サスケ真伝 ネタバレ注意②【サクサス・いのサイ・香燐・ナルヒナ】

サスケ真伝来光篇。

昨日、ストーリーの本筋については

こちらの記事に書きました。

今回は、未来の夫婦たちに焦点をあてたいと思います♪

ナルヒナ新婚夫婦の連携攻撃

物語の序盤、

木ノ葉の里が失踪していた忍び集団に襲われます。

その忍び集団は操られていて、

傷を負うと爆発する人間爆弾にされていました。

そこで、ナルトが注意を引き付け、

シカマルが動きを拘束。

ヒナタが急止の点穴をついて行動不能にしていきます。

この時のナルトは、

まさか火影就任式当日に

娘から同じ攻撃をくらうとは

想像もしていなかったことでしょう(笑)

サクラとサスケは!?

今回、サクラは結構最初から登場して活躍します。

でも、結論から言うと、

今回もサクラとサスケの直接のやり取りはありません。

ですが、今回はフラグが立ちまくり!

サスケは物語の中盤まで、

自分が木ノ葉の里で暮らす姿が想像できないと思っていました。

ナルトに負けを認めた日以来、

カグヤの調査・罪を償うための旅を続けていました。

でも、木ノ葉の里を守るために動く自分に戸惑いも感じていたんです。

その戸惑いが、ナルトとサクラからの手紙によって吹き飛びます。

そして、サスケは木ノ葉の里に久しぶりに帰ることにしました。

もちろん、木ノ葉の里には

「今度こそ何を言われてもついていこう」と決心したサクラが待っています(笑)

イタチとサスケの思い出がサスケの道しるべに

今回のエピローグで、

サスケはナルトから手紙をもらいます。

その手紙の中に「サクラちゃんと話しててさ、今回のお前って…警務部隊みたいだな!」という文言が。

その言葉で、幼い頃イタチに「警務部隊に入るの?」と尋ねたことを思い出すサスケ。

このエピローグは、

イタチ真伝を読んどいたほうが

感動できると思いますねえ。

香燐とサクラの友情フラグ

香燐とサクラ。

今回直接的な絡みはないんですが、

サラダの「母親は誰」騒動エピソードのフラグがありました。

サラダが疑惑をもつきっかけになった記念写真。

あの写真をなぜサクラが持っていたのか、

サスケ真伝を読むと「なるほどね」と思えます♪

サイ いののラブラブっぷり

今回いのは、

仲間を救うために敵の幻術トラップにさらされて、

チャクラを大量に消費して倒れてしまいます。

病院で、いのに寄り添い離れないサイが見れます。

最高の絵をいのに渡すために何回も書き直すサイの姿…

かわいすぎ^^;

もう1人の血龍眼 御屋城エン

サスケ真伝来光篇のストーリーのキーパーソン、

御屋城エン。

エピローグで彼も血龍眼の持ち主だと明かされます。

彼が今後どう動くのかは、

続編で描かれるのでしょうか。

でも、続編の情報が何も出ていないんですよねえ…

確かサスケ真伝もイタチ真伝みたいに2巻でるって言ってたのに。

もし続編が出たとしたら、

確実にサクサスカップルの馴れ初め話になるのに!

>>イタチ真伝の感想はこちら

スポンサーリンク

サスケ真伝 来光篇の感想【あらすじ・ネタバレ注意】

サスケ真伝来光篇が発売されました!

今回も一気に読んじゃいましたよ♪

サスケ真伝の時系列

今回のサスケ真伝来光篇は、

時系列としてはナルトとヒナタの結婚から数カ月後

我愛羅秘伝や暁秘伝のすぐ後というタイミングです。

忍びの大量失踪事件発生

物語は、霧隠れと雲隠れの忍び100名以上が失踪したことから始まります。

現場の状況から、強力な幻術使いが関わっているらしい…

カグヤの痕跡を追っていたサスケにも情報が伝えられ、

サスケも調査に乗り出します。

暗雷団との遭遇

調査の途中で立ち寄った村で、

チノノワキという忍びに襲われます。

話を聞くと、暗雷団のメンバーと間違えて襲ってきたらしい。

暗雷団の頭のカリュウは、

かつて復讐のために暴れまわっていたサスケを「心の師匠」として尊敬しているというのです。

サスケは自分の名前が使われている以上、ほっとくわけにもいかず

暗雷団壊滅に協力することにしました。

失踪した忍びたちが各忍び里を襲撃!

霧隠れと雲隠れでの忍びの大量失踪事件。

実は、木ノ葉の里でもわずかながら忍びが行方不明になっていることが判明します。

そうこうしているうちに、

木ノ葉の里に侵入者が!

なんと、失踪した忍びたちが襲ってきたのです。

しかも、忍びたちの様子がおかしい。

幻術で操られているようでした。

おなじみメンバーが大活躍

今回のサスケ真伝、

序盤でナルト、ヒナタ、サクラ、いの、シカマル、チョウジ、サイが出てきます。

木ノ葉の里を襲ってきた忍びたちに対して、連携しながら撃退していきます。

襲ってきた忍びたちは操られている上、

攻撃して傷を与えると爆発する術がかけられていました。

下手に攻撃すると里が吹き飛ぶ。

そんなピンチをシカマルとナルト、ヒナタの連携で止めるんですが…

この連携が面白かった!

まずナルトが多重影分身で囮になり、

シカマルが影真似の術で相手を拘束。

そして最後にヒナタが「急止の点穴」をついて行動不能にするというもの。

映画「BORUTO」をみた人なら、

「急止の点穴」って分かりますよね。

おまけの短編マンガで、

ナルトの娘うずまきヒマワリがナルトの点穴をついて、一撃で気絶させたあれです(笑)

まさかこんな場面で再び出てくるとは…

暗雷団と大量失踪事件がつながっていく

操られて木ノ葉の里を襲ってきた忍びの記憶を探ると、

かつて「雷光団」と呼ばれた組織の元リーダーが首謀者である可能性が浮上。

雷光団はすでに散り散りになっているが、

その残党の一部が暗雷団として活動していることが判明します。

暗雷団は捕獲したが…

サスケはチノ・ノワキと協力して暗雷団を捕獲することに成功しましたが…

頭のカリュウから、

かつての雷光団は悪党を倒して弱いものを助ける義賊だったこと、

裏切りにあって壊滅させられたこと、

今まで助けてきた村からも見捨てられて恨んでいたことを知ります。

その恨みを晴らすために暗雷団と名前を変え、

村を襲っていたのでした。

話を聞いた後、

暗雷団の処遇を決めるため木ノ葉の里と連絡をとったサスケは、

忍びの大量失踪事件と暗雷団がつながっていることを知ります。

再び情報を聞き出そうとしたサスケでしたが、

暗雷団を恨んでいた村人が

暗雷団を閉じ込めた倉庫ごと燃やしてしまい、

情報を聞き出すことができませんでした。

大蛇丸から雷光団の情報をゲット

サスケはさらに情報を得るため、

裏社会に詳しい大蛇丸を訪ねます。

大蛇丸によると、

雷光団の頭「風心」は元々「御屋城エン」という武器商人の護衛団にいたといいます。

御屋城エンは死の商人と呼ばれ、

血継限界コレクターでもあり、血継限界を持つ者を手に入れて護衛団にしていた人物。

サスケは御屋城エンに接触を試みます。

御屋城エンから失踪事件の首謀者のアジト情報を手に入れる

御屋城エンから失踪事件の首謀者が

アジトとして使っている島の情報をつかみ、

アジトの調査に向かうサスケ。

そこで今回の首謀者がチノ、ノワキであったことを知ります。

ノワキこそ、雷光団の元リーダーだったのです。

ノワキを戦闘不能に追い込んだサスケ。

これで事件は解決かと思った時、

眼球全てを真っ赤に染めたチノが立ちはだかりました。

血之池一族 血龍眼を持つチノ

強力な幻術でチノとノワキに逃げられたサスケ。

救出した忍びたちを雷の国に届けた際、

雷影から血之池一族血龍眼のことを聞かされます。

木ノ葉の里ができるよりも前の時代、

血之池一族は陰謀によって

地獄谷という場所に追放された一族。

強力な血継限界を持つ一族で、

特に幻術を得意としていました。

そして、血之池一族を追放するとき、

雇われたのがうちは一族だったのです。

復讐の連鎖・うちは一族や里の闇を突きつけられたサスケ

物語のラストは、

血之池一族 血龍眼を持つチノとの対決。

そこで、サスケは人との繋がり、これから自分がするべきことを

思い返しながら戦いました。

今回のサスケ真伝のポイントはこの部分だと思います。

復讐を胸に、闇を見続けてきたサスケがナルトによって闇から抜けだす。

闇から抜けだしたサスケがどう生きていくのか、

サスケが悩みながら前に進む姿がよく表現されていました。

エピローグは最高!

サスケはエピローグで、

一度木ノ葉の里に戻ることを決心するんですが、

その流れが最高でした。

短いエピローグの中に、

イタチとの思い出、ナルトやサクラとのつながりが凝縮されているんです。

なるほど、だからサスケは木ノ葉の里のために戦えるようになったんだね。

読んだ後、爽やかな気分になれました♪

スポンサーリンク