人の車に乗ると酔う人へ!原因と予防策を大公開

人の車に乗ると酔う場合の対策

他人の車に乗ると、すごく酔いやすいですよね。

運転が上手くても下手でも気持ち悪くなる。

自分で運転するときは大丈夫なのに不思議です。

人の車に乗ると酔うのはなぜなのか?

乗り物酔いの原因や予防法について紹介します。

“人の車に乗ると酔う人へ!原因と予防策を大公開” の続きを読む

スポンサーリンク

ドライブレコーダーは熱で故障しないの?夏の車内の高温対策

ドライブレコーダーは熱で故障するか

「ドライブレコーダーは夏の車内温度に耐えられるのか?」

私はドライブレコーダーを買う前、これが1番気になりました。

あなたもそうだと思います。

詳しく調べてみると、100%大丈夫ではないのです。

ものによって全然違います。

安い粗悪品を買って損しないように、調査結果をまとめますね。

ものによって全然違う!

ドライブレコーダーってピンからキリまでありますよね。

安いものなら数千円。

高いものなら2万円以上します。

この値段の差は、画質や機能面の差だけではありません。

耐久性も大きく違います。

特に、車内温度への対応力には価格差が大きく反映されているようです。

安物:50℃~60℃まで

いいモノ:70℃までOK

価格が安いものの多くは、高温への対応力が低い傾向があります。

夏の車内温度はすぐに50℃台に達します。

60℃までの機種ならギリギリですね。

太陽の画像

直射日光がガンガン当たる場所で放置すれば、熱暴走で故障する可能性大。

安いものには理由があるのです。

どのドライブレコーダーが熱に弱いのかは機種により様々です。

目安は1万円でしょうか。

1万円以上するドライブレコーダーは、70℃まで対応できるものが多いです。

(全てではないので要確認)

すでに安いドライブレコーダーを買った人は、炎天下の車内に放置するのはやめましょう。

うちのドライブレコーダーの場合

うちのドライブレコーダーは、AUTO-VOX M6(ミラー一体型)です。

説明書を読むと、マイナス20℃から70℃まで正常に動くと書いてあります。

ドライブレコーダーは熱で故障するか

8月、屋外駐車場に4時間放置したことがあります。

車の車内温度を計測すると最高で53℃でした。

ドライブレコーダーは夏大丈夫か

十分に正常範囲ですね。

夏の間、つけっぱなしで問題なく作動しています。

屋外に車を停めることが多い人は、やはり耐久温度70℃の機種がおすすめです。

60℃までの機種では不安です。

固定器具の質にも注意

ドライブレコーダーでもう一つ注意したいのは、固定器具です。

フロントガラスに吸盤で貼り付けるタイプの場合、温度差で剥がれることがあります。

ダッシュボードに落ちてしまうと最悪です。

ダッシュボード上は温度が1番高くなりやすい場所ですから。

ドライブレコーダーと高温

車内温度が50℃でも、ダッシュボード上は70℃に達することがよくあります。

これでは、故障の可能性が高くなります。

耐熱テープなどを使って、外れない対策はしておきたいところです。

直射日光は外付けフロントガラスカバーで守れる

車内温度を少しでも下げるために、サンシェードを使っている人も多いと思います。

とても効果があるのですが、ドライブレコーダーの保護だけを考えると外側から覆うタイプのフロントガラスカバーがおすすめですよ。

車内から貼り付けるサンシェードは、ドライブレコーダー自体が邪魔になることがあります。

外側から覆うタイプのものは、その心配がありません。

どんなタイプのドライブレコーダーだとしても、きっちり覆うことができます。

外側から覆うカバーは、ワイパーとドアに挟み込んで固定するタイプが多く、意外と風にも強いですよ。

>>amazonで人気の外付けサンシェードはこちら

これを使えば、ダッシュボードが70℃を超えることはなくなります。

上がっても50℃台でしょう。

車内温度は5℃ぐらい下がりますね。

エアコンで涼しくなるまでの時間が短縮できます。

SDカードは消耗品だ

最後に注意したいのが、動画を記録するSDカードです。

最近のSDカードは、85℃まで耐えるものが多いのでドライブレコーダーでの使用は問題ありません。

よほど粗悪品を使わない限りは大丈夫でしょう。

ただし、どんなにいいモノでも書き込み回数に上限があるので要注意。

SDカードは消耗品です。

車によく乗る人は半年で交換。

そうでなくても1年で交換がおすすめです。

SDカードが限界に近づくと、記録が消えたりレコーダーが誤作動することがあります。

レコーダーの調子が悪いなと思ったら、実はSDカードが原因だったということもよくあります。

SDカード

いざという時に記録されていなかったらショックですよね。

必要経費と割り切って、交換しましょう。

私の場合は毎年6月末に古いカードを交換するようにしています。

酷暑を迎える前に新しくすると安心です。

古いSDカードはまだ使えるので、予備として車内に1つ保管しています。

まとめ

いかがでしょうか。

ドライブレコーダーの耐久性は機種によって全然違います。

車内に取り付けっぱなしにしたいなら、安物は避けたほうが安心です。

ドライブレコーダーは安心のために使うもの。

値段だけ見て買って、いざという時に後悔しないようにしてくださいね。

スポンサーリンク

トヨタヴィッツ1.3F特別仕様車の値引き額の口コミ【体験談をお話します】

ピクシスエポックとヴィッツの違いを比較

トヨタのヴィッツを買いたい人は、安く新車のコンパクトカーを手に入れたいですよね。

今回は、ヴィッツの値引き可能額や交渉について実体験をお話します。

マイナーチェンジ後は値引きしにくくなっている

まず実体験をお話する前に、最近の傾向をお伝えします。

2016年以降、ヴィッツは値引きしづらくなっています。

昔は20万円以上の値引きも珍しくない状態でした。

でも、最近では15万円~18万円程度が多いようです。

20万円まで持っていくには、タイミングや交渉術、運も必要かもしれません。

私の絶対譲れない条件

まず、私がネッツトヨタに行く前から思っていた条件。

「頭金30万円で月々の支払いは2万円以下」

これだけは絶対に譲れないボーダーラインでした。

ヴィッツでこの条件をクリアできないなら

ピクシスエポックにしようと思っていました。

>>ピクシスエポックとヴィッツの比較はこちら

とにかくこの条件でどこまで交渉できるか、いよいよ挑戦です。

ネッツトヨタから最初に提示された値引き額

ピクシスエポックとヴィッツの違いを比較

ヴィッツは1番低いグレードでも良いのですが、オプションを考えると特別仕様車がお得でした。

特別仕様車は153万円程度。

普通のFと比べると8万円ぐらい高いですね。

私は特別仕様車「1.3F LED Edition」をベースに、諸々オプションを着けていきました。

オプションは基本的に欲しいものは全部着けて、交渉の中で切るのが良いでしょう。

さて、ネッツトヨタからの最初の提示額は

「値引き額10万円」

「頭金83万円で月に2万円支払い」

…ハッキリ言って話になりません。

現在所有しているオーリスを下取りに出すとしても、考えられない金額。

さあ、ここからいよいよ交渉スタートです。

交渉で粘りながらさらに値引き

交渉すると言っても我儘な客になってはいけません

まずはオプションを1つ外しました。

外したのはコーナーセンサー。

障害物が近くにあるときにアラームで知らせてくれる機能です。

これは現在所有している車にもついてないので未練はありません。

さて、オプションを外した上での交渉です。

交渉材料としては

①譲れない条件を正直に伝える(私は頭金30万円、月2万円)

②条件が出ないなら持ち帰るor他店に行く

③いっそ軽にしちゃう考えもあるよと伝える

まあ、③は余計かもしれません(笑)

大事なのは条件①を伝えることです。

交渉で手の内を見せるのは悪手だと思うかもしれません。

でも、こちらの条件をハッキリさせなければ担当者は動きません。

手の内を隠したい気持ちはわかりますが、時間がかかるだけです。

さて、これらの話をする中で、

次の条件を引き出すことができました。

「支払いは残価設定プラン」

「値引き額20万円、頭金34万円、月支払い2万円」

…理想に近づいてきました。

さて、本当にこれで限界なのかどうか?

最後に一言、魔法の言葉を囁いて確かめましょう♪

残価設定プランと通常のローンでは金利が倍違う

お金

どんな魔法の言葉を使ったかの前に、なぜ残価設定プランを選んだかお話します。

トヨタの残価設定プランと通常ローンでは金利が倍近く違うからです。

残価設定プランなら4%台。

通常ローンではなんと8%台!

この違いは大きすぎる。

8%も取られるぐらいなら一括で払います…

でも一括で払うと辛いので、残価設定プランに決定。

私の場合5年プラン、残価38万円という設定でした。

総額から38万円引いた金額が支払い金額になりますので、月々の支払いが小さくなります。

最後に値引きを絞り出す魔法の言葉

一般媒介契約のデメリット

さて、本題に戻ります。

現在の条件でも頭金以外はクリアしています。

あと4万円、減らせないかなあ…

探りを入れるために魔法の言葉を使いました。

「頭金が30万円になるなら即決できるんですが…」

ポイントは「即決」です。

交渉のプロならありえない言葉かもしれませんね。

でも、車は買った後もメンテナンスなどでお世話になるのです。

我儘で厄介な客だと思われてはいけない。

「悩んでいるけど、即決できるラインはここだ」と伝えて相手の様子を伺う。

今後のお付き合いも考えると、これぐらいがちょうどいいです。

担当者は「私の裁量権を超えるので店長に相談させてください」と言って席を立ちました。

この時点で、可能性は50%ぐらいだと思っていました。

売上状況などが客に有利ならできるかなと…

結果的にはこれが大正解!

オプションをほとんど諦めず、頭金を30万円以下にできたのです。

最近の状況は客に不利だが買取金額で取り戻せ

最終的には、都合よく私の理想通りの条件に収まりました。

ただし、最近はどんどん値引き交渉がしづらくなっています。

トヨタ自体が好調ですし、原料の高騰など世界的な要因もあります。

そんな状況なので、値引き交渉は15万円から20万円ぐらいが目安でしょう。

ただ、私たちに有利なこともあります。

中古車市場が盛況なのです。

特にコンパクトカーは多少のキズがあっても高値がつきやすい状況です。

普通に下取りに出すのはもったいない。

私の平成21年に買ったオーリスは、ネッツトヨタの下取り価格25万円でした。

でも、下記サイトを通したところ45万円で売ることができました。

他のサイトと違って、電話が1社からしかかかってこない仕組みです。

しつこい営業電話の相手をせずに済むのが嬉しい。

ちょっとの手間で20万円も儲かります。

面倒くさがらずにやってよかったです。
↓↓↓↓
中古車買取の詳細はこちら