水虫はドライヤーで治るのか?父が試してみた結果はこうだ

スポンサーリンク

私の父は長年、水虫・爪水虫に悩んできました。

「これをすれば水虫が治る」という噂を信じて、色々な治療法を試してきたのです。

そんな父の水虫治療体験談。

今回は「ドライヤーで治るのか?」について試してどうなったかをお話します。

父が試してみた結果

父がドライヤーの熱風で水虫治療に取り組み始めたのは、数年前の5月でした。

最初は喜んでいたんです。

開始して1週間後には「かなり治ってきた!」って喜んでいたのを覚えています。

ところが、良かったのは最初だけ。

6月の半ばになる頃には、見事に水虫がぶり返していたのです。

ドライヤーは毎日5分、欠かさずあてていたのに…

ドライヤーと水虫

その後も半年ほどドライヤー治療を続けましたが、全く改善しませんでした。

確かにネット上では「治った」という口コミがあふれています。

でも、これは初期の水虫の人に限るのではないでしょうか。

少なくとも、私の父のように10年以上のベテランには通用しない模様です。

水虫が熱に弱いって本当?

菌のイラスト

水虫の原因の白癬菌は熱に弱い。

これがドライヤー治療法の出発点ですが…本当でしょうか?

調べてみると確かに白癬菌は熱に弱いです。

60℃以上なら短時間で死滅するので、ドライヤー治療は効果がありそうに思えます。

ただ、よく考えてみると「これはおかしい」ということに気づきます。

そもそも、私たちの皮膚は何度まで耐えられますか?

人間の体を構成するタンパク質は、42℃を超えると変質しはじめます。

お風呂なら45℃でも熱湯風呂と呼んでもいいぐらい熱いですよね。

実際、ドライヤーを足に当てても数秒が限界です。

これでは熱が伝わるのは皮膚の表面だけ。

内部まで熱することはできません(やったら火傷)。

うまく火傷しないようにドライヤーを使うなら、死滅するのは肌の表面にいるごく一部の白癬菌だけです。

皮膚の奥に入り込んだ白癬菌は元気なまま。

すでに痒みやジュクジュクなどの症状が出ているなら、ドライヤーで全部を退治するなんて不可能でしょう。

予防効果はありそう

すでに症状が出ている人が、ドライヤーだけで完治するのは難しいです。

ただし、予防や悪化を止めるという点ではドライヤーにもメリットがあります。

乾燥させることができるからです。

お風呂上がりと乾燥肌

白癬菌は乾燥した環境では元気が出ません。

ドライヤーで少しでもジメジメした状態を改善できるなら、やる価値はあるでしょう。

とはいえ、私の父のように水虫が慢性化している人には効果が薄いです。

気休め程度だと思ってください。

ネット上で治ったと言う口コミの追跡調査してみた

今回このブログを書くために、改めて他のブログや掲示板のコメントなどを見てみました。

やはり「ドライヤーで治った」という書き込みが結構あります。

でも、重大な事実に気づきました。

他のブログの人で「治った宣言」した人の翌年の記事を呼んでみると「また水虫が再発したからドライヤーをしてる」という書き込みが…

治ってない!

思いっきりぶり返してる!

こういうパターンの人が何人もいました。

一時的によくなってもダメですよね。

再発を繰り返すと、私の父のように症状が悪化してしまいます。

痒みが強くなったり、爪水虫まで発展してしまうかもしれません。

水虫治療に民間療法の書き込みが多いのは「一時的に症状が治まる」からでしょうね。

実際そのときは治ったように見えるので、完治したと勘違いしてしまうのです。

民間療法は罠がいっぱい

いかがでしょうか。

ドライヤー治療は試す価値はあるかもしれませんが、完治となると難しいと思います。

私の父のように再発を繰り返しているなら、きちんとした治療をおすすめします。

爪水虫と日光消毒

私の父は現在では水虫は完治しています。

市販薬なのですが、父にピッタリなものを見つけたのが良かったようです。

クリアフットヴェールというのですが、浸透力と肌バリア機能が自慢の治療薬です。

肌に優しくて使いやすいって言ってましたよ。

>>クリアフットヴェールの詳細はこちら

スポンサーリンク