起立性調節障害とお風呂【最適な入浴方法とは】

お風呂

私の従兄弟は中学1年生のとき、

起立性調節障害と診断されました。

現在は完治していますが、

当時は大変でした。

以前、従兄弟の治療体験を書いたところ、

このようなご質問をいただきました。

起立性調節障害の人はお風呂はどうしたらいいの?

今回は起立性調節障害に最適な入浴方法について

お話したいと思います。

最適な温度と入浴時間

起立性調節障害の治療で1番重要なのが、

自律神経の乱れを立て直すこと。

体の自律神経を整える上では、

夕食後の入浴効果を最大限に引き出したいですよね。

自律神経を整えるなら、

お湯の温度は40℃で15分お湯につかるのが効果的です。

最初の5分は首までつかり、

残りの10分はお腹ぐらいまでの半身浴をする。

こうすることで、

血流をアップさせつつ、血圧が下がり過ぎない。

さらにはリラックス効果で副交感神経が活性化されるので

体が休息モードに切り替わります。

熱めのお風呂や長風呂は危険

42℃ぐらいの熱めのお風呂は、

起立性調節障害の人にとっては

マイナスに作用することがあります。

人の体は、熱めのお風呂に入ると

血圧が急上昇した後、急下降します。

起立性調節障害とお風呂

起立性調節障害の人は

この調整が上手く機能しない場合があるので

体調が悪化することがあるのです。

また、ぬるめのお風呂に長時間つかると、

血管が拡張してどんどん血圧が下がります。

健康な人はお風呂から出れば血圧が上がりますが、

起立性調節障害の人の場合は

血圧が戻らずフラフラになることがあるのです。

シャワーのみはもったいない

湯船につからず、シャワーだけの人もいると思います。

これはもったいないことです。

シャワーだけ浴びた場合は、

交感神経が活性化されます。

つまり、体が活動モードになるのです。

入浴するより血圧の上下は減るし

元気になる気がするのですが、

安眠効果が得られません。

夜しっかりと寝るためにも

湯船につかって副交感神経を活性化しましょう。

入浴と一緒に日光で自律神経を整える

自律神経の機能を正常に保つためには、

日光を浴びる必要があります。

ところが午前中動けなくなる起立性調節障害の人は、

大事な朝日を浴びられません。

例え学校には行けなくても

朝日を浴びる習慣だけはつけたいものです。

私の従兄弟の場合は、

家の日当たりが良くありませんでした。

そのため、光目覚まし時計を使って

日光の代わりにしたのです。

光目覚まし時計を使い始めてから、

従兄弟の症状はかなり良くなりました。

詳細については、

「起立性調節障害で薬が効かない人へ」をご覧ください。

スポンサーリンク

小学生の子どもの乾燥肌はお風呂が大事【冬になるとかゆくなる人へ】

お風呂

先日、このブログを見た人から

「うちの小学生の息子が、毎年冬になると乾燥肌でかきむしるんです」

というご相談を受けました。

詳しく聞いてみると、全身が乾燥しやすくて、

特に下半身がかゆくなりやすいんですって。

小学生くらいのお子さんで乾燥肌に悩む子は多いです。

今回は、子供向けの乾燥肌対策をお話させていただきます。

ストーブにあたり過ぎは要注意

ストーブ

毎日寒いので、

家族みんながストーブの前に大集合しているご家庭も多いと思います。

このストーブが要注意。

お肌表面の温度が必要以上にあがってしまうと、

お肌の水分の蒸発スピードが上がって、

乾燥肌が悪化してしまうことがあります。

ストーブの前で寝転がってくつろぐのは気持ちいいんですが、

ストーブの温風があたっている部分が、ドンドン乾燥しているとしたら…

特に、下半身が痒くなりやすい子は、

ストーブの前で三角座りしたり、

寝転んで温まるのが日課になっているかも。

何気ない行動が乾燥肌につながるので、

様子をみてあげてくださいね。

体を洗うタオルは綿か麻に

タオル

乾燥肌対策では、体を洗うときのタオルも大事です。

ナイロン製のタオルでゴシゴシ洗うと、

肌の皮脂を必要以上に洗い流してしまって乾燥肌になる場合があります。

できれば綿や麻でできたタオルで洗いましょう。

優しく撫でるように洗うだけで体の汚れは落ちますので、

ゴシゴシ洗いは禁物です。

全身の乾燥肌はお風呂上がりが肝心

以前、こちらの記事でお風呂が乾燥肌を悪化させることについて触れました。

>>お風呂と乾燥肌の過去記事はこちら

簡単にご説明しますと、

お風呂上がりは皮脂を洗い流した状態なので乾燥しやすい

皮膚についている温かいお湯が蒸発するとき、

皮膚に必要な水分まで一緒に持って行ってしまうことがあるんです。

お風呂から出て、約15分で入浴前の水分量になり、

30分後には入浴前より20%前後水分が少なくなっています。

お風呂あがりの保湿が乾燥肌対策のカギを握っています。

入浴剤で保湿すべし

コマメに保湿することは必要ですが、

保湿クリームを全身に毎日塗りこむのは大変。

ベトベトするので不快感もありますしね^^;

親に全身ケアされるのを嫌がる年頃の子もいますし、

お風呂あがりに保湿クリームを塗るのは難しいです。

私は保湿効果の高い入浴剤を使っているのですが、

手間もかからないし、全身塗り残しがないので安心です。

特に、敏感肌・アトピーの人向けに作られた入浴剤は、

体に優しくて、かゆみが治まりました。

 
保湿に特化し潤いを逃さない『みんなの肌潤風呂』をお試しください⇒


 

スポンサーリンク