自転車モワティエの口コミ!あさひオリジナルの特徴は?

自転車モワティエの口コミ

サイクルベースあさひの自転車、モワティエ。

シンプルなデザインですが、実物は写真以上に上品な印象ですよ。

実際の乗り心地はどうなのか?

口コミ情報が気になる人のために、モワティエ購入者にインタビューした結果をお伝えします。

乗ろうとして転倒…を防ぐ低さ

自転車モワティエの口コミ

モワティエの口コミ情報を調べていると、買った人には2つの傾向があることが分かりました。

・乗るときに足を高く上げたくない人

・荷物などで両手がふさがりやすい人

モワティエの特徴は、極端に低いフレーム。

ボトムブラケットという部分よりもさらに低いのは、珍しいですね。

自転車のボトムブラケット

足元がかなり低くなっているので、あまり足を上げずに乗り込むことができます。

自転車の転倒事故は、走っているときだけではありません。

乗ろうとして、足が上がりきらずに転倒というパターンもよくあります。

バランスを崩すのは高齢者だけではありませんよ。

若い人でも転倒することがあります。

フレームが低い自転車は他にもありますが、モワティエはトップクラスの低さ。

安心感があります。

駐輪場内で安定感がある

自転車モワティエの口コミ

口コミ情報では、荷物で両手がふさがることが多い人もよく購入していました。

その理由は2つ。

ハンドルロックと、幅が広い両足スタンドです。

荷物が多くて困るのは、駐輪場での乗り降りです。

止まっているときにグラグラしやすい自転車は使いにくいです。

自転車モワティエの口コミ

ハンドルロックだけなら他のママチャリでも見かけますが、モワティエぐらい幅が広い両足スタンドは少ないです。

おかげで安定感がグッと上がります。

太めのタイヤで振動を和らげる

あさひの自転車モワティエの口コミ

モワティエの口コミ情報を調べると「乗り心地がいい」という声をチラホラ聞きました。

なぜなのか?

答えは、太めのタイヤです。

こういうママチャリには珍しく、太めでしっかりしたタイヤ。

頼もしい雰囲気です。

単に丈夫というだけではなく、太いタイヤはクッションのような働きをしてくれます。

普通のタイヤよりも振動を分散させるから、乗り心地がよくなるのです。

さすがにマウンテンバイク並みとまでは言えませんが、街なかで普通に乗るなら十分。

ゆったり気持ちよく乗りたい人には合うと思います。

サドルの質は安物と大違い

自転車モワティエの口コミ

自転車の乗り心地を大きく左右するものと言えば、サドルです。

実は安物のママチャリと比べて、一番違いを実感できる部分かもしれません。

モワティエのサドルは、ふっくらした立体感のある見た目。

ちょうどいい柔らかさで、お尻を支えてくれます。

柔らかすぎないから、座り心地も上々。

太いタイヤの効果と合わせて考えると、安いママチャリとの違いは明確です。

常時点灯ライトは意外と嬉しい

自転車モワティエの口コミ

あまり注目されない部分ですが、モワティエのライトは常時点灯のオートライトです。

もちろん、ペダルは軽いまま。

ダイナモライトのように、ペダルが重くなることはないので安心してください。

常時点灯ライトがいいのは、車から発見してもらいやすくなることです。

ちょっと曇っただけで、交差点での巻き込み事故の件数は増えます。

私も一度、車が突っ込んできて怖い思いをしたことがありました。

モワティエに乗れば、何もしなくても事故の確率を下げられる。

これは嬉しいことです。

ライトにこだわりがない人こそ、こういう自転車に乗って欲しいと思います。

静かなブレーキは必須

自転車モワティエの口コミ

ママチャリ選びのポイントを調査すると、多くの人がブレーキの静かさを気にしています。

最近はローラーブレーキ搭載の自転車が増えました。

昔のようにキーキー音を鳴らしている人は減っているように思います。

モワティエもローラーブレーキ搭載。

ブレーキの音が静かというのは、安物以外では必須条件ですね。

メンテナンスはほぼ不要

自転車モワティエの口コミ

自転車には3年、5年と長く乗り続けたいですよね。

そこで気になるのが、サビなどの劣化です。

安物のママチャリでは、どうしても劣化が起こります。

特にチェーンや、変速機のパーツはトラブルが多いです。

モワティエの場合、チェーンはサビに強いハイガードチェーン。

変速機は内装式というもので、チェーントラブルが起こりにくいものを採用しています。

自転車モワティエの口コミ

特にメンテナンスしなくても、長く乗れます。

気にしないといけないのは、タイヤの空気圧ぐらいではないでしょうか。

ネット販売価格は必ずチェック

いかがでしょうか。

モワティエは毎日安全に乗りたい人向けの設計です。

スピード重視の人以外は、気にいると思います。

モワティエはネット通販サイトで予約したほうが安くなる場合があります。

時期によっても値段は違うので、店頭価格と比べてから購入してくださいね。

【モワティエの最新価格はこちら】

アルベルトとアルベルトロイヤルの違いを比較!5つのポイントが見えた

BRIDGESTONEの自転車、アルベルトとアルベルトロイヤル。

アルベルトロイヤルのほうが上位モデルなのですが、何が違うのか?

どっちを買うべきなのか?

スペック表や乗り比べた感想を中心にお話します。

“アルベルトとアルベルトロイヤルの違いを比較!5つのポイントが見えた” の続きを読む

エアルトとアルベルトの違いを比較!5つのポイントが見えた

エアルトとアルベルトの違いを比較

BRIDGESTONEの自転車、エアルトとアルベルト。

どちらもベルトドライブ搭載の最新自転車ですが、何が違うのでしょうか?

今回はS型・27インチ同士で5つのポイントに注目して比較してみました。

フローティングベルト・カーボンベルトの違い

まず一つ目の違いです。

やはり、ベルトドライブの違いが一番の注目ポイントだと思います。

エアルト:カーボンベルトドライブ

アルベルト:フローティングベルトドライブ

同じベルトドライブですが、素材が違うので乗り心地がかなり違います。

「ペダルの踏み心地」と言うほうが正確かもしれません。

エアルトとアルベルトの違い

カーボンベルトドライブは踏み込むとダイレクトに力が伝わる感じ。

フローティングベルトドライブのほうは、ソフトな踏み心地。

カーボンベルトドライブのほうが、踏み込んだ力の伝導効率が高いです。

毎日遅刻ギリギリの人は、エアルトのほうが走りやすいかも!?

フローティングベルトドライブも悪くないんですけどね。

柔らかい踏み心地に慣れると、普通の金属チェーン自転車には戻れないという話も聞きます。

エアルトとアルベルトの比較

軽快にガンガンこいで乗る人はエアルト。

ゆったり乗る人はアルベルト。

そんなイメージで良いと思います。

前カゴの網目が全然違う

自転車選びで大事なポイントの一つが、前カゴ。

エアルトとアルベルトでは前カゴの網目デザインが違います。

エアルト:大きめの網目

アルベルト:下のほうは細い網目

エアルトの前カゴは、バッグを入れるのを想定して大きめの網目。

網目が大きい分、葉っぱや汚れが溜まりにくいというメリットもあります。

エアルトとアルベルトの口コミ

スーパーの袋を前カゴに入れることが多い人は、アルベルトのほうが使いやすいかもしれません。

下のほうは側面も細い網目なので、小さいものを入れても安心して運べます。

コンビニでお菓子を衝動買いしても、前カゴにポイッと入れてOK。

アルベルトとエアルトのレビュー

普段の使い方に合わせて選びましょう。

ライトの違いも見逃せない

3つ目の違いはライトです。

このようなライトを使っています。

エアルト:3灯チップLED点灯虫 残光機能なし

アルベルト:シングルパワー点灯虫 残光機能あり

3灯だからシングルより3倍明るいかというと、そこまでは感じません。

エアルトとアルベルトの違い

シングルパワー点灯虫も十分明るいので、乗っている人から見るとあまり違いはないように感じます。

2つのライトの違いは、残光機能です。

残光機能とは、自転車が停車中でもしばらくLEDが点滅する機能です。

アルベルトのシングルパワー点灯虫は残光機能付き。

アルベルトとエアルトの違い

エアルトの3灯チップは残光機能なしです。

安全性から言えば、残光機能ありのほうがいいと思います。

例えば暗い交差点で信号待ちしてるときとか。

ライトが消えると、他の車から見えにくくなりますから。

どちらのライトも、オートライトでメンテナンス要らず。

ペダルも重くなりません。

フレームの形が意外と違う!

4つ目の注目ポイントは、フレームの形です。

パッと見は似ているのですが、こんな違いがあります。

エアルト:ワイヤーが外に出ている

アルベルト:ワイヤー内蔵のフレーム

エアルト2018は一般的な自転車と同じで、フレームの外をワイヤーが通っています。

画像で赤丸の部分に注目してください。

エアルトとアルベルトの違い

一方のアルベルトはワイヤーがフレームに入り込む形になっています。

エアルトとアルベルトの違い

ワイヤー内蔵フレームは、見た目がスッキリします。

ワイヤーが見えない方がゴチャゴチャ感がなくなりますね。

ただし、内蔵する分フレーム自体が太くなります。

エアルトとアルベルトを見比べると、アルベルトのフレームのほうが太いですよね。

エアルトとアルベルトの違いを比較

これをどう感じるか。

機能的に差はほとんどないので、好みの問題です。

細身のフレームが良いと感じるか、ワイヤーがゴチャゴチャしてないほうが良いと感じるか…

見た目だけの問題なので、どちらが優秀ということはありません。

重さが違う

5つ目の違いは重さです。

両者を比較してみると…

エアルト:18.4kg

アルベルト:19.5kg

同じ27インチS型で比べると、エアルトのほうが若干軽いです。

実際に乗り比べてみても、やはりエアルトのほうが軽い走り心地です。

重さだけでなく、ベルトドライブの感触の違いも影響が大きいですが…

アルベルトが特別重いということではありません。

乗り比べると分かるというぐらいの差です。

結局どちらがおすすめ?

ここからは完全に私の主観ですが、エアルトのほうが乗っていて気持ちいいです。

アルベルトのソフトな乗り心地も良いのですが、エアルトのほうが足の力がよく伝わる感じがします。

感覚的にですけどね。

グッと踏み込んだときに、しっかり手応えが返ってくるほうが加速してる感じがして安心できるのです。

アルベルトの乗り心地が悪いわけではないのですが…

普段、一生懸命こいで乗る人はエアルトのほうが好みだと思います。

いつもゆったり走ることが多い人なら、アルベルトのソフトな感じは気にいるでしょう。

>>エアルトの最新価格はこちら

ビレッタ・ユーティリティ点灯虫モデルの口コミ【軽さと丈夫さの両立】

ビレッタ・ユーティリティ点灯虫モデルの口コミ

BRIDGESTONEのビレッタ・ユーティリティ点灯虫モデル。

シンプルだけどスタイリッシュな雰囲気で、人気がありますね。

今回は、ビレッタ・ユーティリティに実際に乗った感想や評判をお話したいと思います。

値段の差はタイヤに出る

自転車の値段は、安ければ1万円前後からありますよね。

BRIDGESTONEの自転車は、そういう自転車よりも高い値段になっています。

安物の自転車と何が違うのか?

一番違いを感じるのは、タイヤの質です。

もちろんフレームやブレーキなどの質も違いますが、値段の差が一番出るのはタイヤだと思います。

ビレッタ・ユーティリティのタイヤ

安物の自転車に使われるタイヤと、BRIDGESTONEのタフロードタイヤ。

同じ条件で使用すれば、寿命は数年かわってきますよ。

普通に街なかを走る場合、最もトラブルが発生しやすいパーツはタイヤです。

だからこそ、タイヤの質にはこだわるべきです。

自転車の画像

タフロードタイヤは、ノーパンクではありません。

でも、安物のノーブランドタイヤと比べると品質の差は歴然。

1年ごとに買い換えるなら安物の自転車でも良いでしょう。

同じ自転車を数年乗りたいと思うなら、質にこだわったほうがいいです。

平均より3kg軽いのは大きい

ママチャリの平均的な重さをご存知でしょうか?

だいたい、20kg前後です。

ビレッタ・ユーティリティは17.2kg。

ママチャリとしては、やや軽いと言えます。

ビレッタ・ユーティリティ点灯虫モデルの口コミ

たった3kgですが、乗り比べると差を感じます。

特に、平坦に見えるけど微妙に上り坂の道路を走ると違いがよく分かりますよ。

安物の重い自転車で走ると疲れます。

ビレッタ・ユーティリティはタイヤの転がりも良いので、数字以上に楽に走れると思います。

意外と役立つ時計一体型ハンドル

ビレッタ・ユーティリティのハンドルは時計一体型です。

ビレッタ・ユーティリティの口コミ

使ったことがない人にとっては「だから何?」と言いたくなるかもしれません。

私も最初、そう思いました。

でも、使ってみると意外と便利です。

特に通勤や通学で自転車から電車に乗り継ぐ人には良いですよ。

信号待ちのとき、いちいちスマホで時間を確認せずに済みます。

時間がすぐ確認できれば、必要以上に焦ることもなくなって余裕がでてきます。

ハンドル自体はアルミ製だから、さびにくいのも嬉しいポイント。

点灯虫は住宅街で威力を発揮

点灯虫モデルを紹介するからには、ライトについて触れないわけにはいきませんね。

ビレッタ・ユーティリティのライト

点灯虫モデルのライトの売りは、広範囲を明るく照らすこと。

安いダイナモライトと比べると視界が全然違います。

住宅街でも暗い場所は多いですよね。

田舎道だと、真っ暗な場所もあるはず。

そういう場所を走ると、前がよく見えるというのは安心です。

黒っぽい服を着た歩行者にもすぐ気づけます。

ちなみに、点灯虫はオートライトです。

薄暗くなれば勝手に点灯するし、ペダルが重くならないのでストレスなし。

これで、車にぶつかられる可能性がだいぶ下がるでしょう。

電池切れもないから、最後まで放置でOK。

とても楽です。

26インチか27インチか迷う人へ

ビレッタ・ユーティリティ点灯虫モデルには、26インチと27インチがあります。

身長が低い人は、どちらが良いか迷うかもしれません。

適正身長を確認してみましょう。

26インチ:身長145cm以上

27インチ:身長150cm以上

26インチも27インチも基本性能は同じです。

26インチのほうが0.4kg軽いですが、乗り心地はほとんど変わりません。

値段は26インチのほうが1,000円ぐらい安いことが多いから、迷うなら26インチでいいと思います。

ただし、通勤・通学で長距離を走る人は27インチがおすすめ。

タイヤの寿命は、接地回数が少ない27インチのほうが有利ですから。

ほんの少しの差ですが…

スピードも確認してみましたが、ほとんど差はありませんでした。

質の良いサドルはホント助かる

最後に、サドルについてもお話します。

ビレッタ・ユーティリティのサドルは、やや平べったいスポーツタイプに近いサドルです。

ビレッタ・ユーティリティの感想

薄いサドルは固そうに見えるかもしれませんが、このサドルは樹脂クッション付き。

適度な柔軟性があります。

サドル下にスプリングもついてるから、乗り心地は良いです。

安物のママチャリでは、こういうサドルはついていません。

質の良いサドルは疲れ安さを大きく左右するので、良いサドルがついてる自転車は嬉しくなります。

地味なポイントですが、毎日乗るものなので要チェックですよ。

>>ビレッタ・ユーティリティの最新価格はこちら

一人暮らしに自転車は必要?いらないのはこんな人

自転車の画像

これから一人暮らしする人は、何が必要なのか考え始めると迷いますよね。

今回は、自転車です。

「自転車があれば便利だけど…

でも意外と使わないって言うし、いらないかな?」

自転車が必要か不要か迷っている人向けに、私の経験から感じたポイントをご紹介します。

徒歩10分~30分圏内に何があるか

カフェ

自転車を買うか買わないか、何で判断すればいいのか?

私の経験から言えば、判断ポイントはこうです。

「家から徒歩10分~30分圏内に毎月行きたい場所があるか」

徒歩10分以上、30分以内というのがポイントです。

あるなら買い。

ないなら不要。

自転車は近すぎても遠すぎても乗りません。

自転車に乗る便利さより、面倒くさい気持ちが勝ってしまうんです。

・汗だくになるのがイヤだ

・防寒対策が大げさになるのがイヤだ

・空気入れするのが面倒

・髪型が乱れる

・疲れる

こういう気持ちが勝ってしまうと、自転車に乗らなくなります。

特に近い場所なら、歩くほうを選びがちです。

自転車が1番必要なのは、徒歩10分~30分以内に必要な施設や場所がある人。

この距離になると歩きでは時間がかかります。

自転車なら、あっという間に着く距離ですし疲れ方も大したことはありません。

センティーノ

面倒くささよりも便利さを強く感じるので、自然と自転車に乗るようになります。

あなたが住む予定の家から見て、何かありますか?

例えば、コンビニ。

家の最寄りのコンビニとは別系列のコンビニがあるなら、自転車は便利です。

セブンイレブン限定のスイーツとか、ローソン限定のお惣菜とか…

テレビで紹介されたときに、ササッと買いに行けます。

他にもカフェや公園・ショッピングモールなど、月に1度以上通いたいと思う場所があるなら自転車の出番です。

行動範囲が広がります。

徒歩30分以上の施設は無視

先ほど、近すぎると乗らないと言いました。

反対に遠すぎても乗りません。

徒歩30分以上の距離になると、今度は疲れが便利さを上回ってしまいます。

結局バスや電車を選びがちで、自転車の出番が少なくなりやすいです。

電車

自転車は結構体力を使います。

健康を意識している人や電動自転車に乗るなら話は別ですが…

自転車を買うか迷っている人は、基本的には徒歩30分以上の施設は無視して判断しましょう。

徒歩30分以内に行きたい場所があるなら買い。

ないなら買わずに、その分電車やバス代にあてればOKです。

駐輪場がない人に小型自転車が人気

今この時点でも「やっぱり自転車があったほうが便利そう」と思うなら、購入して損はないと思います。

自転車にも色々ありますが、最近人気が高いのは20インチぐらいの小さい自転車(ミニベロ)です。

アルバージュ

ミニベロや折りたたみ自転車に乗っている人、最近増えましたよね。

特に都市部では。

種類が増えて、性能が全体的に良くなっています。

さらに玄関や室内で保管できるので、駐輪場がないアパートの人には便利です。

駐輪場があるマンションに住んでいても、ミニベロや折りたたみ自転車を選ぶ人が増えているみたいですよ。

盗まれたり、雨で汚れたりするのがイヤなんですって。

毎日乗るならミニベロ

20インチぐらいの小さめ自転車を選ぶ時、普通のミニベロか折りたたみ自転車かで悩みます。

私の経験上、毎日乗るなら絶対にミニベロ(折りたたみ機能なし)です。

使用頻度が高いと、折りたたみ自転車を買っても折りたたまないことが多いんですよ。

同じ値段で比較すると、折りたたみ自転車は性能がミニベロより落ちることが多いです。

玄関の中で保管するとしても、意外と折りたたまなくても入ります。

乗る頻度が多くなりそうなら、ミニベロのほうが良いですよ。

私の最近のお気に入りは、BRIDGESTONEのMarkRosaシリーズです。

普通のママチャリより走りますよ。

BRIDGESTONE MarkRosa mini

詳しくは「MarkRosa miniはスピードが出るミニベロ」をご覧ください。

休日だけ乗るなら折りたたみ自転車

使用頻度が週1とか、月に2回ぐらいなら折りたたみ自転車が便利です。

場所をとらないし、カッコいいですから。

折りたたみ自転車にも色々ありますが、選ぶポイントは軽さです。

どんなに高性能でも、手軽に持ち運べないと魅力半減。

ちょこっと乗りたいときに乗れるのが折りたたみ自転車の長所。

走行性能重視なら、折りたためないミニベロのほうが良いでしょう。

最近、私が「お、いいな」と思った折りたたみ自転車があるんです。

詳しくは「MarkRosa Fの口コミ」をご覧ください。

小さい電動自転車が最高だった

最近、20インチ以下の小さめ自転車業界にも電動自転車ブームが来ています。

バッテリーが進化して小型化されたおかげです。

デザインもよくなったし、車体重量も軽くできるようになっています。

10年前とは全然違います。

もちろん、値段はそこそこします。

でも便利さはダントツですねえ。

徒歩1時間圏内なら、余裕で走れますから。

私はこれに乗るようになってから、電車やバスに乗る機会が激減しました。

電動自転車は、YAMAHA、BRIDGESTONE、Panasonicの3つのメーカーがおすすめです。

これが以外のメーカーは、信用度がちょっと落ちる気がします。

オシャレさならYAMAHAでしょうか。

PAS CITY-Cは、男性にも女性にも人気ですね。

PAS CITY-C

乗り心地重視なら、BRIDGESTONEのアシスタユニプレミア20が良いですよ。

きめ細やかなアシストをしてくれます。

アシスタユニ

これから人気が出そうと噂されてるのが、PanasonicのBE-JELJ01。

小回りの良さとシンプルで落ち着いたデザインが特徴です。

BE-JELJ01

それぞれ魅力的な小さめ電動自転車ですね。

後日、個別に詳しく紹介したいと思います。

>>さらに詳細はこちらから

デブでも乗れる自転車【壊れにくくて安い・通販で人気はこれだ】

デブでも乗れる自転車

体重100kg超えの友達が、

自転車を探していました。

毎日の移動用の自転車なので、

頑丈でカゴ付きが条件。

今回、色々調べてよかった自転車を

ご紹介します。

レティシアプラス

まず初めはレティシアプラス。

レティシアプラス

BAAマーク適合で、6段階変速。

それなのに安いしかっこいい自転車です。

ストレートフレームの自転車は、

見た目がオシャレですよねえ。

ハンドルやカゴやステンレス製。

少々雑に扱っても壊れません。

カゴが大きくてブレーキが静かなので

普段使いのぴったりの自転車だと思います。

【詳細はこちらから】

日本製のMIYATA Premium MIYATA

デブでも乗れる自転車

安物の輸入自転車は嫌だ!

そんな人に人気があるのがMIYATA Premium MIYATAです。

ちょっとお値段は高めですが、10メートルも走れば違いがすぐ分かります。

タイヤは外側のゴムも中のチューブも頑丈。

パンクにとても強いものを使っています。

さらに見逃せないのは、チェーンのかわりにベルトドライブを採用している点。

ベルトドライブは油をさす必要がないし、直接触っても手や服が汚れません。

ベルトドライブを使っている自転車って、ペダルを踏んだ時の感触が良いんですよ。

フィット感というか、軽くて心地いい感触が大好きです。

雨などによる劣化にとても強いので、メンテナンスをほとんどしなくても長く乗り続けることができます。

【詳細はこちらから】

MIYATA SJクロス

デブでも乗れるシティクロス

こちらもMIYATAの自転車、SJクロス。

クロスバイクに前カゴを着けて、さらに耐パンクタイヤを装着しています。

MIYATA SJクロスが他の自転車より優れているのは、

耐パンクタイヤ装着なのに走りが軽いこと。

耐パンクタイヤを使った自転車は

走り心地が重く感じることが多いのですが、

MIYATA SJクロスは乗り心地も軽い。

MIYATAの自転車は

泥除けやハンドルなどのパーツが

高級感があるから気分がいいですよ。

特にMIYATA SJクロスの泥除けって

塗装が高級感があるんですよねえ。

【詳細はこちらから】

カラフルなママチャリ【他の人と同じは嫌な人向けの珍しい色】<送料無料>

ママチャリって

似たような色やデザインのものが多いですよね。

他の人と同じはつまらない!

珍しい色やカラフルなママチャリをご紹介します。

ツートンカラーのクシュクシュタウン

ママチャリというと1色だけのカラーリングが多いのですが、

クシュクシュタウンはツートンカラー。

kusyukusyu1

白と赤のコントラストが綺麗です。

白と青のカラーリングも人気があります。

こけにくい自転車

オートライトやローラーブレーキなど、

実は多機能な自転車なので

見た目以上にできる子です。

 
>>詳細はこちらから

渋い色のタイダスクロス

かっこいい系、渋い色がいいなら

タイダスクロスは気に入ると思います。

こんなマットブラウン色や

tidus1

淡くて暗めの緑色があります。

jitensya03096

走行性能はママチャリ以上です。

長めの距離を走ることが多いなら、

走行性能の違いを実感できるはず。

ジョイアスは他の人のママチャリと絶対に間違わない

とっても珍しいデザインのママチャリと言えば、

ジョイアスという自転車。

ジョイアス

オール黄色のボディはとても目立つし、

絶対に他人の自転車と間違うことはありません。

黄色は派手すぎるという人には、

モカ色も人気。

ジョイアス

こちらの色は落ち着いた雰囲気に見えますが、

駐輪場にあれば一発で分かります。

女性が乗りやすいようにフレームが低いし、

前カゴが大きいので荷物が多めの人には

乗りやすいママチャリです。

 
>>詳細はこちらから

 

太ってる人用のママチャリ【乗りやすさと頑丈さが口コミで人気】<送料無料>

自転車の画像

体重が重い人にとっては、

ママチャリ選びは慎重になりますよねえ。

安いからって下手に品質が悪い自転車を買ってしまうと、

すぐに壊れたりパンクするかもしれません。

今回は、太ってる人に口コミで人気があるママチャリを紹介します。

耐摩耗タイヤで長寿命のペンタス

ママチャリの値段はピンからキリまでありますよねえ。

値段によって質が大きく変わるのが、タイヤです。

粗悪なタイヤを使えば価格を下げることができるんですが、

体重が重い人がそんなママチャリに乗ればすぐにパンクします。

ノーマルタイヤよりも丈夫で長寿命の耐摩耗タイヤを使っているのがペンタス。

ペンタス

フレームはまたぎやすい形になっているのも嬉しいポイント。

口コミで多いのは、

ハンドルがアップライト気味で、

お腹が出ている人でも楽な姿勢でこぐことができるというものでした。

 
>>詳細はこちらから

太くて背が低い人も乗りやすいティーク

太っていて、背も低いという人にはティークという自転車が人気です。

20インチで小さめサイズのママチャリなんですが、

かなり頑丈に設計されています。

ティーク

荷物やチャイルドシートを装着しても走れるように作られているので、

体重が100kgオーバーの人でも大丈夫です。

ティークについては、以前詳しくご紹介しています。

>>ティークの紹介記事を見てみる

パンクしないママチャリ ウェーブセスト

体重が重い人は、安物のママチャリではすぐにパンクすると思います。

先ほど紹介したペンタスも長寿命のタイヤを使っていますが、

それでもパンクする可能性はあります。

パンクする可能性をゼロにするなら、ノーパンクタイヤ装備のウェーブセストが人気です。

ウェーブセスト

ウェーブセストのノーパンクタイヤは、

特殊なチューブを使っていて中が空洞になっています。

乗り心地がいいノーパンクタイヤ

この構造によって、ノーパンクタイヤでも乗り心地が重く固くならないようにしてるんです。

昔ながらのノーパンクタイヤはジェルやウレタンがぎっしり詰まっています。

確かにパンクはしないんですが、重いし乗り心地がよくなかったんですよねえ。

ノーパンクタイヤでも全然違います。

ノーパンクタイヤなのに普通のママチャリのように乗れる。

ウェーブセストが人気なのはそこに理由があります。

 
>>詳細はこちらから

パパチャリがすごい【スッキリで紹介されたかっこいい男性向け自転車】

3月15日のテレビ番組スッキリ!で男性向けのママチャリ、

「パパチャリ」が紹介されました。

自転車もかっこいいのが欲しい…

こだわり男性が増えてるんですねえ。

サイクルあさりのパパチャリ 88CYCLE

パパチャリ88CYCLE

スッキリ!で紹介されたのは、パパチャリ88CYCLE。

ピックアップトラックをイメージした特徴的なデザインです。

後ろタイヤを太くして衝撃を吸収しつつ安定感を確保できる設計ですね。

細い機能も充実しています。

例えば駐輪するときに前後のタイヤをロックできるブレーキレバーとか。

荷台はかなり頑丈で広め。

チャイルドシートも問題なく装着できます。

パパチャリ

荷物を積んだ状態で走ると違いが分かる男前自転車ですよ。

 
>>詳細はこちらから

コレ以外にもパパチャリってたくさんあるので紹介します♪

元祖パパチャリ・トートボックスラージ

トートボックスラージ

以前、当ブログでもちょこっと紹介したのが、

BRIDGESTONE トートボックスラージ。

元祖パパチャリと言ってもいいかもしれません。

こちらは前輪24インチ、後輪22インチ。

荷物を乗せる後ろのタイヤを小さめにすることで、

重い荷物を積んでも重心が安定するように設計されています。

お値段もサイクルあさひのパパチャリより3万円ほど安いので、

私としてはこっちのほうが好みかな♪

 

パパチャリで電動子ども乗せ ハイディツー

最後は、子ども乗せできる電動自転車でかっこいいパパチャリ。

ブリヂストン HYDEE.Ⅱ(ハイディツー)です。

子ども乗せ電動パパチャリ

ファッション誌VERYとのコラボで生まれた「お洒落のための電動自転車」です。

企画が「おばさんくさい電動自転車は嫌」という声からスタートしたこともあって、

かなりかっこいいデザインに仕上がってます。

特にこの正面に設置されたライトが渋いんですよねえ。

ハイディツーのライト

音鳴りしないローラブレーキと、チェーン外れしない変速機も使っているので

性能としても多機能な自転車です。

 
>>詳細はこちらから

男性用のママチャリ【口コミでかっこいいと評判が良いもの集めました】

自転車

通勤や通学のことを考えるとママチャリは便利ですよねえ。

荷物が入るし、街なかで乗るなら楽なので大好きです。

ところが今日、こんなご質問をいただきました。

「通勤でママチャリに乗ってるんですが、男がママチャリって格好悪いですか?

荷物があるので前カゴや後ろキャリアは欲しいのですが…」

正直この質問をもらった時はビックリしました…

色々かっこいいのあるのに…

今回は、男性の間でカッコイイと評判の自転車をご紹介します。

DAINICHI センティーノ

センティーノ

見た目のカッコよさで評判がいいママチャリといえば、センティーノですねえ。

青いフレームが特に人気で、タイヤの色との対比がカッコ良い。

もっと渋い大人の男性路線をめざすなら、ダークグリーンもありかな。

センティーノ

センティーノはハンドルがアルミ、カゴはステンレス製で錆びにくいのが特徴です。

27インチなので大きく見えるんですが、車体重量は軽めです。

私が気に入ったのはサドルの質の良さ。

実際に乗ってみると、穏やかな乗り心地なんですよねえ。

センティーノのサドル

このサドルの下のスプリングのおかげで、不快な振動をかなり吸収してくれますよ。

 
>>詳細はこちらから

ブリヂストン(BRIDGESTONE) トートボックス LARGE

どんなかっこいいデザインの自転車でも、

前カゴに荷物を積むと生活感が出ちゃいます。

もしそれが気になるなら、このトートボックスラージなんて面白いですよ。

トートボックスラージ

「働く自転車」をコンセプトにしてるだけあって、後ろカゴに荷物がいっぱい入ります。

旅行かばんぐらいならスッポリ。

トートボックスラージの後ろカゴ

オプションで前にもカゴをつけることもできますが…

カッコよさ重視なら後ろカゴだけにしたほうがいいかな。

荷物を乗せることを前提にブリヂストンが開発しただけあって、重いものを積んでもふらつきが少ないです。

 

TIDUSCROSS(タイダスクロス)

jitensya03096

ママチャリとクロスバイクの中間のような自転車、TIDUSCROSS(タイダスクロス)。

通勤のために開発されたシティクロスというだけあって、乗りやすさとスピード感がうまくバランスがとれています。

前カゴは、通勤カバンがスッポリ入る横長の形。

TIDUSCROSS(タイダスクロス)の前カゴ

TIDUSCROSS(タイダスクロス)はスーツで乗れるから便利なんですよねえ。

チェーンガードもしっかりしていてズボンを汚さないし、タイヤには泥除けも標準装備。

雨上がりの道を走っても大丈夫です。

通勤距離が長くてママチャリではしんどいけど、

本格的なロードバイクやクロスバイクはどうも違うよなあ…という人のための自転車ですね。

>>詳細はこちらから