リップクリームを顔に塗るとどうなる?使って分かった意外な欠点

スポンサーリンク

最近、肌の乾燥を感じることが多くなりました。

そんなある日、ふと思ったんです。

「リップクリームで保湿すれば、安いし塗りやすそう」

ただ、あまりリップクリームを顔に塗ってる人を見たことがありません。

顔に塗っても大丈夫なのか、調査しました。

顔に塗っても大丈夫?

まず結論から言います。

リップクリームを顔に塗っても大丈夫です。

そもそも、唇は皮膚の中でも特にデリケートな部分。

粘膜も近いので、ほっぺたよりも刺激には敏感です。

唇に塗っても大丈夫なら、顔に塗っても問題は起こりません。

リップクリームを顔に塗る

私も実際に試してみましたが、特に肌が荒れるようなことはありませんでした。

ただし、私が顔に使うのはこれが最初で最後だと思います。

理由は後ほどお話します。

リップクリームの主成分

そもそもリップクリームって何でできているんでしょう?

リップクリーム

調査してみると、1番多いのはワセリン。

他にはラノリン、メントール、ショウノウ、ミツロウなどもよく使われています。

みんな、リップクリーム以外のスキンケア用品でも使われる成分です。

顔に塗って大丈夫なのも納得ですね。

試して分かった意外な欠点

手軽で肌に優しいのに、なんでみんなやらないの?」

勘の良い人は、こう思うかもしれません。

あなたはどう思いますか?

実際に試してみるまで、私にも理由が分かりませんでした。

ところが試してみると、すぐ欠点が分かりました。

・粘り気が強すぎる

・顔に塗るのに時間がかかる

・目元に塗るとスースーする

・ベタつきが異常

とにかく1番驚いたのが、リップクリームの減る量が想像以上に多いこと。

私の場合は、一回で1/3ぐらいの量を使いました。

私の顔が大きすぎるのか…

リップクリーム

もし毎日リップクリームで保湿するなら、家に10本ぐらいストックしないと無理そう。

ちょっとコスパが悪いですね。

リップクリームにお金をかけるより、顔用の良い保湿クリームを買ったほうがいい気がします。

お金

さらに問題なのが使い心地。

顔に塗ろうとするとリップの粘り気が気になります。

スーッと広がらないので、広い範囲は塗りにくいです。

顔全体に塗ろうとすると、時間がかかります。

そして、ベタつき具合が半端じゃない!

顔中がベタベタになるから、違和感がすごいんです。

確かに保湿はできそう。

でも、ちょっと過剰すぎる気がしました。

コスパや使い心地を考えると、顔全体の保湿用には不向きです。

全体の保湿は顔用の保湿剤。

特に乾燥しやすい部分だけリップクリームを塗る。

こういう使い方が1番良いと思いました。

まとめ

リップクリームは顔に塗っても問題ありません。

でも、消費量が激しいこと。

塗った後のベタつき。

この2点を考えると、毎日使う気にはなれませんでした。

リップクリームは、狭い範囲の保湿用に使うのが1番。

こめかみとか、あなたの乾燥しやすい部分だけ使いましょう。

最後に一つお知らせ。

最近試してみたのですが「ヴァーチェ マルラオイル」は良かったですよ。

つけ心地は軽いのに、しっかり保湿してくれました。

何より肌にスーッと馴染みます。

リップクリームで必死に保湿するのがバカらしくなりました…

詳細は「ヴァーチェ マルラオイルを使ってみた感想」をご覧ください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA