起立性調節障害でニンニク点滴・注射は効果があるのか?

私の従兄弟は中学生のとき起立性調節障害でした。

現在は完治しています。

以前「黒にんにく卵黄がおすすめ」という話をしたのですが、こんなご質問をいただきました。

黒にんにく卵黄って栄養満点なんですね。

にんにく点滴も効果があるんでしょうか?

実は私の従兄弟も試したことがありました。

体験談からお話させていただきます。

にんにく点滴・注射とは?

そもそもにんにく注射や点滴って何?

にんにくを絞った汁を注射するわけではないんですって。

起立性調節障害とにんにく点滴・注射

にんにく注射の主成分はビタミンB1です。

にんにくの臭いのもとのアリシンも含まれているため、臭いはにんにくに近いです。

でも、実態は濃縮ビタミン剤です。

ビタミンB1は糖質を分解しエネルギーに代謝する働きがあります。

このビタミンB1を補うことで、即効性の疲労回復効果が期待できます。

にんにく注射と点滴の違いとは

にんにく注射と点滴。

どちらも血管に栄養を注入する点では同じです。

違いは、注入できる量と内容です。

起立性調節障害とにんにく点滴

点滴は注射よりもたくさん注入できる利点があります。

さらに、ビタミンCなどの他の栄養素も混ぜることが可能です。

点滴は栄養素を増やせる分、料金は注射より高めです。

そもそもにんにく注射・点滴は健康保険適用外。

基本的なにんにく注射で料金は2,000円前後。

初診料と合わせると4,000円ぐらいが相場です。

点滴なら3,000円~8,000円前後と幅が広くなります。

ビタミンB1以外の栄養素を入れるほど、料金が高くなります。

実際に体験してみて効いたのか?

では本題です。

従兄弟がにんにく点滴を試したのは中学2年生だったと思います。

起立性調節障害とにんにく点滴

従兄弟に感想を聞いてみました。

「体がポカポカして調子が良くなった」

「効果は感じたけど、2日後には元通り」

「受験前とか、短期間だけでも調子を取り戻したいならあり」

だいたい、このような感想でした。

ちょっと期待外れでしょうか?

効果があると感じた人の食生活はヤバイ

にんにく注射や点滴。

これらはあくまで栄養補給です。

特効薬ではありません。

ビタミン剤のサプリメントなどと同じで、不足している栄養を補うもの。

起立性調節障害とビタミン剤

にんにく注射や点滴で効果を感じる人は、普段が「栄養不足状態」ということ。

効いた!効かなかった!と一喜一憂している場合ではありません。

体質改善という意味では、日頃から食生活を改善する方が効果が大きいでしょう。

注射や点滴に高いお金を払うより、以前紹介した「必須アミノ酸とビタミンを補える黒にんにく卵黄サプリ」で毎日栄養を補うほうが長期的に見てプラスです。

自律神経の乱れを整えるために

起立性調節障害には特効薬はありません。

毎日の食事・運動・睡眠の総合力を高める必要があるので、長期戦になります。

従兄弟も色々な治療法を試しました。

現在は完治していますが、当時は先が見えず大変でした。

そんな中で出会ったのが光目覚まし時計でした。

自律神経の調整と日光の関係性を利用した光療法。

それに運動、食事改善などを組み合わせたのです。

詳細については「起立性調節障害で薬が効かない人へ」をご覧ください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA