起立性調節障害と頭痛【鎮痛剤が効かない場合にできること】<体験談>

私の従兄弟は中学生のとき起立性調節障害でした。

現在は完治していますが、当時は大変!

見守る家族も戸惑うばかりでした。

>>従兄弟の治療体験談はこちら

今回、このようなご質問をいただきました。

頭痛対策はどうしていますか?薬を飲んでも痛むようです。

起立性調節障害で起こりがちな頭痛。

楽にしてあげたいですよね。

起立性調節障害の頭痛は薬が効きにくい

起立性調節障害による頭痛は、鎮痛剤を飲んでも効果が薄いのが特徴です。

なぜなら、起立性調節障害の頭痛は脳への血流不足が原因。

自律神経の乱れで血圧がコントロールできず、脳まで十分な血が行き届かないのです。

この状態で痛みだけを抑えようとしてもムダです。

血行を改善しない限り、頭痛は止まりません。

寝起きに足を頭より高い位置でキープしよう

起立性調節障害の人は、水分や塩分を多めにとることは実践していますよね?

水分や塩分を多めにとるのも、血圧を上げて安定させるためです。

それでも脳への血流が不足するなら、さらなる対策が必要です。

1番手軽で効果的なのは、頭の位置を低くすること。

例えば、寝るときに足の下にタオルを敷いてもいいと思います。

ただし、足の下だけタオルを敷くと膝に負担がかかります。

下の図のように、膝の下にタオルを敷く。

もしくは足から膝までを支えて高くするのがおすすめです。

起立性調節障害と頭痛対策

座布団があれば、2枚ぐらい重ねて使うといいと思います。

足の筋力をアップして頭痛を治そう

日中、外にいると足を高くするのは難しいですよね。

長期的な体質改善を考えるなら、下半身の筋力をつけること。

筋肉のポンプ作用で静脈の血液が心臓へと戻りやすくなります。

下半身の筋力が上がると全身の血行もよくなり、頭痛以外の症状も緩和します。

従兄弟がやってよかったこと

足を高くするのは応急処置。

あくまで対処療法です。

長期的に見れば、筋力アップが最も重要だと思います。

自律神経の乱れを整える上でも、運動は必須です。

水中ウォーキングは良いですよ。

私の従兄弟の場合は寝起きに足を高くあげるだけでなく「光療法」にも取り組みました。

光目覚まし時計intiで起立性調節障害を治療

光目覚まし時計の強い光を浴びることで、自律神経の乱れが整うのです。

詳細は「起立性調節障害で薬が効かない人へ」をご覧ください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA