんが、焦らなければ大丈夫です。

そう言われても不安はなかなか消えないですよね。

そんな人は、私の従兄弟のように上京サポートサービスを利用してはどうでしょうか。

住まい・仕事探しはもちろん、漠然とした不安も相談できますよ。

詳しくは「貯金30万円で上京できるか?従兄弟の初期費用節約術がすごかった」をご覧ください。

目的もなく上京しても大丈夫?従兄弟がプロに相談して得たものとは

カフェ

先日、当ブログで「貯金30万円で上京できるか?従兄弟の初期費用節約術」を書きました。

すると、同じように悩んでいる人から質問が届くようになりました。

今回は、このような質問です。

「私はアラサーの男です。
今の生活がイヤで上京したいです。

でも、上京して特に何かやりたいことがあるわけではありません。
イベントやコンサートには行きたいですが…

これって無茶ですか?」

目的はハッキリしていないけど、上京して生活してみたい。

気持ちはよく分かります。

従兄弟も目的はなかった

目的もなく上京する。

こういう人って、思っている以上に多いのかもしれません。

そもそも、私の従兄弟もそうでした。

何か夢があったわけではないんです。

従兄弟になんで上京したのか聞いてみたら、こんな答えが返ってきました。

「働いて寝るだけ。

休みの日はスマホをいじるだけ。

そんな生活がイヤになった。」

この気持ち、よく分かります。

このままの生活を続けて、ただ年をとる…そう考えるとすごく不安になるんですよね。

「何か変えたい。だけどどうすれば…」

沈んだ気持ちで考えても答えは見えません。

従兄弟もずっと悩んでいたのですが、上京支援サービスのプロに相談して考え方が変わりました。

従兄弟がプロに相談して得たもの

上京

「貯金30万円で上京できるか?」でも書きましたが、従兄弟はTokyo Diveという支援サービスを利用しました。

でも、登録した時点では100%決断できていなかったんですって。

「目的もなく上京してやっていけるか?」

失敗するイメージばかり膨らんで、なかなか前向きになれない。

そんな状態が変わったのは、担当コーディネーターと具体的な相談をしたのがきっかけでした。

上京理由

漠然とした不安があることを伝えると、担当コーディネーターからこんなアドバイスをもらったのです。

「どんな生活をしたいか、一緒にイメージしてみましょうか。」

転職して上京理由

通勤電車に乗るのは大丈夫?

近くに公園があったほうがいい?

休日はオシャレなカフェでのんびり?イベントで騒ぐ?

美味しいパン屋が近くにあれば、朝食が充実するね

上京してからの生活。

具体的なことを一つ一つ、担当コーディネーターと一緒に想像してみたんですって。

モデル

上京してやりたいことって、人それぞれだと思います。

・カフェ巡りしたい

・コンサートに行きたい

・高層マンションで夜景を見下ろしてみたい

・恋人を見つけたい

「夢」とか「目的」という言葉を使うと、何も思い浮かばないかもしれません。

上京

でももっと小さい、具体的なことならどうでしょう?

したいことが思いつくのではないでしょうか。

「テレビで紹介された店にすぐ行きたい」

こんな希望でも良いと思います。

小さなやりたいことを集めれば、それが「上京する目的」になります。

一人では上手くイメージできなくても、誰かと話すことで気持ちがハッキリするものです。

失敗するってどんな状態?

上京

そもそも、上京して失敗したってどんな状態なのかわかりますか?

・貯金が尽きた

・友達ができなかった

・東京に馴染めなかった

何が失敗なのか、これも人それぞれです。

友達や東京に馴染めるかについては、実際に住んでみないと分かりません。

でも、資金面については就職先さえ確保すれば解決できます。

従兄弟の場合、Tokyo Diveの支援サービスを使うことで住まいと仕事をすぐ確保できました。

収入源をすぐ確保できたので、生活はすぐ安定しました。

生活に余裕ができると、活動的になります。

従兄弟も最初は戸惑っていましたが、今では都会の生活を満喫しているようですよ。

常連になったお店で顔なじみができたり、イベントに通って「同志」ができたり…

上京

外に出かけることで、自然とつながりが増えていく。

それが東京の大きな魅力なのかもしれません。

誰かに相談したくなった人へ

「今の生活にウンザリしている」

「上京したいけど、なんか不安」

あなたの身近に上京経験者はいますか?

じっくり相談できますか?

もし身近にそういう人がいないなら、上京支援のプロに相談してみるのも良いと思います。

人と話すことで、初めて分かることがたくさんあります。
↓↓↓↓
【TokyoDive(トーキョーダイブ)の詳細はこちら】