Fanhao コンパクト除湿機のレビュー!タンクの掃除しやすさも確認

Fanhao コンパクト除湿機のレビュー

梅雨の湿気対策に、Fanhao コンパクト除湿機を購入しました。

この除湿機は6畳までの狭い範囲専用。

しっかり働いてくれるのか?

今回は購入を迷っている人のために、実際に買って感じたことをお伝えします。

“Fanhao コンパクト除湿機のレビュー!タンクの掃除しやすさも確認” の続きを読む

クローゼットの湿気対策は新聞紙を敷く?実験してみた

クローゼットの湿気対策に新聞紙を敷く

我が家の2階は、湿気がたまりやすいです。

特に気になるのがクローゼット

夏は油断すると、大変なことになります。

ネットで湿気対策を調べてみると、新聞紙を使う方法がヒットしました。

でも本当に効果があるのでしょうか?

湿度計を使って、実験してみました。

“クローゼットの湿気対策は新聞紙を敷く?実験してみた” の続きを読む

ビンのキャップの外し方!ハサミで味ぽんも焼き肉のタレも取れる

ビンのキャップの外し方

ビンのプラスチックのキャップって外しにくいですよね。

特に味ぽんとか。

そこで役に立つのがハサミです。

本当は栓抜きを使えば良いのですが、持っていないご家庭も多いはず。

今回はハサミを使った外し方を紹介します。

“ビンのキャップの外し方!ハサミで味ぽんも焼き肉のタレも取れる” の続きを読む

屋根の猫よけはどうしたらいい?粘り勝ちした私の体験談

屋根

猫対策の中でも、もっとも難しいのが屋根です。

庭ならいろんなものを撒いたり設置して、素人なりに対策できます。

でも屋根の上に来る猫には、有効な手立てが少ないです。

今回は、お困りの人向けに私の猫よけ体験談をお話します。

“屋根の猫よけはどうしたらいい?粘り勝ちした私の体験談” の続きを読む

掃除でドライシートを濡らすのはダメ!ウエットシートとの違いを解説

ドライシートを濡らすのはダメ

お掃除シートって便利ですよね。

でも、使い方を間違えている人が結構いるって知っていますか?

例えば、ドライシートを濡らして使っている人。

ウエットシートは高いから、ドライシートを濡らして使えば節約になる…と思っているなら大間違い。

もったいない!

ドライシートを濡らすと、掃除効果が半減するのです。

その理由についてお話したいと思います。

“掃除でドライシートを濡らすのはダメ!ウエットシートとの違いを解説” の続きを読む

猫よけボンネット編!カバーとガムテープで対策バッチリ

車のボンネットの猫よけ対策

うちの車のボンネットが猫の憩いの場になってる!

困りますよね。

傷つくし臭いも気になるし、万が一エンジンルームに入ったら…

すぐにでも追っ払いたいけど、どうすればいいの?

今回は私が試して効果があった方法を紹介したいと思います。

用意するもの

車に猫が乗るのを防ぐ方法

まずは、準備物の確認をします。

用意すべきものは、次のとおりです。

・車用のカバー

・ガムテープ

ガムテープは普通のガムテープでOK。

百均やコンビニで置いてるもので大丈夫です。

どうやるの?

車のボンネットの猫よけ

今回の作戦はとてもシンプルです。

①車をカバーで覆う

②ボンネットにガムテープを設置(粘着面を上にする)

車用のカバーで車体を保護しつつ、ガムテープで猫に「この場所は不快だ」と思わせる作戦です。

猫って、足にベタベタするものが付くとものすごく嫌がりますよ。

Youtubeに分かりやすい動画がありましたので貼っておきます。

このように、猫はガムテープが足にひっつくのを嫌います。

これを車のボンネット上で再現すれば、そのうち猫は来なくなるはず。

ちなみに、ガムテープを直接車に貼り付けると跡が残りやすいです。

必ずカバー上に設定してくださいね。

車のカバーを見れば近づかないのが理想

車のボンネットの猫よけ対策

この作戦で大事なのは、猫に「この場所は不快だ」と思わせること。

理想としては、車のカバーを見た瞬間に近づかなくなることです。

そのため1日ではなく、何日か継続して行うのがおすすめ。

1日だけだと、気にせず戻ってくる可能性大。

車のボンネットの猫よけ

私の場合は、1週間続けたらボンネットに乗らなくなりました。

ちょっと手間がかかりますが、1日では効果が薄いので仕方ありません。

この方法の3つの弱点

ボンネットの猫よけ対策

薄々お気づきの人もいると思いますが、この方法には3つ弱点があります。

・ひと目が気になる

・片付けが面倒

・車の下に潜り込む猫を防げない

最大の弱点は、ご近所さんにめちゃくちゃ見られることです。

車にガムテープが貼ってあれば、気になるのは当然。

私の場合は車に「猫よけ実施中」という張り紙をすることで、精神的に楽なりました(笑)

ボンネットの猫よけ

2つ目は、片付けが面倒なこと。

ガムテープが全部ゴミになりますから、そこはどうしても面倒くさい。

最後は、車の下に潜り込む猫対策です。

上には乗らなくても、下に入ろうとする猫はいるかもしれません。

継続的に対策するなら超音波

いかがでしょうか。

今回は車のカバーとガムテープを使った猫よけを紹介しました。

この方法は、猫に「この場所は不快だ」と思わせることができます。

シンプルですが、それなりに効果がありました。

ただ、これからずっとこの方法を続けるのは難しいですよね。

車の下に潜り込む猫も気になります。

車の猫よけ

今後も継続的に猫よけを徹底したいなら、やはり超音波式の猫よけが一番だと思います。

私が試したところ、臭いで撃退する系の猫よけよりは効果があります。

コストはかかりますが、効きもしないグッズにお金をかけるよりマシでしょう。

なお、キッチンハイターなどの漂白剤系で猫よけも耳にする機会が多いですが、無理です。

詳しくは「猫よけはキッチンハイターなどの漂白剤では無理だった」をご覧ください。

防犯砂利は猫よけに効果ある?我が家で試してみた結果

猫よけに防犯砂利

我が家の庭は半年前まで、野良猫(近所の飼い猫?)たちのトイレになっていました。

今では撃退に成功しましたが、ずいぶん苦労しました。

今回お話するのは、防犯砂利と猫よけについて。

知恵袋などを見ると「防犯砂利は猫よけになる」と言っている人がいますよね。

これは本当なのか?

我が家で試した結果どうなったのか、まとめましたのでご覧ください。

“防犯砂利は猫よけに効果ある?我が家で試してみた結果” の続きを読む

ティッシュのホコリが気になる人へ!2つの解決策を一挙公開

ティッシュのホコリが飛ぶ

ティッシュのホコリって気になりますよね。

私はアレルギー性鼻炎なのですが、鼻をかむと余計に鼻づまりがひどくなります。

そこで今回は、解決策を2つ紹介したいと思います。

・ホコリが出ないティッシュ

・飛んだホコリをすぐ回収するグッズ

この2つのどちらかを使えば、解決するはず。

さっそく見ていきましょう。

“ティッシュのホコリが気になる人へ!2つの解決策を一挙公開” の続きを読む

コーヒーで猫よけできるなんて誰が言った?試してみた結果

コーヒーで猫よけ

この数日、猫よけ体験談を書いたところ想像以上に反響がありました。

野良猫による被害で悩んでいる人、多いんですね。

今回は、コーヒーで猫よけに挑戦したときの話をします。

私は毎日コーヒーを2杯飲みます。

もしコーヒーで猫よけができるなら、最高ですよね。

ドリップバッグコーヒーの2杯目

ネットを検索すると「できた」と言ってる人もいたので試してみました。

どんな風に試したのか?

結果はどうだったのか?

分かったことをまとめました。

“コーヒーで猫よけできるなんて誰が言った?試してみた結果” の続きを読む

猫よけの超音波は赤ちゃんに聞こえる?メーカーに問い合わせてみた

超音波猫よけと赤ちゃん

今日は、超音波式の猫よけについて取り上げたいと思います。

前回木酢液の猫よけ効果の記事を掲載したところ、こんな質問が届きました。

「超音波式の猫よけって、赤ちゃんに聞こえますか?」

確かに、家に赤ちゃんがいるなら気になりますよね。

赤ちゃんの体調が悪くなったら大変です。

そこで今回は、メーカー(販売業者)に直接問い合わせてみました。

聞こえる可能性はあるのか?

聞こえたとしたら、健康に影響があるのか?

調査した結果をお話します。

“猫よけの超音波は赤ちゃんに聞こえる?メーカーに問い合わせてみた” の続きを読む