酒さ様皮膚炎で脱ステロイドのリバウンドを最小限に【同僚の体験談】

スポンサーリンク

以前、同僚が酒さを完治させた話をしました。

かなり反響があったため、改めて詳しく書こうと思います。

脱ステロイドのリバウンドの正体

繰り返しながら悪化する酒さ。

脱ステロイドは避けて通れないですよね。

そもそも、脱ステロイドでリバウンドするのはなぜか知っていますか?

あなたの皮膚は、常に免疫が「何か」に過剰反応(炎症)している状態。

今までは過剰反応をステロイドで抑えていたのです。

何の対策もせずにステロイドだけをやめると、炎症が一気に加速します。

リバウンドは副作用ではありません。

抑えていた炎症が「見える化」したのです。

繰り返す酒さを食い止めるには、炎症の原因を除去しないといけません。

同僚はいきなり脱ステロイドで大失敗

以前の話でも触れましたが、最初は同僚も酒さの治療がうまくいきませんでした。

体質改善ができていない状態で脱ステロイドをしたので、激しいリバウンドが起こりました。

酒さ様皮膚炎

事務職だったのでマスクで顔を隠して仕事を続けていましたが…

接客業でなくても、他人の目は気になりますよね。

脱ステロイドで肌の回復に時間がかかる理由

脱ステロイドで肌が回復するには時間がかかります。

長いと数年単位です。

肌は常に入れ替わっているのに、なぜ時間がかかるのでしょう?

答えは「肌のバリア機能」です。

私たちの肌は常に外からの刺激にさらされています。

肌のバリア機能が低下したままでは、いくらターンオーバーをしても綺麗になりません。

ohada1124

逆に言うと肌のバリア機能さえ強化できれば、肌の細胞が入れ替わるたびに回復できます。

2つの視点で肌のバリア機能を強化

肌のバリア機能を強化するには、2つの視点が大事です。

1つは外からの刺激をシャットアウトすること。

もう1つは、抵抗力を高めること。

この2つを同時に進める必要があります。

脱ステロイドで最初に大事なのはシャットアウト。

抵抗力は急に上がりません。

もしあなたがこれから脱ステロイドをするなら、徐々に減らすのがおすすめ。

塗る回数や濃度を徐々に下げつつ、ワセリンで徹底的にガードする。

これが基本です。

すでにリバウンドが起きている人は、まずワセリンでシャットアウト。

炎症の原因から肌を守るのが最優先です。

でも、これだけでは治りません。

シャットアウトしている間に、抵抗力を上げる必要があります。

同僚は、抵抗力を上げる手段として「肌の善玉菌」に注目しました。

自分自身の体質改善だけでは限界があります。

肌の善玉菌の作用を利用することで、抵抗力を底上げしたのです。

 
>>同僚が肌の善玉菌を増やした方法はこちら
 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA