ハムスターのダニ対策【ケージの掃除だけでは防げない】

ハムスターとダニ対策

ハムスターを飼っている人はダニが気になりますよね。

ハムスターが皮膚炎になるのもかわいそうですが、私たちの体にもアレルギーが起こります。

今回はハムスターのダニ対策について見落としがちな点をご紹介します。

週1回の掃除でもダニが増える理由

ハムスターのケージの掃除は週1が基本です。

ハムスターのダニ対策

床材にしているおがくず・チップを入れ替える。

置きっぱなしのペレットを除去する。

アルコールや洗剤などでケージなどを掃除する。

これだけやってもダニがすぐ増えることがあります。

このような場合は、原因はケージの外にあります。

ケージの周囲のどこかに「ダニの供給源」があるからすぐ増えるのです。

小屋の周りも徹底的に掃除すべし

ハムスターのケージ、どこに置いていますか?

棚の上?窓際ですか?

ダニは湿気と温度の条件が揃えばどこにでも繁殖します。

窓際にケージを置いている人は、カーテンにもダニがいるかもしれません。

棚の隅っこや裏側のホコリにもダニはいます。

ハムスターのダニ対策

ケージの近くにダニの繁殖地があると

ケージを掃除してもすぐにダニが増えてしまいます。

ダニは思ったより移動する生物です。

ケージはマメに掃除しても周りを掃除していないなら

どこかにダニの天国があるはずです。

プランター葬で観葉植物を置いてる人は要注意

ハムスターが亡くなった後、プランター葬をしている人は多いと思います。

プランターに埋葬して観葉植物を育てている人は、要注意。

湿気を含んだ土はダニも住みやすい場所です。

心当たりのある人は観葉植物をやめるのが無難です。

土の上に敷石をして、かわいい墓石を置いて飾ってはどうでしょうか?

手間も少なく、インテリアとしても最適です。

墓石を使ったかわいいプランター葬は「ハムスターをプランターに埋葬する方法」で紹介されていますよ。

寝室で飼っているなら布団のダニが原因かも

ハムスターを寝室で飼っている人もいると思います。

その場合は、あなたの布団がダニの供給源になっているかもしれません。

布団

ダニは快適な環境を求めて移動するので、布団から出てくるダニもいるのです。

ニキビや肌荒れがよくできませんか?

布団のケアが不十分だとあなたにもハムスターにもよくありません。

>>布団のダニ対策の簡単な方法はこちらを参照

殺虫剤を使わずできるダニ対策

ダニが気になり始めると、バルサンなどを使いたくなりますよね。

でも、薬品でダニを退治するのはあまりよくありません。

ダニの死骸もアレルギーの原因になるので

マメに除去するのが1番だと思います。

さすがに毎日ケージや周囲を掃除するのは大変ですよね。

最近はいい便利グッズが出ていますよ。

例えばダニピタ君。

ダニを引き寄せて中に閉じ込める便利グッズです。

ダニピタ君

これをケージの床材の下に敷いておくだけでOK。

一網打尽にしてくれます。

殺虫剤ではないのでハムスターに影響することはありません。

ハムスターのダニ対策

ついでに布団の下にも設置すれば、部屋のダニを自動的に減らしてくれますよ。

詳細は下記リンク先をご確認ください。
↓↓↓↓
「置くだけ」でダニとの共同生活が終わります。【ダニピタ君】公式サイトはコチラ

スポンサーリンク

エアコンで湿疹ができた!乾燥以外の怖い肌荒れの原因とは

エアコンと湿疹

友人とお茶をしているときに、

隣の席の人がこんな話をしていました。

「エアコンのせいで湿疹ができたの。乾燥して嫌だわ」

夏の乾燥はよく聞く話ですが、

実は肌荒れの原因は別にあるって知っていますか?

確かにエアコンで冷暖房していると

空気が乾燥しやすいです。

でも、ほどんどの人は

何らかの保湿ケアをしているのではないですか?

空気の乾燥以外が原因で

湿疹・肌荒れが起こる場合が多いのです。

エアコンがカビ胞子をばらまいてる

エアコンのお手入れをサボるとカビが生えます。

このカビって、

生きている限りは胞子を撒き散らしているのです。

エアコンにカビが生えるということは、

送風するたびに

カビ胞子を部屋に広げているのと同じことです。

カビの胞子が肌にくっついても、

健康な肌なら撃退できるのですが…

免疫が落ちていると

肌が炎症を起こしてしまいます。

こうなると肌のバリア機能が低下するので、

お肌の保湿力が落ちて

乾燥肌になり、ますます抵抗力がなくなります。

家のエアコンなら掃除すればいいのですが、

オフィスやスーパー、

ショッピングモールに車のエアコン。

エアコンと肌荒れ

これら全部を掃除してまわるのは不可能です。

つまり、カビ胞子からお肌を守る

何らかの対策が必要なのです。

カビではなくダニの増殖が原因かも

夏に冷房をガンガンかける場合は

カビ以外にも湿疹・肌荒れの原因があります。

それがダニです。

特に夜だけエアコンをつけていて、

昼間はエアコンを切っている場合

布団にダニが増殖しやすくなります。

実は、ダニはカビをエサにしています。

ジメジメした夏はカビ胞子が空気中にたくさんいます。

このカビを食べてダニが増えるのです。

もしエアコンからカビ胞子がばら撒かれていたら、

ダニのエサを供給し続けているのと同じこと。

さらに昼間は冷房を切っていて

高温でジメジメしているとしたら

ダニにとっては天国です。

エアコンとダニ

ダニが増えれば

お肌に湿疹ができたり荒れてしまうのは

当然の結果です。

カビ・ダニからお肌を守る方法とは

乾燥が原因ではなく、

カビやダニが湿疹や肌荒れの原因だとしたら

どうすればいいのか?

大丈夫です。

カビが原因でもダニが原因でも

同時に予防する方法があるのです。

自分はカビで肌荒れしているのか?

ダニで肌荒れしているのか?

原因や対策方法については、

「顔カビと顔ダニの症状の違い」をご覧ください。

スポンサーリンク

肌荒れを早く治す【布団のダニ対策と化粧水で改善】<冬の乾燥対策>

布団

ニキビがよくできるし、

冬になると乾燥肌の悩みまで…

肌荒れって本当にしつこいですよねえ。

私は社会人になってからは、アゴのニキビがよくできるし、こめかみ辺りが乾燥してかゆくなったり、ほっぺたが乾燥でゴワゴワしたりしてました。

でもそれは去年までの話です!!

布団のダニ対策を真剣にしてから、肌荒れが格段に減ったんです♪

敵は顔ダニじゃなく布団のダニ!?

ニキビがよくできる人なら、顔ダニって気になりますよねえ。

顔の毛穴の奥に潜んでいるダニで、夜になると肌の表面に出てきて皮脂を食べて朝になると毛穴の奥に戻っていくんです。

私も去年までは、「ニキビ顔は顔ダニのせいだ!」って思って一生懸命洗顔して、洗顔フォームをあれこれ試していました。

ところが顔よりも洗うべき場所があったのです。

皮膚科の先生のアドバイスで気づくことができました。

たまたま去年の11月頃、こめかみが乾燥で赤く腫れたので皮膚科に薬をもらいに行ったんです。

その時に皮膚科の先生にニキビのこともついでに質問してみたら、「枕カバーやシーツを洗いなさい」と言われました。

布団のダニはヤバイ

皮膚科の先生に詳しく話を聞いて見ると、顔ダニは皮膚が綺麗な人にも生息しているもの。

余分な皮脂を食べて、皮膚の表面を弱酸性に保つ働きもしてくれるパートナーなんですって。

もちろん、顔を洗わず顔ダニが過剰に増えても肌が荒れます。

でも、顔ダニより布団に住むダニ(ヒョウダニ・ツメダニ)のほうが人体に悪いんです。

布団のダニ

布団のダニが厄介なのは、布団のダニの排泄物に含まれる消化酵素が肌バリアを傷つけること。

肌バリアが傷づくと乾燥しやすくなるし、雑菌や紫外線などの刺激に弱くなってしまいます。

布団のダニ

そして布団のダニに対して、人間の体は排除するために免疫細胞が働きます。

その結果、鼻水が出たり、肌が炎症を起こすことに繋がります。

布団のダニは顔ダニと違って、百害あって一利なしなんです。

枕にタオルを巻くだけでも効果あり

肌のことを思うなら、

毎日枕カバーやシーツを交換して洗うのが一番なんですが、

なかなか毎日は難しいですよね。

でも、枕だけでも頑張りましょう。

一番簡単な対策は枕にタオルを巻くこと。

枕カバーの上からでOKです。

そして、このタオルを毎日交換しましょう。

タオル

タオルを毎日交換して洗濯することで、

タオルの中に入ってきたダニを洗い流せます。

あと、毛布のかわりにバスタオルを使うのも効果的。

抱きしめて寝てもいいし、

丸めて掛け布団と敷布団の間に入れておくだけでもOK。

バスタオルも毎日交換すれば、

バスタオルに侵入したダニを洗濯機で洗い流せるので、

布団のダニを減らしていくことができます。

ダニってタオルのふわふわした生地が大好きなんですって。

その習性を利用してダニを少しでも減らすのです。

アーム付きusb扇風機

さらに徹底するなら、朝起きてから扇風機で布団に風を送るもの効果的です。

寝ている間に布団が吸った湿気を飛ばせばダニが増えにくくなります。

肌荒れ体質の人に良いスキンケアは善玉菌を増やすもの?

体質的にニキビ・肌荒れができやすい人っていますよね。

肌荒れしない人としやすい人の差ってなんだと思いますか?

遺伝的にお肌が強い人もいます。

でも、それだけが要因ではありません。

実はお肌の表面に済む善玉菌や悪玉菌の差が大きいと言われています。

私たちの肌は、自分だけで守っているわけではないのです。

お肌に住む常在菌の中には、保湿成分を出してくれる良い菌もいます。

逆に悪さをする悪玉菌もいます。

腸内細菌

肌荒れしにくい人は善玉菌の数が多いので、肌が荒れにくいんですって。

お肌の善玉菌を増やすことができれば、雑菌、顔ダニ、顔カビにも負けない肌に近づけます。

詳細については「顔ダニと顔カビの症状の違い」をご確認ください。