爪水虫の人ってこたつに入っても大丈夫?父の体験談より

こたつと爪水虫

「爪水虫の人がこたつに入ると悪化しないのか?」

「家族にうつらない?」

私の父は、爪水虫・水虫と長年戦ってきました。

最近ようやく完治したのですが、昔は私にうつらないか心配したものです。

今回のテーマはこたつ。

長年水虫と戦ってきた父の経験から、こたつを使う時の注意点を紹介したいと思います。

使い方によっては問題あり

こたつと爪水虫

まず結論から言います。

2つのポイントを守れば、こたつを使っても大丈夫です。

爪水虫の場合、白癬菌は爪の奥に潜んでいる状態。

多少こたつを使っても、一気に症状が悪化したりうつることはありません。

ただし、使い方によっては問題あり!

悪化させる原因になってしまう可能性があります。

その2つのポイントとは…

・清潔さを保っているか?

・足のケアはどうか?

この2点が焦点になるのです。

どういうことなのか、詳しくお話します。

掃除はいつした?答えられないとヤバイ

あなたが使っているこたつ、いつ掃除しましたか?

去年はどのぐらいのペースで掃除しましたか?

答えに詰まるようなら黄色信号。

爪水虫治療に悪影響を与える可能性大!

爪水虫対策の基本は、清潔さと乾燥ですよね。

使い方を間違えると、この2つが失われてしまうのです。

本来、こたつの中は乾燥しているので白癬菌は繁殖しづらい環境です。

ところが、人は思った以上に足から汗をかきます。

素足でこたつに入れば、皮膚が敷布団に付着することもあります。

こたつの使用頻度が高い家庭では湿気がこもりがち。

白癬菌にとって好都合の環境になることがあるのです。

こたつと爪水虫

それなのに掃除せず放置するとどうなるか…想像するだけでもゾッとします。

週に1度でも良いので、掃除機やコロコロで掃除しましょう。

それだけでも違います。

我が家では週に1度掃除していました。

また、誰も使っていないときはこたつ布団をめくり上げて換気していました。

そのおかげか、家族にうつることはありませんでしたよ。

父の爪水虫も悪化しませんでした。

敷き布団の湿気は大丈夫?

こたつの下に布団やマットを敷いている人が多いと思います。

その敷布団やマット、干しているでしょうか?

敷布団は、あなたの汗をたっぷり吸い込みます。

放置すれば白癬菌天国になってしまいますよ。

こたつと白癬菌

できれば週に1回は干してほしいところです。

少なくとも月に1回は乾燥させる時間を確保するべきだと思います。

取り外して干すのが無理なら、敷きっぱなしの状態でこたつ布団を上げるだけでも良いです。

風通しを良くするだけでも全然違います。

コロコロや掃除機をあてるのも忘れずに。

1日ずっと靴下履きっぱなしもNG

足は思っている以上に汗をかいています。

あなたは家にいる間、ずっと同じ靴下を履いていませんか?

爪水虫と靴下

こたつに入ったとき、あなたの靴下の中は湿気で一杯。

これでは爪水虫によくありません。

水虫対策は乾燥が基本中の基本。

例えば午前と午後で靴下を履き替えるのも良いですよ。

コマメに靴下を交換することで白癬菌の増殖を予防できるし、家族にうつりにくくなります。

面倒ですが、小さなことの積み重ねで結果が大きく違ってくるのです。

塗り薬は二次感染予防に役立つ

最後に塗り薬の話をしておきます。

爪水虫用の塗り薬、使っているでしょうか?

すぐに治らないからと言って、使うのをやめてしまうのはもったいないですよ。

爪水虫は、爪の奥に白癬菌が潜んでいる状態。

確かに撲滅するのは大変です。

でも塗り薬をマメに塗れば、少なくとも外からの菌の侵入はブロックできます。

再発予防に役立ちます。

家族にうつしてしまうリスクも減るでしょう。

(家族を安心させる言い訳にもなる)

爪水虫は削ると悪化する

爪水虫や水虫は、治ったと思っても症状がぶり返しやすいですよね。

これは足に潜伏している白癬菌だけでなく、外から新たな菌をもらってしまうのが一因です。

塗り薬を上手に使いながら、根気よく治療に取り組んでくださいね。

>>爪水虫は削ると悪化する!父がクリアネイルショットを使ってみた

スポンサーリンク

水虫と畳の掃除の方法!私はこれでうつらなかったよ

水虫対策に畳掃除

私の父は長年、水虫・爪水虫と戦ってきました。

最近になって新しい塗り薬に変えた結果、現在は完治しています。

今回は水虫と畳の話です。

水虫の原因の白癬菌は畳にもいます。

私は父から水虫をうつされないために、色々調べて掃除していました。

掃除すれば、ちゃんと予防できましたよ♪

今回は私が実践した掃除・予防法を紹介します。

掃除機でほぼ対策できる

「畳の水虫対策=徹底的に除菌」

あなたはこう思っていませんか?

決して間違いではないのですが、神経質になる必要はありません。

もともと白癬菌の感染力は弱いです。

湿気にさえ気をつければ、簡単な掃除で対策ができます。

水虫対策に畳掃除

まず最初にするべきことは、ゴミを取り除くことです。

具体的に言うと、畳の上に付着した見えないぐらい小さい皮膚片を除去すること。

皮膚って、意外とポロポロ剥がれているんですよ。

私たちの体は常に新陳代謝をしています。

古い皮膚は剥がれて、新しい皮膚がどんどん作られているんです。

畳と水虫対策

誰でも素足で歩けば、かならず小さな皮膚片が畳に付着します。

水虫でない人でも同じですよ。

白癬菌は皮膚片に多く潜んでいます。

取り除けば、うつるリスクは格段に小さくなります。

コロコロでも良い

畳の掃除はコロコロでも大丈夫です。

深夜に掃除するしかない人など、音が気になる人はコロコロで掃除してくださいね。

コロコロを使うと、驚きますよ。

小さいゴミがたくさんくっついてきます。

全部が皮膚片というわけではありませんが、マメに掃除することの大切さがよく分かります。

部屋の隅から隅まで掃除するのが1番ですが、難しいなら入り口と室内の動線だけでも掃除してください。

水虫対策と畳掃除

畳用の除菌シートも便利

掃除機やコロコロだけでも十分に水虫対策になりますが、やっぱり除菌したいですよね。

最近は、畳用の除菌シートも売っています。

普通の除菌シートとの違いは、消毒用エタノールの濃度や防カビ剤が入っていること。

白癬菌対策に便利ですよ。

ただし、除菌シートを使うなら1つ注意点があります。

事前に掃除機やコロコロで掃除してください。

いくら除菌したとしても、白癬菌が潜んでいる皮膚片が残っていたら効果半減。

除菌は週に1回で十分。

それよりも掃除機などで皮膚片やホコリを除去することのほうが大事です。

和室の湿度は大丈夫?

掃除も大事ですが、もっと大事なのが湿度です。

あなたの家の和室はジメジメしていませんか?

扇風機やサーキュレーターなどで空気を循環させるだけでも、水虫対策になります。

サーキュレーター

和室こそ換気を徹底すること。

水虫対策の基本は湿気対策です。

畳にカビキラーは変色するよ

畳を徹底的に除菌したい人は、カビキラーなどのカビ除去剤を使いたくなると思います。

確かに白癬菌の撃退には有効なのですが、私はおすすめしません。

畳が変色することがあるからです。

全部が変色するわけではないのですが、一度変色すると元に戻りません。

見た目が汚くなるので避けたほうが無難です。

濃度を薄めても同じです。

畳の掃除は除菌シート(消毒用エタノール)で行うことをおすすめします。

父がカビキラーを足に直接塗った結果…

いかがでしょうか。

畳の水虫対策は、除菌よりも掃除機などで皮膚片を除去するのが大事です。

コマメに掃除してくださいね。

ところで、ネット上の噂話で「カビキラーを足に吹き付ければ治るらしい?」というものがあります。

まさか試そうなんて思っていませんよね?

実は私の父は試してしまったのですが、大変なことになりました。

詳しくは「爪水虫をカビキラーで治すとヤバイ!父が試した結果」をご覧ください。

スポンサーリンク

gumで水虫は治るのか?父が試してみた結果

gumで水虫や爪水虫は治るのか

父はずっと水虫・爪水虫で悩んでいました。

先日「リステリンで水虫は治るか?」という記事を書いたところ、こんな質問が届きました。

「リステリンではなくてgumならどうでしょうか?」

父にgumで治そうとしたことがあるか聞いてみたところ「あるぞ」とのこと。

試してどうなったのか?

父の体験談をまとめました。

父が試してみた結果

まず結論から言います。

「痒みは一時的に弱まるが、治らない」

父が試してみた結果、痒みが消えて治ったように感じたのは少しの間だけ。

結局、症状は改善せず2週間でやめたんですって。

やはり、リステリンと同様の結果に終わってしまいました。

痒みは消えても治ってない

ネット上では「リステリンやgumで水虫が治った」と情報をよく見かけます。

しかし、これは真実ではありません。

投稿者が嘘をついているのではないですよ。

書き込みしている人は本当に治ったと思い込んでいるのです。

これには理由があります。

gumで水虫や爪水虫は治るのか

例えばgumデンタルリンス ナイトケアの場合、主成分は次の2つです。

塩化セチルピリジニウム…真菌も殺菌

トラネキサム酸…止血、抗炎症作用

まず殺菌成分。

これは白癬菌にも効果があります。

ただし、水虫治療には使えません。

なぜなら、gumに足を浸したとしても殺菌できるのは皮膚の表面だけ

皮膚の奥まで入り込んだ白癬菌には効果が及ばないのです。

「成分が白癬菌にも有効」という情報だけを見た人が、治療に役立つと勘違いしたのでしょう。

分からない人

そして抗炎症作用の成分。

これが誤解をさらに助長してしまいます。

抗炎症作用のある成分を足にかけると、一時的に痒みが和らぎます。

「痒みが減った=効いてる」と勘違いしてしまうのです。

痒みが消えるし、調べると殺菌作用もある。

それで誤解してしまうのです。

実際には、皮膚の奥に潜んだ白癬菌は元気なまま。

条件が整えばすぐに症状が悪化するのです。

爪水虫と日光消毒

ちなみに、gumには普通のgum(液体ハミガキ)とナイトケア用のgum(洗口液)があります。

多少成分の違いはあるのですが、どちらも水虫治療には使えません。

皮膚の奥に潜んでいる白癬菌に届かないかぎり、根本的な治療はできないのです。

メーカーに確認してみた

電話

念のためメーカーにも問い合わせてみました。

電話の内容を簡単にまとめるとこうです。

・水虫治療に有効かは不明(未検証)

・正しい使い方以外はしないでほしい

・症状が悪化しても自己責任

口の中に入れるものなので重度の副作用が出ることは考えにくいですが、治療には使えません。

当たり前のことですが、違う目的で使うのはやめましょう。

水虫・爪水虫と民間療法の罪

いかがでしょうか。

今回はgumデンタルリンスについてでしたが、基本的には水虫治療に裏ワザはありません。

安易に民間療法に手を出すと治療が遅れるだけです。

製品として出回っている水虫治療薬は厳しい安全基準をパスしたものばかり。

それを使わない方がもったいないです。

私の父は色々な民間療法を試していましたが、結局遠回りしただけでした。

再発を繰り返す人へ

水虫が厄介なのは、すぐ再発を繰り返す点です。

薬を使って治ったと思ったのに、しばらくすると再発。

毎年暑くなると水虫になる人がたくさんいます。

爪水虫は削ると悪化する

もしかすると、あなたが再発を繰り返すのは爪に原因があるかもしれません。

白癬菌はどこにでも入り込みます。

白癬菌を死滅させたと思っても、実は爪と皮膚の隙間に潜んでいた…ということがよくあるんですって。

皮膚にだけ薬を塗っていませんか?

爪のケアもしないと、また再発するかもしれません。

ちなみに私の父の場合、爪水虫用の薬と水虫薬を併用したところ改善しました。

詳しくは「ルリコンが効かない人へ」をご覧ください。