起立性調節障害に栄養ドリンクは効果があるのか?

私の従兄弟は起立性調節障害でした。

先日、従兄弟の実体験をもとに

起立性調節障害とカフェインの話」をしました。

そこでチラッと「栄養ドリンクもやめよう」と書いたところ、

予想以上に大きな反響がありました。

起立性調節障害のお子さんに

栄養ドリンクを飲ませている人が多かったんです。

今回は、栄養ドリンクについて深く掘り下げたいと思います。

栄養ドリンクがダメな理由① 糖分

起立性調節障害に栄養ドリンクは使えません。

理由は、カフェイン以外にも2つあります。

1つは糖分が多いこと。

短い時間でエネルギー補給できる栄養ドリンクには

糖分がたくさん入っています。

栄養ドリンクを常用するようになると、

糖分を多く摂り過ぎてしまいます。

もともと起立性調節障害の患者さんは、

甘いモノや炭水化物が好きな傾向があります。

過剰な糖分は治療に逆効果です。

栄養ドリンクがダメな理由② たんぱく質

起立性調節障害を治すためには、

低糖質で高たんぱく質な食事を心がけることが必要です。

しかし、栄養ドリンクは糖質が高い。

たんぱく質は、それほど豊富に入っていません。

栄養ドリンクを飲むなら、

卵やお肉、お魚などをしっかり食べるほうが効果があります。

詳細については

起立性調節障害に効く食べ物はあるのか」に記載しています。

起立性調節障害の克服はトータルで行うべし

起立性調節障害は自律神経の乱れによるもの。

食事、運動、睡眠。

生活をトータルで見直す必要があります。

私の従兄弟は運動、食事改善に取り組みました。

睡眠については、

光目覚まし時計を取り入れることで

少しずつ生活リズムを整えていきました。

従兄弟が症状を克服した方法の詳細については、

「起立性調節障害で薬が効かない人へをご覧ください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA