ピクシスエポックとヴィッツの違いを比較!評判がいいのはどっち?

ピクシスエポックとヴィッツの違いを比較

我が家では車を買い替えようかという話が出ています。

今、迷っているのはピクシスエポックにするかヴィッツにするか。

調べたことをまとめてみました。

ピクシスエポックとヴィッツで迷う理由

ピクシスとヴィッツで迷っている理由は価格です。

ピクシスエポックは76万円(2WD)から131万円(4WD)。

最近主流の衝突回避システムやキーフリーシステムなどが付いているG SAグレードで118万円です。

ピクシスエポック

ヴィッツは最低クラスの2WDのグレードFでも145万円かかります。

特別仕様車の1.3F”LED Edition”は152万円です。

ヴィッツ

ピクシスエポックでグレード高めのものを買うか、ヴィッツの1.3F特別仕様車か。

価格帯が近いので迷うところです。

ピクシスエポックとヴィッツの内装の差

ピクシスエポックもヴィッツも、外見は結構好きです。

色によって可愛く見えたり、かっこよく見えるものもあるので個人的には問題なし。

ピクシスエポックとヴィッツは内装にかなり差があります。

特にメーター部分が大きく違います。

ピクシスエポックの内装はこんな感じ。

ピクシスエポック

メーター部分がディスプレイ表示になっています。

口コミを見ていると、天候によっては画面が見えにくくなるようです。

ヴィッツの内装はこのような感じです。

ヴィッツ

メーターの見やすさや運転席付近の空間だけを考えると、ヴィッツの圧勝です。

高速道路に乗るか乗らないかが判断の分かれ目

ピクシスエポックの燃費は32.2~35.2km/l、ヴィッツは17.2~25km/l。

燃費は軽自動車のピクシスエポックが圧勝です。

市街地での利用がメインならばピクシスエポックの方が良いでしょう。

ただし、運転性能はヴィッツの方が上です。

ピクシスエポックは軽自動車でパワーでは負けます。

週に1度でも高速道路や山道を走る人はヴィッツのほうがいいでしょう。

さらにピクシスエポックは寒い地域や急な坂道では力が発揮できません。

ややタフな環境で走ることが多い人は、軽自動車は選択しないほうが無難です。

さらに言えば、ピクシスエポックはダイハツのミライースと中身が同じです。

ダイハツが生産しているのでトヨタ独自の技術は使われていません。

これをどう考えるかというのも、判断が分かれるところですね。

維持費が気になる人はピクシスエポック

軽自動車の最大のメリットは維持費の安さですよね。

税金や保険関係で比べると…

軽自動車

・自動車税(年間)  10,800円
・重量税(2年間)  7,600円
・自賠責保険料(2年間)   26,370円
・10年間合計      277,850円

コンパクトカー
・自動車税(年間)     34,500円
・重量税(2年間)  45,000円
・自賠責保険料(2年間)  24,950円
・10年間合計      694,750円

このように、長く乗れば乗るほど差が大きくなります。

費用重視ならばピクシスエポックの圧勝ですね。

下取りより買取査定で20万円高く売れる模様

結局私は、走行性能を重視してヴィッツの1.3F特別仕様車を選びました。

あとは今持っている車の処分方法です。

ネッツトヨタの人に下取り価格をみてもらいました。

すると、約25万円でした。(うちの車は平成21年型のオーリス特別仕様車)

ところがあるサイトで一括査定してもらうと、約45万円ぐらいで売れそうです。

お得に売るための方法や

ヴィッツの値引き額が気になる人は

「トヨタヴィッツ1.3F特別仕様車の値引き額の口コミ」をご覧ください。

スポンサーリンク

リロケーションインターナショナルの口コミ・評判【友人の海外赴任体験談】

海外赴任と持ち家のリロケーション

海外に転勤することになってしまった!

いざ自分が海外赴任することになると、

色々と準備が大変ですよね。

家を長期間空けるときに気になるのが持ち家の管理。

今回、友人がリロケーションインターナショナルを通して

持ち家を賃貸に出した体験談をお話しします。

友人とリロケーションインターナショナルの契約の概要

今回、友人に協力してもらって

リロケーションインターナショナルを使った詳細を教えてもらいました。

まず、リロケーションインターナショナルとの契約時のお話。

友人の持ち家は築8年の一軒家。

なかなか立派なお家です。

リロケーションインターナショナルの評判

場所は東京郊外のベッドタウン。

3年契約で、家賃収入は14万円になったそうです。

そこから10%が、リロケーションインターナショナルへの管理費として引かれます。

リロケーションインターナショナルと契約してから、

入居者の決定までたった3週間だったそうです。

海外赴任する前に入居者が決まって

安心していました。

入居者とのやり取りは全部リロケーションインターナショナルにお任せです。

海外赴任が延長することになった結果

友人は当初3年で契約を結んでいたのですが、

海外赴任が2年延長することになってしまいました。

慌ててリロケーションインターナショナルに連絡をした結果…

スムーズに次の入居者に引き継ぐことができたそうです。

空白期間ができると家が傷むし、

家賃収入も入らないと困ります。

急な契約期間の変更にも対応してもらえたと喜んでいました。

退去時のトラブルはないのか?

日本に帰国したら

もとの家に再び住むつもりだった友人。

賃貸に出す前に一番気になったのが

退去時のトラブルでした。

実際に帰国して家の状態を見てみると、

トイレの壁紙の経年劣化が気になる程度。

最初の入居者も次の入居者も綺麗に使っていて、

その他は全く気にならなかったんですって。

「自分が住んでいたときより庭が綺麗だ」と喜んでいました(笑)

トイレの壁紙をリフォームで新しくしただけで

トラブルなくスムーズに引き渡しが完了しました。

家賃収入で儲かった分は、

今後のリフォーム用に貯金しているそうです。

友人のその他の感想

友人がリロケーションインターナショナルと契約した最大の理由は、

「入居者の身元がしっかりしている」という点だったそうです。

リロケーションインターナショナルは法人契約を中心に

顧客を集めています。

しっかりした会社勤めの人が入居してくれる安心感が良かったそうです。

台風が来た時の修繕など、気になる管理面も良かったと言っていましたよ。

スポンサーリンク

cyma everyの評判・口コミ【かわいい自転車で女性に人気】

cyma every

27インチの自転車cyma every。

パステルカラーでかわいい自転車ですよねえ。

今回は、cyma everyの評判や口コミを調査しました。

27インチだけど女性が乗りやすい

cyma everyは女性を意識しています。

パステルカラーで優しいイメージに仕上げてありますが、27インチで大きめに感じます。

実際に乗ってみると、サドルの高さは結構低い位置まで下がります。

適応身長を見ると155センチ以上。

女性好みのデザインで27インチというのが貴重ですねえ。

ドレスガードやチェーンカバーもしっかりしていました。

ロングスカートやガウチョパンツ、ロングカーディガンなどのゆるふわなシルエットの服でも汚れたり破れないです。

通学を意識したカゴの大きさ

cyma everyの前カゴ、他の自転車と比べると一回り大きくなっています。

前カゴ

これには2つの狙いがありそうです。

・女性のオシャレなバッグに傷つけないため

・荷物が多くなりがちな中学生や高校生が使いやすいように

使う人に配慮して設計されているのを感じます。

前カゴは大きいですが、見た目のバランスがいいので気づきません。

乗る人にとっては、大きめのカゴは使いやすいです♪

27インチタイヤは長持ちする

cyma everyはデザインで人気です。

でも、それだけではないようですよ。

何年か使っている人たちからは「意外と丈夫で長持ちする」という声をよく聞きます。

BAAマーク付きなので厳しい安全基準をクリアしています。

頑丈さは文句なしなんですが、長持ちする理由は27インチタイヤにもあると思います。

27インチタイヤ

タイヤが大きいということは、小さいタイヤよりも同じ距離を少ない回転で走り切れます。

タイヤのゴムにかかるダメージが少なくなるから、タイヤが傷みにくいんです。

自転車って最低でも5年は乗りたいですよね。

タイヤの消耗が少ないっていうのは結構嬉しいポイントです♪

【詳細はこちらから】