早気はなぜいけないのか【ダメな理由を経験談からお話します】

このブログを見てくださった方から、こんな質問が届きました。

そもそも早気はどうしてダメなのですか?

このご質問をいただいた時、私はとても懐かしい気持ちになりました。

私も、同じことを思ったことがあったからです。

そして私は早気に身を任せ…大変な思いをしました。

今回は、ダメな理由を掘り下げたいと思います。

そもそも論が語られないわけ

早気の克服法について解説している本は多いですが、そもそもの理由はあまり語られません。

なぜ語られないのか?

早気になればすぐ分かるからです。

「なぜ早気はダメなのか?」と思う人は、今は会が2~3秒ぐらい。

会を持とうと思えば、いつでもできる段階の人だと思います。

この段階なら会を短くすると的中率が上がることがあるので、実感できないんですよね。

でも、重度の早気経験者として言わせてもらいます。

その先は地獄です。

なぜ早気がダメと言われるのか

会の大切さや、伸び合い詰め合いについては省略します。

早気がダメな理由は、もっと直接的です。

早気は進行性の病です。

気がつけばコントロール不能になる恐ろしいものです。

痛い

最初のうちは、練習中なら2秒程度の会があるでしょう。

その状態で大きな大会やプレッシャーがかかる場面に出ると、会は1秒になります。

そして何度か会1秒を経験すると、いつの間にか練習中の会が1秒になります。

この頃になると、かなり気合いを入れないと会をもてません。

さらにこの状態で次の試合に出ると…

試合中は口割りまで下ろして即、発射状態です。

ここまでくると、的中率が大きく落ち始めます。

コントロールがきかず、練習中も会が持てなくなります。

さて、練習中も会がなくなった人が試合に出ればどうなるか?

とうとう、口割りまで下りなくなるのです。

意識は離したくないのに離れる。

心とカラダがバラバラになるので、暴発気味のひどい射が完成です。

会が2秒から1秒になるのは、3ヶ月ぐらいかかるかもしれません。

でも、会が1秒になってからは早いですよ。

あっという間に口割りまで下りなくなります。

こうなると的中率どころの話ではありません。

弓道を続けるかやめるか…真剣に悩むようになります。

早気のボーナス期間は一瞬

早気になり始めの時期は、自覚症状がないことが多いのです。

会が2秒程度あれば目立たないので指摘されることが少ないのです。

そしてこの時期って、的中率が上がるんですよ。

私も初めて練習中に20連中したのは、会が2秒ぐらいの時期でした。

弓道

的中率が上がるし、体配にも影響がない。

「ちょっとぐらい会が短くても大丈夫」

こんな風に思ってしまうんですよね。

でも、ここに落とし穴があります。

会が短くなってくる。

これってどういう意味があるか知っていますか?

無意識のうちに会が短くなるのは体からのSOSです。

体を守ろうと、本能的に早く離れるようになります。

単なる筋肉疲労かもしれないし、癖のせいかもしれません。

体の無意識の警告を無視すると、早気の泥沼から抜けられなくなります。

会が短くなってきたと指摘されたなら、まず弓を置きましょう。

手の内の練習をしてもいいし、

足腰を鍛えるために走ってもいいです。

胴造りをひたすら続けてみるのもいいでしょう。

ゴム弓も持たず、徒手だけで射型のチェックをするのもありです。

体にたまったダメージは、1日ぐらいでは回復しません。

とにかく、弓を持つ時間を1週間程度減らしましょう。

早気は当て射が原因ではない

未だに弓道では「あて射に走るから早気になるんだ」という言葉が支持されます。

なかには「射型ができていないから早気なんだ」という人もいますね。

これらは真っ赤なウソです。

弓道の体験教室のようなところを見たことがありますか?

みんな、ゴム弓すら触ったことがない人ばかり。

そんな人たちに、弓を引かせるとどうなるか?

射型はメチャクチャ、しかも当てる気マンマンですが会は長いです。

会を持てなんて言わなくても、じっくり的を狙ってから離します。

私はこの光景を見て、こう結論しました。

早気の最初の原因は肉体的な疲労やダメージ。

眩しければ目をとじるように、苦痛を和らげるために離れる…

早気が進行しやすいのは、

体がどうすれば早く苦痛から開放されるか学習するから。

緊張する場面なら、精神的プレッシャーからも開放されます。

物見

この積み重ねで「会を持つ=苦痛」だと学習するのではないかと思うんです。

例えば赤ちゃんは、最初は見るもの全てを触ろうとしますよね。

でも、触って熱かったもの、痛かったものは避けるようになる。

早気も同じなのではないでしょうか。

会が2秒程度の段階なら、しばらく射数を減らせば戻ると思います。

それより進んでしまった人は「弓道の早気の治し方【私の克服体験談】」をご覧ください。

弓道の昇段審査と早気の話【初段・弐段を合格した体験談】

弓道の昇段審査

弓道で試合の次にビッグイベントなのが昇段審査ですねえ。

早気にとっては試合以上に厄介です。

今回は合格する方法というよりも、私の過去の体験談になります。

不安と戦っている人を少しでも勇気づけられたらいいな…と思って書きました。

初段を受けた頃

私が初段の昇段審査をうけたのは高校1年生のときでした。

その頃の私は早気になりかけの時期で、会は2秒くらい。

的前で持とうと思えばなんとか会を持てるというレベルでしたので、

昇段審査はわりとアッサリと合格できました。

昇段審査のときは会を5秒持って、2射1中だったと思います。

今思えば、この早気になりかけの時期にしっかり克服していれば、高校弓道はもっと楽しかっただろうなあ^^;

弐段の昇段審査は早気が重症だったとき

高校2年生のときに弐段を受けたんですが、この時の私は早気のピーク。

口割りまで下ろすのがとても大変なレベルでした。

えー、まず悲しいお知らせなんですが、

弐段の昇段審査で早気だと絶対に落ちます。

ですが、私は合格できました!!

昇段審査のときだけ、会を持てたんです。

練習中でも会を持てなかった私が、昇段審査のときだけできたんです。

もちろん、付け焼刃的に会を持っても中りません。

2射0中でしたが会だけはしっかり持ったので合格できました。

実は昇段審査を受ける2週間前から早気克服メニューを巻藁でやってました。

そして、的前練習を全くせずに昇段審査を受けたんです。

その猛特訓のおかげか、昇段審査の本番だけは早気を封じ込めました。

今、重度の早気で苦しんでいる人でも、直前の対策でなんとかなります。

昇段審査後はまた普通の練習に戻したので、

高校生活は最後まで早気と戦うことになってしまったんですけど…

あの時一気に治してたら大学に入った直後苦労せずにすんだのになって思います^^;

とにかく、弐段合格の瞬間は弓道人生でも5本の指に入るぐらい感激したのを覚えています。

私が当時した早気克服メニューは、以前書いたのでよかったら読んでください。

>>早気克服メニューはこちら

 

弓道をやめたいと思ったら【辛い状態脱出体験談】

物見

弓道を続けていると、憂鬱になることがあります。

「練習すればするほど中らない。」

「自分は誰よりも練習しているのに…」

「適当にやっているアイツに負けるなんておかしい!」

「早気のせいでまともに射つことも難しい…」

こんな悔しい思いをすることがありますよね。

私もそうでした。

今このブログを見ている人は、そんな辛さを味わっている人だと思います。

でも、本当はやめたいんじゃなくて、早気を治したり、中たるようなって楽しく弓道をしたいんです。

今回は、そんな人の参考になるか分かりませんが、私の体験談をお話したいと思います。

練習しすぎで故障

私が弓道を始めたのが高校生のとき。

弓道部に入って的前に立つようになると、あっという間にハマりました。

弓道

毎日誰よりも練習して、部活の後も、部活がない日も地元の弓道場で練習しました。

弦は3週間で切れてしまうし、掛けは1年でボロボロになって買い換えるくらいの練習量です。

1年生の冬には、的中率6割程度、会は2秒~3秒くらい。

早気の足音が近づいていました。

でもこの頃は危機感がなかったので夢中で練習していました。

巻藁

ところが年末の練習で、私は右肩を故障してしまいます。

冬休みが終われば治っているだろうと思っていたのですが、新年の射会でも肩は治らず。

友達の練習を見学する日々が2月末まで続きました。

復帰して的中率8割達成したが…

3月に復帰した私は「後輩が入部してくるまでに以前のレベルに戻そう」と練習しました。

弓道

でも、4月の時点では4割程度の的中率が精一杯。

それでもめげずに練習して、2年生の8月には的中率8割を達成。

練習では10連中以上を連発していたし、この頃の私は一番浮かれていました(笑)

弓道

でも、その頃には会は1秒が限界。

いよいよ、早気が牙をむき始めます。

悪化する早気

夏・秋の公式戦が終わると、私の早気はいよいよ手に負えない状態になりました。

口割りにおろすのが難しくなってきて、掃き矢を連発して矢がボロボロ!

練習すればするほど的中率が下がる。

どうすればいいのか分からない。

気温が下がるにつれて、私の意欲もどんどん下がっていきました。

大学受験で半年お休み

結局、私は高校の弓道部を引退するまで、早気を克服できませんでした。

「やめたい」と思いながら、やっぱり弓道が好きでやめられない。

ずっと苦しい状態のまま、引退を迎えました。

弓道

引退の時期がやってきて、寂しいようなホッとしたような複雑な気持ちだったのを覚えています。

大学受験もあるし、大学入学まで弓道は完全にお休みしました。

早気&中らないのに楽しくなった

大学の合格が無事決まった私は、悩んでいました。

弓道を続けるかどうするか…

「早気が治ってたら良いなあ」なんて甘いことを考えながら、地元の弓道場に久しぶりに顔を出しました。

弓道の矢

久しぶりにやってみると、自分の射のひどさに呆然!

早気は変わらず昔のまま。

でも、練習して積み上げたものは全部忘れてる。

苦労して治した悪い癖が全部復活していました(泣)

まさに早気&中らない状態。

でも、ここまでひどいと開き直れたんです。

「とりあえず、1年かけて早気を治そう」って。

高校のときは

「早く的中率を上げなきゃ」

「早気を今すぐ治したい」

「こんなに努力しているのになんでダメなんだ」

こんなことばかり考えてイライラしていました。

開き直ってみると「コツコツ治そう」と前向きになれたんです。

kyudou112605

大学入学直前から夏までの私は「早気&中らない」状態。

弓道人生で一番情けない時期でしたが、高校のときよりも弓道を楽しんでいました。

努力と的中率と楽しさ

辛い・やめたいと思っていた時期は、「努力=的中率が上がる」と思っていました。

弓道

一番努力している人が一番中たるべきだ!

練習していないヤツが中たるのはおかしい!

「こうあるべきだ!」と勝手な自分の思い込みで頭が一杯になってたんです。

泣く女の子

本当に子どもそのものでした。

今でも試合で負けるのは悔しいです。

でも「悔しさ」と「辛さ」は違います。

悔しいという気持ちは、「勝てるように頑張るぞ」という前向きな気持ちにつながります。

辛いと感じるのは、「こんなはずではない。おかしい」と自分や周りを否定しているからです。

部活で弓道をしていると、試合がどんどん迫ってきます。

「早くなんとかしないと」と思って焦りますよね。

弓道

「まずは、昨日よりも1歩前に進むこと。」

これだけ考えると、また弓道が面白くなってきます。

「昨日よりも矢一本分、口割りに近づけるぞ」とか、

「とりあえず的まで届くようにするには、何が足りないかな?」

こんなレベルでいいんです。

今、やめたい・辛いと思っている人は、自分の中で「こうあるべきだ」と思い込んでいることが一杯あるはず。

早気だから辛いんじゃない。

中らないから辛いんじゃない。

「こうあるべき」という思い込みが、自分を辛くしているんです。

痛い

いきなり弓道の達人にはなれません。

で「弓道を楽しむ達人」にはすぐになれます。

今の私は、「努力=楽しさが増す」だと思っています。

「努力=結果」という思い込み。

そこから脱出できれば、もっと弓道人生が豊かになりますよ。

会を持つと中らないは誤解【ブレを落ち着かせて的中率アップ】

弓道

弓道をしていると一番奥が深くて謎なのが会ですよね。

私は弓道を始めてから3年目くらいまでは早気だったので、「会を持つとあたらなくなる気がする」とずっと思ってました。

会の必要性を具体的に言うと?

そもそも「会とはなんぞや?」というお話をしたいと思います。

ただし

「伸び合い・詰め合い」

「気力の充実で自然と離れに至る」

という話はやめておきます。

これらは弓道人生をかけて追い求めるものだと思うので、もっと具体的な話をしていきます。

会の必要性を一言で言うと、「ブレを少なくするため」です。

射法八節の間は、止まっているように見えて止まっている瞬間はありません。

呼吸もするし、筋肉をつかっています。

引き分けから会に入った瞬間は、自分が想像している以上に体が動いているんです。

弓の負荷に耐えながら引き分けた結果、手や腕の筋肉は緊張し、震えています。

ミリ単位で微動だにしない人はいません。

動いていることがよく分かる動画がありました。

常に揺れ動きながら、会で狙いを定めていますよ。

弓道は狙いがミリ単位で変われば矢の飛ぶ方向が大きくかわります。

このブレが大きいときに離れるのは的中率を下げる原因になります。

ブレが最小限に落ち着くまでに3秒から5秒程度必要。

たとえ会で縮んでしまったとしても、どこまでも縮むわけではありません。

どこかで安定するポイントにたどり着きます。

その安定したときに狙いを定めて離れると、一番ブレが少なくなるんです。

会を持つと中らない気がする

私は早気になり始めたとき、「会を持つと的中率が下がる」と感じていました。

その当時は2秒くらいの会だったんですが、5秒持つと中らなかったんです。

そして、いつの間にか2秒も持てなくなり、ついには口割りにつけるのも一苦労という重度の早気になりました^^;

早気を克服した今になって分かったことですが、会を持つと中らないというのは、「会で何もしていない」ことが原因でした。

その当時は、狙いは口割りについた瞬間から定まっている気がしたし、会を持つと縮んでしまって射型が崩れると思っていたんです。

これこそが大きな誤解でした。

会に入った瞬間こそが、本当は一番不安定な状態なんです。

「会を持つと中らない」と思っていた当時の私は、的中率が4割~8割の間を揺れ動いていました。

日によって好調・不調の波が激しかったんです。

一番不安定な口割りにおりてきた直後に離れていたら、安定しないのは当たり前ですよね。

もし、私が過去の自分にアドバイスするとしたら…

「会で自分の体の震えに意識を集中し落ち着く瞬間を見極めろ。」

「会を持ったときの矢所を見ろ。」

「ズレている狙いを修正しろ」といいます。

会を持つと的中率が落ちるというのは、自分の本当の狙いが分かっていないからです。

口割りにおりた直後の「一瞬の状態」に合わせた狙いを「自分の狙い」だと思い込んでいるから、会を持ったときに的中率が落ちるんです。

本来は、会で一番体のブレが落ち着いた瞬間に合わせて狙いも定めるべきです。

弓道の矢

「会を持つと中らない」を検索した人へ

今、この記事をご覧になっているあなたは、弓道人生の大きな分岐点にいます。

今までどおりの練習を続けていれば、確実に早気という茨の道に突き進みます。

そこに進むと、脱出するのは困難です。

あなたが高校生や大学生だったとしたら、卒業するまでに脱出できないかもしれません。

ですが、「会を持つと中らない」と検索する段階であれば簡単に引き返せます。

まず、会に入った瞬間「どれだけ自分の体が動いているか・震えているか」を感じてください。

そして、今の自分の狙いの付け方を見なおしてください。

最初は中らないでいいんです。

会を持った時の矢所をしっかり覚えて、狙いを微修正してください。

それが完了する頃には、会を持った状態で的中率も高い自分がいるはずです。

好調・不調の波が小さくなれば、仲間から頼られる人になれますよ。

弓道の狙いと早気について

胴造り

「あて射に走ると早気になってしまう」という言葉。

確かに早気はあたるようになった頃に

ひょっこり症状がでる人が多いです。

でも、私はずっと不思議だったんです。

私も生粋の早気ですけど、

「あたらなくていいから会を持とう」と常に思って練習してきました。

一射一射丁寧に、一射入魂でやってきたんです。

でも、実際には早気になりました。

あてにいっていないのになぜ早気になるのか。

実は精神論ではなく、技術的な原因があったんです。

狙いの付け方で早気が始まる

弓道で最も苦しい病が早気ですよね。

私も常に早気と闘いながら弓道を続けてきました。

そんな中で、最近、早気の人に共通点があることに気がついたんです。

それは「狙い」です。

早気の人に狙いをどのようにつけているか聞いたら、

100%の確率で「狙いは感覚」とか「会に入ったら自然に狙いがつく」といいます。

「あてにいってはいけない」から、

狙いをきっちりつけて射ろうとしていないのです。

ですが、早気にならずに何年も弓道をしている人に聞くと

「私はここがポイントで…」

「こういうクセがあるので意識してここに狙いをつけている」

などと、具体的な話がかえってきます。

私はこう結論づけました。

「あてにいってはいけない」という言葉を守って

そもそも全く狙っていない。

これが早気の原因だと。

狙いは具体的につけるべし

こういう話をすると、

大抵の場合嫌な顔をされます。

「もっとよくねらえ!」なんて

弓道のアドバイスで聞いたことないですからね^^;

実際に狙いをしっかりつけることで

早気が克服できるか試してみたんですが、

効果は確実にあります。

まず、最初の第一歩は巻藁から。

巻藁の、一点をよーく狙います。

1本1本をじっくり狙うんです。

これが案外苦労しました。

この時私は初めて「狙い」をどうつけたらいいのか意識したので、

藁1本を狙うやり方が分からなかったんです。

「だいたいこの辺を狙う」ではダメです。

狙いを弓の籐のこの部分にしっかり合わせて、離れる。

具体的にミリ単位で調整しました。

この作業を繰り返すうち、巻藁では自然と会を持てるようになったんです。

あてにいくのと狙いをつけるのは同じではない

巻藁で感覚をつかむと、的前で実践です。

ここでも、狙いをきっちりピンポイントでつけました。

時には的の6時を狙ったり、9時を狙ったりもしました。

ですが、日々罪悪感がつきまといます。

いかにも「あて射」をしているような気がしたんです。

早気は確実にマシになってきたので

早気よりはいいと自分に言い聞かせてきました。

そんなとき、師範からこんなことを言われました。

「お前、ようやくあて射から卒業できたようだな」

私はびっくりしたんです。

あて射に走るなと怒られると思ったら、

逆に褒められるなんて。

私は師範に恐る恐る「狙いをきっちり細かくつけるようにしたんですが…」と報告しました。

すると師範は

「狙いをきっちりつけ集中力を研ぎ澄ます。射の基本中の基本だ。」

「あて射とは、狙いも集中力も定まらないまま、結果だけを追い求めることだ」

こんな言葉をいただいたんです。

まさに目からウロコ。

「狙わないからあて射ではない」と思っていた自分は間違いだったんだと、このとき初めて気付かされたんです。

この瞬間から、私の弓道家としてのレベルがワンランク上のものとなりました。

弓道の早気の治し方【私の克服体験談】<原因はイップス>

的の画像

弓道が上達してくると悪さをしてくる早気。

会が持てないだけでなく、

口割までおろすことができなくなると大変。

私は高校生のときに弓道を始めて、

1年生の冬には会が1秒位になり、

2年生の夏ごろには口割までおろすのが難しくなりました。

そんな私の早気克服までの半年間の体験談をお話します。

早気の原因は?

弓道の早気は、別の言葉で言いかえるとイップスという言葉で説明できます。

イップスは、様々なストレス要因で筋肉の萎縮が起こり、

意識した通りの動きができなくなることを指します。

悩む人

私の場合は、「会が縮んでいる」という指摘を受けたことがきっかけでした。

何度やっても会が縮んでしまうので、

無意識に縮む前に離れてしまおうとしていたのです。

とはいえ、最初の頃は早気と言っても3秒は会がありました。

そして徐々に会が短くなっていくのですが、

今から考えると早気を治そうと練習量を増やしたことが

肉体疲労・精神的ストレス要因となり、

どんどん早気が重症化していったように思います。

克服の第一歩

早気はスポーツ用語でいうイップスです。

これを克服するためには、

ある動作→結果①

という関係を

ある動作→結果②

に変えてあげる必要があります。

弓道でいうと、

引き分け→離れ という関係を、

引き分け→離れず打起こしに戻す

という図式にしてあげるんです。

人間の脳は、「こう動くとこんな結果になる」という記憶を蓄積します。

早気になると「離れてしまった」という記憶を

矢を射るたびに刷り込むことになります。

ここを、無理やり別の結果に変えて

早気克服のきっかけを掴むのです。

私の場合は、最初の1ヶ月は巻藁練習で離れない練習を繰り返しました。

引き分け→鼻まで下ろしたら大三(打起こし)まで戻す。

巻藁

最初は絶対に離れないタイミングで戻すことが重要です。

口割までおろせる人は鼻までで戻す。

口割まで下りない人は、限界点の少し手前で戻します。

そうして慣れてきたら、時間をかけて口割までおろせるようにします。

巻藁なら口割までおろせる人は、

1秒会をもったら戻す。次の日は2秒…というように繰り返します。

克服の第二歩

巻藁で会を5秒持って、打起こしまで戻すことに慣れたら

次は的前に立ちます。

的の画像

しかし、ここでも離れは絶対に行いません。

巻藁練習と同じ練習を繰り返します。

最初は口割までおろしてからすぐ戻す。

そして徐々に会を持つ秒数を増やす。

的前練習を開始した直後は会を持とうとせず

打起こしまで確実に戻すことが重要です。

いよいよ離れ開始

ここまでの練習を私は2ヶ月続けました。

そして、いざ離れの練習です。

まず、巻藁で二手うってみて

会を持てるかチェックします。

会が問題なく持てたら、的前に立ちます。

ここで注意するのは、普通にうたないことです。

具体的には、引き分け中に狙いをわざと大きく外すのです。

弓道の幕

私の場合は、的の上の幕に狙いをつけて引き分けを行いました。

そして、会で5秒かけて狙いを的に戻すのです。

一度でも早気が出てしまったら即練習を中止し、

また離れない練習に戻ります。

一進一退の末に克服

私の場合、的前練習を再開してからは一進一退。

ふとした瞬間に会が短くなってしまいます。

この一進一退の期間が2ヶ月は続きました。

走る人

早気克服の練習を始めて4ヶ月、

ついに私は早気を克服することができました。

しかし、今でも練習を開始する前には離れない動作の反復練習も行っています。

早気に一度なったら、時間をかけて克服する以外、

完治する方法はありません。

もしまわりに会が2秒程度になっている人がいた場合、

即刻早気克服メニューをさせてください。

対応が早ければ早いほど克服までの時間が短くなります。

早気が原因で弓道をやめてしまうのはもったいない。

恐れず挑戦してみてくださいね。

 
「dTV」ムゲン楽しい映像配信サービス