ミニベロ自転車163BBの口コミ【乗り心地がいい】<送料無料>

16インチのミニベロ自転車、163BB。

かっこいいデザインですよねえ。

実際に乗ってみた感想や評判についてお話します。

ミニベロなのに振動が少ない理由①

163BBに実際に乗ってみると、

吸い付くようなスムーズな乗り心地で驚きました。

普通、タイヤが小さくなればなるほど

段差などの衝撃が体に伝わりやすくなるのに…

163BBはまるでマウンテンバイク並みの安心感。

その秘密は、後輪についた大きなサスペンション。

ミニベロの弱点を上手くカバーしてくれています。

163BBのサスペンション

デザイン的にもかっこいいので、

まさに機能美という印象です。

タイヤにも振動を小さくする秘密がある

163BBのサスペンションはいい仕事してますが、

これだけでは、ここまでの乗り心地になりません。

もう1つの秘密があります。

それはタイヤです。

163BBのタイヤ

普通のママチャリのタイヤよりも

幅が倍ぐらいあります。

しかも、耐パンクタイヤで肉厚です。

これのおかげで、

細かい揺れを吸収してくれます。

変速機にも壊れにくい工夫があった

163BBは3段階変速です。

これが壊れにくい内装式の変速機なんですよ。

内装式の特徴は、

ギアチェンジするための機構が密封されていること。

チェーン外れはないし、

雨にも強くなるのでメンテナンスがほぼ不要です。

他にもブレーキやサドルに、

乗り心地を良くする工夫がいっぱいありますよ。

 
【詳細はこちらから】

 

ミニベロ自転車mimosa(ミモザ)の評判・口コミ【コモラードと比較してみた】<送料無料>

前カゴ付きのミニベロに乗っている人、

本当に増えてますねえ。

軽い走り心地がクセになるの、分かります♪

今回も前カゴ付きミニベロmimosa(ミモザ)に注目しました。

前カゴはコモラードより一回り大きい

mimosaの特徴はなんといっても前カゴですね。

すごくオシャレなデザインです。

mimosaの前カゴ

前カゴの大きさは、コモラードより一回り大きく感じますねえ。

しかも、底のほうが目が細かい。

私はよく折りたたみ傘を前カゴに入れてサイクリングするので、

目が細かい前カゴは安心できます。

mimosaはとても軽い自転車

mimosaとコモラードを乗り比べて、

一番感じたのが重さの違いです。

mimosaはとても軽くて、

ちょっとこぐとグングン加速します。

スペックを見てみると、mimosaは15kg。

コモラードは17.5kgでした。

コモラードでもママチャリと比べると十分軽く感じるんですが、

mimosaにはかなわないですねえ。

軽い力でブレーキがよくきく

mimosaはVブレーキというものを使っています。

マウンテンバイクやクロスバイクでも使われることがありますね。

Vブレーキの最大の特徴はトラブルが少なくて、

ギュッと止まること。

私は時々下り坂でスピードを出しちゃうんですが、

Vブレーキの自転車だと安心して乗れます。

mimosaのブレーキ

ギュッと握らなくてもブレーキがきくので、

長時間乗っていると楽なんですよねえ。

スピードもコモラードより出るようなので、

ミニベロが欲しいけど

時間ギリギリのときにスピードを出したい人には

ちょうどいいと思います。

 
>>激安通販はこちらから

 

アルバージュ ミニベロの口コミ【カゴ無し自転車で乗りやすい】<セール中>

安くてかっこいいミニベロと言えばアルバージュですねえ。

発売当初は、ミニベロ好きの間でかなり話題になりました。

実際に乗ってみた感想や評判についてお話します。

低価格帯ではトップクラスの走り

アルバージュの自慢はなんといっても走行性能。

ママチャリ以上にスピードが出るというのが嬉しいですねえ。

私の場合、ママチャリでは10分以上かかる道のりが、

アルバージュなら7分ぐらいで到着します。

信号待ちの状態から加速するまでがスムーズで軽いので、

体感的にはずっとトップスピードで走れる感覚。

ストップ・アンド・ゴーが多い街なかでは乗っていて気分が良いです。

BEANSとの違いは姿勢にあり

低価格帯でスピードが出るミニベロといえば、

以前紹介したBeansがあります。

両方ともよく似た自転車ですが、

アルバージュのほうがハンドルが上にグッと上がってます。

アルバージュのハンドル

BEANSは完全なフラットですので、ここが違いますねえ。

アルバージュのほうが姿勢が楽だと感じる人が多いかもしれません。

段差に注意すればコスパが高い

アルバージュの唯一の弱点はサスペンションだと思います。

段差の衝撃はモロに体に伝わるので、歩道走行してるときは段差に要注意です。

それさえ気をつければ、狭い道でもスイスイ走れるしコスパが高いと思います。

個人的に一番気に入ってるのが、このロゴ。

アルバージュ

シンプルで控えめなデザインがいいんですよねえ。

ペダルも結構いい味出してるので、乗る機会があれば注目してみてください♪

 


 

MarkRosa miniの口コミ【スピードが出るミニベロで前カゴ装着】

BRIDGESTONE MarkRosa mini、

すごく人気のあるミニベロなんで見かけたことがある人も多いかも。

今回、BRIDGESTONE MarkRosa miniに実際に乗った感想をお話します。

ミニベロだけどスピードが出る装備

MarkRosa miniの特徴は、スピードが出るような装備が充実してることですねえ。

7段階変速というだけでもママチャリ以上ですが、注目ポイントはタイヤです。

MarkRosa miniのタイヤ

このタイヤ、センタースリックタイヤです。

クロスバイクなどのスポーツ自転車に使われているタイヤで、

タイヤの真ん中が滑らかに加工されたスリックになっています。

真っ直ぐ進んでいる時は抵抗が少なくなって、

曲がるときには良いグリップ力で走れて快適なんです♪

MarkRosa miniはひとこぎで進む距離がママチャリ以上なので、

ミニベロなのにスピード負けしないのが楽しいんですよねえ。

サドル下に快適な工夫がある

古いミニベロに乗ったことがある人は、

段差などの衝撃を強く感じるっていうイメージがあると思います。

MarkRosa miniはこの点を克服するために、

サドル下に衝撃を吸収するバネを仕込んでます。

MarkRosa miniのサドル

普通のママチャリとくらべても、乗り心地が悪いなんてことはないですねえ。

前カゴをつけられる

MarkRosa miniに乗るなら、前カゴを着けるのがおすすめです。

というより、前カゴを着けられるスポーツタイプのミニベロって少ないので、

どうせなら着けたほうが得した気分になります(笑)

MarkRosa miniの前カゴ

MarkRosa miniには専用の前カゴが用意されています。

たまに専用のカゴじゃなくて浅くて幅が広いカゴにしてる人がいますが、

あれを着けるなら何もなしでフロントキャリアにバッグをのせたほうがマシです。

油断してると荷物が飛び出しちゃいますから。

MarkRosa mini専用の前カゴは深め。

そんなに大きくはありませんが、

スーパーのレジ袋一つくらいなら余裕で入ります。

 
>>詳細はこちらから

 

背の低いママチャリ【身長が低い女性に人気】<送料無料>

身長が低い人にとっては、普通の自転車では乗りにくい場合がありますよねえ。

今回は、こんなママチャリを紹介します。

・身長が低い女性向け

・子どもと大人が共有して乗りたい人向け

どれも人気があって、おしゃれですよ。

20インチの小さめママチャリ ティーク

jitensya11192

20インチの小さめ自転車の中で、重い荷物やチャイルドシートを搭載できる頑丈さを持つティーク。

背の低い女性の子供乗せ自転車としても人気です。

・変速機がチェーン外れしにくい

・ハンドルロック付き

毎日買い物のために乗る人には、便利な機能が多いと思います。

スピードは控えめです。

その分、重心が低く安定するように設計されています。

ママチャリに乗っていて転けそうになったことがある人からは「安心して乗れる」と評判になっています。

デザインは、高級感があるのが特徴。

イオンなどにはないタイプのママチャリです。

 
>>詳細はこちらから

身長135センチ以上で乗れるスイートリブ -20インチモデル-

スイートリブ

親子で共有して乗っている人が多いママチャリ、スイートリブの20インチモデル。

身長135センチ以上から乗れます。

特徴はフレームの低さ。

かなり低いので、またぐときにほとんど足を上げずに乗れます。

注意点としては、変速機がないことです。

シングルギアのママチャリなので、坂道が多い場所では疲れるかもしれません。

坂道が多いならティークのほうがいいと思います。

こちらはシンプルな構造と、長寿命で雨に強いローラーブレーキのおかげで故障が少ないと評判です。

 
>>詳細はこちらから

 

カゴ付きミニベロ ティーク【大きなカゴ・ハンドルロック自転車】

20インチくらいの小さめ自転車。

普通のママチャリに負けないくらい人気が出てきてます。

今回は、前カゴ付きミニベロのティークについて、実際に乗った感想や評判をお話します。

前カゴの大きさが20インチ自転車で最大級

ティークは普段使いを想定して設計されているミニベロです。

前カゴが標準装備のミニベロは他にもありますが、ティークの前カゴは他のミニベロと比べても大きいです。

前カゴ

実際に買い物に行ってみたところ、こんなものが入りました。

・5キロの米袋1つ(そこそこ余裕あり)

・2リットルペットボトル3本
(やや無理矢理入れた)

駐輪場に並んだ普通のママチャリと比べても、前カゴの大きさはほぼ同じか、ティークの前カゴのほうが大きいくらいです。

毎日近所のスーパーに買物に行く人なら、不便を感じることはないと思います。

ハンドルロックが買い物で大活躍

ティークの便利な機能に、停車時にハンドルのぐらつきを防ぐハンドルロックがあります。

ハンドルロック

ハンドルロックは買い物が楽になりますね。

まっすぐの状態で駐輪場に停めておくと、他の自転車の間から引っ張り出すときにぶつからずにスムーズに出せるんです。

実際に買い物で使うまで意識してなかったのですが、これには思わずニッコリ♪

駐輪場から出る時のストレスが減りました。

スーパーなどのよく混んでいる駐輪場を使うことが多いなら、ハンドルロック付きの自転車は使いやすいですねえ。。

 
>>激安通販はこちらから

 

Beans(ビーンズ)の評判【ミニベロで長距離走れる自転車】<最安値>

スポーツタイプのミニベロで人気のBeans。

評判や口コミをまとめました。

Beansの乗り心地について

Beansに実際に乗ってみると、

最初はサドルがやや硬めかなと感じました。

でも、実際に2kmくらい走ってみると気にならなくなりました。

Beansはクロスバイクなどのスポーツ自転車と同じように前傾姿勢をとります。

ママチャリ感覚で浅い前傾姿勢をとろうとすると硬さを感じますが、

むしろ、前傾姿勢ではちょうどいいと感じました。

そして、スポーツ自転車よりも衝撃を吸収してくれるように感じます。

週末にちょっと遠出のサイクリングを楽しむくらいなら、

クロスバイクよりも乗りやすいと思います。

Beansの走行性能

Beansの売りは、高い走行性能。

クランク1回転で最大5.9mの走行距離は、

ママチャリを楽に超える加速性能を表します。

クランク

クロスバイク並み!とまでは言いませんが、

ママチャリ以上、クロスバイク未満の性能という印象です。

しかも、Beansはミニベロなので小回りの良さは

クロスバイクやママチャリとは比べ物にならないです。

街乗りで狭い歩道や路肩、歩行者など

障害を避けながら走るコースでこそ実力を発揮する自転車ですねえ。

街乗りでは信号などで止まったり進んだりを繰り返します。

こぎだしが軽いのでそれも苦にならないです。

意外と快適だったのが、坂道走行。

6段階変速もあるし、ミニベロはもともとペダルが軽い。

キツい坂道も案外すんなりと走れるので、

坂道が多い街乗りではかなり活躍してくれます。

 
>>詳細はこちらから

 

ComO’rade(コモラード)の口コミ【乗りやすい前カゴ付きミニベロ】

前カゴ付きのミニベロ自転車の中で、2015年人気が急上昇したComO’rade(コモラード)。

低価格帯のミニベロとしては、代表格になりつつあります。

今回は、ComO’radeに乗った感想や評判についてお話します。

ComO’radeの評判

ComO’radeは、まずデザインがオシャレですよねえ。

男性からも人気がありますが、女性のファンが多い自転車です。

ちょっといい景色を見つけたら、ComO’radeを入れた写真を撮る。

それだけで、いい感じになるんですよ。

特徴と言えば大きな前カゴ。

普通のママチャリと同じか、やや大きい部類に入ります。

試しに乗ってみると、一番重いギアで26インチ自転車と同じ感覚で加速します。

タイヤは小さくても、変速機のおかげでスイスイ前に進むのは快適です。

荷物を前カゴにのせてもバランスがいいから乗りやすいです。

ComO’radeとcreargeの違い

前カゴ付きのミニベロのComO’radeとcrearge。

どちらも人気なんですけど、デザインや機能がかなり似通っていて迷いますよねえ。

今回、乗り比べてみて大きな違いが一つあることが分かりました。

それは、サドルの素材です。

サドル

creargeのほうはごく一般的なサドルです。

一方でComO’radeのほうは低反発素材

乗った瞬間の座り心地はしっくりくるなあという印象。

30分以上乗っていると、低反発のサドルはお尻にかなり優しいことが分かります。

負担が少ない分、疲れにくいと感じました。

 
>>詳細はこちらから