白色ワセリンで顔がかゆい人へ【応急処置でかゆみを止めよう】

白色ワセリンで顔がかゆい

「白色ワセリンを塗ったら、かゆみが悪化した」

肌に優しいはずのワセリンなのに、塗ると余計に痒いなんて変ですよね。

詳しく調べてみると、その原因が分かってきましたのでお話します。

熱とタイミングがカギ

白色ワセリンに副作用はほとんどないと言われます。

それなのに、どうしてかゆいのか?

ワセリン

原因を探ると、大きく分けて2つあることが分かりました。

①肌に熱がこもる

②ワセリンを塗る前に水分量が減っている

両方が原因である場合もあります。

どちらのタイプでも、簡単な応急処置でかゆみを抑えることができますよ。

熱がこもる人の応急処置

白色ワセリンは、皮膚の表面に薄い膜を作って外からの刺激や乾燥を防ぐもの。

守ってくれる反面、余計な熱が逃げにくくなります。

顔に熱がこもる

人は皮膚の温度が上がると刺激に敏感になります。

そのため、かゆみを強く感じることがあるのです。

応急処置でおすすめなのは、濡れタオルを使う方法。

ワセリンを塗った後、濡れタオルで顔を冷やすだけです。

タオルを塗らず場合は、常温の水道水で大丈夫。

キンキンに冷えた水を使う必要はありません。

顔を冷やすのは必ずワセリンを塗ってからにしましょう。

肌の水分量が減ってしまうと、冷やすのを辞めた途端にかゆくなります。

お風呂上がりでモタモタするとNG

ワセリンを塗る前に肌の水分量が減っている場合もかゆくなります。

特にお風呂上がりに塗る場合は注意が必要です。

お風呂上がりにすぐ保湿をしなければ、肌の水分量は入浴前より下がることがあるのです。

髪をドライヤーで乾かしてからワセリンを塗っていませんか?

もしかすると、その間に肌の乾燥が進んでいるかも。

お風呂上がりと乾燥肌

お風呂から出ると体から蒸気が出ますよね。

肌についたお湯が蒸発しているのですが、肌の水分も一緒に持っていかれるんです。

15分で入浴前の水分量まで減ります。

30分後には入浴前より20%も水分が少なくなるそうです。

健康な肌の人でこの状態です。

あなたが乾燥肌体質なら、もっと早く水分量は下がるでしょう。

髪を乾かすのに時間がかかる人は、お風呂場でワセリンを塗っちゃいましょう。

いつも顔が赤い人は別の方法がおすすめ

あなたは普段から顔が赤いorほてりを感じやすくありませんか?

実は私の同僚で、スキンケア方法を変えてから肌の調子が見違えるほど改善した人がいます。

もしかすると、あなたも同僚と同じタイプかもしれません。

詳細は「酒さは脱保湿で乾燥肌対策」をご覧ください。

冬の自転車で膝がかゆくなるのはなぜ?寒冷蕁麻疹

無灯火運転

冬に自転車に乗るのって大変ですよね。

寒いだけならマシなのですが、かゆくなりませんか?

特に膝とか、足元がかゆくなることがあります。

これには理由があったのです。

急激な温度変化で起きる寒冷蕁麻疹(じんましん)

寒冷蕁麻疹という言葉を聞いたことがありますか?

寒冷蕁麻疹とは、皮膚が急に冷やされると起こる蕁麻疹のことです。

・ところどころ赤く膨れた部分ができる

・皮膚が全体的に赤くなる

・強いかゆみが発生する

寒冷蕁麻疹

冬に自転車に乗っていてかゆみや赤みが出た場合は、寒冷蕁麻疹の可能性が高いです。

寒冷蕁麻疹になりやすいのは、痩せ体型の人、冷え性の人、乾燥肌の人です。

寒冷蕁麻疹は冬以外でもなることがあります。

特に自転車に乗っていると、風で皮膚の温度が急激に下がるのでリスクが高まります。

寒冷蕁麻疹の原因と体の仕組み

そもそも「急に冷えるとなぜ蕁麻疹が出るの?」

不思議ですよね。

私たちの皮膚が急激に冷やされると、皮膚の下の血管近くにある肥満細胞が刺激されます。

肥満細胞は免疫に関係が深い細胞です。

(太るのとは関係ありません。働くときに膨らむ様子が肥満に似ているのが由来)

肥満細胞が刺激を受けるとヒスタミンという化学物質を放出します。

ヒスタミンは外敵を外に追い出すための化学物質です。

鼻なら鼻水やくしゃみを引き起こします。

皮膚でヒスタミンが放出されると、血管が拡張します。

血管が拡張することで血液中の成分が皮膚に漏れ出すので、部分的に赤く盛り上がります。

なぜこのようなことを働きをするのか?

これも免疫細胞が戦いやすい場を作るためです。

腸内細菌

外敵が侵入した部分を膨らませて空間を作って、駆けつけた免疫細胞が闘うスペースを広げます。

免疫細胞が戦うということは、炎症が起こるということ。

かゆみが強くなってしまうのはこのためです。

寒冷蕁麻疹は、温度変化を外敵の攻撃と誤解した結果起こる症状です。

かゆみがひどくて何度も起こる場合は、病院で抗ヒスタミン薬を処方してもらいましょう。

寒冷蕁麻疹としもやけの違い

急に冷えるとかゆくなる症状といえば、しもやけですよね。

しもやけと寒冷蕁麻疹、似ていますが全く別のものです。

しもやけは温度低下で血行不良が起こった状態です。

赤いぶつぶつなどはできず、全体的に赤く腫れます。

しもやけ

主に血行不良が起きやすい指先や耳、鼻先などに発生します。

しもやけの場合は温めてもすぐには回復しないことが多く、血行がよくなるまで症状が続きます。

自転車で寒冷蕁麻疹を予防する方法

自転車に乗っている人は、風をどう防ぐかが重要です。

顔や上半身は防寒対策をしている人が多いのですが、下半身は油断しがちです。

ズボンの上から履けるウインドブレーカーパンツなどで対策しましょう。

自転車のかゆみ対策にウインドブレーカーパンツ

膝にタオルやサポーターを巻くだけでも、応急処置にはなります。

温度変化をできる限り緩やかにするのが1番の予防法です。

乾燥肌対策も忘れずに

寒さでかゆみを感じやすい人は乾燥肌の傾向が強いです。

乾燥肌になると、肌の表面のバリア機能が低下して雑菌や刺激に弱くなります。

特にデスクワークの人は、仕事中はエアコンの効いた部屋にいますよね。

暖房が効いた部屋は乾燥しやすいだけでなく、エアコンから飛んでくるカビがかゆみを引き起こすこともあります。

「大人ニキビだと思っていたら、実は顔カビが原因だった」ということもよくあります。

顔カビがつくとどうなるのか?

気になる人は「顔カビと顔ダニの症状の違い」をご覧ください。

厨房の仕事で顔がかゆい!顔カビが原因って本当か

厨房の仕事と顔のかゆみ

厨房でのお仕事って、

思った以上に重労働ですよねえ。

暑いし、蒸れるし

まさに目が回るほどの忙しさです。

厨房で働いている人に多いのが、

顔がかゆくなったり、

肌が荒れるというお悩みです。

顔にもカビが生えるって本当?

厨房は気温や湿度が高めです。

この状態で長い間働いていると、

顔にカビが生えることがあるんですよ。

嘘だと思いますか?

実はカビって、

身近なところにたくさんいるのです。

自然界のあらゆる場所にいるので、

当然、あなたの職場にも存在します。

例えば水虫も白癬菌というカビの一種が原因です。

爪水虫は削ると悪化する

靴の中は蒸れやすいので、

高温多湿を好むカビにとっては天国。

厨房の高温多湿の環境で、

常に汗をかいているあなたの顔も

カビにとっては楽園に見えています。

厨房の中は靴の中ぐらい蒸れる

お客様から大量に注文が入るピーク時には、

厨房の室温が上がり、

湿度が80%を超えていることがよくあります。

厨房と顔のかゆみ

湿度80%以上の環境は、

ちょうど汗をかいた靴の中と同じような状態です。

顔のかゆみを防ぐためには、

顔に付着したカビを繁殖させない

外敵に強いお肌を作る必要があります。

カビだけでなく顔ダニが原因の人もいる

厨房で働いている人には、

さらに悪いニュースがあります。

厨房では大量に汗をかきますよね。

そうすると、

汗だけでなく皮脂もたくさん分泌されます。

この皮脂を好んでいるのが顔ダニです。

顔ダニ

顔ダニは誰のお肌にも存在するのですが、

異常発生すると

かゆみやニキビの原因になってしまいます。

顔カビと顔ダニの見分け方と対処方法

顔カビと顔ダニ。

どちらが原因でもかゆみや肌荒れが起こります。

症状が似ているのですが、

ある程度見分けることができます。

さらには、両方に対して

同時に予防する方法もあります。

詳細については

「顔カビと顔ダニの症状の違い」をご覧ください。

仕事中に顔がかゆい【ストレス以外の職場に潜む原因とは】

デスクワークをしていると、

無性に顔がかゆくなる場合があります。

家では大丈夫なのに、

職場では必ずかゆくなる。

「ストレスかな…」と思うのは間違い。

職場にはかゆみを誘発する原因がたくさん潜んでいます。

職場は乾燥地獄だった

真っ先に疑うべきなのは、乾燥です。

乾燥

特にデスクワーク中心の職場では、

オフィスが乾燥していることがよくあります。

特に全館空調を採用しているオフィスは、

冷暖房の効率を高めるために

空気が常に流れるように設計されています。

オフィスの湿度は40%~50%ぐらいが最適とされていますが、

30%を切っているオフィスがかなり多いです。

湿らせたタオルをハンガーに吊るすだけでも

湿度が上がるのでおすすめです。

タオルは目立つなら、

湿らせたハンカチをデスクに置くだけでも違います。

夏でもしっかり顔の保湿をしておくと完璧です。

同僚のペット

同僚が犬や猫を飼っていて、

あなたがアレルギーを持っていると

かゆくなる場合があります。

犬

猫や犬の毛は細かいので、

目には見えなくても同僚の服についている場合が多いです。

この場合も保湿クリームを顔に塗ることで

ある程度対策することができます。

職場の乾燥対策も兼ねて、きっちり塗っておきましょう。

結露や空調のカビが原因の場合もある

あなたのオフィスは、

しっかり換気しているでしょうか?

窓は結露していませんか?

観葉植物に水をやり過ぎていませんか?

職場のエアコン、いつ掃除しましたか?

心当たりがある場合、

空気中にカビがウヨウヨいる可能性があります。

腸内細菌

窓を開けられないオフィスでは

全館空調で空気を循環しています。

循環している空気にカビがいっぱいいたら…

想像しただけでかゆくなります。

放っておくと「顔カビ」といって、

顔全体がカビに反応して炎症を起こす場合があります。

顔カビ

詳しくは「顔カビと顔ダニの症状の違い」でお話していますが、

換気していない部屋ではどこでも可能性があります。

これはオフィスだけではなく、

家でも同じことです。

しっかり保湿してもかゆいなら、

顔カビの症状が出始めているかもしれません。

対策方法について気になる方は、

顔カビと顔ダニの症状の違い」をご覧ください。

 

すねが日焼け止めでかゆくなる人へ【夏を素足で過ごす方法】

去年の日焼け跡が消えない理由

夏になると素足を出す機会が増えます。

日焼け止めを塗って外出すると

足のすね周辺がかゆくなる。

これには意外な原因があったんです。

日焼け止めが合わないは誤解?

日焼け止めって色んな商品がありますよね。

その膨大な中から、

一生懸命に自分に合う日焼け止めを探していると思います。

でも「何を使ってもかゆくなる」人いませんか?

実は日焼け止めが合わないというよりも、

私達のお肌のコンディションに問題があるんです。

よく聞く「紫外線吸収剤」や「ノンケミカル(紫外線散乱剤)」

吸収剤は紫外線を熱エネルギーに変えて放出するもの。

散乱剤は反射するものですよね。

日焼け止め

一般論では、

吸収剤は肌に浸透するし、熱で乾燥するので肌によくない。

散乱剤は肌の表面で反射させるから体に優しい。

この理屈は正しいのですが、

かゆみという点では誤解があります。

実は、どちらの日焼け止めを使ってもかゆくなります

日光が当たるとお肌の表面が熱くなり、

肌の水分が逃げやすくなるからです。

散乱剤を使っても、日光が熱を持っているので同じこと。

根本的にかゆみを抑えるなら、

紫外線対策と乾燥肌対策を同時にするしかないんです。

すねは特に乾燥しやすい

体の中でも、すねはお肌が乾燥しやすい部分です。

日傘などでカバーしても足元は日に当たりやすいので、

お肌の表面温度が上がりやすい。

アスファルトの照り返しの熱も、すねに届きます。

さらには、足を動かす時の風で汗が蒸発しやすいので、

乾燥が進みやすくなるのです。

乾燥と紫外線を同時に防ぐ方法は?

紫外線対策と肌の乾燥対策を同時にするには、

保湿クリームを塗ってから日焼け止めを塗るのが一般的。

でも、塗り直すたびに行う必要があるので、

外出先ではできないですよね。

おすすめは、美容液と日焼け止めが1つになったものを使うことです。

例えばポーラのホワイティシモ

SPF50・PA++++で美容液たっぷり、かゆみに強いです。

おでこがカサカサして痛い【皮膚が硬い場合は3ステップで自分で治せる】

おでこがカサカサして痛い

おでこがカサカサして痛いなあ…

私もよく悩んでました。

乾燥肌対策はしても、油断するとすぐに皮膚がカサカサして硬くなってくる。

実は、乾燥肌対策の前にすべきことを見落としてるから、効果がでないんです。

カサカサして硬い皮膚は炎症を起こしてる

かゆい・痛く感じる皮膚って、触ると他の場所と感触が違いますよねえ。

カサカサ、ゴワゴワして硬いです。

おでこがカサカサして痛い

これは、皮膚が生まれ変わるときに角質層が完成する前に、

表面の皮膚が乾燥してボロボロ剥がれてしまっているから。

でも、だからっていきなり乾燥肌対策してもうまくいきません。

このときの皮膚は、炎症が起こっている状態です。

紫外線や乾燥、ウイルスなどへの抵抗力が弱っていて戦っている状態。

触って明らかに皮膚が硬い場合は、乾燥肌対策ではなく炎症を鎮める必要があります。

まずは、薬局などで湿疹用のクリームを使います。

湿疹用と書いてあれば消炎作用があるのでよく効きます。

私の場合は、手湿疹用のクリームを使いました。

湿疹用のクリーム

皮膚の内部の炎症を改善しないまま保湿だけしても、乾燥肌は治らないので要注意です。

炎症が治ると皮膚が薄く柔らかくなる

炎症が治ると、見た目は綺麗になります。

ただ、この状態では触ると皮膚が薄く、柔らかく感じると思います。

炎症が治まったばかりの皮膚は、生まれたての赤ちゃんみたいな状態。

まだ外からの刺激に対する抵抗力も低いし、保湿力も低いままです。

見た目が綺麗になったから一安心…なんて思ってると、すぐにぶり返します。

ここからが乾燥肌対策の本番です。

弱った角質層が回復するまで、最低一週間は徹底的に補ってあげる必要があります。

市販のスキンケアで保湿するよりも、ワセリンをべったり塗るほうがこの時期は良いです。

物理的に空気に肌が触れないようにして、がっちりガードします。

私の場合は、アロエ軟膏をべったり塗りました。

アロエ軟膏

「ちょっと多いかな?」というぐらい塗ってあげます。

アロエ軟膏にはワセリンが入っているので、物理的に外からの刺激を防いでくれます。

何度も言いますが、炎症が治まったばかりの皮膚はすごく弱いです。

ケガの治療中のようなつもりで、保護します。

炎症が治まって一週間後から通常のスキンケア

炎症を改善して、ワセリン入りのアロエ軟膏で徹底的に保護した。

この状態で一週間ほど経過したら、ようやく通常のスキンケア用品を使い始めます。

スキンケア用品ってクレンジングから保湿クリームまで色々ありますよね。

皮膚がカサカサして硬くなった人は角質層の保湿力が弱いので、

クレンジングから角質層のうるおいを重視しているものを選ぶのが大事です。

例えば、ポーラの【モイスティシモ】などは、クレンジングから保湿のことを考えているので、肌がカサカサして硬くなりやすい人とは相性がいいと思います。

クレンジング直後に電話がかかってきても、最低限の保湿はできてるので焦らずに済みます(笑)

私の場合は、たまたま安い2週間トライアルセットを見つけたので使ってみたんです。

合わなければアロエ軟膏をベタベタ塗る作戦に戻ろうって思って試してみたんですが、

今ではこればっかり使うようになっちゃいました^^;

 
2週間トライアルセット 商品を詳しくみる

 

こめかみが乾燥してかゆい【肌荒れに保湿専門スキンケアでは効果なし!?】

助けを求める女性

11月に入って、急に寒くなってきました。

だんだん空気が乾燥してきましたねえ。

この季節になると気になるのがお肌の乾燥。

私の場合は、まずこめかみが乾燥してかゆくなり始めます。

>>私のこめかみの乾燥との戦いの記録はこちら

毎年こめかみがかゆくなり、赤くなってきたら皮膚科で炎症を抑える薬をもらうの繰り返し。

でも、ついにそんな状況から抜け出せたんです♪

何故こめかみから痒くなる?

こめかみが乾燥して、赤く腫れてしまう人って結構多いんです。

それもそのはず、こめかみ周辺の皮膚は他の部分よりも薄いうえに、目の開け閉めで動きます。

手で触ったりして刺激を受けやすいのも原因です。

保湿専門のスキンケアでは効果なし

肌荒れ対策って保湿が基本ですよね。

だから私も保湿効果が高いスキンケアを片っ端から試したんです。

それこそ、100を超えるぐらい試しました。

でも、こめかみのかゆみ・乾燥対策としてはイマイチでした。

ほっぺたは綺麗になるのに…。

「もしかして、こめかみの乾燥って普通の肌荒れじゃないの?

保湿だけでは効果が薄い理由

肌荒れ対策は保湿が基本と言われるのは何故なのか。

まず私はここから調べました。

すると「外からの雑菌などへの免疫力を最大限に発揮するために」保湿が必要なんですって。

逆に言うと、保湿は肌を守るステージを整えてるだけ。

外的に対する免疫力が下がったままでは、いくらお肌が潤っていても、かゆみや炎症が起こってしまうということです。

お肌には善玉菌という防衛隊がいた!

「肌の免疫力を上げる」

簡単に言いますが、どうすればいいか分からないですよね。

肌の防御機能を上げる方法を詳しく調べているうちに、肌に住む善玉菌の存在を知りました。

美肌菌

私達のお肌は、自分の免疫力だけで守っているのではありません。

どんな綺麗なお肌の人にも表面には常在菌という菌が生息しています。

常在菌にはお肌を健康に保ってくれる善玉菌と、悪さをする悪玉菌の2種類がいるんです。

菌のイラスト

人の肌は、免疫力と善玉菌の働きを利用して健康を保っています。

すぐにかゆくなったり、ニキビができる人はお肌表面の善玉菌が弱っていることが多いんです。

善玉菌が活躍できる環境を整えてあげれば、雑菌などの侵入に強くなる。

お肌の再生がスムーズになるから乾燥にも強くなります。

お肌の善玉菌を増やしてこめかみを守るには?

お肌の善玉菌はぜひ増やしておきたいです。

方法を調べてみると、規則正しい生活とか、適度な運動…よく見かける項目が並びます(笑)

でも、私が知りたいのはそうじゃない。

こめかみが赤くなり始めるのは、残業・寝不足が続いた時。

不規則な生活の中でできる予防法が必要なんです。

不規則な生活の中でもできる対策を調べているうちに、【整菌スキンケアのヒューマンフローラ】を見つけました。

ヒューマンフローラの特徴は2つ。

・保湿

・お肌の善玉菌を増やす

肌のケアをしつつ、肌の善玉菌を増やしてくれます。

結果的には、これを使い始めて効果てきめん。

こめかみがかゆくならなくなったんです。

お肌の善玉菌を増やすなら肌断食でいいのでは?

スキンケアに関心が高い人なら「肌断食」が良いって聞いたことがあると思います。

肌断食のコンセプトも、化粧品やスキンケア用品を使わずにお肌本来の免疫力や善玉菌の活動を活発にすることです。

ところが、この肌断食は大失敗のリスクが付きまといます。

まず、肌断食の大前提として規則正しい生活をする必要があるんです。

それなのに、残業続きで寝不足になったり、運動不足が続いたら…

お肌はボロボロ、自分史上最高どころか、自分史上最悪の状態になります。

実際に私は、ひどい目に会いました。

もう二度としたくありません。

規則正しい生活が難しい状況で、お肌の状態を良くしたい。

こういう人には、善玉菌を増やすスキンケア用品を上手く使うのが一番賢くて簡単な方法だと思います。

【整菌スキンケアの詳細はこちら】