部屋の湿気対策【換気扇と新聞紙を最大限活用する】

スポンサーリンク

湿気を放置すると危ない!

雨が多くなってくると気になるのが部屋の湿気。

湿気対策をしっかりしていないと、部屋中がカビだらけ!

家の傷みの進行スピードが倍になったり、アレルギーの原因にもなってしまいます。

今回は、手軽にできる湿気対策についてまとめてみました。

雨が降っていても換気が大切

カビが生えやすい環境は、湿度が60%以上で温度が20~30℃の部屋。

この条件が整うと、皮脂や皮膚、ホコリ、食べカスなどを栄養にカビが増えてしまいます。

湿気をためないためには換気が重要です。

でも、外が雨だと余計に湿気が入ってくる気がしますよね?

確かに何日も雨が降り続いている場合、

外気のほうが湿度が高い場合がありますが、

2日連続で雨が降っていたとしても

換気をしたほうが部屋の湿度が下がることが多いんです。

換気する様子

たとえ外の湿度が高い場合でも、換気を行うことで部屋の空気が流れて部屋に浮遊しているカビを外に出すことができます。

換気は1回10分程度、3時間ごとに1回行うことが効果的です。

窓を開ける場合は、開けた窓の対角線上の窓を開けて空気の通り道を作ることが重要です。

換気扇は積極的に使おう

部屋の条件によっては窓が少ない場合がありますよね。

そんな場合は、部屋の換気扇を積極的に使うようにしましょう。

換気扇

換気扇の電気代ってすごく安いんですよ。

1ヶ月毎日回し続けたとしても、1ヶ月の電気代は400円前後なんですって。

こんなに安いなら使わなきゃ損ですね。

換気扇だけでは限界があるので、窓を開ける換気も併用するのがおすすめです。

新聞紙の湿気処理能力はすごい!

新聞紙は、湿気をよく吸い取ります。

部屋全体の湿度を下げるのは難しいのですが、

クローゼットやお風呂場、トイレなどの狭い場所では非常に有効です。

新聞紙の画像

また、空中に浮遊しているカビも新聞紙に吸い付きますので、

湿気とカビ取りを同時に行うことができます。

新聞紙を使うときの注意点は、長時間放置しないこと。

湿気が多い場所で使うなら、

長くても2日で新しい新聞紙と交換したほうがいいです。

放置すると新聞紙を拠点にカビが大繁殖してしまいます。

こうなるとカビを養殖しているようなものなので、

新聞紙はこまめに取り替えましよう。

新聞紙はハンガーにかけて吊るしたり、丸めて置いておくだけでもOKです。

空の画像

カビ予防におすすめ便利グッズ

最後に、カビを予防する便利グッズをご紹介します。

テレビで大活躍中の坂上忍さんが

いろいろなテレビ番組で紹介している「カビトルデスPRO」。

実際使ってみると、カビをとったあと1ヶ月くらいはカビが生えてきません。

お風呂掃除がだいぶ楽になりました。

 


 

スポンサーリンク


“部屋の湿気対策【換気扇と新聞紙を最大限活用する】” への2件の返信

  1. いいサイトでした。
    またほかのもやってほしいです。   *      *
      *   + おわりです
         n ∧_∧ n
     + (ヨ(* ´∀`)E)
           Y   Y    *

    1. AKIKO 様

      コメントありがとうございます。
      心優しいコメント、とても嬉しいです。
      これからも頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA