爪水虫をカビキラーで治すとヤバイ!父が試した結果

私の父は長年、水虫・爪水虫と戦っていました。

病院嫌いの父は、

色々な民間療法を試していたのですが、

その中で危なかったのがカビキラーです。

カビキラーで爪水虫や水虫治療をすると、

大変なことになりますよ。

スポンサーリンク

カビキラーで爪水虫治療を1ヶ月続けた結果

カビキラーで爪水虫治療をするとどうなるのか。

こちらの写真をご覧ください。

爪水虫をカビキラーで治すと危ない

これは父がカビキラーを使い始めて

約1ヶ月後の写真です。

小指の付け根付近を中心に

赤くかぶれていますよね。

この時の父は、

強烈な痒みに襲われていました。

仕事で革靴を長時間履いていると、

ジッとしていられないほど痒かったそうです。

なぜカビキラーを爪水虫治療に使うとダメなのでしょうか?

カビキラーの主成分 次亜塩素酸ナトリウム

カビキラーは塩素系のカビ取り剤です。

主成分は次亜塩素酸ナトリウム。

さらに、成分の効果を安定させるために

アルカリ性にしてあります。

次亜塩素酸ナトリウムによって、

カビの細胞と色素を

分解・漂白することができるのです。

この次亜塩素酸ナトリウム、

高濃度になると皮膚細胞も分解してしまい、

火傷状態になることがあります。

足に汗をかいている場合、

汗に微量に含まれるアンモニアと反応して

毒性が強くなります。

このため、使い方によっては

足が火傷状態になってしまうことがあるのです。

白癬菌を退治しつつ皮膚を保護する塗り薬

カビキラーは確かに白癬菌を死滅させることができます。

でも、あなたの足の皮膚がボロボロになったら意味がないですよね。

カビキラーと水虫用の薬の差は

皮膚を保護できるかどうか。

治療のための塗り薬は安全に治療するために

厳しい安全基準をクリアして製品化されています。

裏ワザに飛びつきたい気持ちはわかりますが

私の父のような失敗を繰り返してほしくないのです。

ちなみに父はその後、

「クリアフットヴェール」を使って完治させることに成功しました。

父は今でも「最初からこれを使ってればよかった」とボヤいています。

『クリアフットヴェール』何度も繰り返す水虫への【 最 終 手 段 】

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA