起立性調節障害と肩こり【整体よりも良い改善方法とは】

起立性調節障害と肩こり

起立性調節障害になると、肩こりで悩む人が多くなります。

起立性調節障害の肩こりは強烈で、ジッとしているのも辛いほどです。

私の従兄弟は中学生のとき起立性調節障害だったのですが、一時期は肩こりが本当に辛そうでした。

起立性調節障害と肩こりの関係

起立性調節障害による肩こりの原因は、全身の血行不良です。

起立性調節障害の人は低血圧になりやすく、血の巡りが低下しています。

肩こりだけでなく、冷え性や頭痛に悩む人が多いのもそのため。

まずは全身の血行不良を改善する必要があります。

整体やマッサージの効果は短期間

私の従兄弟は肩こりがひどかったので、整体に通っている時期がありました。

起立性調節障害と整体

確かに、整体やマッサージって効果があります。

私の従兄弟も帰宅時には元気になっていることがよくありました。

でも、整体に行っても根本的な解決にはなりません。

効果があるのはとても短い期間だけです。

従兄弟の様子を見ていると長くて2日ぐらいしか、効果が続かないようでした。

やはり、根本的な解決には血行不良を改善するしかありません。

血行をよくする運動とは

肩こりを改善する1番の方法は、全身運動を続けることです。

起立性調節障害の治療にウォーキングが効果的だと言われますよね。

なぜウォーキングが良いと言われるのか?

理由は2つあります。

①自律神経の働きに関係が深い「セロトニン」の分泌が増える

②全身運動で血行がよくなる

肩こりに悩まされているなら、ウォーキングはぜひしましょう。

1日20分程度はしたいところです。

ウォーキングが難しいなら、踏み台昇降運動もおすすめ。

階段などの段差を利用して、足を動かします。

全身の血行が良くなると、頭痛や倦怠感も改善します。

私の従兄弟は他にも様々な運動に取り組みました。

詳細については「起立性調節障害を治す運動とは?」をご覧ください。

従兄弟の治療体験談

起立性調節障害の治療はこれと言った決め手がなく、とても不安になりますよね。

何をどう頑張れば良いのか分からないので、本人も見守る家族も不安になります。

食事、運動など小さなことの積み重ねしかないのですが、毎日頑張れるわけでもありません。

私の従兄弟の場合も一進一退でした。

現在は完治しましたが、当時は不安で一杯だったと思います。

従兄弟の治療体験談の詳細については「起立性調節障害で薬が効かない人へ」をご覧ください。

スポンサーリンク

運動後に歯茎が痛い原因は酸欠?血流アップで予防できる

痛い

ダッシュや自転車など、

短時間に激しい運動をすると歯茎が痛いことがあります。

周りに言っても「どういうこと?」と聞き返されるだけで、

誰にも共感してもらえませんでした。

場合によってはアゴが痛くなることもありますね。

ネットで調べてみると、

運動した後に歯茎が痛い人はそこそこいるようです。

原因と予防・対処方法について調べてみました。

歯茎の痛みは血流不足で酸欠になっているサイン

激しい運動をすると、

顔や首の筋肉にも力が入りますよね。

このとき、力みすぎると首周辺の筋肉が硬直します。

筋肉の緊張によって、

首の先にあるアゴや歯茎周辺の血流が悪くなり、

酸欠状態になってしまうのです。

痛みは、歯茎やアゴ周辺の細胞からの酸欠のサイン。

酸欠状態を痛みとして脳に伝えて、

本能的に休息を取らせようとしているのです。

歯茎の痛みを予防・改善する方法① 首のストレッチをする

マラソンなどの激しい運動後に起こる歯茎の痛みは、

血行不良による酸欠が原因。

これを予防するためには、

運動前に首のストレッチを入念にしてあげましょう。

これだけでもかなりの予防になります。

運動前にクビのストレッチをする習慣がない人は、

ちょっとするだけで効果てきめんですよ♪

歯茎の痛みを予防・改善する方法② ごぼう茶

この前友達から教えてもらったのですが、

激しい運動後にごぼう茶を飲むと歯茎の痛みがスーッと引いたんです。

ごぼう茶

しかも、歯茎の痛みだけでないんです。

頭痛や手足の筋肉痛の改善も早くなるんですよ。

初めて飲んだ時にはびっくりしました。

ごぼう茶はビタミンEが豊富で、

血行促進効果があるんですって。

鉄分も入っているので貧血予防にもなるし、

ポリフェノールたっぷりで抗酸化作用もバッチリ。

激しい有酸素運動をした後、

体のダメージを取り除くのにぴったりのお茶なんです。

普通のお茶より香ばしい風味があるので、

運動後にゴクゴク飲むと、最高に美味しいんですよねえ♪

スポーツドリンクを飲むよりもスーッと爽快で、

涼しく感じるところも嬉しいポイントです。

スポンサーリンク

起立性調節障害を治す運動とは?克服した従兄弟がやったこと

先日「起立性調節障害による立ちくらみを予防する方法」の中で、

ウォーキングなど一定の動作を繰り返すリズム運動を紹介しました。

すでにウォーキングやランニングなどに

取り組んでいる人もいるかと思います。

今回は症状を克服した従兄弟が

実際に行っていた運動を詳しく紹介します。

起立性調節障害を治すには下半身の筋力アップ

起立性調節障害は低血圧になりやすく、

全身の血流が悪くなりがちです。

特に下半身から上半身に血を戻す力が弱りやすく、

立ちくらみ・めまいが起こりやすいです。

この状態を少しでも改善するなら下半身の筋力を上げる必要があります。

下半身の筋力が上がれば、

筋肉の動きで血液を上半身に戻す力が強くなります。

起立性調節障害で悩む人に女性が多いのは、

下半身の筋力が低いことと無関係ではないでしょう。

運動中は下半身の筋力アップを常に意識します。

寝たままできる運動

起立性調節障害の症状が重い日は、

起き上がるのも一苦労ですよね。

私の従兄弟もトイレに行くのも辛そうな日がありました。

でも、寝たきりのまま何もしないと

足の筋力が弱って血の巡りが悪くなります。

めまいや吐き気などがますます強くなってしまう…

ではどうすればいいのか?

起き上がるのも辛い日は、

寝たままできる運動をやりましょう。

方法は簡単です。

仰向けで寝たまま、

足を少し浮かせて10秒ほどキープします。

起立性調節障害を治す運動

これをできる限り繰り返すだけ。

調子がよくなってきたら

自転車をこぐように足を動かしてもいいでしょう。

さらに、座ったままできるストレッチもあります。

この動画は参考になりますよ。

何もしないで一日が終わってしまうよりも

何か少しでも前進していると思えるだけで楽になります。

ウォーキングよりもラジオ体操のほうが効果あり

起立性調節障害にはウォーキングが効果的と言われていますよね。

日光を適度に浴びて運動することは

自律神経を整えることに効果があります。

ただ、暑い日は歩いてる途中で気分が悪くならないか心配です。

無理のない範囲でやりましょうね。

私の従兄弟の場合は、

ウォーキングを長くするよりもラジオ体操のほうが効果がありました。

ウォーキングは5分程度で日光を浴びる。

そしてラジオ体操を1回するのです。

調子がいい日は1日3回ぐらいラジオ体操をしていました。

ラジオ体操は全身の筋肉をバランスよく動かすことができるので、

運動不足の解消にはぴったりのエクササイズです。

頭を大きく動かす動作もあるので

体調をみながら試してみてください。

調子がいい日は縄跳びがおすすめ

体の調子がよくなってくると

もっと運動して症状を克服したいと思うようになります。

でも、油断は禁物。

起立性調節障害は良くなったり悪くなったりの繰り返しです。

それでも、調子がいい日は有効に使いたいですよね。

従兄弟は最初の頃、調子がいい日はランニングをしていました。

でも、ランニングではなく縄跳びをするようになってから症状が改善しました。

縄跳びはウォーキングやランニングよりも短い時間で

血流を活発化したり、下半身の筋力アップができる運動なんですって。

縄跳びもリズム運動なので、

自律神経の調整にも効果的。

休憩を挟んでもいいので、

1日10分を目安に縄跳びをすると効果が期待できますよ。

私の従兄弟の場合は、

縄跳び運動だけでなく光療法を取り入れて症状が改善しました。

詳細については、

起立性調節障害で薬が効かない人へ」にまとめています。