マルチーズの涙やけ対策【ドッグフードの選び方でアレルギーを減らす】

とっても愛くるしいマルチーズ。

かわいいですよねえ♪

そんなマルチーズに多いのが涙やけです。

目の病気でない場合は、

ドッグフードが合わないことが原因かもしれません。

どのドッグフードが良いの?

手当たり次第に試しても

効率が悪いと思いませんか?

ドッグフードは原料のお肉に注目

フードジプシーなんて言葉もありますが、

ドッグフードを固定できていない人は多いです。

ドッグフード選びで重要なのは、

原料のお肉の種類です。

マルチーズと涙やけとドッグフード

同じタンパク質でも、

鶏肉由来のものと牛肉由来のものでは

マルチーズに与える影響が違います。

保存料よりタンパク質が重要

ワンちゃんの健康を考えると、

「無添加」という言葉が気になりますよね。

でも、涙やけだけに限ると

保存料や着色料の影響はほとんどありません。

なぜなら、アレルギーの多くがタンパク質に対するものだから。

腸に入ったときに

体の免疫が反応するのは

ほとんどがタンパク質に対してです。

ドッグフードが合っていない場合は、

原料のお肉のタンパク質が合っていない。

ということは、

全く別のメーカーのドッグフードでも、

同じ原料を使っていれば合わない可能性が高いのです。

鶏肉以外を使ったドッグフードを試そう

市販のドッグフードの多くが

鶏肉を使っています。

高タンパクで安いので

非常に良い食材で多くの商品で使われます。

しかし、色々なドッグフードを試してダメだった場合は、

鶏肉のタンパク質アレルギーかもしれません。

涙やけに悩まされているなら、

今食べさせているドッグフードとは違う原料を選びましょう。

生ラム肉のドッグフードはアレルギーが少ない

ドッグフードで鶏肉、牛肉、豚肉はメジャーです。

すでに色々なドッグフードを試したなら

他の原料を使ったドッグフードが良いと思います。

例えば「ナチュラルドッグフード ラム」は

生ラム肉を使ったドッグフードです。

涙やけとナチュラルドッグフードラム

ラム肉はアレルギーの報告数が少ないので

アレルギー体質の犬に良いと注目されている食材。

ラム肉は栄養価がとても高いので

少ない量で十分な栄養がとれる優れもの。

一度に食べさせる量を減らせるということは、

その分アレルギーの可能性も減るということです。

胃袋が小さめのマルチーズには

ぴったりのドッグフードだと思います。

詳細について気になる人は、

下記リンク先でご確認ください。
↓↓↓↓
NDF ナチュラルドッグフード|安心・安全の100%無添加!評判のプレミアムドッグフード通販

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA