トヨタヴィッツ1.3F特別仕様車の値引き額の口コミ【体験談をお話します】

トヨタのヴィッツを買いたい人は、安く新車のコンパクトカーを手に入れたいですよね。

今回は、ヴィッツの値引き可能額や交渉について実体験をお話します。

マイナーチェンジ後は値引きしにくくなっている

まず実体験をお話する前に、最近の傾向をお伝えします。

2016年以降、ヴィッツは値引きしづらくなっています。

昔は20万円以上の値引きも珍しくない状態でした。

でも、最近では15万円~18万円程度が多いようです。

20万円まで持っていくには、タイミングや交渉術、運も必要かもしれません。

私の絶対譲れない条件

まず、私がネッツトヨタに行く前から思っていた条件。

「頭金30万円で月々の支払いは2万円以下」

これだけは絶対に譲れないボーダーラインでした。

ヴィッツでこの条件をクリアできないなら

ピクシスエポックにしようと思っていました。

>>ピクシスエポックとヴィッツの比較はこちら

とにかくこの条件でどこまで交渉できるか、いよいよ挑戦です。

ネッツトヨタから最初に提示された値引き額

ピクシスエポックとヴィッツの違いを比較

ヴィッツは1番低いグレードでも良いのですが、オプションを考えると特別仕様車がお得でした。

特別仕様車は153万円程度。

普通のFと比べると8万円ぐらい高いですね。

私は特別仕様車「1.3F LED Edition」をベースに、諸々オプションを着けていきました。

オプションは基本的に欲しいものは全部着けて、交渉の中で切るのが良いでしょう。

さて、ネッツトヨタからの最初の提示額は

「値引き額10万円」

「頭金83万円で月に2万円支払い」

…ハッキリ言って話になりません。

現在所有しているオーリスを下取りに出すとしても、考えられない金額。

さあ、ここからいよいよ交渉スタートです。

交渉で粘りながらさらに値引き

交渉すると言っても我儘な客になってはいけません

まずはオプションを1つ外しました。

外したのはコーナーセンサー。

障害物が近くにあるときにアラームで知らせてくれる機能です。

これは現在所有している車にもついてないので未練はありません。

さて、オプションを外した上での交渉です。

交渉材料としては

①譲れない条件を正直に伝える(私は頭金30万円、月2万円)

②条件が出ないなら持ち帰るor他店に行く

③いっそ軽にしちゃう考えもあるよと伝える

まあ、③は余計かもしれません(笑)

大事なのは条件①を伝えることです。

交渉で手の内を見せるのは悪手だと思うかもしれません。

でも、こちらの条件をハッキリさせなければ担当者は動きません。

手の内を隠したい気持ちはわかりますが、時間がかかるだけです。

さて、これらの話をする中で、

次の条件を引き出すことができました。

「支払いは残価設定プラン」

「値引き額20万円、頭金34万円、月支払い2万円」

…理想に近づいてきました。

さて、本当にこれで限界なのかどうか?

最後に一言、魔法の言葉を囁いて確かめましょう♪

残価設定プランと通常のローンでは金利が倍違う

お金

どんな魔法の言葉を使ったかの前に、なぜ残価設定プランを選んだかお話します。

トヨタの残価設定プランと通常ローンでは金利が倍近く違うからです。

残価設定プランなら4%台。

通常ローンではなんと8%台!

この違いは大きすぎる。

8%も取られるぐらいなら一括で払います…

でも一括で払うと辛いので、残価設定プランに決定。

私の場合5年プラン、残価38万円という設定でした。

総額から38万円引いた金額が支払い金額になりますので、月々の支払いが小さくなります。

最後に値引きを絞り出す魔法の言葉

一般媒介契約のデメリット

さて、本題に戻ります。

現在の条件でも頭金以外はクリアしています。

あと4万円、減らせないかなあ…

探りを入れるために魔法の言葉を使いました。

「頭金が30万円になるなら即決できるんですが…」

ポイントは「即決」です。

交渉のプロならありえない言葉かもしれませんね。

でも、車は買った後もメンテナンスなどでお世話になるのです。

我儘で厄介な客だと思われてはいけない。

「悩んでいるけど、即決できるラインはここだ」と伝えて相手の様子を伺う。

今後のお付き合いも考えると、これぐらいがちょうどいいです。

担当者は「私の裁量権を超えるので店長に相談させてください」と言って席を立ちました。

この時点で、可能性は50%ぐらいだと思っていました。

売上状況などが客に有利ならできるかなと…

結果的にはこれが大正解!

オプションをほとんど諦めず、頭金を30万円以下にできたのです。

最近の状況は客に不利だが買取金額で取り戻せ

最終的には、都合よく私の理想通りの条件に収まりました。

ただし、最近はどんどん値引き交渉がしづらくなっています。

トヨタ自体が好調ですし、原料の高騰など世界的な要因もあります。

そんな状況なので、値引き交渉は15万円から20万円ぐらいが目安でしょう。

ただ、私たちに有利なこともあります。

中古車市場が盛況なのです。

特にコンパクトカーは多少のキズがあっても高値がつきやすい状況です。

普通に下取りに出すのはもったいない。

私の平成21年に買ったオーリスは、ネッツトヨタの下取り価格25万円でした。

でも、下記サイトを通したところ45万円で売ることができました。

他のサイトと違って、電話が1社からしかかかってこない仕組みです。

しつこい営業電話の相手をせずに済むのが嬉しい。

ちょっとの手間で20万円も儲かります。

面倒くさがらずにやってよかったです。
↓↓↓↓
中古車買取の詳細はこちら

ピクシスエポックとヴィッツの違いを比較!評判がいいのはどっち?

我が家では車を買い替えようかという話が出ています。

今、迷っているのはピクシスエポックにするかヴィッツにするか。

調べたことをまとめてみました。

ピクシスエポックとヴィッツで迷う理由

ピクシスとヴィッツで迷っている理由は価格です。

ピクシスエポックは76万円(2WD)から131万円(4WD)。

最近主流の衝突回避システムやキーフリーシステムなどが付いているG SAグレードで118万円です。

ピクシスエポック

ヴィッツは最低クラスの2WDのグレードFでも145万円かかります。

特別仕様車の1.3F”LED Edition”は152万円です。

ヴィッツ

ピクシスエポックでグレード高めのものを買うか、ヴィッツの1.3F特別仕様車か。

価格帯が近いので迷うところです。

ピクシスエポックとヴィッツの内装の差

ピクシスエポックもヴィッツも、外見は結構好きです。

色によって可愛く見えたり、かっこよく見えるものもあるので個人的には問題なし。

ピクシスエポックとヴィッツは内装にかなり差があります。

特にメーター部分が大きく違います。

ピクシスエポックの内装はこんな感じ。

ピクシスエポック

メーター部分がディスプレイ表示になっています。

口コミを見ていると、天候によっては画面が見えにくくなるようです。

ヴィッツの内装はこのような感じです。

ヴィッツ

メーターの見やすさや運転席付近の空間だけを考えると、ヴィッツの圧勝です。

高速道路に乗るか乗らないかが判断の分かれ目

ピクシスエポックの燃費は32.2~35.2km/l、ヴィッツは17.2~25km/l。

燃費は軽自動車のピクシスエポックが圧勝です。

市街地での利用がメインならばピクシスエポックの方が良いでしょう。

ただし、運転性能はヴィッツの方が上です。

ピクシスエポックは軽自動車でパワーでは負けます。

週に1度でも高速道路や山道を走る人はヴィッツのほうがいいでしょう。

さらにピクシスエポックは寒い地域や急な坂道では力が発揮できません。

ややタフな環境で走ることが多い人は、軽自動車は選択しないほうが無難です。

さらに言えば、ピクシスエポックはダイハツのミライースと中身が同じです。

ダイハツが生産しているのでトヨタ独自の技術は使われていません。

これをどう考えるかというのも、判断が分かれるところですね。

維持費が気になる人はピクシスエポック

軽自動車の最大のメリットは維持費の安さですよね。

税金や保険関係で比べると…

軽自動車

・自動車税(年間)  10,800円
・重量税(2年間)  7,600円
・自賠責保険料(2年間)   26,370円
・10年間合計      277,850円

コンパクトカー
・自動車税(年間)     34,500円
・重量税(2年間)  45,000円
・自賠責保険料(2年間)  24,950円
・10年間合計      694,750円

このように、長く乗れば乗るほど差が大きくなります。

費用重視ならばピクシスエポックの圧勝ですね。

下取りより買取査定で20万円高く売れる模様

結局私は、走行性能を重視してヴィッツの1.3F特別仕様車を選びました。

あとは今持っている車の処分方法です。

ネッツトヨタの人に下取り価格をみてもらいました。

すると、約25万円でした。(うちの車は平成21年型のオーリス特別仕様車)

ところがあるサイトで一括査定してもらうと、約45万円ぐらいで売れそうです。

お得に売るための方法や

ヴィッツの値引き額が気になる人は

「トヨタヴィッツ1.3F特別仕様車の値引き額の口コミ」をご覧ください。