水虫が塩水・海水で治るなんてウソ?私の友人と父親の実例を紹介

塩

私の父は長年の間、水虫・爪水虫で悩んでいました。

その様子をよく見ていたので、当ブログでは水虫関連の話をちょくちょくしています。

今回は水虫と塩水・海水についてです。

ネット上では「これで治った」という書き込みをよく見かけます。

海水最強説なんて言う人もいるようですが…ハッキリ言って、私は信憑性が低いと思っています。

なぜなら、治らなかった人を3人知っているからです。

詳しくお話させていただきます。

サーファーで水虫の友人がいる

まず最初は、サーフィンが趣味の友人です。

ネット上ではなぜか「サーファーには水虫の人はいない」という説が有力視されていますが…いますよ!

サーフィン

少なくとも私の友人は水虫です。

冬でも週一でサーフィンしていますが、水虫です。

何事にも例外はあるんですね。

そもそもサーファーに水虫の人はいないというウワサはどこから来たのか?

調べてみても、ハッキリとした根拠が見当たりません。

水虫関連の論文も検索してみたんですが、ヒットしません。

サーファーの人と一般人で罹患率を比較できたら面白いのですが、難しいようです。

塩を塗り込んでいた父親

次は私の父の話です。

父は水虫の症状が軽度だったころ、寝る前に塩を足に塗り込んだり塩水で足湯をしていました。

塩

父に確認したところ、少なくとも3年はやっていたそうです。

3年って…

治ってないですよね…

さすがの父も、3年続けて治らなかったことで我に返ったようです。

その後にカビキラーを試して大変なことになったんですけどね(笑)

このように、塩水での治療をしても治らなかったケースもあります。

そもそも白癬菌は角質層の奥へと侵入するので、表面を塩水で濡らしても効果なんて見込めない気がしますが…

さらに言えば、塩を直接塗り込んだり足湯用の塩水を作るのって意外と面倒ですよ。

それでもまだ試してみたいですか?

毎日海岸を散歩していたオジサン

最後は弓道を通じて知り合ったオジサンの話です。

このオジサン、数年前まで白浜に住んでいました。

その頃は毎日1時間、海岸を散歩していたんですって。

海

海水は水虫に良いと聞いていたので、足首あたりまで海水に浸かりながら歩いていたそうです。

冬でも欠かさなかったと言うから驚きです!

そんな生活を続けること数年。

このオジサンは今でも水虫のままです。

この話を聞いてから、ますます海水最強説は怪しいと思うようになりました。

秋が来たから治っただけだった!?

今回の記事を書くにあたり、改めてネット上の書き込みを色々と調べてみました。

やはり治ったと言っている人は多いです。

治ったはずの人が完治後も水虫関連の掲示板に書き込んでいるのって変な気もしますが(笑)

ノートパソコン

さて、改めて色々なサイトを巡回してみて気づいたことがあります。

海水浴って8月に行くことが多いですよね。

社会人ならお盆休みに行く人も多いと思います。

では、海水浴シーズンが終わると次に来るものと言えば何でしょうか?

そうです。

海水浴シーズンの後って、秋がやって来ます。

9月

…勘が良い人ならもうピンと来たかもしれません。

年によっても違いますが、9月に入ると徐々に涼しくなります。

昼は暑くても、朝晩は過ごしやすい日が増えますよね。

ということは!

もしかすると「海水浴で治った」と言っている人の中には「秋になったから症状がマシになった」という人も含まれているのではないでしょうか。

水虫って季節によって症状に波がありますよね。

毎年6月~8月に症状が悪化して、秋や冬になると症状が消える人もたくさんいます。

海水浴に行った後、たまたま症状が治まるタイミングが来たとしたら…

真相は不明ですが、その可能性も十分にあると思います。

真偽不明の民間療法を試す努力がもったいない

いかがでしょうか。

塩水や海水が水虫に良いというウワサは、100%万能ではありません。

治らなかった人もいるという事実。

伝わったでしょうか?

それでも塩水や海水を試してみたいと思う人もいることでしょう。

副作用はそんなにないと思うので止めはしませんが、私はおすすめしません。

真偽不明の民間療法を探す努力をするより、自分に合う水虫薬を探すほうが建設的な行動だと思います。

塗り薬

私の父も色々な民間療法を試しました。

でも、結局最後に治ったのは市販の水虫薬を使ってからでした。

民間療法の中には症状が悪化しかねないものもあります。

冷静に判断して行動してくださいね。

ちなみに、私の父が最後に使った水虫薬はクリアフットヴェールです。

参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

ドクターフィッシュは水虫に効果ないぞ!父が試してみた結果

水虫とドクターフィッシュ

父は長年、水虫・爪水虫治療に頭を悩ませてきました。

去年までずっと試行錯誤。

民間療法を色々と試しても良い結果は得られませんでした。

今回はドクターフィッシュの話です。

古い角質を食べてくれるなら水虫にも良さそうな気がしますが…実際どうなのか?

父が試した結果をご紹介します。

父が週2で1か月試してみた結果

「スーパー銭湯に行ってくる!」

ある日、意気揚々と出かけて行った父。

近所のスーパー銭湯にドクターフィッシュコーナーができたのを聞いて、水虫治療に役立つと思ったようです。

週2回、通うようになりました。

ドクターフィッシュと水虫

それから1か月後どうなったと思いますか…?

答えは全く効果なし。

「やっぱりダメみたいだな…」

ボソッと呟いた父の表情が忘れられません。

でも、なぜ効果がなかったのでしょうか?

詳しく調べてみると、その理由が分かりました。

ドクターフィッシュで治らない理由

ドクターフィッシュが食べるのは、古くなった角質層です。

ただし、それは皮膚の表面のごくわずかな部分だけ。

角質層を丸ごと食べる…なんてことはありません。

水虫とドクターフィッシュ

水虫の原因の白癬菌は、感染すると角質層の奥へ奥へと侵入しようとします。

ドクターフィッシュがほんの少し皮膚の表面を食べたとしても、角質層の奥へと侵入した白癬菌には全く届きません。

むしろ足を濡らす時間が長くなるという点で、逆効果になる可能性も…

父が試して効かなかったのは、当然の結果だったのです。

初期の水虫なら効く?

「感染したばかりの、ごく初期の水虫ならどうだろうか?」

こう思った人もいるかもしれません。

効果がありそうな気がしますが、効きません。

ドクターフィッシュだけで白癬菌の全てを除去するなど不可能。

水虫治療に効果があるかというと疑問です。

爪水虫は削ると悪化する

本当にあなたの水虫が初期なら、そんなことする必要がありません。

市販の水虫薬を使いつつ、清潔と乾燥を心がければ済む話ですから。

症状が初期でも慢性化している人でも、ドクターフィッシュで水虫撃退は現実味がないと思います。

変な民間療法のウワサが多い理由

水虫の治し方について調べると、色々な方法がウワサされていますよね。

ドライヤー、リステリン、クエン酸…

本当に色々な方法が考えられています。

でも、これらのほとんどがウソです。

ウソというと誤解があるかもしれませんね。

「発言している本人が本当だと信じているが、実は効果がない治療法」がネット上にはたくさんあるのです。

ネットに書き込む

水虫の症状って一定ではないですよね。

秋や冬になると症状が軽くなる人も多いし、一時的に完治したように見えるときもあります。

これが色々なウワサの原因になるのです。

民間療法を試した時期と症状が軽くなる時期が重なると「この治療法は効果があった」と思い込んでしまいます。

嬉しいからネットにも書き込みたくなる。

こうして、民間療法のウワサが広がっていくのです。

足を日光消毒するのはヤバイ

足に潜んでいる白癬菌を倒したい。

だからと言って、無茶な治療はやめてください。

実は、父がそれをやって大変なことになりました。

色々と失敗している父ですが、大変だったのが足を日光消毒しようとしたときです。

太陽

日光消毒って体に優しそうなイメージですが、とんでもない!

いい年した父が涙目になっていましたよ。

詳しくは「爪水虫と日光消毒について【父親が試したら笑えない結果に】」をご覧ください。

スポンサーリンク

かかと水虫は削ると治るのか?父が試してみた結果

爪水虫と日光消毒

父は長年、水虫・爪水虫に悩んでいました。

そんな父がある時、かかとをゴシゴシ削っていました。

父が言うには「かかと水虫は削れば治るらしい」とのこと。

さて、これは本当のことなのか?

父の実体験をまとめました。

父がかかと水虫を削ってみた結果

結論から言うと、一時的には治ったように見えましたがダメでした。

しばらくすると再発…というか、悪化していましたね。

父の症状の経過を簡単にまとめるとこうです。

かかとを削る

2日後:足がムズムズし始める

1週間後:削った部分の皮膚がめくれはじめる

1ヶ月後:水虫の範囲が広がる

もう一度削っても効果なし

ジュクジュク・炎症が広がる

最初は見た目が綺麗になって満足していた父。

とても喜んでいました。

畳と水虫対策

しかし、水虫治療はそう簡単ではありません。

綺麗になったように見えたのは少しの間だけ。

1ヶ月後には悪化してしまったのです。

実は皮膚を削るって、菌への抵抗力を弱めるのと同じことなのです。

皮膚を削っても水虫が治らない理由

水虫の原因、白癬菌。

本来は感染力が弱い菌で、皮膚の表面にある角質層を突破するのは困難です。

ところが皮膚を削ってしまうと話が変わります。

皮膚は雑菌が体内に侵入しないようにできています。

でも皮膚を削ってしまうと、その部分はどうなるでしょうか?

本来、雑菌をブロックしてくれるはずの角質層を削ると内側の未熟な皮膚細胞が表面に出てきます。

白癬菌にとっては、1番侵入しにくい壁がなくなったのと同じ。

ますます感染しやすくなってしまいます。

爪水虫は削ると悪化する

これでは治るどころか、悪化を手助けしているようなものです。

皮膚を削るとさらにデメリットがある

かかと水虫を削って治そうとする。

これにはもう一つ、深刻なデメリットがあります。

足以外にも水虫が広がってしまうリスクが大きくなってしまうのです。

皮膚を削れば、削りカスが残りますよね。

この削りカスには、白癬菌がいっぱい潜んでいます。

菌のイラスト

そんな削りカスがついたヤスリを手で触れ続けるとどうなるか?

…ちょっと怖いと思いませんか?

私の父の症状が1番悪かった頃、手の爪も水虫になってボロボロでした。

水虫って足限定ではないんです。

以前「爪水虫は削ると悪化する!」という話の中でも言いましたが、爪や皮膚を削るとどうしても手に菌が付着します。

手洗いが不十分だと、私の父のように手にも水虫が広がるかもしれませんよ。

根拠の薄い民間療法には手を出すな

水虫は本人にとっては深刻な悩みです。

私の父は悩んだ挙句の果てに、カビキラーに手を出したこともありました。

(詳しくはこちらの記事を参照)

ネット上には様々な民間療法っぽい情報があふれています。

でも、そのほとんどがウソや誤解です。

スマホ

そうでなければ、私の父はもっと早く完治していたことでしょう。

例えばこんな情報、どう思いますか?

「水虫はドライヤーの熱風で撃退できる」

白癬菌は乾燥に弱いから、良さそうに思いますよね。

でもおすすめしません。

なぜおすすめできないのか?

詳しくは「水虫はドライヤーで治るのか?父が試してみた結果」をご覧ください。