インパチェンスの花言葉の由来は?強い個性ってなんだ

インパチェンスの花言葉

インパチェンスと言うと、色鮮やかで美しい花のイメージがありますよね。

インパチェンスの花言葉を調べると「鮮やかな人」「強い個性」なんですって。

鮮やかな人というのは、花の美しさからイメージされた言葉。

これは納得できます。

では「強い個性」ってなんでしょうか?

確かに美しい花ですが、個性ならヒマワリのほうが上な気がします。

チューリップだって、他の花に比べると個性が強いですよね。

なぜ強い個性が花言葉になったのか。

どんな意味が込められているのでしょう?

調べると、インパチェンス本来の魅力が由来であることが分かりました。

野生のインパチェンスが由来だった

インパチェンス

インパチェンスの強い個性の由来とは?

詳しく調べてみると、インパチェンスの野生の姿が由来になっているようです。

YouTubeで見つけたこちらの動画をご覧ください。

野生のインパチェンスを撮影したものです。

インパチェンスは日当たりの良い涼しい場所で育てると美しい花を咲かせます。

日陰にも強いです。

日本の夏は暑すぎるので、庭に植えるなら日陰のほうが育ちやすいイメージのある花ですね。

本来はこの動画のように、高原に咲く花です。

厳しい風雨にも負けず、花を咲かせることができるのです。

寒さや悪天候にも負けず、花畑を作ることができるインパチェンス。

繁殖力も高く、条件さえ整えばどんどん増えていきます。

日当たりが悪い、大きな木が生い茂った場所で繁殖することもありますよ。

悪条件でも花を咲かせる姿は、インパチェンスらしいですね。

インパチェンス

このたくましさ。

そして美しさ。

この2つが揃うインパチェンスを見ると「強い個性」という花言葉に違和感はなくなります。

少しぐらいの逆境でもめげない。

そして美しい。

インパチェンスに魅力を感じる人が多いのも納得です。

他にも「個性的」が花言葉の花はある?

花言葉に個性的という意味がある花。

インパチェンス以外にもありました。

例えばバンダという花。

バンダ

ランの仲間で、とても個性的な花を咲かせます。

大きくて美しい花を咲かせるのですが、寒さに弱いので日本ではあまり普及していません。

17℃を下回ると、弱ってしまいます。

もう一つ、個性的という花言葉を持つ花があります。

アメリカデイゴです。

アメリカデイゴ

鮮やかな赤い花が個性的ですね。

木に咲く花で、こちらも寒さに弱いのが特徴です。

個人で栽培するには冬の対策が大変。

美しい花なのですが、育てるのには手間がかかります。

気がつけば増殖することもある

インパチェンスは本来、高地で繁殖する花です。

インパチェンス

そのため、日本の夏は暑すぎるようですね。

放置しておけば勝手に増殖するインパチェンスですが、日本の南向きの庭では増殖しにくいと思います。

少し日当たりが悪い北側の庭やフェンス際などは、気がつけばインパチェンスだらけになることも…

繁殖力の高さは、どくだみといい勝負です。

どくだみとインパチェンスはどっちが強い?

白い追憶の由来

日陰に強い花といえば、どくだみですよね。

私の庭の北側で、どくだみとインパチェンスを両方植えてみました。

結果は、どくだみの圧勝です。

どくだみと懐かしさ

地下茎が伸びてしまうと、さすがのインパチェンスも分が悪いみたいです。

ほったらかしだったので、夏場の暑さで弱ってしまったのも一因かもしれません。

どくだみ対策にインパチェンスを植えるなら、マメにお世話する必要があると思います。

私はどくだみも好きなんですけどね。

どくだみの花言葉も、とってもロマンチックなんですよ。

>>どくだみの花言葉の白い追憶とは

カーネーションの花言葉は黄色だけ変!軽蔑や嫉妬になった由来とは

黄色のカーネーション

母の日に贈るカーネーション。

花言葉は色によって多少違いますが、基本的には愛情を意味します。

ところが、一つだけ仲間はずれがあるんです。

黄色のカーネーションの花言葉は…

・軽蔑

・嫉妬

・愛情のゆらぎ

・友情

・美

友情や美は分かります。

でも、軽蔑・嫉妬・愛情のゆらぎって!

なぜ黄色だけこんなに悪い花言葉なのか。

気になったので調査しました。

中世ヨーロッパ:黄色は裏切り者の色

黄色のカーネーション

なぜ黄色が悪いイメージなのか?

どうやら、次の2つの出来事が決定的な要因になったようです。

・裏切り者「ユダ」の服の色

・中世ヨーロッパの異端への弾圧

まず一つ目は、キリストの使徒、ユダ。

彼はキリストを裏切ったことで有名ですが、多くの絵画で黄色の衣を着せられています。

黄色=ユダ=裏切り者

キリスト教文化圏では、このイメージが定着していきました。

2つ目は、中世ヨーロッパ。

ルイ9世が統治していた時代。

彼は、徹底的に異端者への弾圧を行ったことで有名です。

その際、ユダヤ教徒を差別するための目印として黄色の服を強制したのです。

黄色=異端

中世ヨーロッパでは、黄色へのマイナスイメージが確固たるものに変わっていきました。

もっと昔を見てみるとキツネが原因!?

ここで、好奇心旺盛な人はこんな疑問が浮かぶと思います。

「そもそも、なんでユダは黄色の服で描かれることが多いの?」

これには諸説あります。

最も有力な説は、富の象徴の色だったから。

古代ヨーロッパで黄色と言えば「太陽」「金」「栄光」の象徴です。

それが長い時間の中で、こんな風に変わったんです。

「金」「栄光」

栄光を掴むには、裏切りは必然

黄色=裏切り・ウソ

人間の欲深さを体現する色に変わってしまったんですね。

お金持ち

さらに、もう一つ有力な説が古いフランス語の「fauve(フォーブ)」という言葉。

この言葉は黄褐色という意味です。

ただ、同時に「裏切り」という意味も持っていました。

黄褐色=狡猾なキツネの色

キツネ=裏切り

キツネ

黄色は富の象徴であり、狡猾さの象徴。

昔からのドロドロとしたイメージが、今でも続いていると考えるとゾッとしますね。

他の黄色の花でも悪いイメージ

黄色の悪いイメージ。

カーネーションだけではありません。

・黄色のチューリップ「望みのない恋」

・黄色のユリ「偽り」

昔からヨーロッパの人々に親しまれている花ほど、悪いイメージが多いようです。

Yellowという言葉は今でもネガティブなイメージ

Yellowという言葉自体にも、悪いイメージがついて回るようです。

例えば映画「バックトゥーザフューチャー」。

この作中でも、腰抜けという意味で「Yellow」が使われています。

怖がり

臆病者・腰抜けを意味する言葉としては「chicken」のほうが有名ですが、Yellowにもそんな意味があるのです。

日本なら気にしないでOK

いかがでしょうか。

キリスト教文化圏の影響で、黄色には悪いイメージがついて回ります。

「黄色のカーネーションはプレゼントしないほうがいいか」

そう思った人もいるかもしれません。

カーネーション

ただ、日本人が日本人にプレゼントするなら気にしないでも大丈夫です。

国が変われば、花言葉も変わります。

黄色のカーネーションには「美」や「友情」という花言葉もあるのです。

感謝の気持ちを込めていることが伝えること。

大事なのは知識よりも、真心です。

ごぼうの花言葉の由来【何故いじめないでなのか】

ごぼうの花言葉の由来

ごぼうの花言葉って面白いですよね。

「いじめないで」

「触らないで」

「しつこくせがむ」

「用心」

どうしてこのような花言葉なのか調べてみました。

いじめないで・触らないで・用心の由来

まず、ごぼうで有名な花言葉が

「いじめないで」や「私に触らないで」です。

これは見た目が由来です。

ごぼうのつぼみや花は棘だらけ。

とても触れそうにありません。

ごぼうの花言葉の由来

他者を寄せ付けないということで

「用心」も見た目が由来と言われています。

「しつこくせがむ」の由来は?

ごぼうの花言葉の中で一つだけニュアンスが違うのが

「しつこくせがむ」

他の花言葉は他者を拒否しているのに、

この言葉だけは違います。

これも花や実のとげが由来です。

よく雑草が多いところを歩くと「ひっつきむし」がついていませんか?

実は「ひっつきむし」と言われるものの多くが

ごぼうの仲間(キク科)です。

野生のごぼうの実も、あちこちに群生しているんですよ。

いつの間にか服にくっついて、

なかなかとれないですよね。

まさに「しつこくせがむ」という言葉がピッタリです。

ごぼうは暮らしを豊かにした

ごぼうは食べるだけ。

そんな風に思っている人は大間違い。

ごぼうは、私達の暮らしを豊かにしてくれた恩人なんですよ。

「ごぼうの花や実はくっつきやすい」

この原理を応用して作られたのがマジックテープなんです。

もしごぼうが身近になかったら、

世の中にマジックテープは生まれていなかったかもしれません。

そうなると物流の現場では大量のダンボールを固定できないし、

スポーツ選手は重りを体に固定するのに苦労します。

宇宙飛行士が寝るときにもマジックテープは使われているので、

人類の宇宙進出も遅れていたかも!?

ごぼうは実はすごいんです。

このことを知ってから、ごぼうが好きになりました。

ドクダミの花言葉の由来もロマンチックですが、

ごぼうも奥が深いです。

 
認知症の不安に高純度「プラズマローゲン」サプリメント

 

白い追憶の由来とは【どくだみの花言葉はドラマティック】

白い追憶の由来

どくだみと言うと、

どこにでも生えてくる雑草…

体に良い薬草…

臭い…

こんなイメージが一般的です。

どくだみの花言葉を調べると

「白い追憶」なんですって。

なぜ白い追憶なのか。どんな意味が込められているのでしょう?

調べると、3つの由来があることが分かりました。

短歌や俳句で故郷を思い出す題材になっていた

白は花の色というのは分かります。

では、追憶とは?

過ぎ去ったことに思いをはせることです。

実はどくだみは、

昔から日本人にとっては懐かしさを感じさせる象徴でもあったんです。

例えば、北原白秋はこんな短歌を残しています。

「どくだみの花のにほひを思うとき 青みて迫る君がまなざし」

斎藤茂吉の

「道のべにどくだみの花かすかにて咲きあることをわれは忘れず」も有名です。

日本でどくだみは雑草扱いされるほど

どこにでも生えています。

例え故郷を遠く離れていても、

どくだみは生えている。

どくだみを見ると、

昔の懐かしい記憶や故郷を自然と思い出せたのでしょう。

例えば小学校のころを思い出してみると、

校舎のそばにどくだみが生えていませんでしたか?

どくだみと懐かしさ

現代の私たちにとっても、

どくだみは懐かしさを感じさせてくれます。

子ども時代を連想させる薬草

どくだみは十薬という別名があるほど、

様々な薬効があることで知られています。

現在ほど薬が簡単に手に入らなかった時代は、

どくだみを傷薬として塗ったり、

お腹の調子が悪い時には煎じて飲んでいました。

子どもの頃に親に手当てしてもらった思い出。

風邪をひいたときに看病してもらったこと。

どくだみと懐かしい記憶

忘れていた記憶が蘇ってくる。

どくだみは、日本人の生活に密着していました。

匂いは思い出を蘇らせる

ヨーロッパなどでは、

ハーブは思い出を強めるものとされています。

独特の香りが記憶をハッキリさせてくれると

古くから信じられていました。

どくだみの独特な臭いも、

かつての記憶を呼び覚ますきっかけになります。

俳句や短歌でどくだみを詠むとき、

今でも臭いと結びつけて表現することが多いようです。

どこにでも生えていて

時には邪魔者扱いされることもあります。

それでも心のどこかで親しみを持っている。

過ぎ去った過去に思いを馳せるきっかけとして、

これほどの適役は他にないですね。

 



 

トケイソウの花言葉の由来【なぜ聖なる愛や信仰?】<キリスト教との関係>

トケイソウ

トケイソウの花言葉は、「聖なる愛」「信仰」「宗教的情熱」とされています。

この花言葉には、キリスト教との深い関係があるのです。

どういうことなのでしょう。

スペインの宣教師が中南米にキリスト教を布教するときに発見

1569年にペルーで発見されたトケイソウ。

この花を見てスペインの宣教師たちはイエスの受難と結びつけて

布教のシンボルとします。

トケイソウ

花の子房柱は十字架、3つに分裂した雌しべが釘、

副冠は茨の冠、まわりの花弁は10人の使徒、

巻きひげはムチ、葉は槍をあらわしていると言われました。

キリスト教徒ではない人から見ると、

かなり強引なこじつけのように感じますよね。

しかし、これには宣教師たちが世界中に布教するときの

知られざるノウハウが関係しているんです。

なぜトケイソウとキリスト教を結びつけたのか

世界各地で布教活動をしていた宣教師たち。

国が違えば文化も宗教も言葉も違う。

そんな中で、キリスト教を根付かせていくのは

並大抵ではありません。

宣教師たちは、まず各地の風習や文化に溶け込むことから開始します。

日本では着物を着たり、お寺や神社に参拝する、

日本の名前を名乗る宣教師もいました。

また、庶民の暮らしを支援する取り組みを通じて

民衆の信頼を勝ち取っていったのです。

キリスト像

日本のように仏像や経典を読む文化がある地域では、

マリア像がそのまま布教のシンボルとして使えますが、

偶像崇拝が風習としてない地域では

マリア像などはあまり有効ではありませんでした。

そういった地域では、地域の山、水、花などを

布教する際のシンボルとして利用することが行われていたんです。

中南米では、トケイソウがそのシンボルに選ばれ、

布教を進めていったのです。

>>「顔にカビが生えた結果大変なことに!」の記事を見る

 

アガパンサスはなぜ愛の花?由来は?【ギリシア神話に驚きの内容が!?】

アガパンサス

アガパンサスはギリシア語で

「アガペ(愛)」と「アントス(花)」の

2つの言葉を組み合わせたものとして知られています。

花言葉も恋の訪れ、愛の便りなど、ロマンチックですね。

ところで、なぜギリシア語で「愛の花」と名付けられたのでしょう?

ギリシア神話が由来

ギリシア語で愛の花と呼ばれるのは、

ギリシア神話で語られる逸話が由来なんです。

ギリシャ神話では、このような話があります。

イリス(英語名アイリス:虹の女神)は、

ゼウス(全知全能の主神)に求愛されて困っていました。

そこでイリスはゼウスの妻であり、

心から尊敬し、お仕えしていたヘラ(最高位の女神)に

「どこか遠くに行きたい」と相談します。

ヘラはイリスを助けるために、

七色に輝く首飾りをイリスの首にかけ、

神酒をふりかけました。

イリス

すると、イリスは虹の姿となり、

自由に空を翔けることができるようになりました。

このとき地上にこぼれた酒の雫から、

アガパンサスの花が咲いたと言われています。

しかし、このとき咲いた花については、

世界各地で語り継がれるうちに

あやめの花(アイリス)が咲いたという風に変遷していきます。

あやめの花

現在では、この神話の逸話はあやめの花の由来として

知る人が多いのですが、

古代ギリシアではアガパンサスを指していました。

愛は一方通行だった

アガペーは日本語に訳すと「無償の愛」とされています。

とても尊い気持ちのように思うのですが、

古代ギリシアのニュアンスでは「神の愛」としたほうが

正確なようです。

そしてこの「神の愛」、結構一方通行なものなんです。

主神のゼウスは何度も浮気を繰り返していますし、

浮気されて復讐に走る女神もいたり、

「神の愛」は結構激しく描写されていました。

キリスト教の考え方が広まってからは、

「無償の愛」のニュアンスが強くなってきたのですが、

初めはそうではなかったということがおもしろいですね。

 
>>顔にカビが生えることがあるってご存知ですか?

ネムノキの花言葉の由来【なぜ歓喜や夢想なのか】

ネムノキの花

ネムノキは、

梅雨頃に美しい花を咲かせ、

見るものを楽しませてくれます。

そんなネムノキの花言葉は

「歓喜」「夢想」「安らぎ」です。

なぜ、このような花言葉がつけられているのでしょうか?

夢想・安らぎはネムノキの姿が由来

夜のネムノキの葉

ネムノキの葉は、

夜になると閉じて垂れ下がり眠っているように見えます。

花言葉の夢想や安らぎは、この姿が由来となっています。

歓喜の由来は中国の伝説

花言葉の歓喜については、中国の伝説が由来だと言われています。

その昔、常日頃から不機嫌がちな夫に

妻や子どもは悩まされてきたそうです。

家族

あるとき、ネムの花を入れたお酒を振る舞うと

これまでの不機嫌がウソのように機嫌が良くなり、

家族みんなが喜んで仲良く暮らすことができたといいます。

古くから日本人に親しまれてきた

ネムノキ

ネムノキは夜に葉と葉が閉じている様子が

夫婦が仲良く寝ている姿に例えられ、

夫婦円満や家族の仲睦まじい様子の象徴として

世界各地の詩や民謡で登場しています。

古くから日本人に親しまれ、

万葉集にも、ネムノキが登場します。

「昼は咲き 夜は恋ひ寝(ぬ)る 合歓(ねぶ)の花

       君のみ見めや 戯奴(わけ)さへに見よ」 
                巻8の1461 紀 郎女

この歌では、ネムノキが恋心を象徴する言葉として

情緒豊かに表現されています。

現在でも、ネムノキは俳句で夏の季語として使われ、

日本人の生活に寄り添い続けています。

 
>>顔にカビが生えて大変なことになった人が増えている!?

タチアオイの花言葉の由来【なぜ大志、大望、野心、高貴なのか】

タチアオイ

毎年初夏になると美しい姿をみせてくれるタチアオイ。

そんなタチアオイの花言葉は

「大志」「野心」「大望」「高貴」「豊かな実り」です。

タチアオイの可憐な姿からは想像できない、

仰々しい花言葉が並んでいますね。

今回は、タチアオイの花言葉の由来についてまとめました。

タチアオイの花言葉の由来と十字軍

タチアオイが世界的に広まったの

12世紀ごろ、聖地エルサレム奪還のために行われた

十字軍が関係していると言われています。

十字軍の画像

当時の十字軍によって持ち帰られたタチアオイは、

見た目がゼニアオイに似ていたため「聖地のゼニアオイ」という意味で、

「Holly(聖なる)hock(ゼニアオイ)」と呼ばれるようになりました。

ゼニアオイ
ゼニアオイの花の画像

ヨーロッパのキリスト教の国々にとって

聖地奪還は大いなる使命であり、

権力者たちの悲願でした。

このような時代背景から「大望」「野心」がイメージされ、

聖地の花であることから「高貴」という花言葉が加えられました。

花言葉の由来は姿かたちも関係あり

タチアオイの花言葉は歴史的な背景に加え、

咲く姿や実のなる姿からも連想されたと言われています。

タチアオイの実

タチアオイの花が散った後はたくさんの実がなり、

実の中にはたくさんの種が入っています。

「大志」がやがて「豊かな実り」になる。

力強い花言葉が定着していったのです。

 
>>顔にダニがウジャウジャいるって知ってますか?

ササユリの花言葉の由来【なぜ清浄や上品や純潔なのか】

ササユリ

ササユリは白や淡いピンク色の花を咲かせます。

花言葉は「清浄」「上品」「純潔」。

見た目にも清浄で上品なササユリなんですが、

花言葉に由来があるのか調べてみました。

花言葉の由来はキリスト教

ササユリの花言葉の由来は、キリスト教にありました。

聖書には何度か白いユリが登場していて、

新約聖書「マタイによる福音書」では

「ソロモンの栄華もユリに如かず」という一節があります。

この一節は、人間の作り上げたものは

神の創造物(自然)には及ばないことを表現しているものです。

また、白いユリが聖母マリアに捧げられた花であることから

純潔のシンボルとされます。

聖母マリアが描かれた絵画でも、

白いユリが象徴として描かれる場合が多いです。

さらに、天使ガブリエルはユリの花をたずさえて描かれることが多いです。

これはガブリエルがマリアに受胎告知を行った天使であり、

白いユリで純潔を表現しているためなのです。

受胎告知の絵画

たとえばこちらの絵画でも、

大天使ガブリエルと聖母マリアの中央に

白いユリの花が置かれています。

凛とした佇まいのササユリは、

歴史的にも古くから我々人間とともに

寄り添って生きてきた花なんですね。

ササユリは数が減っている

かつてササユリは野山に行けば

自生している姿を見かけることが多かったのですが、

環境に敏感な植生であるため、

近年は野山でも珍しい花となりました。

各地でササユリの保護活動を行っている団体が増えていて、

次世代にササユリを残すために奮闘しています。

ササユリは見た目の儚さと同様に非常に繊細な花です。

これからもその美しさを楽しむためにも

自然を大切にしていきたいですね。

 
>>顔にカビが生える人が急増中って本当?

ガクアジサイの花言葉の由来【なぜ謙虚なのか】

ガクアジサイの画像

雨の中でしっとりと咲く日本原産のガクアジサイ(額紫陽花)。

一般的にイメージするホンアジサイの原種で、

ホンアジサイと比べると花の咲き方が違います。

ガクアジサイの花言葉はなぜ謙虚なのか?

ガクアジサイの花言葉は「謙虚」です。

なぜ、花言葉が謙虚なのか。

調べてみたところ、由来については2つの説がありました。

①自生していた場所が由来

ガクアジサイが自生するのは、

関東地方、中部地方、伊豆諸島、小笠原諸島などの暖地の海岸の斜面や、

高台の森の奥地などです。

自生するガクアジサイ

人目にあまりつかない場所で、

ひっそりと咲いていることが多いことから謙虚が花言葉となったと言われています。

自生するガクアジサイ

伊豆東海岸に自生するあじさいの写真を集めた動画がありました。

②花の姿が由来

2つ目の説は、ホンアジサイとの対比から付けられたというもの。

ガクアジサイは本来の花の部分「両性花」のまわりに、装飾花が少しだけついています。

ガクアジサイの画像

一方、品種改良を重ねたホンアジサイは、

ガクアジサイの中心部分も全て装飾花になっていて、

手まりのような一つの大きな花に見えます。

ホンアジサイ

ホンアジサイと比べ、ガクアジサイの控えめに咲く様子から

謙虚という花言葉が付けられたと考えられています。

お寺にアジサイが多い理由

日本では、お寺の周辺にアジサイを見かけることが多いですね。

これは、まだ医療が発達していなかったころの習慣の名残なんです。

当時は梅雨の季節は寒暖の差が激しく、

病に倒れあの世に旅立つ人が多かったそうです。

残された人たちは慰霊のために

寺の近くにアジサイを手向けました。

お寺のまわりのアジサイには、

昔の人たちの愛情が込められているんですね。