ドクターフィッシュは水虫に効果ないぞ!父が試してみた結果

スポンサーリンク

父は長年、水虫・爪水虫治療に頭を悩ませてきました。

去年までずっと試行錯誤。

民間療法を色々と試しても良い結果は得られませんでした。

今回はドクターフィッシュの話です。

古い角質を食べてくれるなら水虫にも良さそうな気がしますが…実際どうなのか?

父が試した結果をご紹介します。

父が週2で1か月試してみた結果

「スーパー銭湯に行ってくる!」

ある日、意気揚々と出かけて行った父。

近所のスーパー銭湯にドクターフィッシュコーナーができたのを聞いて、水虫治療に役立つと思ったようです。

週2回、通うようになりました。

ドクターフィッシュと水虫

それから1か月後どうなったと思いますか…?

答えは全く効果なし。

「やっぱりダメみたいだな…」

ボソッと呟いた父の表情が忘れられません。

でも、なぜ効果がなかったのでしょうか?

詳しく調べてみると、その理由が分かりました。

ドクターフィッシュで治らない理由

ドクターフィッシュが食べるのは、古くなった角質層です。

ただし、それは皮膚の表面のごくわずかな部分だけ。

角質層を丸ごと食べる…なんてことはありません。

水虫とドクターフィッシュ

水虫の原因の白癬菌は、感染すると角質層の奥へ奥へと侵入しようとします。

ドクターフィッシュがほんの少し皮膚の表面を食べたとしても、角質層の奥へと侵入した白癬菌には全く届きません。

むしろ足を濡らす時間が長くなるという点で、逆効果になる可能性も…

父が試して効かなかったのは、当然の結果だったのです。

初期の水虫なら効く?

「感染したばかりの、ごく初期の水虫ならどうだろうか?」

こう思った人もいるかもしれません。

効果がありそうな気がしますが、効きません。

ドクターフィッシュだけで白癬菌の全てを除去するなど不可能。

水虫治療に効果があるかというと疑問です。

爪水虫は削ると悪化する

本当にあなたの水虫が初期なら、そんなことする必要がありません。

市販の水虫薬を使いつつ、清潔と乾燥を心がければ済む話ですから。

症状が初期でも慢性化している人でも、ドクターフィッシュで水虫撃退は現実味がないと思います。

変な民間療法のウワサが多い理由

水虫の治し方について調べると、色々な方法がウワサされていますよね。

ドライヤー、リステリン、クエン酸…

本当に色々な方法が考えられています。

でも、これらのほとんどがウソです。

ウソというと誤解があるかもしれませんね。

「発言している本人が本当だと信じているが、実は効果がない治療法」がネット上にはたくさんあるのです。

ネットに書き込む

水虫の症状って一定ではないですよね。

秋や冬になると症状が軽くなる人も多いし、一時的に完治したように見えるときもあります。

これが色々なウワサの原因になるのです。

民間療法を試した時期と症状が軽くなる時期が重なると「この治療法は効果があった」と思い込んでしまいます。

嬉しいからネットにも書き込みたくなる。

こうして、民間療法のウワサが広がっていくのです。

足を日光消毒するのはヤバイ

足に潜んでいる白癬菌を倒したい。

だからと言って、無茶な治療はやめてください。

実は、父がそれをやって大変なことになりました。

色々と失敗している父ですが、大変だったのが足を日光消毒しようとしたときです。

太陽

日光消毒って体に優しそうなイメージですが、とんでもない!

いい年した父が涙目になっていましたよ。

詳しくは「爪水虫と日光消毒について【父親が試したら笑えない結果に】」をご覧ください。

スポンサーリンク