田舎で休日にやることがないから上京した友人の話【転職って実は簡単】

田舎で休日にやることがないから上京した

最近、私の友人が田舎から東京に引っ越しました。

なんと、引っ越しの理由は「田舎は休みの日にやることがない」こと。

休日が暇すぎて、環境を変えるために転職を決意したのです。

ただし、普通の方法で転職したのではありません。

私が教えた上京支援サービスを使って低リスクで上京することができたのです。

全ての始まりは、私と友人の会話でした。

田舎で土日が暇だった友人と再開

田舎で休日にやることがない

ある日のことです。

10年来の友人と久しぶりに食事をすることになりました。

久々に見た友人は元気そう。

でも話し始めると生活への愚痴がどんどん出てきます。

「最近、面白くない」

「休みの日は寝てるかスマホいじってるだけ」

「田舎は出かけるような場所もない」

仕事と家の往復だけの生活に嫌気がさしている。

そんな話を繰り返すのです。

食事

あまりにひどいので、私はこう言いました。

「東京に引っ越ししたら?」

すると、友人は苦笑しながら否定してきました。

「そんな簡単には行かないだろ。

仕事は簡単に見つからないし、引っ越しには金がかかる。」

どうやら友人は、上京や引っ越しはには高いハードルがあると思い込んで諦めていたようです。

そこで私は、以前このブログで紹介した従兄弟の上京体験談を話しました。

「うちの従兄弟は初期費用ゼロに近い金額で上京したよ。

今は上京支援サービスを使えば、就職先も部屋探しもサポートしてくれるし。」

確かに何もかも自力でやろうとすると大変です。

労力もお金もかかるでしょう。

でも、今は人手不足の時代。

地方から労働力を集めるために、支援サービスが充実してきているのです。

上京支援サービスとは

田舎で休日にやることがないから上京した

上京支援サービスとは何か?

簡単に言うと、上京したい人に家と仕事を無料でご紹介するサービスのことです。

人材派遣会社が主体の場合が多いようですね。

例えば【TokyoDive(トーキョーダイブ)】の場合、専属のコーディネーターがあなたの希望に合う求人情報を集めてくれます。

希望に合う就職先が見つかれば、通いやすい部屋も手配してくれる。

しかも敷金などの初期費用がかからない物件ばかり。

その気になれば当面の生活費とバッグ1つあれば上京することができます。

軽い気持ちで登録した友人

田舎で休日にやることがないから上京

私の話を興味津々だった友人。

その場でスマホを取り出して、さっそく登録してしまいました。

登録した翌日、担当コーディネーターから電話がかかってきたそうです。

挨拶や今後の流れの説明する電話で、5分程度で終わりました。

これで準備完了。

いよいよここから本格的な支援サービスがスタートします。

本来ならTokyoDiveの場合、要望を詳しく聞くための面談があります。

でも友人は直接行くのが難しかったので電話面談を選びました。

事前に履歴書を送って、後日改めて電話面談。

ここで職種の希望や上京の時期などを細かく打ち合わせします。

田舎で休日にやることがない

友人の場合は上京するか迷っている段階でした。

そんな状態でもOKです。

結局友人は何度か電話面談をして説明を聞くうちに「やっぱり上京しよう」と決心。

3ヶ月後には上京することになりました。

最終的な決め手は2つ。

イメージ通りの仕事があった

敷金・家具代などの初期費用がゼロ

就職先を確保した状態で、お金もかからず上京できるのが後押しになったようです。

上京した友人のその後

田舎で休日にやることがない

上京した後の友人はどうなったのか?

仕事は順調で、今では休日もしっかり楽しんでいるようです。

最初は食べ歩きからスタート。

今では美人店員さんがいるカフェの常連になって、友達もいっぱいできたと言っていました。

「こっちは美人が多いぞ」

最近の友人は、これが口癖になっています。

他にもオフ会に参加したり、ライブや演劇に行ったり…最近はなぜかスイーツビュッフェに週1で通っているとも言っていました。

急にリア充になりすぎだ!

でも、そんな友人を見ているとこっちまで嬉しくなってきます。

転職しやすい環境が整っている

休日にやることがないという状態が続くのは、ある意味で怖いです。

私の友人の場合は、リスクを減らして上京することを選択しました。

今では楽しそうです。

環境を変えて退屈な生活から脱出する。

行動できるって素敵なことですね。

【TokyoDive(トーキョーダイブ)の詳細はこちら】

地元が嫌いで出たい人へ!上京支援サービスで転職は簡単だ

あなたは「地元が嫌いだから出たいけど、出られない」という状態ではありませんか?

貯金が少ない

仕事を見つける自信がない

出たくても出られない理由は色々ありますが、上の2つが理由ならすぐ解決できますよ。

今、東京は働き手が足りていません。

そのため地方の人に上京してもらうための「上京支援サービス」が充実してきているのです。

上京支援サービスとは

上京支援サービスで就職

「TokyoDive(トーキョーダイブ)」を例として説明いたします。

上京支援サービスとは、仕事探しと部屋探しを手伝ってくれるサービスのこと。

TokyoDiveのように人材派遣会社が行なっている場合が多いです。

ほぼお任せ状態で、就活や部屋探しの面倒な事を代行してくれる…というイメージですね。

大まかな流れはこうです。

①登録する

②担当コーディネーターから連絡が来る

③あなたの希望を伝える

④希望に合う求人情報を手配してくれる

⑤就職先決定

⑥住まいに近い部屋も手配してくれる

⑦引越し&仕事開始

支援サービスなら、就職活動がすごく簡単になります。

何社も無駄な面接を受ける必要がなくなるし、上京する前に就職先を確保することが可能です。

部屋探しも楽ですよ。

通勤しやすい部屋を手配してくれるから、ほとんどお任せ状態です。

しかも引越し関係の初期費用が限りなくゼロに近くなるというオマケ付き。

(詳細は後ほど説明)

登録してもすぐ引っ越す必要なし。

場合によっては1年後とか2年後のために利用する人もいるそうです。

仕事を確保するから貯金は少しで良い

TokyoDiveなどの支援サービスの長所は、何と言っても就職先を確保した状態で上京できること。

収入源があれば、お金は給料日までの生活費だけ考えればOK。

かなり楽に新生活をスタートできます。

何もかも自分だけで上京しようと思うと、就職活動するだけでも交通費や宿泊費がかかります。

就職活動だけで10万円以上飛ぶこともあるのです。

苦労してお金だけ浪費する…

これではなかなか地元から出られません。

もし仕事を決める前に上京すれば、貯金を浪費するだけの生活に突入です。

何ヶ月も持つでしょうか。

さらに言うと、お金が必要なのは就職活動だけではないですよね。

引っ越し関係の初期費用も必要です。

でも大丈夫。

支援サービスを使えば小さくできますよ。

上京費用を限りなくゼロに近づける

TokyoDiveを使えば、引っ越しに必要な初期費用を限りなくゼロにできます。

というのも、TokyoDiveが紹介しれくれる物件は「敷金」「礼金」「仲介手数料」などの初期費用が無料のものばかり。

しかも家具・家電付き。

普通なら必要なお金がかからないので、大幅な節約が可能です。

自力で引っ越そうと思うと、敷金や礼金だけでも10万円~30万円必要です。

家具代や生活費も考えると60万円ぐらいかかるでしょうか。

大金ですよね。

初期費用の負担が小さくなれば、上京するのは簡単。

身軽に上京できるのは支援サービスの大きな強みです。

隠れた良い求人との出会い

職歴なしで上京して就職

今、東京は人手不足。

地元から出たい人にとっては、有利な条件で就職できる可能性が高まっています。

TokyoDiveなどの支援サービスを利用すると、求人情報はたくさんあります。

田舎にはない仕事もいっぱいありますよ。

自分だけでは見つけられないような、掘り出し物の求人情報に出会うチャンスが多いです。

コーディネーターの説明を聞いてるだけで、ワクワクしてくるような仕事も見つかるでしょう。

行動しないと自己嫌悪が強まる

地元が嫌い。

どこか別のところで生活したい。

この気持ちは、放置するとどんどん大きくなります。

決して小さくなりません。

行動を先延ばしにすればするほど「このままで良いのかな…」という不安が増していくのです。

私の知り合いにも、ズルズルと地元に残って後悔している人が何人もいます。

行動しない自分に自己嫌悪になっていく人も多いです。

地元から出るためのハードルは、意外と小さい。

大事なのは一歩踏み出すこと。

これをきっかけに、考えてみませんか。

後悔しないために

いかがでしょうか。

地元から出たいという気持ちは、放置しても無くなりません。

行動しなかった後悔は、一生モノです。

10年後に「あのとき行動してれば…」なんて言うのは悲しすぎます。

支援サービスへの登録は、大きな一歩。

きっと新しい生活につながりますよ。

【TokyoDiveの詳細はこちらから】

梅田の無料でゆっくりできる場所を4つ紹介!すいてる穴場はここだ

梅田の無料でゆっくりできる場所

梅田はどこに行っても人が多い。

うんざりしているあなたに、朗報です。

梅田にも無料でゆっくりできて、すいてる場所はあるんです。

今回は、そんな穴場を4つ紹介。

これで中途半端に時間が空いても大丈夫!

“梅田の無料でゆっくりできる場所を4つ紹介!すいてる穴場はここだ” の続きを読む

田舎住みでライブに行けない人へ!東京に引っ越すのは意外と簡単

田舎でライブに行けない人へ

田舎在住で辛いのが、ライブの遠征費用ですよね。

交通費や宿泊費を貯めるのは大変。

ライブに行きたくても行けないことがよくあります。

「東京に住んでる人はいいなあ…」

羨ましいと思っているけど、実際に東京に引っ越すのは無理だと諦めていませんか?

調べもせずに諦めるのは、もったいない!

今は東京での職探し・家の確保を助けてくれるサービスがあるんですよ。

もし少ない貯金でも東京生活をスタートさせることができるとしたら、あなたはどうしますか?

東京移住のハードルは下がっている

何もかも自分の力だけで上京しようと思うと、3つの大きな壁があります。

・引っ越しの初期費用

・収入が入るまでの生活費

・就活

まずはお金。

支援サービスを利用しない場合、引っ越しの初期費用は家賃・不動産仲介手数料・敷金だけでも30万円ぐらいかかります。

家具や当面の生活費を考えれば60万円ぐらい必要でしょう。

なかなか痛い出費です。

引っ越しだけでも大変ですが、就職先を見つけるのはもっと大変です。

すぐに内定が出なければ、何度も東京に通わなければなりません。

交通費だけでも、あっという間に10万円以上かかってしまうでしょう。

就活だけで財布が空っぽになったら、ライブどころではないですよね。

ところが支援サービスを使えば、こんな苦労をする必要はありません。

例えばTokyo Diveの場合、就職先の確保だけでなく初期費用ゼロで住める部屋の手配までしてくれます。

当面の生活費さえあれば上京できるのです。

Tokyo Diveの仕組み

上京

上京支援サービスってどんな内容なの?

ここから先はTokyo Diveを例にして解説したいと思います。

Tokyo Diveは人材派遣会社が運営している支援サービスです。

利用者登録をすると、担当コーディネーターから電話がかかってきます。

挨拶と、あなたの希望を確認するためです。

例えば今すぐ上京したいのか、来年までに上京したいのかで必要な情報が変わりますよね。

仕事も何でも良いわけではありません。

事務職、接客業…どんな仕事を希望するのかで必要な情報が違います。

何度かコーディネーターとやり取りしながら、希望を絞り込んでいく。

就職先や家の手配が完了したら、上京!…という流れです。

何社も面接を受ける必要なし。

就職活動の苦労は最小限に、新生活をスタートできます。

東京に何度も通わなくても新生活の準備ができる。

これは大きなメリットです。

ちなみに、Tokyo Diveが用意してくれる部屋はレオパレスやシェアハウスです。

敷金などの初期費用ゼロで家賃が安い物件を手配してくれます。

勤務地から通いやすい部屋を探してくれるので、土地勘がなくてもスムーズに引っ越すことができます。

従兄弟はTokyo Diveですぐ上京した

上京

実は私の従兄弟もTokyo Diveを利用して上京しました。

当時の貯金は30万円ぐらいでしたが、全く問題なし。

あっという間に上京に成功したので驚きました。

色々な企業の面接を受けなくても就職先を確保できたから、面接に落ち続けて凹むこともない。

こんな身軽な方法もあったんですね。

従兄弟の経緯については「貯金30万円で上京できるか?」をご覧ください。

趣味で住む場所を決める

田舎暮らしでライブに行けないなら東京に引っ越そう

いかがでしょうか。

東京に住むためのハードルは、確実に低くなっています。

昔なら勤務地に合わせて住む場所を選んでいましたが、今は違います。

趣味で住む場所を決めるという人がいっぱいいるのです。

いい時代になったなあ。

憧れの東京!仕事と住居を同時提供TokyoDive

職歴なしニートも上京して就職できる!支援サービスを使いこなそう

職歴なし・ニートでも上京して就職できる

昨日、当ブログの読者からメッセージが届きました。

「職歴なしのニートでも上京して就職できました!」

なんとこの方は、当ブログの「従兄弟の上京の初期費用節約術がすごかった」という記事を読んで、上京支援サービスの存在を知って行動を起こしたのです。

こんなブログでもお役に立てて光栄です。

まだまだ知らない人も多いので、改めて現在増加中の上京支援サービスについて紹介します。

ニートが上京するときの最大の壁って?

上京支援サービスとは

職歴なし・ニートでも上京して就職できる

上京支援サービスとは、東京での就職先・新居の確保を手助けしてくれるサービスのことです。

資金に余裕がない地方の人でも、ササッと上京できるので利用者が増えています。

私の従兄弟は【TokyoDive(トーキョーダイブ)】というサービスを利用しました。

TokyoDiveの場合、登録後に専属のコーディネーターがつきます。

コーディネーターと二人三脚で希望にあった求人情報を見つけて、就職まで手助けしてくれます。

ニートでも上京して就職したい

従兄弟の場合、すぐに就職が見つかったし家は初期費用ゼロ。

ほとんどお金を使わずに上京することができたと自慢していましたよ。

上京支援サービスにも色々ありますが、人材派遣会社が運営していることが多いです。

人材派遣会社なら企業の内部事情に詳しいので、求人情報を見るだけでは分からない実態を知ることもできます。

ニートが上京するときの最大の壁

職歴なしのニートが自分の力だけで上京したいと思ったとき、最大の壁になるのは何だと思いますか。

面接で不利になる?

それも問題ですが、もっと大きな壁があるのです。

答えは「時間と金の壁」です。

貯金が少ない人が上京するためのタイムリミットは1ヶ月。

1ヶ月以内に就職先を確保できなければ、資金が尽きて身動きがとれなくなってしまいます。

普通に1人だけで就活すると、面接を受けるだけでもお金がかかります。

交通費はもちろん、食事も宿泊費も必要でしょう。

苦労して就職できても、すぐに給料は入りません。

タイミングによっては、最初の給料日が入社日から1ヶ月後ということもありえます。

就活で1ヶ月、給料日まで1ヶ月。

こうなると2ヶ月間は出費だけが続くことになります。

ましてや、職歴なしのニートは就活では不利になりがち。

時間をかけていいなら自力で就活もできますが、短期決戦で就職先を確保して引っ越すのは厳しいです。

職歴なしで上京して就職

でも大丈夫。

今は良い時代です。

支援サービスを使えば就活の時間をグッと短縮できます。

上京の初期費用を極限まで小さくできるので、余計なお金を使うことがありません。

上京する前に就活と移住準備ができる

ニートが地方から県外に就職

上京支援サービスが嬉しいのは、地元で準備を進められる点です。

就職先はコーディネーターとやり取りしながら絞り込めるし、住まいは仕事と一緒に案内してくれます。

自分だけで就活するなら、何度も東京に足を運ぶ必要があります。

上手に面接のスケジュールを組んだとしても、内定がでなければ交通費や宿泊費は膨らむばかり。

慣れない土地で家を探すのも大変だし、なにより敷金・礼金などの初期費用が痛すぎる。

ニートが就職のために上京

従兄弟が使ったTokyoDiveなら、シェアハウスやレオパレスなどの初期費用ゼロの家を紹介してくれます。

支援サービスの利用者が拡大している理由は、苦労を全部すっ飛ばして上京できる点にあるのでしょう。

コーディネーターという応援団

職歴なしニートが上京

TokyoDiveなどの上京支援サービスを利用すると、登録後にコーディネーター(採用案内人)と電話や面談で会話をすることになります。

会話が苦手だと思う人もいるでしょう。

でも、いきなり面接官と会話するよりもマシだと思いませんか?

コーディネーターはあなたの応援団です。

あなたの希望に沿った上京を手助けしてくれる味方であって、怖い敵ではありません。

上京支援サービスで就職

電話や面談も、あなたの希望を実現するための手順。

むしろどんどん不安を吐き出して、心配事を減らしてから上京したほうが最終的に楽になります。

相手は就職市場のプロなので職歴なし・ニートにも慣れっこです。

支援サービスが急増している理由とは

なぜこんな便利なサービスがあるのか、疑問に思った人もいると思います。

答えは簡単。

それだけ東京では人手不足が深刻だということなのです。

企業によっては黒字なのに、人手が確保できなくて廃業に追い込まれる場合もあります。

もったいない話ですよね。

地方から上京したい人にとっては、優良な職場を確保するチャンス。

職歴なしでも活躍できる職場はたくさんあります。

1人で就活する時代は終わった

いかがでしょうか。

現在では、東京の人手不足のおかげで支援サービスが充実しています。

昔なら自力で就職先を調べたり家を探すしかなかったのに、今は無料でプロにサポートしてもらえる。

便利になったなあ…としみじみ思います。

まだ決心できない人もいるでしょう。

それならなおさら、登録だけでもしてみるといいですよ。

登録しても上京するタイミングはあなたの自由ですし、コーディネーターに相談すれば必要な情報を集めてくれます。

プロの手を借りるのも立派な選択。

一人で迷って行動できないまま過ごすのはもったいないです。

気になる人のために、リンクを貼っておきますね。

憧れの東京!仕事と住居を同時提供TokyoDive

東京就職が難しいのは昔の話!支援サービスで楽に上京

東京就職は難しいなんて昔の話

地方から出て東京で就職するのは難しい…なんて話は、すでに過去のものです。

なぜなら、上京支援サービスがあるから。

私の従兄弟も利用した1人。

支援サービスがなければ、上京できなかったかもしれません。

まだご存知でない方も多いので、詳しい内容について紹介したいと思います。

就活のコストは減らせる

東京で就職するのは難しくない

地方から東京に就職しようと思ったとき、一番難しいのが就活です。

面接を受けるために東京に行くだけでお金がかかります。

複数の会社を受けるなら宿泊費も必要です。

すぐ就職先が決まればいいですが、落ちたら何度も地元と東京を往復することになります。

就職先を見つけるだけで何十万円もかかることも…

これって、壮大なムダ使いだと思いませんか?

ところが上京支援サービスを使えば、こんな苦労をしなくてOKです。

私の従兄弟はTokyo Diveというサービスを使って、地元にいながら就職先や家を確保。

何の不安もなく上京することができました。

登録して希望の求人情報をチェックしたら、あとは担当コーディネーターがお世話してくれます。

東京就職を助けてくれる担当コーディネーター

やりたいことがハッキリしていない人は、あなたに合う業界を紹介してくれることもあります。

全部自分で調べて、各企業に応募するより楽ですね。

入社前に会社の実情を知る方法がある

東京就職は会社の実情が分かってから

会社って、働き始めるまで不安が大きいですよね。

ブラック企業だったらどうしよう…とか、心配になってしまいます。

上京支援サービスを使うと、ある程度は事前に会社の実情が分かりますよ。

Tokyo Diveの場合は、登録すると「担当コーディネーター」が求人内容や企業について説明してくれます。

職場の雰囲気

他の会社と比べて待遇はどうか

仕事の詳しい中身

このような、外からでは分かりにくい情報も詳しく教えてくれます。

上京理由

これが一番ありがたいかもしれません。

会社に入ってから後悔することが減るし、新生活のイメージが湧いてきます。

単に求人情報を紹介して終わりではない。

支えてくれる人がいると思うと、心強いですね。

Tokyo Diveが会社の実情に詳しい理由

なぜTokyo Diveは会社の実情に詳しいのか?

理由は簡単。

Tokyo Diveの運営会社・株式会社アプリの本業が、人材派遣サービスだからです。

常に人と職場をつなぐ事業をやってきた会社なので、業界事情などにも詳しい。

だからこそ、上京支援サービスができるというわけです。

今の東京は人材不足。

今までのように求人情報を紹介するだけでは人が集まりません。

東京で働く人を確保するために、上京支援もセットで行う。

これも時代の流れなのかもしれませんね。

自力で上京は損な時代

上京支援サービスで就職

いかがでしょうか。

現在は、上京・転職もプロにサポートしてもらえる時代です。

昔のように何もかも自力で準備する必要なし。

余計な面倒ごとはプロに任せて、スムーズに新生活を始められる…良い時代になったなと思います。

上京支援サービスに興味がある人のために、Tokyo Dive公式サイトのリンクを貼っておきますね。

東京に住んで東京で働く!【TokyoDive】

従兄弟が上京した体験談については「貯金30万円で上京できるか?従兄弟の初期費用節約術」をご覧ください。

今住んでる場所に飽きた人へ!最小資金で上京した従兄弟の話

今住んでいる場所に飽きた

「今住んでる場所に飽きた」

「生活を変えたい」

同じ場所、同じ仕事の繰り返し…

何だか気分が落ち込むことがありますよね。

確かに引っ越すと生活が変わります。

私の従兄弟も地元では退屈そうでしたが、上京してから楽しそうです。

ところが実際に引っ越そうと思うと、お金や仕事の問題がありますよね。

でも、その問題は意外とすぐ解決できるんですよ。

今回は、従兄弟が少ない貯金で無理なく上京した方法についてお伝えしたいと思います。

“今住んでる場所に飽きた人へ!最小資金で上京した従兄弟の話” の続きを読む