ハウスリースバックとリバースモーゲージの違いとは?簡単にメリットを比較

スポンサーリンク

ハウスリースバックについて調べていると、リバースモーゲージと比較されることがよくあります。

どちらも家に住み続けながら資産を「現金化」する仕組み。

小難しい説明が多かったので、噛み砕いて違いをまとめたいと思います。

ハウスリースバックとリバースモーゲージの特徴

長々と説明しても分かりにくいので、まず両者を箇条書きしてみます。

ハウスリースバックとは…

家を売却してリース料を払って住む
・所有権は会社に移行
・固定資産税の支払いなし
・将来買い戻しOK
・リース期間は3年更新が多い

リバースモーゲージとは…

・家を担保に借金
・所有権は自分のまま
・生きている間に返済義務なし
・死後、不動産を売却して返済
・利息は毎月支払い、死後一括の場合も
・土地の評価額が1千万円以上が条件の場合が多い

ハウスリースバックとリバースモーゲージの違い①

ハウスリースバックもリバースモーゲージも資産を現金化する手法です。

ただし、その性質は大きく違います。

ハウスリースバックで手に入る現金は自分のもの。

返済する必要はありません。

リバースモーゲージはあくまで借金です。

利息もつきますし、最終的には返済する必要があります。
リバースモーゲージとハウスリースバック

現金化できる金額もかなり変わります。

例えば土地評価額1千万円、家が古くて評価ゼロの場合…

ハウスリースバックは700万円が相場。

リバースモーゲージは500万円が相場です。

お金

ハウスリースバックは市場価格の7割。

リバースモーゲージは土地評価額の5割が上限の場合が多いです。

(条件は会社によって変わります。)

ハウスリースバックとリバースモーゲージの違い②

両者を利用した場合、こちらが支払うお金も考える必要があります。

まずは固定資産税。

税金

ハウスリースバックは固定資産税がゼロ。

リバースモーゲージは固定資産税はそのまま。

ハウスリースバックは家を売却するので、固定資産税はゼロです。

ただし、ハウスリースバックはリース料を会社に支払います。

リース料は査定額の10%が目安。

700万円手に入ったら、月5万8千円(年70万)を払うことになります。

リバースモーゲージはローンです。

リース料の代わりに利息があります。

利息は変動金利が一般的。

今3%でも、将来上がる可能性もあります。

利息は毎月払う、一括返済の2パターンがあります。

これは銀行によって扱いが変わるので要注意。

さらに、土地の評価額が下がれば「担保割れ」が起こる可能性があります。

その場合、差額を返済するよう求められることもあります。

どう使い分けるべき?

どちらも一長一短ありますね。

どちらを選ぶべきか迷う人もいるでしょう。

まず、考えるべきなのは今後の暮らし方です。

今の家に死ぬまで暮らしたいか引っ越すのか。

引っ越しもありだと考えるならハウスリースバック。

しばらくは今の家に住み続けて…

他にいい家が見つかれば引っ越し。

今の家が古くなった頃に、修繕費がかかる前に引っ越すのもいいですね。

一般媒介契約で失敗

身軽に動けるのがハウスリースバックのメリットです。

リース期間が終われば、残った現金で引っ越しも楽です。

ずっと今の家に住むならリバースモーゲージでしょうか。

ただし、リバースモーゲージは長生きするほどリスクが高まります。

借入金額に上限があるので、長生きしても増やせません。

さらに土地の評価が下がれば差額の返済が待っています。

「売却&リース」のハウスリースバック。

「家を担保に借金」のリバースモーゲージ。

想定外のリスクが嫌ならハウスリースバックのほうがスッキリする印象です。

リバースモーゲージはローン。

死後一括返済と言っても、残された配偶者はどうするのかとか…

家族がいるなら慎重に考えないといけません。

ハウスリースバック体験談

ハウスリースバックもリバースモーゲージも、一長一短があります。

今後の生活スタイルや家族の有無で大きく変わりますね。

ちなみに、私の友人が最近ハウスリースバックを利用しました。

その際の体験談は「ハウスリースバックの評判は?」をご覧ください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA