起立性調節障害とカフェインの話【従兄弟の実体験で分かったこと】

従兄弟が中学生のとき起立性調節障害になった話をしました。

すると、こんなご質問をいただきました。

起立性調節障害にカフェインはダメですか?

従兄弟が朝コーヒーを飲んでみた結果

結論からお伝えすると、

カフェインはやめたほうがいいです。

私の従兄弟も起立性調節障害になってすぐの頃、

午前中のダルさを改善するために

コーヒーを飲み始めました。

コーヒー

最初の1週間ぐらいは

「なんとなく調子が良い気がする」と言っていたのですが…

だんだんとコーヒー効果も実感できなくなり、

症状は以前より重くなっていました。

後から分かったことですが、

起立性調節障害のような自律神経の乱れが原因の病気に

カフェインは悪影響が大きいんですって。

一時的に交感神経を刺激して体が活発になるのですが、

カフェインが切れた後の反動が大きい。

さらにカフェインを常用すれば体に耐性ができて、

必要な量がどんどん多くなってしまうのです。

コーヒー以外で注意するべきもの

起立性調節障害は思春期の人がなりやすいので、

コーヒーを普段から飲んでいる人は少ないかもしれません。

でも、コーヒー以外にも要注意のものがあります。

それは、チョコと緑茶です。

特にチョコレートは要注意。

毎日食べている人もいるのではないでしょうか。

チョコレートで顔色を良くする

チョコレートにはコーヒーの1/6程度のカフェインが入っています。

知らず知らずのうちに

起立性調節障害を悪化させている可能性があるのです。

栄養ドリンクもやめましょうね。

従兄弟が克服したきっかけは光目覚まし時計

カフェインやメトリジンなどの血圧を上げる薬は、

どれも対症療法です。

一時的に元気になったり症状を改善する効果はありますが、

根本的な治療にはなりません。

自律神経の乱れをどう立て直すか。

起立性調節障害の治療はここがポイントです。

従兄弟は薬などの治療と同時に、

光目覚まし時計を使った光療法を取り入れました。

詳しくは「起立性調節障害で薬が効かない人へ」をご覧いただきたいのですが、

自律神経の乱れを立て直すきっかけになったのだと思います。

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA