1月2月の弓道は早気に注意!その理由と初期症状の見極め方とは

1月2月の弓道は早気に注意

1月・2月は早気になったり、重症化したりするリスクが一番高い時期です。

今は軽度な早気でも油断は禁物。

対応が遅れれば一気に「鼻割発射」の仲間入りです。

その理由と対策について紹介します。

“1月2月の弓道は早気に注意!その理由と初期症状の見極め方とは” の続きを読む

スポンサーリンク

鼻割りを解決したい!弓道を諦める前の最終手段を紹介

弓道で鼻割りを克服したい

私のブログでは弓道関係の話をよくします。

今日は切実な質問が届きました。

「私は重度の早気で、常に鼻割りです。

試合になると、下手すれば目割りかもしれません。

どうにかならないでしょうか。」

以前もお話しましたが、何を隠そう、私も昔は早気でした。

それも重度の早気です。

ピーク時には、鼻まで下ろすだけで精一杯。

何をどうすればいいのか分からず、毎日がパニック状態だったのを覚えています。

今回は鼻割りをどうやって克服したらいいのか、私の経験をもとにお話したいと思います。

“鼻割りを解決したい!弓道を諦める前の最終手段を紹介” の続きを読む

スポンサーリンク







クリッカーで弓道の早気は治るのか?

クリッカーと早気

早気をどう克服するか。

弓道に携わる人の永遠の課題かもしれません。

私もひどい早気に悩みながら、なんとか克服したという過去があります。

先日、こんなご質問をいただきました。

「アーチェリーのクリッカーを使って早気を治したという話を聞いたことがあります。

本当に治ると思いますか?」

アーチェリーの最大の発明品とも言われるクリッカー。

これで早気が治るのか。

実はわたしは試したことがあります。

そのときの体験談をお話します。

“クリッカーで弓道の早気は治るのか?” の続きを読む

早気はなぜいけないのか【ダメな理由を経験談からお話します】

このブログを見てくださった方から、こんな質問が届きました。

そもそも早気はどうしてダメなのですか?

このご質問をいただいた時、私はとても懐かしい気持ちになりました。

私も、同じことを思ったことがあったからです。

そして私は早気に身を任せ…大変な思いをしました。

今回は、ダメな理由を掘り下げたいと思います。

“早気はなぜいけないのか【ダメな理由を経験談からお話します】” の続きを読む

弓道の昇段審査と早気の話【初段・弐段を合格した体験談】

弓道の昇段審査

弓道で試合の次にビッグイベントなのが昇段審査ですねえ。

早気にとっては試合以上に厄介です。

今回は合格する方法というよりも、私の過去の体験談になります。

不安と戦っている人を少しでも勇気づけられたらいいな…と思って書きました。

“弓道の昇段審査と早気の話【初段・弐段を合格した体験談】” の続きを読む

早気のまま試合で中てる【応急処置篇】

的

今までは早気を改善する方法を紹介していました。

今回は「早気のままで」試合で活躍する方法をご紹介します。

こんなことを言うと怒られそうですが、試合が今週あるのに「早気を直せ」と言われても無理です。

弓道の矢所

私の経験から言うと、早気を直すには最低4ヶ月かかります。

高校生や大学生の部活で弓道をしている人は、試合に出られないし引退までに間に合わない人も出てくるでしょう。

早気なりに、早気の戦い方があります。

早気が試合で中らない理由

的

そもそも早気がなぜ試合になると中らないのか。

理由は簡単。

試合になると早気レベルが上がるからです^^;

弓道

いつも会が1秒ならゼロ秒。

普段からゼロ秒なら、口割りまでおりないこともあります。

試合のとき、本能は離れようとするのに理性では練習中のタイミングで離れようとします。

本能と理性でタイミングのズレが起きて、離れがこわばって不自然な形になってしまいます。

逆に言うと、本能と理性のズレをなくせば、練習中と同じくらい中たるということです。

口割りまでおりる人

的

試合でも、口割りまでは下ろせる。

でも、会がゼロ秒という人。

この人は、早気の中でも十分に戦えます。

このレベルの人は、鼻まで引き分けたときから会のつもりで引けば問題ありません。

鼻までおろした時点で会のつもりで狙いを定め、いつ離れてもいいように準備をします。

離れは、本能に全てを任せましょう。

手先の力みをなくせば、むしろ練習中よりも美しい矢飛びになります(経験者談)

口割りまでおりない人は

的

さて問題は、口割りまでおりない人。

私も一番ひどいときは、口割りまでおりませんでした。

早気を克服した今でも、あの時の辛さを忘れることはありません。

この段階ではまともな射ができないことが多い。

それでも次の試合だけは中てたいと言うのなら…

方法がないわけではありません。

弓道

この段階の人は、口割りではなく「鼻割り」までおろして、離れることを考えましょう。

目までおろした時からすでに会のつもりで、心の準備をします。

そして、鼻までおろしたら本能に任せましょう。

私の経験上、鼻までおろせば狙いを定めることは可能です。

目の高さでは無理です。

なぜこんなことが言えるかと言うと、私が実際に試したからです(笑)

私の早気が一番ひどかった時期は、鼻までおろすのが限界。

それでも、試合で8割的中したこともありました。

物見

そして、鼻までおりなくなった時、私の的中率はゼロまで落ちたのです…

そこから、早気を克服するまで4ヶ月かかりました。

詳しくはこちらの記事で書きましたが、離れずに戻す練習を4ヶ月徹底して続けた結果、早気を克服できたんです。

毎日弓を引くのに離れない日々は辛かったですが、会をもって中ったときの感動は、初あたり以上だったのを覚えています。

応急処置は1度きりの諸刃の剣

早気が試合で戦うためには、いつもよりも早めに準備をして離れのタイミングは本能に任せる。

決して会を持とうとか、口割りまでおろそうなんて考えません。

弓道をしている女性

でも、こんなことをすればどうなるか…

早気の人なら分かりますよね。

早気は悪化します。

行くところまで行ってしまえば、早気と真正面から向き合うしかありません。

今回のお話は、あくまで次の試合1度きりの応急処置です。

早気を最終的に克服するには、こちらの記事で書いた練習を繰り返すしかありません。

早気を克服するなら、中途半端が一番ダメ。

口割りまでおりない人でも、4ヶ月あれば直ります。

この4ヶ月、離れをしない練習を徹底できるかどうかが、早気を克服する唯一の方法だと思います。

弓道をやめたいと思ったら【辛い状態脱出体験談】

物見

弓道を続けていると、憂鬱になることがあります。

「練習すればするほど中らない。」

「自分は誰よりも練習しているのに…」

「適当にやっているアイツに負けるなんておかしい!」

「早気のせいでまともに射つことも難しい…」

こんな悔しい思いをすることがありますよね。

私もそうでした。

今このブログを見ている人は、そんな辛さを味わっている人だと思います。

でも、本当はやめたいんじゃなくて、早気を治したり、中たるようなって楽しく弓道をしたいんです。

今回は、そんな人の参考になるか分かりませんが、私の体験談をお話したいと思います。

“弓道をやめたいと思ったら【辛い状態脱出体験談】” の続きを読む

会を持つと中らないは誤解【ブレを落ち着かせて的中率アップ】

弓道

弓道をしていると一番奥が深くて謎なのが会ですよね。

私は弓道を始めてから3年目くらいまでは早気だったので、「会を持つとあたらなくなる気がする」とずっと思ってました。

でもそれは、会の具体的な役割を理解していなかったからなのです。

会を持つとどんなメリットがあるのか?

具体例を解説したいと思います。

“会を持つと中らないは誤解【ブレを落ち着かせて的中率アップ】” の続きを読む

弓道の狙いと早気について

弓道

「あて射に走ると早気になってしまう」という言葉。

確かに早気はあたるようになった頃に

ひょっこり症状がでる人が多いです。

でも、私はずっと不思議だったんです。

私も生粋の早気ですけど、

「あたらなくていいから会を持とう」と常に思って練習してきました。

一射一射丁寧に、一射入魂でやってきたんです。

でも、実際には早気になりました。

あてにいっていないのになぜ早気になるのか。

実は精神論ではなく、技術的な原因があったんです。

“弓道の狙いと早気について” の続きを読む

弓道の早気の治し方【私の克服体験談】<原因はイップス>

弓道

弓道が上達してくると悪さをしてくる早気。

会が持てないだけでなく、口割までおろすことができなくなると大変です。

私は高校生のときに重度の早気になりました。

1年生の冬には会が1秒位になり、2年生の夏ごろには口割までおろすのが難しくなったのです。

そんな私の早気克服までの半年間の体験談をお話します。

“弓道の早気の治し方【私の克服体験談】<原因はイップス>” の続きを読む