水虫で足が臭い!洗っても解消できない人はこれを試せ

スポンサーリンク

「水虫で足が臭い!」

「夕方になると靴を脱がなくても臭う…」

誰にも相談できないけど、切実な問題ですよね。

今回は「すぐ真似したくなる・安くて簡単な方法」をご紹介します。

臭いの原因は水虫ではない!?

まず1つ誤解を訂正させてください。

足が臭い=水虫

これは間違いです。

水虫の原因である白癬菌は、臭いをほとんど発しません。

では、なぜ臭くなるのか?

実は、水虫になった足は他の細菌が増殖しやすくなるのです。

水虫になる

皮膚の防御力が落ちる

細菌が角質層に入る

細菌が増殖・臭い物質を放出

悪臭大発生!!

菌のイラスト

水虫は原因ではなく、きっかけです。

水虫ではないのに、足が臭い人もいます。

その逆の人もいます。

臭いの元凶は、細菌たちだったのです。

それでは、臭いを解消するにはどうすればいいのでしょうか?

臭い対策の2つのキーワード

足の臭いを解消するために、外せないキーワードが2つあります。

①汗

②靴

汗は細菌も水虫も大好きです。

高温多湿の靴の中はパラダイスのように感じることでしょう。

足からは「1日でコップ1杯分の汗が出る」と言われています。

汗対策は必須です。

水虫で足が臭い

そして靴。

足の表面よりも細菌が増えやすいのが靴の中です。

足に直接付着しているものよりも、厄介な相手です。

足だけ洗っていても、靴がダメなら臭いは解消できません。

臭い対策は片方だけではダメです。

両方同時に対処するしかないのです。

週200円でできる臭い対策

足の臭い対策。

色々なサイトで紹介されてますよね。

でも、あまり「やってみよう」と思えなかったのではないでしょうか?

私が今回ご紹介したいのが、100均グッズでできる対策です。

足の臭い対策は毎日しなければいけません。

そうなると、

・安い

・すぐできる

この2つを満たすものでないと続けられません。

100均グッズなら、それが可能です。

足の汗対策

まずは汗対策です。

とはいえ、足から出る汗をゼロにすることは不可能です。

ここでの対策は、汗で細菌を増やさない方法です。

マメな人なら、靴下を日中に何度か履き替えれば解決できます。

でも、面倒ですよね。

仕事の合間に、何度も靴下を履き替えたりできません。

そこで私が目をつけたのがこちら。

ダイソーのウイルス除菌スプレーです。

ウイルス除菌スプレー

100均とはいえ、あなどれませんよ。

しっかりと臭い対策ができます。

このスプレーは「次亜塩素酸ナトリウム」が主成分。

大腸菌やノロウイルスにも有効と書いてありました。

効果の持続時間が長いのが特徴です。

靴の中をスプレーするだけでOK。

足に直接スプレーする必要はありません。

スプレーの回数は2回。

・朝出かける前

・昼休憩中

私の場合は、これだけで夕方になっても臭いはほとんどありませんでした。

おすすめです。

ところで、ダイソーには靴用の消臭スプレーもあります。

ダイソーの靴消臭スプレー

「なぜ靴用のスプレーを使わないのか?」

不思議に思った人もいるかもしれません。

靴用のスプレーはアルコール除菌。

効果はありますが、持続時間が物足りない印象です。

消臭効果は3時間ぐらいでしょうか。

朝、昼、15時ごろの最低3回はスプレーしないとダメです。

ちょっと面倒に感じました。

靴で増殖する雑菌対策

次は靴の中に増殖する細菌対策です。

基本中の基本は、3足以上の靴を交代で履くこと。

毎日同じ靴を履いている人は、細菌を培養しているようなものです。

他にも、細菌対策があります。

それがこちらです。

ダイソーの靴の中敷き

100均には、靴の中敷きも売っています。

これを、週1回交換すればOK。

汗を吸った中敷きは、細菌が増殖しやすい場所。

マメに交換すれば、細菌が増えにくくなります。

外回りでよく歩く人は、毎日、昼休憩の間に取り替えてもいいでしょう。

臭いの原因菌に増える時間を与えない。

シンプルですが、効果的な対策だと思います。

厚さや機能に個性がありますので、1番しっくりくるものを探してみてください。

水虫と臭いを同時に解消したい人へ

いかがでしょうか?

紹介した2つの方法を実践すれば、足の臭いはかなり軽減できます。

ただ、この方法はあくまで臭い対策。

水虫治療はできません。

水虫も臭いも同時に対策したいからといって、カビキラーを足に直接塗るのだけはやめましょう。

父が試した結果、大変なことになりました。

自力で治したい気持ちは分かります。

でも、裏ワザにはリスクがつきものです。

父は自業自得でしたが、かわいそうでした。

>>父がカビキラーを使った結果はこちら

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA