起立性調節障害にチーズは良いのか悪いのか?

起立性調節障害は特効薬がないので、

生活の中から改善していかなくてはいけません。

今回はこんなご質問をいただきました。

起立性調節障害にチーズは良いのでしょうか?

チーズは良いのか悪いのか調べてみました。

チーズのカルシウムは良い

チーズに豊富に含まれるカルシウム。

カルシウム不足になりがちな日本人にとっては、

チーズを摂取することは体に良いです。

特に自律神経が乱れがちな起立性調節障害の患者さんにとっては、

イライラや不眠解消に役立つと言われています。

チーズをとるなら豆腐グラタンがおすすめ

チーズをたくさん食べようと思うと

ピザなどを食べたくなります。

でも、ピザは炭水化物が多すぎるのでおすすめできません。

チーズをたくさん食べるなら、

豆腐グラタンがおすすめ。

豆腐には必須アミノ酸が豊富に含まれるので

起立性調節障害の改善に効果が期待できます。

野菜などをお好みで混ぜれば効果倍増です。

作り方については、この動画が参考になります。

従兄弟は光目覚まし時計を使って改善した

私の従兄弟も起立性調節障害で苦しんでいました。

ある時、光療法が治療に役立つと聞いてさっそく光目覚まし時計を購入。

すると、少しずつ症状が改善していったのです。

詳細については「起立性調節障害で薬が効かない人へ」をご覧ください。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA