スカウトとオーディションで違いはある?モデル業界の実態調査

先日芸能事務所シンフォニアを直撃取材した話を書いてから、モデル志望の人から質問が届くようになりました。

今回は、こんな質問が届いています。

「事務所に入るとき、スカウトで入るかオーディションで入るかで違いはありますか?

スカウトのほうが売れやすいって本当?」

芸能事務所に入るときの違いで、モデルとして成功するチャンスに差があるのか?

調査結果を詳しくお話します。

スポンサーリンク

入った後の違いはない

結論から言います。

スカウトでもオーディションでも、入所後の違いはほとんどありません。

スカウトとオーディションの違い

モデルとして実績を積むまでは、お仕事をもらうためのオーディションを受けることが多いです。

また、事務所に直接依頼が来た仕事をすることもあるでしょう。

その場合は所属事務所と仕事を依頼する会社(クライアント)が打ち合わせをして、宣伝イメージにあなたが合うなら声がかかります。

スカウトで入った子が優遇されるなんて、ほとんどありません。

もちろん、オーディションで入った子が不利になる心配もないですよ。

モデルの世界は、実績と実力で決まります。

実績がないモデルさんは、事務所に入ってからもオーディションを受けたりしてチャンスを掴む努力をしています。

入所費用が割引になる事務所もある

事務所に入ってからの仕事に関しては、スカウトでもオーディションでも差はありません。

ただし、入るときは少し差があるかもしれません。

事務所によっては、入所契約金などの費用が少し割引になるところもあるようです。

あとはほとんど違いはありません。

スカウト・オーディションの違い

注意してほしいのは、費用が安いことと良い事務所とは別の話だということ。

以前「シンフォニアでモデルになる費用は?」でお話しましたが、モデルさんをしっかりマネジメントする事務所は必ず費用がかかります。

シンフォニアのレッスン料

契約金・レッスンなしなんて言う事務所は、実は育てる気が全くない事務所かもしれませんよ。

そんな事務所に入ったら、いつまでもモデルとして立派になれません。

成功するのは感謝されるモデルだ!

あなたがモデルとして活躍できるかどうか。

これには「スカウト組」「オーディション組」なんて全く関係ありません。

モデルの仕事を依頼する会社(クライアント)の立場になってみてください。

会社(クライアント)は、商品やサービスを宣伝したいからモデルの仕事を頼むわけです。

良い宣伝ができるなら、事務所に入るきっかけなんて何でも良いですよね。

信頼できるモデル事務所

大事なのは、あなたが期待に応えられるかどうか。

良い仕事をして、会社(クライアント)から感謝されるぐらいのモデルになること。

そうすれば、次はあなたを指名してくれるかもしれません。

口コミであなたの評判を聞いた別の会社から、仕事が入ってくることもあるでしょう。

期待に応えるモデルさんは、自然と仕事が増えていきます。

握手

逆に、良い仕事ができなければ…

いつまで経ってもあなた指名の仕事が来ないから、オーディションを受け続けるしかなくなります。

大事なのは事務所に入るきっかけではありません。

モデルになってからの、あなたの行動が全てです。

どうすれば感謝されるモデルになれるのかは、所属した事務所のマネージャーさんに相談しましょう。

あなたにピッタリの方法が、きっと見つかるはずです。

スカウトを待つよりオーディションが効率的

いかがでしょうか。

モデルとして売れるかどうかは、スカウトでもオーディションでも違いはありません。

あなたがモデルになりたいなら、芸能事務所のオーディションを受けることをおすすめします。

駅前でスカウトに声をかけられるのを待つなんて、時間のムダですよ。

ウロウロしてもスカウトにいつ会えるか分かりません。

ナンパ目的の人が寄ってくるかもしれないし。

背が小さい人でもモデルになれるか

それに、オーディションを受けることは良い経験になります。

事務所に所属した後の仕事にもプラスになります。

経験が大事です。

私が以前取材したシンフォニアでも、定期的にオーディションを開いています。

詳しく知りたい人のために、リンクを貼っておきますね。

サロンモデル募集★東京大阪名古屋!!

スポンサーリンク