ゴルフ用サングラスで汗が気になる人へ【顔に触れないタイプを使えば解決】

スポンサーリンク

ピッタリ顔にフィットするゴルフ用サングラス。

使ってると不快になりませんか?

「顔にフィットする部分に汗がたまる!」

汗をかく人

真夏のゴルフでは、何度もサングラスを拭かないとかけていられません。

私もモヤモヤしていたのですが、簡単な解決方法があったんです。

帽子につけるサングラスって知ってる?

帽子につけるサングラスって知っていますか?

分かりやすい動画がYoutubeにあったのでご紹介します。

この動画で分かるように、帽子にクリップで固定できます。

顔に直接触れないから、汗がたまる心配がないんです。

帽子につけるサングラスのメリット

帽子につけるサングラス

帽子につけるタイプのサングラス。

私はこんなメリットがあると思います。

・スイング中に違和感がない

・重さを感じない

・汗でかゆくならない

顔に触れるものがないというのは、思った以上に快適です。

耳や鼻に重みが集中しないので、長時間かけても疲れません。

というか、重さを感じません。

普通のサングラスって疲れますよね。

長丁場のゴルフでは、この差がとても大きいと思います。

眼鏡の上からかけられる

ゴルフサングラスと汗

メガネを使っている人は、サングラスで悩みます。

ゴツいオーバーサングラスを買うか、度付きのサングラスを作るか…

オーバーサングラスは安いけど重い。

夏は汗がこもって邪魔です。

度付きのサングラスは、高い。

数万円するものも珍しくありません。

帽子につけるタイプのサングラスは眼鏡の上から装着可能。

しかも2千円前後が相場。

コスパが全然違います。

忘れ物予防にも最適

帽子に固定できるサングラスには、もう1つメリットがあります。

忘れ物予防になるんですよ。

「あれ?サングラスがない!?」

分からない人

コースについてから、サングラスを忘れたことに気づいたことが何度あったか…

帽子につけっぱなしにしておけば、その心配がなくなります。

ゴルフ用サングラスと汗

帽子ごと忘れたらお手上げですけど、不思議と帽子を忘れることは少ないと思います。

隙間が多いけど大丈夫?

「隙間から光が入るんじゃない?」

使うまで心配していました。

ところが使ってみると、全然平気です。

そもそも、固定場所を調節すれば隙間をなくせます。

ゴルフ用サングラス

普通のサングラスと変わりません。

視界の広さは、特に問題を感じませんでした。

スイング中にぐらつかない?

「スイング中にぐらつかないか心配」

これも大丈夫でした。

結構、がっちり固定されています。

普通にかけるより、ぐらつかないのではないでしょうか。

固定方法に注目

帽子につけるサングラス。

安いしおすすめなんですが、注意点が1つあります。

クリップの種類に注目!

このタイプのサングラスには大きく分けて2種類あるのです。

・正面から1つのクリップで固定

両側面から2つのクリップで挟んで固定。

私のおすすめは、正面から固定するタイプ。

理由は、帽子との相性です。

ゴルフ用サングラス

両側から挟み込むタイプだと、帽子の形によっては固定しにくい場合があります。

特につばが広くて大きいタイプだと、着けられないことも…

どんな形でも対応できるのは、正面から固定するタイプです。

おすすめは?

私が使っているのは「冒険王」という偏光サングラスです。

だいたい2,500円~3,500円前後でしょうか。

汗に強いゴルフ用サングラス

Youtubeの動画のサングラスのような細かな調節機能はありませんが、これで十分です。

1,000円ぐらいの安いものもあるんですが、側面から挟み込むタイプばかりなんです。

なぜか、正面から固定するタイプのほうが高級なんですね。

とはいえ、普通のスポーツサングラスだと数万円します。

それと比べれば安いもの。

汗っかきでサングラスに違和感がある人は、試してみてはいかがでしょうか。

追伸:ライザップゴルフを体験してみました。

やっぱり普通のレッスンとは全然違いましたよ。

詳細は「ライザップゴルフの口コミ」をご覧ください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA