台風後のサイクリングは危険がいっぱい!パンクやスリップに注意

台風後のサイクリングは要注意

台風一過。

爽やかな空を見て、サイクリングに出かけたくなります。

でもちょっと待った!

台風直後のサイクリングには、危険がいっぱい。

思わぬ怪我を防ぐためには予習が大事。

どんな危険性があるのか、まとめてみました。

“台風後のサイクリングは危険がいっぱい!パンクやスリップに注意” の続きを読む

スポンサーリンク

冬の自転車で膝がかゆくなるのはなぜ?寒冷蕁麻疹

無灯火運転

冬に自転車に乗るのって大変ですよね。

寒いだけならマシなのですが、かゆくなりませんか?

特に膝とか、足元がかゆくなることがあります。

これには理由があったのです。

急激な温度変化で起きる寒冷蕁麻疹(じんましん)

寒冷蕁麻疹という言葉を聞いたことがありますか?

寒冷蕁麻疹とは、皮膚が急に冷やされると起こる蕁麻疹のことです。

・ところどころ赤く膨れた部分ができる

・皮膚が全体的に赤くなる

・強いかゆみが発生する

寒冷蕁麻疹

冬に自転車に乗っていてかゆみや赤みが出た場合は、寒冷蕁麻疹の可能性が高いです。

寒冷蕁麻疹になりやすいのは、痩せ体型の人、冷え性の人、乾燥肌の人です。

寒冷蕁麻疹は冬以外でもなることがあります。

特に自転車に乗っていると、風で皮膚の温度が急激に下がるのでリスクが高まります。

寒冷蕁麻疹の原因と体の仕組み

そもそも「急に冷えるとなぜ蕁麻疹が出るの?」

不思議ですよね。

私たちの皮膚が急激に冷やされると、皮膚の下の血管近くにある肥満細胞が刺激されます。

肥満細胞は免疫に関係が深い細胞です。

(太るのとは関係ありません。働くときに膨らむ様子が肥満に似ているのが由来)

肥満細胞が刺激を受けるとヒスタミンという化学物質を放出します。

ヒスタミンは外敵を外に追い出すための化学物質です。

鼻なら鼻水やくしゃみを引き起こします。

皮膚でヒスタミンが放出されると、血管が拡張します。

血管が拡張することで血液中の成分が皮膚に漏れ出すので、部分的に赤く盛り上がります。

なぜこのようなことを働きをするのか?

これも免疫細胞が戦いやすい場を作るためです。

腸内細菌

外敵が侵入した部分を膨らませて空間を作って、駆けつけた免疫細胞が闘うスペースを広げます。

免疫細胞が戦うということは、炎症が起こるということ。

かゆみが強くなってしまうのはこのためです。

寒冷蕁麻疹は、温度変化を外敵の攻撃と誤解した結果起こる症状です。

かゆみがひどくて何度も起こる場合は、病院で抗ヒスタミン薬を処方してもらいましょう。

寒冷蕁麻疹としもやけの違い

急に冷えるとかゆくなる症状といえば、しもやけですよね。

しもやけと寒冷蕁麻疹、似ていますが全く別のものです。

しもやけは温度低下で血行不良が起こった状態です。

赤いぶつぶつなどはできず、全体的に赤く腫れます。

しもやけ

主に血行不良が起きやすい指先や耳、鼻先などに発生します。

しもやけの場合は温めてもすぐには回復しないことが多く、血行がよくなるまで症状が続きます。

自転車で寒冷蕁麻疹を予防する方法

自転車に乗っている人は、風をどう防ぐかが重要です。

顔や上半身は防寒対策をしている人が多いのですが、下半身は油断しがちです。

ズボンの上から履けるウインドブレーカーパンツなどで対策しましょう。

自転車のかゆみ対策にウインドブレーカーパンツ

膝にタオルやサポーターを巻くだけでも、応急処置にはなります。

温度変化をできる限り緩やかにするのが1番の予防法です。

乾燥肌対策も忘れずに

寒さでかゆみを感じやすい人は乾燥肌の傾向が強いです。

乾燥肌になると、肌の表面のバリア機能が低下して雑菌や刺激に弱くなります。

特にデスクワークの人は、仕事中はエアコンの効いた部屋にいますよね。

暖房が効いた部屋は乾燥しやすいだけでなく、エアコンから飛んでくるカビがかゆみを引き起こすこともあります。

「大人ニキビだと思っていたら、実は顔カビが原因だった」ということもよくあります。

顔カビがつくとどうなるのか?

気になる人は「顔カビと顔ダニの症状の違い」をご覧ください。

スポンサーリンク

通学自転車が安い時はいつか【2月がお買い得な理由】

cyma every

通学用の自転車を用意しないとなあ…

新学期が近づいてくると準備でバタバタしますねえ。

ところで、どうせなら通学自転車を安く買いたいですよね。

実は2月が一番お買い得って知ってました?

>>安い自転車を特集したお話はこちら

自転車業界のジレンマ

自転車が一番売れるのは3月と4月です。

通学用だけではなく、進学や異動・引っ越しに合わせて購入する人がほとんど。

3月4月は自転車屋さんにとっては一番良い時期で、お店に自転車を置いておけば何もしなくてもバンバン売れていきます。

本当はたくさん在庫を持っておきたいんですが、自転車って場所をとりますよね。

どんどん自転車は売れるのに、在庫を増やすことが難しいんです。

輸送にも時間やコストがかかってしまう自転車は大変。

最近、街の自転車屋さんが減っているのも、在庫や輸送の問題で通販に負けているのが大きな要因です。

こんな状況なので、売れ筋の自転車は3月後半になると品薄になってしまいます。

取り寄せに2週間以上かかることもよくあるんです。

自転車屋さんとしては、それではチャンスを逃してしまいますよね…

2月に売りたい自転車業界

3月4月は自転車はよく売れるけど、

在庫を置いておくスペースがないから品薄になりやすい。

当然、3月4月以外の時に売れるだけ売っておきたいんです。

でも、寒い2月は自転車が売れない時期です。

3月になると一気に売れるのに、その前の月は一番売れない。

需要の波が大きいこの時期。

自転車屋さんとしては、2月のうちに少しでも売っておきたいけど売れにくい。

値段を大きく下げてでも売ろうとするんです。

つまり、我々お客さんの立場から見ると、2月のうちに買っちゃうのが一番お得です。

ママチャリも、クロスバイクも電動自転車もみんな安い。

しかも2月は前年モデルと今年モデルの入れ替えの時期でもあるので、

前年モデルが「型落ち」扱いになって安くなります。

前年モデルといっても自転車の性能はほとんど変わらないので、

ますます買う立場から考えるとお得なんです。

2月は割引していない自転車を探すほうが難しいくらいの状況。

ただし、引っ越しがある人は例外。

引越し屋さんに自転車を依頼すると数千円かかる場合があります。

引っ越す予定がある人は、色んな引っ越し業者の見積もりが一括でできるサイトで比べてから買うことをおすすめします。

ママチャリの種類がかなり増えている

自転車を通販で買う人が増えてきた結果、

自転車業界はこの10年で大きく変わりました。

一番大きな変化は、ママチャリの種類が増えたことです。

乗ってみた姿

例えば、以前このブログでも紹介した「女性に人気のかわいいママチャリ」もいっぱい。

背が低い人向けの自転車」、「通学・通勤用のクロスバイク」なども充実してきました。

ママチャリといっても色んなものがあるので、

色々探してみると面白いですよ。