弓道で皆中するコツは?できない人とできる人の考え方の違い

「皆中」っていい響きですよねえ。

試合中に初めて4射皆中したこと、今でもよく覚えています。

実力が上がってくると、何度もチャンスが巡ってきます。

○○○…

残りの1本、なぜか中らない。

もうあと一歩が出ない人と、すんなり皆中できる人の差ってなんだと思いますか?

皆中できない人の考え方

私は長い間「皆中できない人」でした。

ところが、あることを始めてから皆中できるようになりました。

考え方と練習方法を変えたのです。

練習方法は最後にご紹介するとして、まず考え方をお伝えします。

弓道

私が皆中できない頃は、最後の1射をこのように考えていました。

「さっきと同じようにすれば大丈夫」

「今日は調子がいいんだから絶対大丈夫」

「落ち着け…落ち着け…」

必死に平静を保とうとしていましたが…

これでは上手くいきません。

皆中できる人の話を聞くと、大きく分けて2パターンに分類できます。

あなたも、この2つのどちらかを取り入れればいいのです。

皆中できる人の考え方

皆中できる人には、考え方に2つの傾向があります。

「的中したことに感謝の気持ちを持つ人」

連中してるときに自分がどんなミスをするのか把握している」

一つ目は、よく言われる「人格であてる」というやつです。

弓道できることに感謝し、的中した時に「ありがたい」と思える人。

これを体得できれば、弓道に限らず豊かに暮らせるでしょうね。

ただこの考え方は、弓道を通じて一生追い求めるものではないでしょうか。

肝心なのは2つ目の考え方。

誰でも、癖や傾向があります。

普段から意識していると思いますが…

「絶好調のときの自分の傾向」を説明できますか?

弓道

よく皆中している人は「絶好調のときはこんなミスをしやすい…気をつけよう」と考えています。

毎日の練習では、自分の悪いところを直そうと意識していますよね。

この考え方は「外した後の立て直し」には効果絶大です。

でも、絶好調状態を維持するという点ではどうでしょう?

的中、的中、的中…

絶好調の自分は、いつもと違うのです。

出やすい癖やミスも、普段と違うはず。

このことに気づけたなら、皆中連発までもう一息です。

練習で皆中できる人になる方法

それでは、具体的にどうするのか?

私が皆中できるようになった練習方法を1つご紹介します。

その方法は…

・3連中以上した回数を記録

・連中が途切れた1射の矢所をメモ

まず大前提として、試合で皆中するには練習中にたくさん連中できないとダメです。

練習中に3連中以上したら、回数をメモしておきましょう。

しょっちゅう3連中するようになれば、基準を4連中や5連中に変えてもOK。

「今日は3連中が10回、最高は8連中か…」

こんな感じでメモします。

ただし、これだけでは自己満足。

試合で皆中するには一押し足りません。

そこで大事なのが連中が途切れた1射の分析。

連中が途切れた最後の1射には、あなたの癖が凝縮されています。

その矢所を知るということは…

「絶好調状態の自分がしやすいミス」を知るということ。

いつも9時に外しやすい人が、連中した後は12時に外しやすいこともあります。

なぜか連中後だけ3時に外す…なんて人もいるかもしれません。

絶好調状態の自分は、普段の自分とは別物。

練習中から意識すれば、ある程度対策を立てられます。

「心が弱い」なんて言う前に、日頃から皆中する準備をしておく。

練習中の姿勢1つで、試合で出せる実力が大きく変わります。

 
>>公式試合になると中らない人はこちらもご覧ください

弓道で1本目が中らない人へ【1射目や大前が好きになる方法】

私は弓道で試合に出る時「大前をさせてほしい」と必ず言ってきました。

自分のペースを作れる大前が大好きなのです。

なぜこんな話をするかというと、このブログを見てくださった人からこんな質問をいただいたからです。

試合になると1本目が中りません。なぜ?皆中したいです。

今回は、1本目の的中率を向上させる方法を考えてみたいと思います。

「無心になれ」なんて誰が言った?

この手の話をすると、必ず「余計なことを考えるからだ。無心になれ」なんて言う人が出てきます。

これほど役に立たないアドバイスが他にあるでしょうか。

いや、ない(笑)

弓道で無心

すみません。

昔、偉そうなのに実力がない先輩に言われたことを思い出してしまいました…

弓道は精神論でごまかす人が多すぎます。

では具体的にどうすればいいのか?

私はこう思いました。

「試合で大前が好きな人の考え方を知るのが近道」

試合で大前になるのが好きな人は、1本目の的中率に自信があるはず。

(実際の的中率が良いかは別)

その人の考え方を学べば、自信がつくと思いませんか?

ここで私の考えを書き連ねてもいいのですが、今回はもう少し客観的な情報をお伝えしようと思います。

ポジティブな考え方は練習で作れる

スポーツ心理学という言葉をご存知ですか?

スポーツ心理学は知らなくても「メンタルトレーニング」なら聞いたことがありますよね。

「1本目が中らない」という悩みも、心理的なもの。

解決するにはどうすればいいのでしょう?

実はこれ、スポーツ心理学でいうところの「特性」と「状態」で説明できるんです。

特性とは、その人の考え方の傾向。

考え方の癖と言ってもいいかもしれません。

状態とは、ある時点での心のあり方と言えばいいでしょうか。

緊張、イライラ、気分が良い…常に移り変わる心を指します。

緊張

人の行動は、特性と状態によって変化します。

そしてこの特性は、訓練すれば変えることができます。

「1本目が中らない」と思っている人は、最初の1射をネガティブに考えています。

まず、その考え方の癖を変えてあげればいいのです。

1本目を中てる対策①

今のあなたは1本目に対して「不安」「外しそう」と思っています。

これを変えるにはどうすればいいのでしょうか?

まずやってほしいのが、思い出すこと。

1本目が中らないと言っても、弓道人生で1度くらいは中ったことがあるでしょう?

例え試合でなくても、練習中ならどうでしょうか。

練習中も、必ず1射目は外しますか?

そんなことありませんよね。

練習中も含めれば、必ず中ったことがあるはずです。

(ないなら、単なる実力不足)

弓道と成功体験

この「思い出す」という行動は、スポーツ心理学でとても重要なことだと考えられています。

本番に弱い人は、過去の失敗を思い出す傾向があります。

逆に本番に強い人は成功体験を思い出すことが多いのです。

失敗体験を思い出すことが多い人も、意識して成功体験を思い出す練習をすることで心理状態が変わってきます。

あなたは試合の直前、成功体験を思い出してワクワクしたことがありましたか?

たぶんないと思います。

過去に1本目が中った記憶を呼び起こすだけでも、プレッシャーから開放されます。

試合の直前こそ、成功体験を思い出す。

これなら、今すぐにでもできますよね。

最初は違和感があるかもしれません。

もし成功体験を思い出せない人は「成功体験ノート」を作ってもいいかも。

弓道で上手くいったことをメモしていくのです。

・練習中に矢飛びが綺麗な射があった。

・3連中できた

・気になる人が見ている前で中った

こんな風に、小さな良かったを毎日書くといいですよ。

考え方の癖は直せます。

メンタルを改善したいなら、ぜひ試してみてください。

1本目を中てる対策②

もう1つ挑戦してほしいことがあります。

それは、1本目の快感を見つけること。

今はピンとこないかも知れません。

私自身の気持ちを言うとするならば…

「新品のノートに初めて書き込む瞬間」の気持ちに似ています。

弓道の試合は、自分が行動しなれば状況が動きませんよね。

この手で矢を射ることで、初めて試合が始まるのです。

まるで自分だけの作品を作り上げるような、ワクワクした気持ちになります。

ちょっと分かりにくいですか。

例えば、新品の的に中てた瞬間って気分がいいでしょ?

その感覚に近い…かも。

失敗の可能性を考えても良いことはありません。

不安や緊張を感じたら、良かったことを思い出す。

試合中の楽しみを見つける。

これはネガティブな性格でも意識すればできます。

メンタルトレーニングも弓道の練習の一つと思って、取り組むことをおすすめします。

>>弓道の試合前の準備体操はこちら

弓道で緊張しない方法【試験や面接・プレゼンでも使われるテクニック】

先日「弓道で試合になると中らない人」という記事を読んでくださった人から質問が届きました。

緊張で中たらなくなります。

手汗で滑る・全身が震える・頭が真っ白。

どうしたらいいですか?

今回は、緊張する心をどうコントロールするかご紹介します。

自分で自分を実況中継してみよう

「落ち着け…落ち着け…」

こんなことを言ってもムダだということは、よくご存知だと思います。

それで落ち着けるなら苦労はしません。

緊張

ではどうすればいいか?

心理学でよく言われる緊張をほぐす方法は「実況すること」です。

難しい言葉で言うと自分を客観視すること。

今、自分がどんな状態になっているのか表現するのです。

自分を実況するってどういうこと?

弓道と実況

実況すると言っても、あまりピンと来ないかもしれませんね。

私がいつも心の中でやる実況を書いてみます。

「さあ、とうとう試合当日がやってきました。

道場を包み込むこの空気。

弓道独特の厳粛さをまとっています。」

的

「おっと!(自分の名前)選手、早くも顔の筋肉が硬直してきた。」

「手も小刻みに震え、緊張を隠せません。」

「これはどうした?無意味に羽根を撫で始めた。」

「これも自分を落ち着かせる儀式なのでしょうか。」

弓道の矢

「さあ、いよいよ控えに呼ばれました。」

「名前を呼ばれただけでビクつく(自分の名前)選手!」

「それでも待ったなし!」

「いよいよ決戦の場に足を踏み入れます。」

「(自分の名前)選手の前後には、頼もしい仲間がいます。」

「普段はのんきな仲間たちも、凛々しい表情をしています。」

「さあ、(自分の名前)選手!」

「この状態でどこまで力を出せるのか見ものです!」

実況が無理なら自分をからかうのもアリ

実況していると、不思議と落ち着いてくるんですよ。

実際にやった人しか分からないので、試してみてください。

「実況はハードルが高そう…」

こう思った人はもう1つ方法があります。

それは自分をからかうことです。

これも客観視の1つの方法ですが、実況よりは簡単かもしれません。

例えば…

「あれ?(自分の名前)選手、もう緊張し始めたの?」

「緊張するのも楽しいものだ…ぐらい、ウソでも言ってみな」

とか

「(自分の名前)選手、手が震えてるぞ」

「昨日までの威勢の良さはどうした」

などなど…

緊張している自分をからかって楽しむ。

やってみると、意外と心が落ち着くものです。

体の緊張もほぐせ

心が緊張すると、体が硬直します。

体が緊張状態になると、心はさらに緊張します。

緊張をほぐすには、心だけでなく体もほぐす必要があります。

体をほぐすのは意外と簡単。

何回かジャンプするだけでいいのです。

弓道とジャンプ

小さくピョンピョン飛ぶと、脳が姿勢制御に集中し始めます。

体の力が抜けて、少しリラックスできるんですって。

まあ射場に入ってしまうと難しいですが、結構使えますよ。

例えば試合前日、眠る前にピョンピョンすれば寝付きがよくなります。

試合当日の朝、緊張で食欲がないならジャンプしましょう。

元気が湧いてきます。

手汗だけでも止めたい人へ

弓道で的中率を1番落とすのは手汗かもしれません。

「手が滑りそう」と思うだけで余計な力が入ります。

取懸け

体質的に手汗が多い人は早めに対策をとりましょう。

私が試してよかったものについては「弓道の手汗対策グッズ」をご覧ください。

早気のまま試合で中てる【応急処置篇】

今までは早気を改善する方法を紹介していました。

今回は「早気のままで」試合で活躍する方法をご紹介します。

こんなことを言うと怒られそうですが、試合が今週あるのに「早気を直せ」と言われても無理です。

弓道の矢所

私の経験から言うと、早気を直すには最低4ヶ月かかります。

高校生や大学生の部活で弓道をしている人は、試合に出られないし引退までに間に合わない人も出てくるでしょう。

早気なりに、早気の戦い方があります。

早気が試合で中らない理由

的

そもそも早気がなぜ試合になると中らないのか。

理由は簡単。

試合になると早気レベルが上がるからです^^;

弓道

いつも会が1秒ならゼロ秒。

普段からゼロ秒なら、口割りまでおりないこともあります。

試合のとき、本能は離れようとするのに理性では練習中のタイミングで離れようとします。

本能と理性でタイミングのズレが起きて、離れがこわばって不自然な形になってしまいます。

逆に言うと、本能と理性のズレをなくせば、練習中と同じくらい中たるということです。

口割りまでおりる人

的

試合でも、口割りまでは下ろせる。

でも、会がゼロ秒という人。

この人は、早気の中でも十分に戦えます。

このレベルの人は、鼻まで引き分けたときから会のつもりで引けば問題ありません。

鼻までおろした時点で会のつもりで狙いを定め、いつ離れてもいいように準備をします。

離れは、本能に全てを任せましょう。

手先の力みをなくせば、むしろ練習中よりも美しい矢飛びになります(経験者談)

口割りまでおりない人は

的

さて問題は、口割りまでおりない人。

私も一番ひどいときは、口割りまでおりませんでした。

早気を克服した今でも、あの時の辛さを忘れることはありません。

この段階ではまともな射ができないことが多い。

それでも次の試合だけは中てたいと言うのなら…

方法がないわけではありません。

弓道

この段階の人は、口割りではなく「鼻割り」までおろして、離れることを考えましょう。

目までおろした時からすでに会のつもりで、心の準備をします。

そして、鼻までおろしたら本能に任せましょう。

私の経験上、鼻までおろせば狙いを定めることは可能です。

目の高さでは無理です。

なぜこんなことが言えるかと言うと、私が実際に試したからです(笑)

私の早気が一番ひどかった時期は、鼻までおろすのが限界。

それでも、試合で8割的中したこともありました。

物見

そして、鼻までおりなくなった時、私の的中率はゼロまで落ちたのです…

そこから、早気を克服するまで4ヶ月かかりました。

詳しくはこちらの記事で書きましたが、離れずに戻す練習を4ヶ月徹底して続けた結果、早気を克服できたんです。

毎日弓を引くのに離れない日々は辛かったですが、会をもって中ったときの感動は、初あたり以上だったのを覚えています。

応急処置は1度きりの諸刃の剣

早気が試合で戦うためには、いつもよりも早めに準備をして離れのタイミングは本能に任せる。

決して会を持とうとか、口割りまでおろそうなんて考えません。

弓道をしている女性

でも、こんなことをすればどうなるか…

早気の人なら分かりますよね。

早気は悪化します。

行くところまで行ってしまえば、早気と真正面から向き合うしかありません。

今回のお話は、あくまで次の試合1度きりの応急処置です。

早気を最終的に克服するには、こちらの記事で書いた練習を繰り返すしかありません。

早気を克服するなら、中途半端が一番ダメ。

口割りまでおりない人でも、4ヶ月あれば直ります。

この4ヶ月、離れをしない練習を徹底できるかどうかが、早気を克服する唯一の方法だと思います。

弓道で試合になると中らない【緊張ではなく錯覚で狙いがズレる?】

弓道をしている人のなかには「試合になると練習の半分も中らない…」という人もいます。

弓道関係者にこの話をすると、こんなダメ出しをされるでしょう。

「練習も試合だと思ってやりなさい」

「メンタルが弱い。緊張してもいつも通りできるように体に覚え込ませろ」

でも、皆中が3中になるくらいならともかく、的中率が半分まで下がるっていうのは明らかにおかしいと思いませんか?

精神論に逃げずに、何か他の理由がないか研究してみました。

試合で狙いがズレる人が多い!

弓道の試合を観戦していて気づいたことがあります。

的の上下に外している人が多いことです。

これは何か原因がありそうだと思って色々調べると、試合中、錯覚を起こして狙いがずれている可能性に行き当たりました。

・狙いの付け方、

・普段練習している場所ではない

この2つによって狙いが狂う人がいるのです。

人の視覚は景色で感じ方が変わる

人の視覚は周りの状況で簡単に錯覚を起こします。

弓道でも、その錯覚が起こる状況があります。

例えば、こちらの絵。

錯覚の絵

この絵では、黄色のほうが近くに感じますよね。

弓道では、安土の色が練習している道場と試合会場で違いますよね。

普段、薄い茶色っぽい安土で練習している人が、本番で真っ黒の安土を見た時、遠く感じます。

さらには、安土の色と的の色の差による錯覚もあります。

この絵を見てください。

錯覚の絵

白い人のほうが手前にいるように見えますよね。

真っ黒の安土に、真っ白の的があると、的が実際よりも近く・大きく感じてしまいます。

他にも、芝が伸びていると的が低く見えるし、芝目によっては正しい立ち位置に立つとずれている気がすることもあります。

的

安土にあたる日光の量によっても距離感が変わります。

狙いを厳密につけているか?

弓道では「あて射」を嫌うので、狙いについてあれこれ語ると色々言われるかもしれません。

でも、錯覚で的中率が下がるのはもったいないです。

狙いで気をつけるのが、上下の狙いです。

狙いでは、満月・半月・有明などについては教わりますが、高さの合わせ方、きっちりしてますか?

特に注意が必要なのが、高さを無意識に合わせている人。

「会に入ったら自然と狙いは合います」と言う人ほど、錯覚を起こした場合修正が効きません。

(真っ暗闇でも正確に狙いをつけられるレベルであれば別ですが)

思い当たる人は、過去の自分の記録をみてください。

的の上下に外すことが多いんじゃないですか?

狙いを見直すことと、あて射に走ることはイコールじゃありません。

むしろ、きっちり狙いを定めないで、無意識に一射ごとに微調整するほうが、あて射ですよね。

試合の一ヶ月前くらいになったら、高さを厳密に定めてください。

籐の何本目の高さに合わせるとか、それくらい厳密にやってもいいと思います。

弓道の試合前のアップ方法【的中率が上がる準備体操】

弓道は他のスポーツと違って、ウォーミングアップをしなければ体がほぐれません。

特に試合前は緊張していますので、緊張でこわばった筋肉のまま弓を引くと的中率が下がってしまいます

背中・肩まわりのウォーミングアップで的中率アップ

弓道では、肩、背中、二の腕など

体の後ろ側の筋肉をよく使います。

筋肉

これらの筋肉をほぐすウォーミングアップをご紹介します。

このウォーミングアップは練習の前や後も有効です。

ウォーミングアップを毎日続けると

弓道に必要な筋肉の強化につながります。

試合で力まない方法

自分の順番が近づいてくると、

緊張感が高まりますよねえ。

リラックスリラックス…

深呼吸深呼吸…

こう言い聞かせても肩や手に力が入ってしまうもの。

そんなときは、背筋を伸ばした状態でお腹を思い切り凹ませてみてください

息を吐きながらお腹を凹ませて

その状態を30秒ほどキープするんです。

お腹に力を入れると、手先や肩の力みが自然ととれます。

余計な力みがなくなれば、

緊張していてもいつものように弓を引くことができますよ。

 
>>もっと緊張をほぐす方法を知りたい人にコツをこっそり教えます
 

弓道 あたらない人【試合で的中率アップの実践方法】

弓道はあてにいってはいけない。

あて射はダメだ。

そんなことをよく言われましたが、

「あたらなきゃ面白くない!」

射型が綺麗でも中らない人

弓道の的中率をアップさせるには

射型を整えることが大事ですが…

明らかに変な射型ならともかく、

綺麗に見える射型でも

中らない人はいますよね。

逆に、肘がまわってなかったり、

引き手が強くてバランスが悪い射型の人でも

あたる人もいます。

この両者の違いは、勘がいいとかセンスの差ではなく、

技術的な違いがあるんです。

弦道・矢通りを意識する

「弦道」という言葉を聞いたことがありますか?

かけの弦を引っ掛ける溝ではないですよ。

弦道とは、文字通り弦が通る道です。

的中率が悪い人は、

引き分けの際に弦道より内側に引きつけて引いたり

外側から遠回りしています。

弦道

正しい弦道に沿って会に持って行くには、

「矢通り」を意識する必要があります。

矢通りは文字通り矢が通る道。

打起こしから引き分けの段階で、

矢がどの方向を向いているか、

押し手と勝手を結んだ線が

常に的を向いているか意識します。

的中率が悪いときは

押し手と勝手のバランスが崩れ、

途中で矢通りが左に向いたり

右を向いたりしています。

大三

打起こし以降、矢は常に的を向く。

仮に引き分けの途中で離れたとしても、

矢は的に向かって真っ直ぐ飛んで行くのが

正しい引き分けです。

会の形を整えることに気をとられがちですが、

引き分けの過程にこそ

的中率につながる重要な要素が詰まっています。