起立性調節障害とメトリジンの副作用について【従兄弟の体験談②】

以前「起立性調節障害で薬が効かない人へ」というお話をしたところ、

たくさんの人からご質問をいただきました。

私の従兄弟は今ではすっかり元気ですが、

一時期は本当に辛そうでした。

その当時の詳細については

起立性調節障害で薬が効かない人へ」をご覧ください。

起立性調節障害とメトリジンについて

前回のお話を見た人から

「メトリジンではやっぱり治らないでしょうか」

というご質問をいただきました。

私の従兄弟もメトリジンを処方されましたが、

副作用のほうが大きかったので

2週間で服用を中止しました。

メトリジンは血圧を上げることに特化した薬です。

起立性調節障害で下がった血圧を上げることで、

体の不調を取り払う効果を狙っているのですが…

自立神経が乱れたままで、

無理矢理に血圧だけを上げるのは

体にそれなりに負担がかかるようです。

薬を飲んでも不調が軽減できないなら、

早めに次の手を打つほうがいいと思います。

メトリジンで頭痛がひどくなった場合の対処方法

メトリジンは副作用が少ないと言われていますが、

私の従兄弟の場合は横になると頭痛がひどくなっていました。

もし副作用で頭痛がひどくなってしまった場合は、

いつもより頭を高くして寝るとマシになります。

我慢して飲み続けなくてもいい

メトリジンはあくまでも対症療法です。

起立性調節障害のダルさやめまいなどを和らげるために飲む薬です。

私の従兄弟も2週間ほど我慢して飲み続けたのですが、

合わない薬を飲み続けても余計に辛いだけです。

起立性調節障害の改善は薬以外にも様々な方法があります。

私の従兄弟は結果的に光療法で治ったのですが、

運動や食生活など

日常生活の中でできることを少しずつやっていました。

運動などの対策は本人の体調・やる気に影響されますが、

光療法は本人が動かなくてもできる治療法です。

調子が悪くて1日中何もできない日があっても

「とりあえず光療法はできた」と思える。

これだけで本人や家族の焦りを取り除くことができます。

 
>>完治した従兄弟の体験談を見てみる
 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA