ネドリール錠の飲み合わせや副作用は?爪水虫治療中の酒も気になる人へ

父は長年爪水虫治療をしては再発を繰り返していました。

現在は良い塗り薬を見つけて完治しています。

今回はネドリール錠についてお話します。

ネドリール錠の効果と副作用

ネドリール錠は真菌を包む細胞膜にダメージを与えて、真菌を死滅させる薬です。

ネドリール錠と飲み合わせ

爪水虫の内服薬にも色々ありますが、長所と短所をまとめるとこのようになります。

●長所

・1ヶ月あたりの費用がイトラコナゾールに比べ安い

・飲み合わせが悪い薬が少なめ

●短所

・服用期間が長い(6ヶ月)

・月に1回、肝機能検査を行う必要がある

副作用としては腹痛・吐き気・下痢・湿疹、めまい、眠気などがあります。

しかし、副作用は比較的少なめのお薬です。

飲み合わせが悪い薬

日頃から複数の薬を飲んでいる人はお医者さんに相談しましょう。

ここでは代表的な飲み合わせの悪いものをご紹介します。

・胃炎や胃潰瘍の治療で使う薬(シメチジンなど)

・カンジタ治療用の抗真菌薬(フルコナゾールなど)

・結核の薬(リファンピシンなど)

・抗うつ剤

・免疫抑制剤(シクロスポリンなど)

・経口避妊薬など

今までにアレルギーや過敏症状を経験した人は医師に申告しましょう。

ネドリールとお酒の相性は?

ネドリールは肝臓で代謝されることで効果を発揮する薬です。

服用期間中に飲酒すると、体への負担がさらに大きくなります。

出来る限り避けるのがおすすめです。

また、肝機能に余力が少ないのでいつもより悪酔いしやすくなります。

kanzou1

私の父も一度油断して、道路の真ん中で大の字で倒れていたそうです。

もし車が通っていたら…考えるだけで恐ろしい。

肝機能が低下すると全身の倦怠感が増加しがちです。

強烈な眠気に襲われるリスクも高まるので、下手すると仕事や日常生活に支障が出ます。

服用期間中は「自分は病人である」という意識を持ったほうがいいです。

半年間、グッと辛抱するしかありません。

特に60歳以上の人は要注意。

肝臓は一生モノです。

一度深いダメージを受けたら、今までと同じ食生活ができなくなるかもしれません。

父は飲みきった後再発して塗り薬に替えた

父はネドリール錠を半年飲み続けて、一度治ったように見えました。

ところが、しばらくすると再発。

本来ならまた病院に行けばいいのですが、父は行きませんでした。

晩酌を我慢するのが嫌だったのでしょう。

そこから父の迷走が始まるのですが…最後にいい塗り薬を見つけて完治しました。

運が良かったと思います。

詳細については「爪水虫は削ると悪化する!父がクリアネイルショットを使ってみた」をご覧ください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA