ニキビでモデルオーディションに落ちるの?逆転する方法を調査してみてた

モデルオーディションを受ける前って不安ですよね。

特にニキビができやすい人は、ヒヤヒヤしていると思います。

昨日、私のブログを読んでくれた人から質問が届きました。

「オーディションの日が近いのですが、ニキビが治りません!

ニキビがあったら落ちますか?」

実際のところどうなのか?

色々な芸能事務所を取材した経験をもとに、お話したいと思います。

スポンサーリンク

即失格にはならない

モデルで成功する方法

まず結論から言います。

ニキビができていても、即失格にされることはありません。

オーディション当日に鼻に大きなニキビができていたけど、合格した人もいます。

調査している中で、そういう話はよく聞きました。

もちろん、少し不利にはなります。

綺麗な肌のほうが印象が良いのは当たり前ですからね。

大学生からモデルは遅いのか

でも、諦めるのは早いです。

十分に合格できるチャンスはありますから。

審査員は色々なポイントを見ています。

外見だけ見ているのではありません。

それさえ理解していれば、合格の可能性を上げることができるのです。

積極性をアピールするのが大事

モデルのオーディションは「この人を採用したら良い仕事ができるか・一生懸命やってくれるか」という点を見ています。

良い仕事をするためには、モデルさんの本気度が大事。

審査員はあなたの反応を見て積極性・本気度を確かめているのです。

オーディション中は、待機中の姿勢や表情も見られていますよ。

ポージングや質疑応答以外の時間も気を抜けません。

自分の順番ではないときも、美しい姿勢をキープするのは忘れないでください。

会場周辺に着いたら、常に審査中だということを意識しましょう。

姿勢は、その時だけ綺麗にしようとしても無理です。

必ずボロが出ます。

今、あなたの背筋は伸びていますか?

一流のモデルさん達は、パソコンやスマホを見ている瞬間も背筋を伸ばしていますよ。

綺麗な姿勢でないと気持ち悪いと思えるぐらい、普段から意識してください。

モデルになってからも、必ず役立ちます。

他にもオーディションに受かる人・落ちる人には大きな違いがあります。

詳しくは「オーディションに受かる人・受からない人の差」をご覧ください。

厳しい審査員がいたら…

オーディションでは複数の審査員が審査を行います。

その中には、厳しいことを言う役割の審査員もいるかもしれません。

例えばこう言われたらどう答えますか。

「ニキビがあるね。

モデルは常に自己管理を徹底しないとダメだけど、本当にできますか?」

こんな風に言われたら、黙り込んでしまいそうですよね。

でも、黙り込んだら負けです。

今ニキビができていたとしても、自信を持って「できる」と答えてください。

不利なのは初めから分かっていたはずです。

「チャンスをいただけたら、今後の行動で証明してみせます!」ぐらい言い切ってもいいでしょう。

自信を持って受け答えできるように、心の準備はしておいてくださいね。

ニキビができやすい人へ

モデルと学校は両立できるのか

オーディション直前にニキビができても、諦めないことが大事です。

でも、やっぱりベストコンディションで出席したいですよね。

あなたはニキビ対策、どんなことをしていますか?

洗顔やニキビケア製品を使うのも良いですが、一番の対策は食生活の改善です。

特に意識してほしいのが、ビタミンB1不足です。

糖質(炭水化物)を食べすぎると、ビタミンB1不足になって肌が荒れやすくなります。

(糖質とビタミンB1の関係についてはこちらを参照

ココナッツチップス

お菓子だけではないですよ。

朝はパンだけ、お昼はうどんだけ…みたいな食生活の人も要注意。

豚肉など、ビタミンB1が豊富な食材をとりましょう。

お菓子は我慢です。

小規模のオーディションにも目を向けて

最後に一つ、お伝えしたいことがあります。

あなたは大手の、大規模なオーディションばかり受けていませんか?

もったいないですよ。

日本には何千という芸能事務所があります。

そのほとんどが小さい事務所です。

でも「小さい=売れるモデルになれない」ではありません。

小さい芸能事務所でも、何年も活躍し続けているモデルさんもたくさんあります。

例えば私が以前取材したシンフォニアという芸能事務所では、モデルからスポーツキャスターまで活躍の幅を広げている人もいます。

ママモデルになって、出産後も活躍している人もいます。

小さい事務所でも、仕事が途切れないモデルさんは多いのです。

これってチャンスだと思いませんか?

小さい芸能事務所なら、新人オーディションでは10人しか応募がないこともあります。

何千人も集まるような大規模オーディションより、合格しやすさは段違いです。

小さい事務所では一流モデルになれない…なんてことはないですよ。

逆に、チャンスが増えることもあります。

大手の事務所に入ったとしても、あなたに優先して仕事が回ってくることはありません。

大手には所属モデルさんがたくさんいるので、ほかの人に仕事が行くことが多いです。

歯科矯正中にオーディションを受けたい

結局、モデルとして活躍できるかは自分しだい。

大手だから有利・不利なんてありません。

あなたが本当にモデルになりたいなら、色々なオーディションに挑戦してみてください。

オーディションに慣れている人は強いです。

色々なオーディションを受ければ、あなたも本番に強いモデルになることでしょう。

モデル業界は積極的に行動した人が生き残ります。

夢を実現する人・しない人の違いは、行動だけです。

読者モデルオーディション★新人大募集!!

スポンサーリンク