ハムスターのダニ対策【ケージの掃除だけでは防げない】

ハムスターを飼っている人はダニが気になりますよね。

ハムスターが皮膚炎になるのもかわいそうですが、私たちの体にもアレルギーが起こります。

今回はハムスターのダニ対策について見落としがちな点をご紹介します。

週1回の掃除でもダニが増える理由

ハムスターのケージの掃除は週1が基本です。

ハムスターのダニ対策

床材にしているおがくず・チップを入れ替える。

置きっぱなしのペレットを除去する。

アルコールや洗剤などでケージなどを掃除する。

これだけやってもダニがすぐ増えることがあります。

このような場合は、原因はケージの外にあります。

ケージの周囲のどこかに「ダニの供給源」があるからすぐ増えるのです。

小屋の周りも徹底的に掃除すべし

ハムスターのケージ、どこに置いていますか?

棚の上?窓際ですか?

ダニは湿気と温度の条件が揃えばどこにでも繁殖します。

窓際にケージを置いている人は、カーテンにもダニがいるかもしれません。

棚の隅っこや裏側のホコリにもダニはいます。

ハムスターのダニ対策

ケージの近くにダニの繁殖地があると

ケージを掃除してもすぐにダニが増えてしまいます。

ダニは思ったより移動する生物です。

ケージはマメに掃除しても周りを掃除していないなら

どこかにダニの天国があるはずです。

プランター葬で観葉植物を置いてる人は要注意

ハムスターが亡くなった後、プランター葬をしている人は多いと思います。

プランターに埋葬して観葉植物を育てている人は、要注意。

湿気を含んだ土はダニも住みやすい場所です。

心当たりのある人は観葉植物をやめるのが無難です。

土の上に敷石をして、かわいい墓石を置いて飾ってはどうでしょうか?

手間も少なく、インテリアとしても最適です。

墓石を使ったかわいいプランター葬は「ハムスターをプランターに埋葬する方法」で紹介されていますよ。

寝室で飼っているなら布団のダニが原因かも

ハムスターを寝室で飼っている人もいると思います。

その場合は、あなたの布団がダニの供給源になっているかもしれません。

布団

ダニは快適な環境を求めて移動するので、布団から出てくるダニもいるのです。

ニキビや肌荒れがよくできませんか?

布団のケアが不十分だとあなたにもハムスターにもよくありません。

>>布団のダニ対策の簡単な方法はこちらを参照

殺虫剤を使わずできるダニ対策

ダニが気になり始めると、バルサンなどを使いたくなりますよね。

でも、薬品でダニを退治するのはあまりよくありません。

ダニの死骸もアレルギーの原因になるので

マメに除去するのが1番だと思います。

さすがに毎日ケージや周囲を掃除するのは大変ですよね。

最近はいい便利グッズが出ていますよ。

例えばダニピタ君。

ダニを引き寄せて中に閉じ込める便利グッズです。

ダニピタ君

これをケージの床材の下に敷いておくだけでOK。

一網打尽にしてくれます。

殺虫剤ではないのでハムスターに影響することはありません。

ハムスターのダニ対策

ついでに布団の下にも設置すれば、部屋のダニを自動的に減らしてくれますよ。

詳細は下記リンク先をご確認ください。
↓↓↓↓
「置くだけ」でダニとの共同生活が終わります。【ダニピタ君】公式サイトはコチラ

マルチーズが臭い!体臭を改善するドッグフードはあるのか

マルチーズは体臭が少ないと言われますが、

そうではない子も多いです。

体臭を減らしたくて、

あれこれシャンプーをかえたりしてませんか?

シャンプーをかえるよりも、

ドッグフードを見直した方がが効果が高いですよ。

病気が隠れていないかチェック

ある時から急に体臭がするようになったなら、

一度は病院で診察を受けてください。

隠れた病気がある場合があります。

例えば耳が臭い場合は、

外耳炎や耳ダニ感染症にかかっていることがあります。

私の友人が飼っていたマルチーズも、

外耳炎になっていました。

ドッグフードのタンパク質の質が悪い

ドッグフードにはたくさんの種類があります。

色々な特徴がありますが、

注目すべきなのがタンパク質。

ビーフ、鶏肉など原料が違うと

体質的に合わない場合もあります。

今食べているドッグフードが鶏肉主体なら

牛肉や豚肉、ラム肉がメインのものに替えるのがおすすめ。

ドッグフードのタンパク質との相性が悪いと、

体臭以外にも皮膚トラブルなどが起こりやすくなります。

どの犬にも良い万能なドッグフードはありません。

相性があります。

マルチーズと涙やけとドッグフード

3匹飼っている場合、

1匹だけ体質的に合わないこともありますので

色々と試してみるしかありません。

ラム肉を使ったドッグフードは試す価値あり

あなたのマルチーズは、

体臭のほかに涙やけやブツブツができるなど、

皮膚トラブルはありませんか?

もし体臭以外にも何らかの症状がある場合は、

ドッグフードとの相性が悪いです。

以前、このブログで

涙やけに良いドッグフードを紹介したのですが、

同時に体臭が改善したという人が結構いました。

涙やけとナチュラルドッグフードラム

ラム肉を使ったドッグフードは珍しいので、

今まで何を食べさせてもダメだったワンちゃんに

今度こそ合うかもしれません。

詳細については

「マルチーズの涙やけ対策」をご覧ください。

マルチーズの涙やけ対策【ドッグフードの選び方でアレルギーを減らす】

とっても愛くるしいマルチーズ。

かわいいですよねえ♪

そんなマルチーズに多いのが涙やけです。

目の病気でない場合は、

ドッグフードが合わないことが原因かもしれません。

どのドッグフードが良いの?

手当たり次第に試しても

効率が悪いと思いませんか?

ドッグフードは原料のお肉に注目

フードジプシーなんて言葉もありますが、

ドッグフードを固定できていない人は多いです。

ドッグフード選びで重要なのは、

原料のお肉の種類です。

マルチーズと涙やけとドッグフード

同じタンパク質でも、

鶏肉由来のものと牛肉由来のものでは

マルチーズに与える影響が違います。

保存料よりタンパク質が重要

ワンちゃんの健康を考えると、

「無添加」という言葉が気になりますよね。

でも、涙やけだけに限ると

保存料や着色料の影響はほとんどありません。

なぜなら、アレルギーの多くがタンパク質に対するものだから。

腸に入ったときに

体の免疫が反応するのは

ほとんどがタンパク質に対してです。

ドッグフードが合っていない場合は、

原料のお肉のタンパク質が合っていない。

ということは、

全く別のメーカーのドッグフードでも、

同じ原料を使っていれば合わない可能性が高いのです。

鶏肉以外を使ったドッグフードを試そう

市販のドッグフードの多くが

鶏肉を使っています。

高タンパクで安いので

非常に良い食材で多くの商品で使われます。

しかし、色々なドッグフードを試してダメだった場合は、

鶏肉のタンパク質アレルギーかもしれません。

涙やけに悩まされているなら、

今食べさせているドッグフードとは違う原料を選びましょう。

生ラム肉のドッグフードはアレルギーが少ない

ドッグフードで鶏肉、牛肉、豚肉はメジャーです。

すでに色々なドッグフードを試したなら

他の原料を使ったドッグフードが良いと思います。

例えば「ナチュラルドッグフード ラム」は

生ラム肉を使ったドッグフードです。

涙やけとナチュラルドッグフードラム

ラム肉はアレルギーの報告数が少ないので

アレルギー体質の犬に良いと注目されている食材。

ラム肉は栄養価がとても高いので

少ない量で十分な栄養がとれる優れもの。

一度に食べさせる量を減らせるということは、

その分アレルギーの可能性も減るということです。

胃袋が小さめのマルチーズには

ぴったりのドッグフードだと思います。

詳細について気になる人は、

下記リンク先でご確認ください。
↓↓↓↓
NDF ナチュラルドッグフード|安心・安全の100%無添加!評判のプレミアムドッグフード通販