酒さ様皮膚炎で脱ステロイドのリバウンドを最小限に【同僚の体験談】

酒さ様皮膚炎

以前、同僚が酒さを完治させた話をしました。

かなり反響があったため、改めて詳しく書こうと思います。

脱ステロイドのリバウンドの正体

繰り返しながら悪化する酒さ。

脱ステロイドは避けて通れないですよね。

そもそも、脱ステロイドでリバウンドするのはなぜか知っていますか?

あなたの皮膚は、常に免疫が「何か」に過剰反応(炎症)している状態。

今までは過剰反応をステロイドで抑えていたのです。

何の対策もせずにステロイドだけをやめると、炎症が一気に加速します。

リバウンドは副作用ではありません。

抑えていた炎症が「見える化」したのです。

繰り返す酒さを食い止めるには、炎症の原因を除去しないといけません。

同僚はいきなり脱ステロイドで大失敗

以前の話でも触れましたが、最初は同僚も酒さの治療がうまくいきませんでした。

体質改善ができていない状態で脱ステロイドをしたので、激しいリバウンドが起こりました。

酒さ様皮膚炎

事務職だったのでマスクで顔を隠して仕事を続けていましたが…

接客業でなくても、他人の目は気になりますよね。

脱ステロイドで肌の回復に時間がかかる理由

脱ステロイドで肌が回復するには時間がかかります。

長いと数年単位です。

肌は常に入れ替わっているのに、なぜ時間がかかるのでしょう?

答えは「肌のバリア機能」です。

私たちの肌は常に外からの刺激にさらされています。

肌のバリア機能が低下したままでは、いくらターンオーバーをしても綺麗になりません。

ohada1124

逆に言うと肌のバリア機能さえ強化できれば、肌の細胞が入れ替わるたびに回復できます。

2つの視点で肌のバリア機能を強化

肌のバリア機能を強化するには、2つの視点が大事です。

1つは外からの刺激をシャットアウトすること。

もう1つは、抵抗力を高めること。

この2つを同時に進める必要があります。

脱ステロイドで最初に大事なのはシャットアウト。

抵抗力は急に上がりません。

もしあなたがこれから脱ステロイドをするなら、徐々に減らすのがおすすめ。

塗る回数や濃度を徐々に下げつつ、ワセリンで徹底的にガードする。

これが基本です。

すでにリバウンドが起きている人は、まずワセリンでシャットアウト。

炎症の原因から肌を守るのが最優先です。

でも、これだけでは治りません。

シャットアウトしている間に、抵抗力を上げる必要があります。

同僚は、抵抗力を上げる手段として「肌の善玉菌」に注目しました。

自分自身の体質改善だけでは限界があります。

肌の善玉菌の作用を利用することで、抵抗力を底上げしたのです。

 
>>同僚が肌の善玉菌を増やした方法はこちら
 

スポンサーリンク

酒さ様皮膚炎の人はコーヒーを飲むと悪化する【体験談からお話します】

コーヒー

先日「同僚が酒さ様皮膚炎を脱保湿で克服した話」をしました。

今回、その同僚から面白い話が聞けたのでまとめてみました。

同僚はコーヒーを飲むと酒さが悪化した

酒さ様皮膚炎の人は、食べ物や飲み物にも気をつけていますよね。

同僚の酒さ様皮膚炎は仕事の忙しさで悪化したのですが、その頃からコーヒーを飲む量も増えていました。

すると赤みが強くなり、肌がボコボコした感じになっていったのです。

コーヒー

試しにコーヒーをやめてみたところ、肌の状態は少し落ち着きました。

治りはしないものの、悪化は止まったそうです。

詳しく調べてみると、コーヒーと酒さ様皮膚炎の因果関係は完全に解明されていません。

でも色々な人の口コミを見ると、コーヒーで悪化した人が多いのです。

カフェインが原因なら緑茶なども要注意ですが、同僚の場合は緑茶で悪化したと感じたことはないそうです。

ちょっと不思議な気もしますが、コーヒーを飲んでよくなったという口コミはありません。

控えた方が良さそうです。

リンゴを食べると調子がよくなった

個人的な感想ですが、同僚はリンゴを食べるとお肌の調子が良いんですって。

検索してみると他にも同じことを言っている人がいました。

酒さとの関係は研究されていませんが、抗酸化作用の強い「りんごポリフェノール」やクエン酸には美肌効果があります。

リンゴに含まれる水溶性食物繊維で腸内環境も改善できるので、一石二鳥です。

コーヒーの代わりに100%アップルジュースを飲むのが手軽でおすすめ。

最近ではコンビニでカットフルーツが手に入ります。

いつものお菓子をリンゴに替えるのもいいと思います。

同僚は脱保湿で酒さを克服

酒さ様皮膚炎は色々なスキンケアを試しても上手くいかないことが多いですよね。

同僚も、初めのうちはとても辛そうでした。

では、同僚はどうやって完治させたのか?

同僚の体験談については「酒さは脱保湿で乾燥肌対策」をご覧ください。

スポンサーリンク

酒さは脱保湿で乾燥肌対策【善玉菌を増やしてぼこぼこ肌改善】

後ろ姿

これまで何度か、酒さを克服した古い友人の話をさせていただきました。

>>友人の話はこちらを参照

この話を別の同僚にしたところ、

同僚も少し前まで酒さで悩んでいたんですって。

でも、今の同僚の肌は同年代の人よりも綺麗に見えます。

今回はその同僚から聞いた話をお伝えします。

顔のほてりと乾燥で苦しんだ同僚

同僚の肌に最初に異変が起こったのは、

社会人になりたての頃だったそうです。

慣れない仕事で精神的にも一杯一杯。

残業も続いていました。

仕事

12月になって気温が下がってきた頃、

顔のほてりを感じるようになりました。

最初は風邪かなと思ったそうですが、

徐々に顔の赤みが広がり、乾燥もひどくなっていきました。

皮膚科でもらった薬でニキビは消えたが…

だんだん症状が悪化してきて焦った同僚は、

早めに皮膚科を受診することにしました。

病院

もらった薬を飲むと

ニキビは治っていったんですが

顔全体の赤っぽさは消えませんでした。

それからは毎年冬になると

乾燥肌で肌がボロボロ。

ぼこぼこした肌質に変わっていったそうです。

酒さは保湿で悪化する場合あり

同僚は乾燥を少しでも防ぐために保湿剤を使っていましたが、

よくなるどころか余計に悪化したそうです。

色々な保湿剤を試してもダメ。

しばらくは、悪化するたびに皮膚科で対処療法する日々が続きました。

酒さが保湿で悪化した原因

酒さの人で、保湿剤で悪化してしまう人は多いんです。

酒さで肌が乾燥する原因は、肌が熱を帯びているため。

熱によって肌の水分が蒸発しやすくなり、乾燥肌が悪化します。

蒸発

乾燥を防ぐために保湿剤を使った結果、

余計に熱がこもって蒸発しやすくなってしまう場合があるんです。

肌表面の善玉菌を増やす

その同僚が幸運だったのが、

当時付き合っていた彼氏が大学院で菌の研究をしていたことでした。

その彼から言われたのが、肌の善玉菌を増やすことでした。

腸の中に善玉菌・悪玉菌がいることは有名ですが、

お肌にも善玉菌や悪玉菌は存在します。

お肌に善玉菌がたくさんいる状態であれば、

肌荒れを引き起こす菌を退治してくれたり、

紫外線や乾燥から肌を守ってくれます。

最近、お湯洗顔が流行っているのも善玉菌を増やすため。

ただし、すでに酒さで肌の状態が悪化している場合は、

お湯洗顔だけでは善玉菌がなかなか増えません。

同僚は肌の善玉菌を増やす方法を色々調べて、

最終的に選んだのが【ヒューマンフローラ】というスキンケアセットでした。

善玉菌を増やすことを専門にしたスキンケアって

なかなか他にないんですって。

善玉菌増やしと部屋の加湿で大丈夫

同僚が実際にやった酒さ対策は、

善玉菌増やしと寝る時の部屋の加湿だけでした。

その他に特別なことはしなかったそうですが、

約2ヶ月で肌の乾燥を感じなくなり、

最近では冬になっても肌の調子がいいんですって。

善玉菌増やしは、洗顔し過ぎないことと、

汗をしっかりかくことも効果があります。

保湿剤を使っていて効果がない人は、

善玉菌増やしを意識してみてくださいね。

 
【肌の善玉菌を増やすヒューマンフローラはこちら】