水虫は爪切りでうつるの?簡単な消毒方法もご紹介

私の父は長年、水虫・爪水虫と戦っていました。

水虫と戦っているうちに、爪水虫も発症したんです。

家族としては気になります。

水虫の人がいると気になるのが爪切り。

父は爪水虫になる前、こう言っていました。

「爪は正常だから大丈夫」

実際、爪切りでうつるのでしょうか?

うつるとすれば、消毒方法はあるのか調査しました。

うつる可能性はある

爪切りと水虫

結論から言うと、うつる可能性はあります。

でも可能性は低いです。

もともと白癬菌の感染力は高くありません。

常に乾燥している爪切りは、白癬菌も増殖しにくいのです。

ホッとしたところで恐縮なんですが、安心するのはまだ早いかもしれません。

爪に白癬菌が潜伏している場合、可能性が倍増するんですって。

足の爪

よくあるのがこんなパターン。

足の裏に水虫発症

足の爪水虫発症

手の爪水虫発症

実際、父がこのパターンでした。

手の爪がボロボロになる…怖いですよね。

爪切りや爪を削って薬を塗るときに、手の爪に白癬菌が付着することが原因と言われています。

詳しくは「爪水虫は削ると悪化する」をご覧ください。

爪水虫じゃない人も可能性はある

「自分は爪水虫じゃない。ただの水虫だから大丈夫」

そう言いたいのはわかりますが、安心できません。

見た目はキレイな爪でも、すでに白癬菌が潜んでいる可能性もあるんです。

爪切りと水虫

特に足の指の間が水虫の人は要注意。

すでに爪にも潜んでいる可能性が高いです。

水虫・爪水虫、どちらの場合でも爪切りは清潔にする必要があります。

再発の原因になることもある

「自分は一人暮らしだから気にしない♪」

寝相

ちょっと待った!

家族がいなくてもうつるんです。

誰にうつるのか?

将来の水虫が治った自分です。

白癬菌はなかなか死滅しません。

平気で数ヶ月は生き残ります。

せっかく水虫や爪水虫が治ったのに、また白癬菌が付着したら…

自分のためにも、対策はしておきましょう。

爪をためこむタイプはNG

爪切りには大きく分けて2種類ありますよね。

一旦、爪を内部にためこむタイプと、そうでないタイプ。

水虫のリスクを減らしたいなら、ためこまないタイプを選びましょう。

爪切りと水虫

こんなニッパーみたいな爪切りもありますよ。

・ためこまない

・掃除しやすい

この2つが揃っているのがベスト。

ただし、爪が飛びやすいのが欠点。

床にばら撒かないように注意して切りましょう。

アルコール消毒は効果が薄い

水虫・爪水虫の感染源になることもある爪切り。

清潔にするためには、どうすればいいのでしょうか?

爪切りと水虫

消毒と言えばアルコールですが、白癬菌には効きません。

白癬菌は細菌より大きな生物です。

真菌という、カビの一種。

頑丈な細胞壁で守られているので、アルコールでは死滅しません。

徹底的に対策したいなら、別のものを使いましょう。

消毒するならカビキラーでOK

爪水虫とカビキラー

爪切りの消毒には、カビキラーを使うのが1番簡単だと思います。

もちろんカビキラー以外の他のカビ退治用スプレーもOKです。

爪切りを消毒する際の手順は次の通りです。

①爪切りに残った爪・ゴミをとる

②カビキラーを外側・内側まんべんなく噴射

③5分放置する

④カビキラーを洗い流す

⑤しっかり乾燥させる

内側までしっかり掃除してくださいね。

面倒なら、カビキラーの原液に爪切りを沈めちゃいましょう。

どっぷり漬ければ、洗い残しもなくなります。

カビキラーは白癬菌に強いので、爪切り以外の消毒にも使えますよ。

ただし、カビキラーを直接足に吹き付けてはダメです。

父はそれで、大変なことになりました。

詳細は「水虫をカビキラーで治すとヤバイ!」をご覧ください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA